JavaScriptスプレッドシート部品「SpreadJS」最新版V14Jの新機能を紹介

JavaScriptスプレッドシート部品「SpreadJS」最新版V14Jの新機能を紹介 サムネイル

今回は「JavaScriptスプレッドシート部品「SpreadJS」最新版V14Jの新機能を紹介」についてご紹介します。

関連ワード (JavaScript、ライブラリ、開発ツール等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、CodeZine様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


はじめに

 SpreadJSは、ExcelライクなスプレッドシートをWeb上で実現する、グレープシティのJavaScriptライブラリです。2020年1月にリリースされた「V13J」バージョンに続き、2021年1月に最新バージョン「V14J」がリリースされました。V14Jの新機能は、公式ページで案内されています。本記事では、V14Jの代表的な新機能を、サンプルコードとともに説明していきます。

対象読者

  • ExcelライクなスプレッドシートをWebページで実現したい方
  • SpreadJSのバージョンアップによる新機能を把握したい方
  • テーブルやチャートの表現力にこだわりたい方

必要な環境の準備

 本記事のサンプルは、以下の環境で動作を確認しています。Node.jsは、SpreadJSの動作に必ずしも必要ではありませんが、ローカルでWebサーバーを動作させるために利用しています。

Windows 10 64bit版

  • SpreadJS 14.0.7
  • Microsoft Edge 89.0.774.45
  • Node.js 14.16.0 64bit版

 サンプルを動作させるには、SpreadJSのファイルが必要です。グレープシティのWebページよりダウンロードしたSpreadJSトライアル版のZIPファイルから、SpreadJSのファイルをサンプルのプロジェクトにコピーします(詳細は各サンプルのreadme.mdを参照してください)。その後「npm install」コマンドでライブラリをダウンロードして、「npm run start」コマンドを実行すると、Webブラウザーが開いてWebページが表示されます。

SpreadJSの基本的な利用法

 最初に、SpreadJSの基本的な実装を、単純なスプレッドシートを表示する図1のサンプル(p001-basic)で説明します。

図1 SpreadJSの基本的な実装のサンプル(p001-basic)
図1 SpreadJSの基本的な実装のサンプル(p001-basic)

 まず、index.htmlの<head>タグに、SpreadJS関連の定義をリスト1の通り記述します。(1)は言語(日本語)設定で、(2)でSpreadJSのCSSとJavaScriptを参照します。

[リスト1]SpreadJS関連の定義記述(p001-basic/index.html)
  <!-- 言語設定 ...(1)-->  <meta name="spreadjs culture" content="ja-jp" />  <!-- SpreadJSのファイルを参照 ...(2)-->  <link rel="stylesheet" href="SpreadJS/css/gc.spread.sheets.excel2016darkGray.14.0.7.css">  <script src="SpreadJS/scripts/gc.spread.sheets.all.14.0.7.min.js"></script>  <script src="SpreadJS/scripts/resources/ja/gc.spread.sheets.resources.ja.14.0.7.min.js"></script>  

 JavaScript処理では、リスト2の通りSpreadJSを利用します。

[リスト2]スプレッドシートを表示するJavaScript実装(p001-basic/main.js)
  // ライセンスキーの設定 ...(1)  GC.Spread.Sheets.LicenseKey = '<ライセンスキー>';  // ページ表示時の処理  window.addEventListener('load', function () {    // スプレッドシートの描画処理 ...(2)    var workbook = new GC.Spread.Sheets.Workbook(      document.getElementById('spreadjs-container'),      { sheetCount: 1 }    );  (略:ワークシートを取得してデータを設定)  }, false);  

 (1)はライセンスキーの設定です。ライセンスキー取得方法の詳細はグレープシティの公式ページで案内されています。(2)でGC.Spread.Sheets.WorkbookコンストラクタにHTML要素(IDが「spreadjs-container」の要素)を渡して実行するとスプレッドシートを描画できます。「sheetCount: 1」はワークシート数の指定です。以下ではこのサンプルをもとに、V14Jの新機能を紹介していきます。

Excelライクなリボンメニューを表示するリボンコンテナ

 V14Jでは、スプレッドシートにさまざまな操作が行えるExcelライクなUI部品「リボンコンテナ」が利用できます(図2)。利用法を以下で説明していきます。

図2 リボンコンテナのサンプル(p002-ribbon-container-1)
図2 リボンコンテナのサンプル(p002-ribbon-container-1)

 まずHTMLで、SpreadJSの本体と各種プラグインのファイル、およびリボンコンテナそのもののファイルを、リスト3の通り参照します。

[リスト3]リボンコンテナを表示するためのファイル参照(p002-ribbon-container-1/main.js)
  <!-- SpreadJSのファイルを参照 -->  <link rel="stylesheet" href="SpreadJS/css/gc.spread.sheets.excel2016darkGray.14.0.7.css">  <script src="SpreadJS/scripts/gc.spread.sheets.all.14.0.7.min.js"></script>  (略:各種プラグインとリソースのJavaScriptファイル群)  <!-- リボンコンテナのファイルを参照 -->  <link rel="stylesheet" href="RibbonContainer/css/gc.spread.sheets.designer.14.0.7.min.css">  <script src="RibbonContainer/scripts/gc.spread.sheets.designer.resource.ja.14.0.7.min.js"></script>  <script src="RibbonContainer/scripts/gc.spread.sheets.designer.all.14.0.7.min.js"></script>  

 JavaScriptではリスト4の通り記述します。

[リスト4]リボンコンテナを表示するJavaScript実装(p002-ribbon-container-1/main.js)
  // ライセンスキーの設定...(1)  GC.Spread.Sheets.LicenseKey = '<SpreadJSのライセンスキー>';  GC.Spread.Sheets.Designer.LicenseKey = '<リボンコンテナのライセンスキー>';  // ページ表示時の処理  window.addEventListener('load', function () {    // リボンコンテナの描画処理 ...(2)    var designer = new GC.Spread.Sheets.Designer.Designer(      document.getElementById('ribbon-container'));  }, false);  

 (1)はライセンスキーの設定です。リボンコンテナはSpreadJS本体とは別にライセンスが提供されるため、個別のライセンスキーが必要となります。ページ表示時に、(2)でGC.Spread.Sheets.Designer.DesignerコンストラクタにHTML要素(IDが「ribbon-container」の要素)を渡して実行すると、リボンコンテナとスプレッドシートを描画できます。

 リスト5の通り、スプレッドシートとリボンコンテナを別々に生成して組み合わせることもできます。

[リスト5]スプレッドシートとリボンコンテナを組み合わせて表示するJavaScript実装(p003-ribbon-container-2/main.js)
  // スプレッドシートの描画処理 ...(1)  var workbook = new GC.Spread.Sheets.Workbook(    document.getElementById('spreadjs-container'),    { sheetCount: 1 }  );  // リボンコンテナの描画処理 ...(2)  var designer = new GC.Spread.Sheets.Designer.Designer(    document.getElementById('ribbon-container'), '', workbook);  

 (1)で生成したスプレッドシートの変数workbookを、(2)でリボンコンテナのコンストラクタで第3引数に指定します。コンストラクタの第2引数には設定オブジェクトが指定できますが、ここでは何も指定しないため空文字としています。

 リボンコンテナでは、リボンメニューやスプレッドシート上に表示されるコンテキストメニューの内容をカスタマイズして、既存のボタンや項目を削除したり、独自のメニューや機能を追加したりすることが可能です。詳細はグレープシティの開発ブログを参考にしてください。

チャートの機能強化

 チャートは、スプレッドシートのデータを直感的に表示する際に有効です。V14Jではチャートの機能強化が行われました。

新チャート形式「ファンネルチャート」

 V14Jではファンネルチャート(じょうごグラフ)が追加されました。図3の通り、プロセスが進むにつれてだんだん減っていくデータを表示するのに有効です。

図3 ファンネルチャートを表示するサンプル(p004-funnel-chart)
図3 ファンネルチャートを表示するサンプル(p004-funnel-chart)

 図3のチャートを表示する処理はリスト6です。チャート名と種類(ファンネルチャート)、チャートの位置とサイズ、参照するデータを、activeSheet.charts.addメソッドの引数に与えて実行します。

[リスト6]ファンネルチャートを表示するJavaScript実装(p004-funnel-chart/main.js)
  var chart = activeSheet.charts.add(    'chart1', // チャート名    GC.Spread.Sheets.Charts.ChartType.funnel, // 種類(ファンネルチャート)    250, 0, 500, 300, // 位置(x:250, y:0)とサイズ(幅:500px、高さ:300px)    'B1:C5' // 参照するデータ  );  

 V14Jではこの他にも、チャートの背景にパターンを指定できるようになるなど、チャート機能の細かい強化が行われています。詳細は公式ドキュメントを参照してください。

スプレッドシートの表示・入力に関する新機能

 ここでは、SpreadJSのスプレッドシートにデータを入力したり表示したりする際に利用できる、V14Jの新機能を紹介していきます。

ドロップダウンの表現力を高めるマルチカラムピッカー

 さまざまなドロップダウンを表示してセルへの入力を支援するドロップダウンオブジェクト機能に、マルチカラムピッカーが追加されました。この機能を使うと、ドロップダウンで表示される複数列のリストからセルへの入力項目を選択できるようになります(図4)。

図4 マルチカラムピッカーを表示するサンプル(p005-multi-column-picker)
図4 マルチカラムピッカーを表示するサンプル(p005-multi-column-picker)

 図4のマルチカラムピッカーを表示する実装は、リスト7です。

[リスト7]マルチカラムピッカーのJavaScript実装(p005-multi-column-picker/main.js)
  // データソース(マルチカラムピッカーに表示するデータ) ...(1)  let dataSource = [    {      'Vendor': 'Samsung',      'Name': 'Galaxy Note20 Ultra 5G',      'Price': '145,728円'    },  (略)  ];  // マルチカラムピッカーの列情報 ...(2)  let colInfos = [    { name: 'Vendor', displayName: '会社', size: '*' },    { name: 'Name', displayName: '製品名', size: '2*' },    { name: 'Price', displayName: '価格', size: '*' }  ];  // セルに適用するスタイルを作成 ...(3)  var style = new GC.Spread.Sheets.Style();  // セルボタンの定義 ...(4)  style.cellButtons = [    {      // ボタン画像:ドロップダウンボタン      imageType: GC.Spread.Sheets.ButtonImageType.dropdown,      command: 'openMultiColumn', // マルチカラムピッカーを開く指定      useButtonStyle: true, // ボタンとして表示    }  ];  // ドロップダウンの定義 ...(5)  style.dropDowns = [    {      // typeにマルチカラムピッカーを指定      type: GC.Spread.Sheets.DropDownType.multiColumn,      option: {        width: 400,   // 幅        height: 150,  // 高さ        dataSource: dataSource, // データソース        bindingInfos: colInfos  // 列情報      }    }  ];  // フォーマッタ(選択時にNameをセルに表示する指定) ...(6)  style.formatter = '=PROPERTY(@, "Name")';  // スタイルをセルに設定 ...(7)  activeSheet.setStyle(0, 1, style);  

 マルチカラムピッカーに表示するデータは、(1)の通りJavaScriptオブジェクトの配列で記述します。データの各列に対応する表示名(displayName)や幅(size)を(2)で定義します。sizeの「*」は均等な列幅を、「2*」は他の列の2倍の列幅を表します。

 (3)でセルに適用するスタイルを新規作成し、(4)でマルチカラムピッカーを開くドロップダウンボタンをスタイルに設定します。ドロップダウンの定義は(5)で、種類(type)にマルチカラムピッカーを指定して、(1)のデータソースと(2)の列情報を与えます。(6)はフォーマッタで、マルチカラムピッカーを選択したときに製品名の列(Name)をセルに表示するよう指定しています。作成したスタイルを(7)でセル(左上を0行0列として、0行1列目)に設定すると、マルチカラムピッカーを表示するドロップダウンボタンがセルに表示されます。

 マルチカラムピッカーに表示するデータをワークシート内から参照させることもできます。詳細はドロップダウンオブジェクトの公式ドキュメントを参照してください。

セルにパターンやグラデーションを設定できるように

 V14Jでは、「SPREAD for Windows Forms」や「SPREAD for WPF」のようにセルの背景にパターンやグラデーションが設定できるようになりました。

図5 セルのパターンやグラデーションを表示するサンプル(p006-pattern)
図5 セルのパターンやグラデーションを表示するサンプル(p006-pattern)

 図5のうち、パターン塗りつぶしを行う処理はリスト8の通りです。

[リスト8]セルのパターン塗りつぶしを行うJavaScript実装(p006-pattern/main.js)
  for (i = 1; i < 19; i++) {    var pat = { // ...(1)      type: i, // パターンの種類(1~18)      backgroundColor: 'blue', // 背景色      patternColor: 'red' // パターン色    };    style = new GC.Spread.Sheets.Style();    style.backColor = pat; // 背景色にパターンを設定 ...(2)    activeSheet.setStyle(i, 0, style);  }  

 (1)でパターンの種類と背景色、パターン色を設定したJavaScriptオブジェクトを生成して、(2)のstyle.backColorプロパティに設定します。このサンプルで指定している18種類のパターン詳細は、公式ドキュメントにリストされています。グラデーションも同様にstyle.backColorに設定します。詳細はサンプルコードを参照してください。

ヘッダセルに数式やスパークラインが設定可能に

 V14Jでは、ヘッダセルに数式やスパークラインを指定して表示できるようになりました。図6のサンプルでは、スマートフォン3機種の1週間ごとの売り上げをヘッダセルにスパークラインで表示し、合計を表示します。

図6 ヘッダセルに数式やスパークラインを指定するサンプル(p007-header-cell)
図6 ヘッダセルに数式やスパークラインを指定するサンプル(p007-header-cell)

 図6の通り表示する実装はリスト9です。

[リスト9]ヘッダセルに数式やスパークラインを指定するJavaScript実装(p007-header-cell/main.js)
  // 列ヘッダの行数を設定 ...(1)  activeSheet.setRowCount(3, GC.Spread.Sheets.SheetArea.colHeader);  (略)  // 1行目:機種名 ...(2)  activeSheet.setValue(0, 1, 'Galaxy Note20 Ultra 5G', GC.Spread.Sheets.SheetArea.colHeader);  (略)  // 2行目:販売台数のスパークライン ...(3)  activeSheet.setFormula(1, 1, '=LINESPARKLINE(Sheet1!B2:B9,0,,,"{seriesColor:white,lineWeight:3}")', GC.Spread.Sheets.SheetArea.colHeader);  (略  )// 3行目:販売台数の合計 ...(4)  activeSheet.setFormula(2, 1, '=SUM(Sheet1!B:B)', GC.Spread.Sheets.SheetArea.colHeader);  (略)  

 まず、(1)のsetRowCountメソッドの第1引数に列数3、第2引数に列ヘッダへの適用を表すGC.Spread.Sheets.SheetArea.colHeaderを指定して実行することで、列ヘッダを3行にします。列ヘッダの1行目(2)にはsetValueメソッドで機種名を設定します。2行目(3)と3行目(4)には、setFormulaメソッドで数式を設定して、販売台数のスパークラインと合計を表示させています。数式を利用したスパークラインの設定方法については、公式ドキュメントも参照してください。

データ操作に関する新機能

 以下では、スプレッドシートのデータ操作に関するV14Jの新機能を紹介していきます。

スプレッドシートをHTMLに出力

 スプレッドシートの内容をそのままHTMLとして出力する機能が追加されました。

図7 HTML出力のサンプル(p008-html)
図7 HTML出力のサンプル(p008-html)

 実装はリスト10の通りで、activeSheet.getRangeメソッドで選択した領域に対してtoHtmlメソッドを実行するとHTMLを取得できます。このサンプルでは取得したHTMLをdiv領域に設定して画面表示させています。

[リスト10]スプレッドシートをHTML出力するJavaScript実装(p008-html/main.js)
  var html = activeSheet.getRange('A1:C4').toHtml();  document.getElementById('output-html-div').innerHTML = html;  

データサイズが大きなスプレッドシートで便利な増分ロード

 スプレッドシートを少しずつロードする増分ロード機能に対応しました。特にデータサイズが大きいスプレッドシートロードする際にロード過程が見えるため、ユーザーが感じるストレスを低減できます。

図8 増分ロードのサンプル(p009-incremental-load)
図8 増分ロードのサンプル(p009-incremental-load)

 実装はリスト11の通りです。スプレッドシートを読み込むfromJSONメソッドの第2引数に、増分ロードを表すincrementalLoadingオプション(2)を指定します。loadingにはロード中に呼び出される関数、loadedにはロード完了後に呼び出される関数を指定して、ロード率やロード完了を表示するようにできます。

[リスト11]増分ロードを行うJavaScript実装(p009-incremental-load/main.js)
  // ワークシートをロード  workbook.fromJSON(json, { ...(1)    // 増分ロードの指定 ...(2)    incrementalLoading: {      loading: function (progress) { // ロード中に呼ばれる(progressはロード率)        // ロード率を%で表示        progress = progress * 100;        document.getElementById('status-div').innerText =         'ロード中:' + progress.toFixed(2) + '%';      },      loaded: function () { // ロード完了時に呼ばれる        // ロード完了を表示        document.getElementById('status-div').innerText = 'ロード完了';      }    }  });  

まとめ

 本記事では、SpreadJSの新バージョンV14Jで導入された新機能について紹介しました。リボンコンテナのような大規模な追加機能から、増分ロードのような使い勝手を高める気の利いた機能まで、さまざまな改善が行われたバージョンアップとなっています。

参考資料

  • SpreadJS

JavaScript Kit- Your comprehensive JavaScript, DHTML, CSS ...

Your comprehensive JavaScript, DHTML, CSS, and Ajax stop

JavaScript入門 - とほほのWWW入門

JavaScript とは、Netscape Communications 社が開発したプログラミング言語です。1995年に同社の Netscape Navigator 2.0 で初めてサポートされ、Microsoft 社の Internet Explorer 3.0 でも同様の機能 JScript の名前でサポートされまし ...

CSDN

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

Home | TIOBE - The Software Quality Company

TIOBE checks more than 1056 million lines of software code for its customers world-wide, real-time, each day.

Start learning JavaScript with our free real time tutorial

Start learning JavaScript with our interactive simulator for free. Our easy to follow JavaScript tutorials for beginners will have you coding the basics in no time.

JavaScript初心者向けの入門ページ - さくらインターネット

JavaScriptの初心者向けに、入力方法から代表的なプログラミングテクニックを、多くのサンプルプログラムを用いて説明します。

Jak i po co włączyć skrypty JavaScript w Twojej przeglądarce

Instrukcje, które wyjaśnią jak i po co włączyć obsługę JavaScript w przeglądarce.

Learn JavaScript - W3Schools Courses

JavaScript is the programming language of the Web. This is a structured and interactive version of the w3schools JavaScript Tutorial together with the w3schools certification. Time to complete: Around 40 hours Language: English Prerequisites: Familiarity with HTML and CSS recommended

あなたのブラウザでJavaScriptを有効にする方法とその理由

enable-javascript.comではJavaScriptが無効のユーザーに最適化しています: 使用中のブラウザでの方法をページの先頭に配置する 精読しやすいように全ての画像はフルサイズのままインラインで参照する 開発者向けの文章が邪魔にならない

JavaScript Weekly: The JavaScript Email Newsletter

JavaScript Weekly A newsletter of JavaScript articles, news and cool projects Subscribe 175452 subscribers — 532 issues — RSS feed Check out our latest issue for a sample. Published by Cooperpress Our privacy, anti-spam ...

ライブラリとは - IT用語辞典 e-Words

ライブラリ【library】とは、図書館、図書室、資料室、書庫、書斎、蔵書、文庫、選書、双書などの意味を持つ英単語。ITの分野では、ある特定の機能を持ったコンピュータプログラムを他のプログラムから呼び出して利用できるように部品化し、そのようなプログラム部品を複数集めて一つのファイルに収納したものをライブラリという。

ライブラリ - Wikipedia

図書館( 英: library )と同様にプログラム(算譜)の書庫であるので、索引方法が重要である。

Windows の設定-ライブラリ - AsahiNet

ライブラリは、さまざまな場所にあるファイルを実際の保存場所から移動することなく、1 つのコレクションとしてまとめて表示します。

Windows 10 エクスプローラーにライブラリを表示する - …

Windows10 でエクスプローラーにライブラリを表示する方法を紹介します。ライブラリとは、複数のフォルダのファイルを一覧で見る機能のことです。フォルダを行き来しなくて済むため、ファイル操作がしやすくなります。

ラインズeライブラリ アドバンス

家庭学習ワンポイント テーマ別学習表 eライブラリ だより 推奨環境 よくあるご質問 お問い合わせ お知らせ 2021年度教材更新のお知らせ 2021/03/27 更新内容:中学校新学習指導要領への対応 ...

窓の杜ライブラリ

窓の杜ライブラリ トップページ

eライブラリアドバンス

eライブラリアドバンス. 学校 がっこう コード、ログインID、パスワードを 半角 はんかく で 入力 にゅうりょく してください。.

THE LIBRARY(ザ ライブラリー公式通販)

THE LIBRARY(ザ ライブラリー)はアングローバル系列の公式通販サイトです。マーガレットハウエルを始め、サンスペル、イレーヴなど英国をベースに、グローバルな視点から服、ライフスタイル、書籍など幅広くご提案します。

Vector: ソフトライブラリ - 国内最大級の フリーソフト ...

新着ソフトを中心に、登録ソフトの中から注目のソフト・話題のソフトを、画面付きのくわしい解説記事でご紹介しています。記事執筆者の試用感やソフト制作の裏話「ソフト作者からのひとこと」もお読みいただけます。

LEGAL LIBRARY

LEGAL LIBRARY リーガルライブラリー。信頼できる法律専門書のデータベース、約10万ページの信頼できる法律専門書や官公庁等の各種資料を横断的に検索閲覧できるサービス。

COMMENTS


15288:
2021-04-07 21:30

【Maya Rig作成ツール 無料セミナー】 ★株式会社ヘキサドライブ Ritaro様 ご講演 ゲーム開発者視点で、Rig作成ツール「mGear」を実践的に解説。 このような方、必見です! ■テクニカルアーティスト ■リガー ■ア…

15292:
2021-04-07 15:37

本業🌳 【某企業】で、食用昆虫養殖に関わる新規事業を検討開発中。社会的課題解決に貢献したい💪ご興味のある方は是非ご連絡ください✨ 最近の主な個人活動🍀 1️⃣昆虫食のイメージ向上、食としての認知拡大の取組み 2️⃣🦎等のエサ用コオロギの飼育支援…

15291:
2021-04-07 15:33

東芝、マイコン向け開発ツールソフトウエアの脆弱性を開示

15285:
2021-04-07 12:12

11件のコメント “シニアフロントエンド開発者みたいにChromeデベロッパーツールを使おう - Qiita”

15286:
2021-04-07 11:40

開発チームならツールとかちゃちゃっとお願いしますよーって言われて、ボクは何もできないのになぜかここにいるの!!!!って叫んだ

15293:
2021-04-07 08:54

開発の方から色んなツールを紹介していただいたんだけども、全然頭がついていかなかった。便利なツールや新しいサービスを今の業務にどうやって落とし込んだらよいかが思いつかないし、それを自分で開発する技術がないのでアイデアに結びつかないんだろうな・・。

15294:
2021-04-07 07:57

東芝、マイコン向け開発ツールソフトウエアの脆弱性を開示

15287:
2021-04-07 07:26

こちらも重要なニュース👀 Apple楽しみすぎる! 開発者ツール、MRデバイス、Appストアまで、トータルで持ってるApple最強。 Apple、数ヵ月以内にMRヘッドセットを最大約33万円で発売か | 36Kr Japan |…

15290:
2021-04-07 06:03

ヤンセンファーマのDX施策をまとめました! ・炎症性腸疾患用デジタルツールの開発 ・デジタル企業とのオープンイノベーションプログラム ・自閉症の診断ツールの開発 ・アルツハイマー病のためのデジタルバイオマーカー 開発から…

15284:
2021-04-07 04:24

11件のコメント “シニアフロントエンド開発者みたいにChromeデベロッパーツールを使おう - Qiita” (339 users)

15289:
2021-04-07 03:26

9件のコメント “シニアフロントエンド開発者みたいにChromeデベロッパーツールを使おう - Qiita” (320 users)

15283:
2021-04-07 00:39

新着 無料セミナー ゲーム開発者視点による、Rig制作ツールmGearの機能紹介~実践編~ 株式会社ヘキサドライブRitaro氏ご講演 実践で使えるRig作成をご紹介します。 ↓↓↓セミナー詳細はこちら↓↓↓ …

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Yelpが初公表したレポートによると投稿レビューの25%が非推奨に
ネットサービス
2021-02-28 03:06
Amazon.com、巣ごもり需要による大幅増収増益で過去最高に
企業・業界動向
2021-02-04 01:16
ワークインライフの視点で生まれたパーティション「SASAU」とは 日建設計の越境デザイン集団・NADが語る
IT関連
2021-03-09 06:37
第6回:ゼロトラスト移行の最適解
IT関連
2021-02-10 13:54
突然クラウドを導入することに! セキュリティ対策はどうすれば? 今注目の「ゼロトラストセキュリティ」を漫画で解説
PR
2021-03-16 10:32
「宇宙寺院」23年打ち上げへ 醍醐寺とテラスペースが合意 ご本尊や曼荼羅を搭載
くらテク
2021-02-03 15:28
[新連載]なぜスキルを掛け合わせるべきなのか デザイナーが事業成長に貢献するための方法を解説
IT関連
2021-03-26 06:27
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-03-26 06:27
MSCHFがSpotにリモコン式ペイントボール銃搭載、ボストン・ダイナミクスは嫌な顔
ロボティクス
2021-03-21 09:03
東証、システム障害再発防止策で報告書 当日の復旧を前提に
IT関連
2021-03-29 09:44
QuikNodeがAWSに対抗のブロックチェーン開発クラウドプラットフォームを開発中
ブロックチェーン
2021-04-04 16:43
仮想通貨取引所Bitfinexがオンラインショップ向け仮想通貨決済ゲートウェイをローンチ
フィンテック
2021-03-06 06:12
SIerがコト売りに転換できない2つの決定的な要素
IT関連
2021-01-26 18:30
出光興産、アクセンチュアと輸送管理プラットフォームを構築–燃料輸送の業務変革へ
IT関連
2021-03-23 12:53
バンク・オブ・アメリカがのVR教育を4000の銀行に導入
VR / AR / MR
2021-03-05 23:23
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-03-05 23:23