プロダクトマネージャーを増やし、日本発のソフトウェアを世界に届けたい――CPO協会代表理事Ken Wakamatsuインタビュー

プロダクトマネージャーを増やし、日本発のソフトウェアを世界に届けたい――CPO協会代表理事Ken Wakamatsuインタビュー サムネイル

今回は「プロダクトマネージャーを増やし、日本発のソフトウェアを世界に届けたい――CPO協会代表理事Ken Wakamatsuインタビュー」についてご紹介します。

関連ワード (インタビュー、プロダクト開発等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、CodeZine様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


  • ニュース:日本CPO協会設立、プロダクトマネージャーのためのコミュニティ作りと情報発信を推進

CPO協会を設立した理由

──CPO協会とはどういった団体なのでしょうか。設立の契機から伺えればと思います。

Ken Wakamatsu氏(以下Wakamatsu氏):CPO協会はSaaSやeコマースなどのプロダクトを作っているリーダーたちの団体です。CPO協会を設立した理由は大きく2つあります。

 一つ目は日本では人材があまり流動しないため、情報が1か所にとどまってしまうこと。そこで、プロダクトに携わるさまざまな企業の人が情報を集めて共有できる場所があればよいなと思いました。

 二つ目は、プロダクトオーナーやプロダクトマネージャーという職種が、社内でも孤立した存在であること。プロダクトマネージャー一人に対して、エンジニアはおそらく7~8倍の人数がいます。エンジニアはプロダクト作りの作業の中で、リレーションシップを築き情報を共有することができます。

 一方のプロダクトマネージャーはそれぞれ独立したプロダクトを担当するため、同じ社内でもプロダクトマネージャー同士の情報共有はあまり行われません。プロダクトマネージャーが一人ということもあるでしょう。プロダクトをリードする人たちの孤立を解消するため、情報を共有する場を作りたいと思いました。

 こういった課題を解決することによって、日本企業の中でプロダクトマネージャーやCPOを増やし、日本のプロダクトづくりをグローバルで通用するものに強化していくことを目指して、CPO協会を設立しました。

日本CPO協会 代表理事 メトロリー CEO兼CPOのKen Wakamatsu氏
日本CPO協会 代表理事 メトロリー CEO兼CPOのKen Wakamatsu氏

──CPO協会の構想は半年前から考えていたとのことですが、どのようにして設立までこぎつけたのでしょう。

Wakamatsu氏:2016年にセールスフォースのプロダクトマネージャーとして来日したときに、freeeの代表の佐々木大輔さんやSansanの代表の寺田親弘さんにお会いして、グローバルの開発のベストプラクティスを共有する機会がありました。その後、ちょうどセールスフォースを退職して起業したタイミングで、SansanでCPOを務める大津裕史さんを寺田さんから紹介いただき、情報交換するようになりました。大津さんと話をするうちに「もっといろんな会社と情報共有していきたい。そういう組織を立ち上げよう」という話になりました。そこから今の理事のメンバーに声がけして、設立されたのがCPO協会です。

──理事メンバーとはどのようなつながりがあったのでしょうか。

Wakamatsu氏:大津さんとは先のようなきっかけで知り合いましたが、他の方とは昨年9月に開催されたfreee主催の「Product Management Night Tokyo」というプロダクトマネジメントのミートアップ(レポート記事はこちら)で知り合った方たちから広がった縁ですね。実はコロナ禍で知り合ったメンバーがほとんどなので、オンラインで情報共有はしていますが、一度もオフラインで集まったことはないんですよ。

日本CPO協会 理事のメンバー
日本CPO協会 理事のメンバー

──なぜ、このタイミングでの設立だったのでしょう。

Wakamatsu氏:日本発のよいプロダクトを世界に発信していくためには、ちょうどよいタイミングだったと思います。例えば私がセールスフォースに入社した2011年は、2008年のリーマン・ショックで落ち込んだ経済が回復し、セールスフォースをはじめ、SaaSやeコマース企業の売り上げが大きく伸びた時期でした。その環境と今の日本のビジネス環境は非常に近い感じがします。

 当協会の理事の会社も上場し、どんどん組織や事業が大きくなっています。組織や事業が大きくなると、エンジニアも増え、プロダクト開発をリードするプロダクトマネージャーが必要になります。だからこのタイミングで、私のこれまでの経験を日本のプロダクトマネージャーに還元したいと思ったのです。

Wakamatsu氏はエンジニアからPMに転身

──Wakamatsuさんはプロダクトマネージャーとしてどのような経験を積まれてきたのでしょう。

Wakamatsu氏:キャリアはエンジニアとしてスタートしました。しかし、エンジニアにあまり向いていないと感じ、悩んでいろんな人に相談していたときに、当時所属していたアドビの中にEntrepreneur in Residenceというスタートアップを社内で作る仕組みが立ち上がったので、そこに所属することになりました。

 1999年当時のアドビはシュリンクラップ契約方式で、いわゆるパッケージでソフトウェアを販売するビジネスモデルでした。いろんな会社がオンラインサービスに乗り出す中で、アドビがその動きに参画すると、当時のビジネスモデルからかけ離れてしまうという課題がありました。そこでまずは私の組織で実験的にサービス化に取り組むことになりました。私がプロダクトマネージャーとして担当したのがAdobe PremiereとPhotoshopのクラウドサービス化。Photoshop.comやPhotoshop Expressというアドビ初のスマホアプリを作りました。その中でプロダクトマネジメントを学んでいきました。これがプロダクトマネージャーとしてのファーストフェーズです。

 次に日本のハードウェアに憧れを持っていた私は、ハードウェアのプロダクトマネージャーに携わってみたいと思い、当時、シスコが買収したコンシューマ向け小型ビデオカメラのソフトウェア側のプロダクトマネージャーのロールに転職しました。そこでハードウェアの中のソフトウェアを作る難しさを経験しました。シスコはルーターなどBtoB向け通信機器の会社です。その利益からすると、コンシューマプロダクトの利益は数%と微々たるもの。利益率の悪さから、同プロダクトの生産を中止することになり、僕も転職することにしました。

 これまで手がけてきた多くの無料のコンシューマ製品は、経営が傾くとリストラの対象になりがちです。そこでキャリアとしてもっとビジネスの中心にあるものに携わりたいと思い、セールスフォースに入社しました。約9年間、プロダクトマネージャーとしてSalesforce EinsteinなどSales Cloudで提供するプロダクトを開発し、SaaSのビジネスを深く学びました。2016年に日本法人に出向になり、プロダクトマネジメントチームの立ち上げを行いました。

 2020年に自分たちでプロダクトを作って運営するフェーズにチャレンジしたいと思い、2017年に設立されたAIベンチャー、metrolyに参画。CEO兼CPOとしてプロダクト作りに従事しています。

COMMENTS


15363:
2021-04-07 21:10

これまであんまり出してこなかったココナラのプロダクト開発の裏側を語る的なインタビューをリリースしますた!ユーザーさまの声を最大限に聞くからこその苦労話などいい感じにまとまってますのでよかったらご覧くださいませー。…

15362:
2021-04-07 17:53

デザインコンサルやリサーチ、プロダクト開発支援にはそれぞれいろんなアプローチや手法があるけど、お客さんと一緒に課題設定(あるいは目的やゴールの設定)しつつ、どのプロセスや手法を採用するかって所も一緒にお客さんと考えて採用するやり方はこれからちょっとずつ増えそうな気がする。

15359:
2021-04-07 17:03

お手伝いさせていただいている Chatwork 主催のカンファレンスで、ファシリテーターとして参加します。プロダクト開発と UX をテーマに PdM とデザイナーを戦わせます🦹‍♂️ 参加無料。

15358:
2021-04-07 16:44

モニタリング系のプロダクト開発してて、pydantic使ってる。 型付けじゃないと死んでまう。

15354:
2021-04-07 13:02

最近世の中のoss(というかプロダクト)、意外とザルだなと感じることが多い(開発者が人間であることを認識してホッとしているところでもある

15356:
2021-04-07 12:31

お世話になっている市谷さんが関わられたガイド。自分も政府内でプロダクト開発を担当する中で必要性を痛感していたので非常に嬉しいです。今後土台にしつつ議論を深めていきたい。/政府情報システム開発における「アジャイル・ガイド」|市谷 聡…

15360:
2021-04-07 10:45

株式会社EVERRISE<PL,PM経験者。エンジニアとしての技術を活かして自社開発プロダクトに携わりたい方募集です!> 正社員(中途) 東京都 400万円~ @it_navi

15353:
2021-04-07 07:01

僕はチームで開発するときには、気持ちの流れを考えてるっぽい。こんなこと他の人に聞けない→聞く方がみんなが助かる仕組みづくり、自分がしっかりしなきゃいけない→弱音を吐ける場作り、チーム同士でもっと助け合いたいけど難しい→プロダクトの形に合った組織の形づくり。みたいなの。

15361:
2021-04-07 06:10

「良いプロダクト開発チーム」を作るためには、ハイコンテクストな状態を作ることが求められる。コミュニケーションがラフでも緻密でも結果が同じになる状態。そのための取り組みもPMの一つの役割。

15355:
2021-04-07 05:32

今日また一つ新しいクールなフェムテックプロダクトが誕生しました!!現役/元サッカー選手の2人がアスリート視点で開発した〝女性専用プロダクト〟の概念を超えた 〝かっこいい〟吸収型パンツ! 繊維商社ヤギさんとの共同開発なのも楽しみ!!

15357:
2021-04-07 03:09

【拡散熱望🙏】 現在開発中の新規事業にて、僕と一蓮托生でプロダクトを開発するソフトウェアエンジニアを募集しています👩‍💻! かるーいお気持ちで結構ですので、ぜひお話しませんか〜🍵 どんなサービスを作っているか、Blogにまとめましたので、…

15364:
2021-04-07 01:10

コーポレートチームがAnyflow等を活用して、主体的に業務の自動化を進めてくれている。Zenhub/GitHubなども定常活用しており、引き続きプロダクト開発チームと同じ思想/ツールで業務管理/改善のできる組織を目指していきたい。

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Tesla決算、売上高が初の100億ドル超、通年で初の黒字に
企業・業界動向
2021-01-29 08:07
高機能エルゴノミクスキーボード「Kinesis Advantage2」の進化がすごかった (1/3 ページ)
くわしく
2021-03-30 00:56
DX実現を加速する数理最適化コンサルティングの可能性
IT関連
2021-01-28 15:02
Googleの10カ国の従業員、世界規模の労組「Alpha Global」結成
企業・業界動向
2021-01-27 04:19
Apple TV+の無料トライアル期間がまたまた延長、2021年7月まで
ネットサービス
2021-01-17 06:04
書くときにもフォントにこだわりたい 書いていて気持ちいい、お勧めフォントは? (1/3 ページ)
イラスト・デザイン
2021-03-20 21:17
よりパーソナルな感覚のフランス発ひと味違う新デートアプリ「Feels」
ネットサービス
2021-04-19 10:06
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-04-19 10:06
Clubhouseに見る中国製SaaSとの付き合い方 有効活用と検閲リスクのバランスが重要に
クラウドユーザー
2021-03-29 00:37
エンドポイント防御に深層学習を活用–MOTEXとDeep Instinct
IT関連
2021-02-18 21:52
コンビニ店内でテレワーク 飯田橋のセブンに「テレキューブ」設置
DX
2021-01-16 07:48
治験の大量文書をクラウド管理 医療業務を健やかに速やかに
IT関連
2021-04-17 22:37
JavaScript/TypeScriptランタイム環境Denoの開発チームが企業化も、Denoは引き続きMITライセンスで利用可能
IT関連
2021-04-07 11:11
モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を手がけるINFORICHが23億円調達
シェアリングエコノミー
2021-04-17 07:09
AWSのセッションが追加! デブサミ2021の「アプリケーション開発」に関するセッション紹介
IT関連
2021-02-13 23:26
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-02-13 23:26