顧客の声を吸い上げ、プロダクトづくりに適切に活かすには? ヒアリングと共有の仕組みについて

顧客の声を吸い上げ、プロダクトづくりに適切に活かすには? ヒアリングと共有の仕組みについて サムネイル

今回は「顧客の声を吸い上げ、プロダクトづくりに適切に活かすには? ヒアリングと共有の仕組みについて」についてご紹介します。

関連ワード (スキル、プロダクト開発、事例等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、CodeZine様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


  • 第1回:「顧客の声を反映する」プロダクトづくりはなぜ難しい? 契約継続率2倍の施策に学ぶ、チーム連携の重要性

はじめに

 こんにちは。ベーシックのSaaS事業部にて「ferret One」のカスタマーサクセス部長を務めている秋(@jaesoon_aki)と申します。

 ferret Oneでは、カスタマーサクセス部を中心に顧客の声を活かしたサポート体制で、プロダクト改善に取り組み、約7カ月で開始当初46.2%だった契約継続率を87.5%まで伸ばしました。この連載では、その試行錯誤の中で気づいた「顧客と向き合いながらプロダクトを磨いていくためにできること」について、全3回にわたって書いています。

  • 第1回:「『顧客の声を反映する』プロダクトづくりはなぜ難しい? 契約継続率2倍の施策に学ぶ、チーム連携の重要性」
  • 第2回(本記事):「顧客の声を吸い上げ、プロダクトづくりに適切に活かすには? ヒアリングと共有の仕組みについて」
  • 第3回:「顧客のプロダクト活用率を上げるために行った施策」

 今回は顧客の声をどのように吸い上げ、その声をどのようにプロダクトづくりに活かすのか、実際に行った施策をご紹介します。この記事が、プロダクトづくりに関わるみなさまのお役に立てば幸いです。

「顧客の声」を吸い上げるため、全てのターゲット顧客への訪問を実施

 プロダクトづくりにおいて、顧客の声が大事だということは何度も耳にしたことがあるかと思います。弊社でも顧客の声を大事にしていこうという考えはあったのですが、それを体現できる体制は当時整っていませんでした。

 そこで、どのように顧客の声を回収することが最もプロダクトをより良いものにし、顧客の課題を解決することにつながるのかを検討しました。しかし、自分の中では「顧客の課題解決にはこういったものが必要なのではないか」「こうすれば解約を防げるのではないか」など仮説はあったものの、当時は顧客への理解度がまだ低かったため、なかなか自信を持って推し進めることができませんでした。そのため、仮説の質を上げるためにも、まずは顧客の解像度を上げる必要がありました。

 そこで取り組んだことは、「全顧客への訪問の実施」です。全国にいる顧客に1件1件アポを取り、立ち上げメンバー(当時は筆者を含め2人)で、当時ターゲットとしていた全ての顧客合計120社を、3カ月かけて回りきりました。どのような情報を得ることができればより顧客の課題を解決できるようになるのかといった観点で、訪問時には以下の内容のヒアリングを行いました。

ヒアリング内容
  • ferret Oneサービス全体の利用状況(どれぐらいの頻度でサービスを触っているのか)
  • 機能ごとの利用有無や利用頻度、認知確認(これがとても良かった)
  • 機能やサービスへの要望の吸い上げ
当時使っていたヒアリングシートの一部
当時使っていたヒアリングシートの一部

 全クライアント訪問の中で最も衝撃的だったのは、自分が想定した以上に、顧客がferret Oneの機能活用方法を知らないことでした。各機能の利用有無の問いに対して、「利用していない」という回答が想像以上に多かったのです。これなら有効に使ってもらえるだろうと思って開発した機能があまり使われていないという事実も多々見つかり、ショックを受けました。

 また同時に、顧客のWebマーケティングの知識がツールの活用度に大きく影響していることも認識できました。ferret Oneはマーケティングツールのため、顧客のマーケティングのノウハウ自体が不足していると、ツールがうまく活用できない状態になっていたのです。

 今となっては顧客がferret Oneを導入してから立ち上がるまでを支援するオンボーディングチームを用意しており、導入顧客のほとんどが自社に適したマーケティングの初期設計から施策実施まで支援を受けています。ただ当時はオンボーディングチームも組成されて間もなかったため、顧客の立ち上がりまできちんとサポートできていないことも多々ありました。それでは利用機能の偏りがあるなど、成果を出している顧客が少ないことも当然です。

 この全顧客の訪問を通じて、ferret Oneの機能活用状況の事実を知ることができ、顧客に対する解像度が一気に上がりました。

COMMENTS


2305:
2021-02-05 23:20

これまでに受講した人数は計4000人以上、満足度95%以上という超人気セミナーで 起業成功に欠かせないセールスやマーケティングの基礎知識だけでなく、起業家としてのスキルが身に付く サラリーマンや学生にも、非常に学びの多いセミナーです。 そ…

2311:
2021-02-05 22:35

スキルがうるせぇんだわw使わないけど見てて面白いからいいと思うw

2309:
2021-02-05 19:34

サービス開始時からプレイしているのに、闇川復活時HPが減ってる理由がs2のスキルレベルにあることを本日嫁の指摘にて知りました。これが本当の無川です。

2308:
2021-02-05 19:02

嵐の活動休止前ライブを観てめちゃくちゃ泣いた知念くん。たくさんの人から連絡来てるだろうからって大野くんにはメールしなかった知念くん。ファンがSNSに感想を呟くように自分も雑誌等で想いを話せたらと言う知念くん。全方面に配慮をしていてファン…

2312:
2021-02-05 17:17

ヒビキのスキル強いから当てられて良かったわ

2307:
2021-02-05 12:35

スキルなしの初心者でも『年収1000万円』稼ぐ方法を紹介します。

2306:
2021-02-05 11:26

演奏は一瞬のひらめきが重要です。お客さんの様子を把握してほんの一瞬のタイミングを逃さず、その場の雰囲気にあったものを提供できる。そんなトップレベルのスキルを身に付けてみませんか!

2313:
2021-02-05 09:48

上手な「気遣い」は、決してもともと備わっている能力や性格ではなく、 行動であり、習慣であり、意識して身につけることができるスキルなのである。 いくつかのコツを会得しながら、繰り返し実践することで誰でも自然とできるようになる。 必要性を感じて磨きをかければ必ず身についていく

2304:
2021-02-05 06:44

就職や転職に有利なビジネススキル資格取得講座の中から、オススメのしっかり学べて身に付く、だけどお得で安いものだけを厳選してご紹介。本格的に探すならここ。適当に選んでたら絶対に損しますよ〇格

2303:
2021-02-05 05:05

『見方・考え方を働かせる発問スキル50』内容を一行で紹介(その6) 「Column 学習は登山か,それともフィールドワークか」→本論ではなくコラムですが、けっこうこだわって書きました。

2314:
2021-02-05 02:55

1億年ぶりぐらいに拳リーゼちゃんで協力行って地雷設置ボンバーマンやりたいんでスキル覚醒で火力の程をよろしくお願いしますね

2310:
2021-02-05 00:40

つまり2018年12月26日に神気解放した杖ツユハはまだスキル覚醒が出来ないみたいです 先に把握してないとまた文句言う所だった…(おい)

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
アドビがウェブ版AcrobatにPDF内のテキストと画像を編集する機能を追加
ネットサービス
2021-02-04 16:25
ソフトバンク、4G周波数帯を転用した5Gサービス開始 東京・愛知でエリア拡大
企業・業界動向
2021-02-16 21:17
AWSをElasticが名指しで非難 ElasticsearchとKibanaのライセンスを、AWSが勝手にマネージドサービスで提供できないように変更へ (1/2)
クラウドユーザー
2021-01-23 13:29
POSIX向けWindows互換レイヤ「Wine 6.0」リリース、コアモジュールがPE形式に
IT関連
2021-01-19 14:05
PS5専用PS VR、2022年以降に発売
アプリ・Web
2021-02-25 22:00
HP、ゲーム周辺機器ブランドHyperXを4億ドル超で買収 OMENとは統合せず
企業・業界動向
2021-02-26 19:45
ウレタンマスクの防御効果は「クッションになる程度」 肌トラブルには“二重マスク”も
くらテク
2021-02-10 19:42
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-02-10 19:42
MealMeが出前サービスの食事を比較検討できる検索エンジンで9500万円を調達
ネットサービス
2021-02-26 22:52
全高75cm、口からミストを噴射する「マジンガーZ」を作る本 アシェットが創刊
くらテク
2021-02-05 20:28
「メルカリ寄付」、寄付先に慈善団体を追加 日本財団や日本ユニセフなど10団体
企業・業界動向
2021-02-02 20:47
オフィス拡大路線、テレワーク禁止から一転 シェアオフィスへの移転で「テレキューブ」をフル活用する企業が得たもの
PR
2021-02-09 11:34
Clubhouseで楽しさを知った会話の「輪」はさらに広がる 「音声」の重要性を改めて考えてみた (1/2 ページ)
くわしく
2021-02-26 05:40
社内申請などの書き方をAIで支援、従業員体験を向上–NTTテクノクロス
IT関連
2021-02-03 15:14
AIが肩・肘の可動域を動画から自動測定 リハビリに活用 富士通が開発
ロボット・AI
2021-02-25 02:51
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-02-25 02:51