なぜエンジニアのキャリアアップにプログラミング力が欠かせないのか

なぜエンジニアのキャリアアップにプログラミング力が欠かせないのか サムネイル

今回は「なぜエンジニアのキャリアアップにプログラミング力が欠かせないのか」についてご紹介します。

関連ワード (アプリケーション開発、コラム等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、CodeZine様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


はじめに

 CodeZineでは、はじめて連載させていただきます。株式会社ナレッジワーク CTOの@mayahjpです。ナレッジワークは「できる喜びが巡る日々を届ける」というビジョンのもとで、ワークエクスペリエンス領域と呼ばれる、会社内で生産性を向上させるために従業員が実際に使うソフトウェアたちをSaaSにて提供するスタートアップです。ついでにですが、いわゆる技術顧問的な立ち位置で技術設計を支援したり実装したりする株式会社ラムダボックスという個人会社もやっております。

 筆者は東京大学理学部情報科学科、東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻を卒業、修了し、そこで得たコンピュータサイエンスの知識と技術力を武器に、長らくIBMの研究機関やGoogle日本法人などのいわゆる外資系IT企業で研究者やソフトウェアエンジニアとして働いていました。その一方で、あまりプログラミング力が重視されていたとは言いがたい、ベンダー的な会社でも働いたこともあります。そのような対照的な会社で働いた知見から、システムを作る上でプログラミング力がいかに重要であるか、そしてプログラミング力があることがどうキャリアにつながるかについてお話します。

対象読者

  • システムインテグレーターなどに勤めていて、自らプログラムを書いてプロダクトやサービスの開発を行うことが少ないが、プログラミング力をつけてキャリアアップあるいはキャリアチェンジさせたい方

GAFAとキャリア

 キャリアアップというと、みなさんは何を想像するでしょうか? やはりマネージャーとなり、人を使うことを想定するでしょうか?

 いきなりですが、みなさんが「GAFAでは~~、GAFAだと~~」などと語るのが大好きなGAFAのソフトウェアエンジニアのキャリアの話をします。と言っても私が詳細にわかるのはGoogleだけなので、Googleの話をすることにします。Googleでソフトウェアエンジニア職で働いている人たちは、一般に組織で偉いとされている人ほどプログラミング力が高いことが多いです。

 Googleでは、ソフトウェアエンジニアとプロダクトマネージャー、ピープルマネージャーは別の職種として位置づけられています。ソフトウェアエンジニアのレベルが上がったからといってプロダクトマネージャーやピープルマネージャーに「昇格」するということはありません。ソフトウェアエンジニアからプロダクトマネージャーに「職種変更」することを選択する人は稀にいるそうですが、ソフトウェアエンジニアはソフトウェアエンジニアのままで、ずっとコードを書いています。

 レベルの高い人は「すごいソフトウェアエンジニア」として、技術面のリードをすることになります。ただし、レベルが上がると一般には部下を持つことになり、チームとしての出力が求められるようになってきます。より難しい問題を解くためには、どうしても頭数が必要だからです。すごいソフトウェアエンジニアは、複雑な問題を切り分け、部下に渡し、チームで成果を出していきます。問題を上手に切り分けることができないと、チームの出力が増えず、高い地位には行けない構造になっています。

 問題を切り分けるにはその問題の構造を理解し、自分で解決策が出せる程度にはなる必要があるため、プログラミング力がなければ必然的にキャリアアップを望みにくい構造になっています(なお、プログラミング力があっても、上司とうまく行かなかったり、自由に働きたくてキャリアアップを選択しなかったりする人もいるので、職位が低いからといってプログラミング力が低いとも限りません)。

プログラミング力とは何か?

 プログラミング力という言葉を定義せずに使ってきましたが、この連載で述べるプログラミング力とは何かについて定義していきます。

 あるITシステムを作成することを考えます。システムの作成は、おおまかには、システムがどう動くか定義する部分(いわゆる要件定義~外部設計あたり)と、それを実際に設計・実装する部分(外部設計~内部設計~実装あたり)に分けることができるでしょう。その後、テストやリリース、運用、保守などもありますが、作成という段階では一旦実装までを対象とします。

 前者のシステムがどう動くか定義する部分では、あるべきシステムを定義するためには、実際の業務プロセスを理解しなければなりません。この理解した知識は、しばしば業務知識と呼ばれます。業務知識の重要性はみなさんもご存知でしょう。業務知識がないと、その後どれだけ優れた開発を行なっても、実際に現場で使えるソフトウェアにはならず、宝の持ち腐れになってしまいます。

 後者の実際にシステムを設計・実装するという部分では、システムをコンピュータの上に設計・実装していく以上、コンピュータのハードウェアやソフトウェアの理解が必要です。この連載では、実際にシステムを作る能力を総称して「プログラミング力」と呼ぶことにします。ここでは、業務知識を取り払い、要件が定義されたシステムを実際に設計・実装する部分だけを考えてプログラミング力と呼びます。

 プログラミング力は何から構成されているのでしょうか? プログラミング力を少し分解して、知っておくべき「知識」と、知識をどう「応用」するかの大きく2つに分けて考えることにします。

 「知識」のベースとなるのは、Pythonなどの特定のプログラミング言語を使って要求仕様を満たすプログラムを書いたり、競技プログラミングのようなコンテストで良い成績を収める能力だけではなく、ITの全般的な知識です。システムは、通常複数のコンピュータを連携させ、また、既存のソフトウェアも複数組み合わせて実装されます。そこで利用されるOS、ネットワーク、データベースなどの知識が必要になります。また、ここにコンテナなどの仮想化技術も加わるでしょう。最近のソフトウェアはウェブブラウザで動くように作ることも多いので、ブラウザがどう動くかを知っていることも重要です。プログラムを書く上ではアルゴリズムやデータ構造に関する知識も必要です。これらのコンピュータサイエンス的な知識に加えて、ソフトウェアをどう作ると失敗しづらいかや、ソフトウェアの実装の良さ、ミスの多さを測るソフトウェア工学的な知識も必要とされます。……と、1つのシステムを作る上でも非常に多岐にわたる知識が必要とされます。これだけの知識がないとシステムがまともに構成できないというのはIT業界がまだ発展途上であることを示しているかもしれません。ノーコードやローコードと呼ばれる開発環境も出てきていますが、簡単なタスクや限られたデータに「お試し」で使ってみることはできても、その後、より規模の大きい業務システムに組み込もうとしたり、結果が想定通りにならず改善案を検討したりするときに、やはり上述のような知識が必要になってしまうのが現状です。

 一方の「応用」は、知識を実際に活用するための力です。これを簡単な言葉で定義するのは非常に難しいのですが、無理を承知で試みますと、「論理的思考力」と、「うまくいくことが分かっているパターンの数」が大きな要素を占めると筆者は考えています。うまくいくと分かっているパターンを多く持っておくと、システムを開発する上でうまくいくか分かっていない部分だけに思考を注力することができ、労力を非常に節約することができます。かつ、最終的にできあがるシステムも良いことが多いです。囲碁・将棋における定石・定跡のようなものだと捉えていただけば良いでしょう。ただしパターン化が通用するのは一部のみで、残りは自分で考えなければなりません。また、パターンの組み合わせにも良し悪しがあります。そのあたりを補うために論理的思考力がどうしても必要になります。

プログラミング力の必要性

 プログラミング力として求められる知識と応用力は非常に幅広く、一朝一夕には身につきません。そこから目を背けるように、「プログラミングは外注すればいいから業務知識の方が重要だ」とか、「単価の安いプログラマがプログラミングすればいいのであって、プログラミング力は必要ない」という趣旨のことが言われていると、しばしば漏れ伝わってきます。

 その場合の筆者の危惧は、プログラミング力を軽視した結果、そもそも業務でも使いにくいプログラムを設計してしまっている、あるいは開発が非常に大変になる仕様を選択してしまっているため本来不要であったコストが異常にかかっているということです。

 あまりプログラミング力が高くない人が仕様を決めるとどうなるという話をしましょう。これから話す話はいくらなんでもレベルが低いのでは? と思われるかもしれませんが、私がかつて勤めていたベンダーでもこのレベルの話は実際にありました。

 EC(Eコマース)系のシステムを作っているとします。将来的な商品数Nは100万程度を想定すべきですが、開発時はNが1,000程度で開発をしているとします。ここで、N^2の処理を要するシステムが定義されたらどうなるでしょうか? 基本的な計算量の知識があればN^2の処理に非常に時間がかかることがわかります。当然そのような仕様は要件定義や外部設計のときにはねられてしかるべきですし、より計算量の少ない仕様を考えるべきです。しかし、計算量の概念がないと、しばしば誰も気づかないまま負荷テストが始まるまで放置され、そこで初めて問題が発覚したりします(負荷テストで気づくだけマシかもしれません)。それをなんとかするために出てくる仕様も、数日計算をする、マシンを増やすなど、システムを分割するなど、頓珍漢なアイデアしか出てきません。

 他、実際にいろんな事例を見聞きしてきました。「画面を変更するだけだから1日でできるでしょ?」などと裏側の処理を全く想定できない程度ならまだ可愛いものです。メモリとディスクの区別がついてなかったり、「memcachedだとローカル変数にアクセスするより速いんですか?」という質問を受けたり(筆者はこういう場合もにっこり笑ってすごく基礎から説明するタイプです)。実際にシステムを作るということがどういうことかわかってなかったり、裏側で何が行われているのかわかってないがゆえに、非常に解像度の低い仕様の策定や提案が行われます。

 このような誤った理解が横行している現場でプロジェクトがうまくいくことがあるならば、「わかっている人」からの指摘によって、このような仕様が開発前に排除されているからです。あまりに変なアイデアであれば指摘は容易ですが、中には高レベルな人でないと事前に指摘できないものもあります。筆者も何度も見逃してきました。

 ソフトウェアの開発は難しいものばかりではありません。大体が易しいレベルの開発からなると言っても良いでしょう。だからといって、高レベルの開発ができる人が不要というわけにはいかないのです。ここでいう高レベルの問題には、システムのアーキテクチャの策定だったり、データベースの定義だったり、その後のシステムの作りやすさを決めるものが多数含まれます。

 私はしばしば、システム開発の難易度を非プログラマに伝えるときに、多数の中学レベルの問題と少数の高校レベルの問題とがまじったテストの様なものだと例えます(実際に中学・高校レベルだと言いたいわけではなく、相対的な話をしています)。ただこのテストは少々変わっていまして、しばしば高校レベルの問題(アーキテクチャの策定など)が先にあり、その結果を用いて中学レベルの問題(大部分のプログラミング)を解いていくことがあります。普通の中学生がいくら集まったところで高校レベルの問題を解くことはできません。問題を解くための知識も足りないし、思考力も足りないからです。稀によくできる中学生がいて、どこからか高校レベルの知識を持ち込んだり編み出したりしますが、それは単に奇跡です。及第点を取るためには、高校レベルの問題が解ける人を連れてこなければならないのです。

 また、中学レベルの問題ばかりやっていても、いつまでたっても高校レベルの問題を解けるようにはなりません。「わかっている人」側へ行くためには、一定のプログラミング力が付ける必要であることがおわかりいただけたかと思います。

プログラミング力と今後のキャリア

 プログラミング力は、自身のキャリアアップにも非常に役立ちます。

 GAFAの例に限らず、最近の日本を見ても、プログラミング力を持った者が今後より大きなシステムを任される機会が増えてくるでしょう。その理由はいくつかあります。

 まず、単に成果が出しやすいことです。プログラミング力が高ければ、前節で述べたような変な仕様が少ない、コストが低いシステムを作ることができます。もちろん業務知識も備えなければなりませんが、どちらかというと高いプログラミング力の方が身につけるのが大変で希少なので、必然的に希少価値のある人材になれます。

 また、システム内製化の動きが進んでいることです。いわゆるDX(デジタルトランスフォーメーション)がブームとなっていますが、システムを内製化するにはある程度システムのことに精通していなければなりません。結果、システムのことがわかっている人の需要が増えます。システム開発のことがわかっている人は希少ですから、より高い処遇が必要になります。一時期のAIブームのように非常に好待遇にはならないでしょうが、確実により適切に処遇されるでしょう。

 他、システムインテグレータ以外の会社に目を向けてみましょう。例えば弊社のようなSaaSでシステムを提供しているような企業です。その様な会社ではプログラミング力がなければ、ソフトウェアエンジニアとしては全く評価されません。ただしその様な会社では、システムインテグレータで得たような業務知識や業界知識は結構生きるもので、思ったより重宝されます。プログラミング力をあげることで、業務知識を持ったソフトウェアエンジニアという強い人材になれます。

 プログラミング力をあげてもすぐには結果に結びつかないかもしれません。しかし、時代はプログラミング力が高い人を必要としています。少々勉強した程度で養える力でもないので、すぐにプログラミング力が高い人が増えるとは思いません。この記事を読んで、みなさんが長期的にプログラミング力をあげる決意をしていただければ幸いです。

次回予告

 次回は、実際にプログラミング力を伸ばすにはどのようにすれば良いかということについてお話するつもりです。

COMMENTS


3042:
2021-02-09 22:13

「天皇に関する発言は百害無益だ。韓国に来るとも言っていない天皇に、来るのなら謝罪からするべきだと話しておきながら、発言による波紋の収拾に慌てる姿は実に情けなく、もどかしい。」【コラム】韓日間の葛藤、李大統領と野田首相が問題だ 中央日報

3047:
2021-02-09 18:40

完全不定期更新コラム。 大阪ええとこ巡りの筆者が贈る、実際にええとこ巡ってた時の思い出話です。 大阪以外にもいろんなええとこ紹介してます。 ボツになった写真も再利用。 旅行のコラム

3044:
2021-02-09 18:02

これ、昨日の日刊ゲンダイの適菜収さんのコラムなんだけど、個人的にうん、うん、頷いちゃったわ〜。ほんと今度こそ、今度こそまとまってくれよ、と。

3050:
2021-02-09 17:09

すっかり滞ってしまっている コラムですが 11月からコツコツ書いて ようやく書き上げました 年末忙しかったのもあったけど 今回は本当に難産でした 全然納得できなくて 書いては直しの繰り返しでした ナント 前中後編の3部作です 大長編です(笑) そ…

3045:
2021-02-09 15:32

FT掲載の森氏に関するコラム「であるなら、真の問題は(今回の森氏の言動がもたらした)恥ではなく、この国民的不名誉の時が暴き出した、無関心によってはびこり長寿によって神格化された、背景にある性差別である」

3043:
2021-02-09 14:26

😥😥😥はずれ😥😥😥 申し訳ありません、はずれです💧ヤンマガWebでマンガやコラムを読んだり、グラビアを見ながら次回まで悲しい気持ちをやり過ごそう。 🐯<困ったら俺に言いな。野生の力を見せてやる。 ↑頼もしい虎も励ましてくれています。

3048:
2021-02-09 09:32

今週の『そえまつ映画館』では、現在公開中の綾野剛さん主演、藤井道人監督の『ヤクザと家族 The Family』を御紹介中 また、劇場パンフレットに寄稿したコラムでは、番組内で語れなかったラストシーンの意図…

3046:
2021-02-09 02:40

FT掲載の森氏に関するコラム「森は最終的に、多くの人が日本の女性のために行うべきと考える辞任を免れるかもしれない。なぜなら、今や国民的となった恥の感覚を、森自身は感じているように見えないからだ」 

3049:
2021-02-09 01:56

最後に「キミ次第だ。自分次第だよ、全部ね。」って自助100%の言葉があるんだけど、レッドブル広告の常識とか正しさは捨てて「自分の衝動を守れ」「自分のバカを守れ」ってのとシンクロしてる。でもそれも「他者の命令」だからね、注意してねってことをこのコラム…

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
NTTデータ、スマートシティー新ブランド「SocietyOS」を立ち上げ
IT関連
2021-01-29 18:18
センサー内蔵の野球ボール活用で選手データを分析・管理 KDDIなど
企業・業界動向
2021-03-02 11:45
ドキドキが視聴者に伝わるゲーム実況向け“ゲーミング腕時計” ガーミンが開発 実際に試してみた (1/2 ページ)
くわしく
2021-02-10 11:29
「Rust 1.50.0」がリリース、bool::thenが安定板に
IT関連
2021-02-17 07:45
伊藤忠商事、食品卸大手にAI型需要予測・発注最適化ソリューションを導入
IT関連
2021-02-03 23:50
あらゆる自動車でCarPlayが使える格安スマートディスプレイ「Coral Vision」を試す  Clubhouseもハンズフリーで快適トーク (1/3 ページ)
IT関連
2021-02-15 12:41
エンドポイント防御に深層学習を活用–MOTEXとDeep Instinct
IT関連
2021-02-18 21:52
業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro オンライン講座
Udemy
2021-02-18 21:52
“体験”するガンプラ、5万5000円で発売 ユニコーンガンダムの変形シーンを再現 劇中のせりふや音楽も
くらテク
2021-03-04 16:45
各分野のコラボレーション進む–Appier、AIトレンドの2020年総括と2021年予測
IT関連
2021-01-21 18:53
HTML/CSS/JavaScript用ソースコードエディタ「Brackets」、9月1日にサポート終了
IT関連
2021-03-05 17:04
セキュリティ事故の増加で発生抑止にサービス拡大–セキュアワークス
IT関連
2021-01-19 14:08
「LEVI’S×ポケモン」発売 ストーンウォッシュ「551z」にピカチュウ 90年代風デザイン
くらテク
2021-02-04 13:37
ボタンやドアに“触れない”オフィスビル登場 屋上に“テレワーク”設備も
社会とIT
2021-01-20 19:01
積層造形によるロケット燃料の商業化を目指すFirehawk Aerospaceがシード資金2.6億円調達
宇宙
2021-01-31 04:06
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-01-31 04:06