材料研究を効率化するプラットフォーム開発するのイスラエルMaterials Zoneが約6.5億円を調達

材料研究を効率化するプラットフォーム開発するのイスラエルMaterials Zoneが約6.5億円を調達 サムネイル

今回は「材料研究を効率化するプラットフォーム開発するのイスラエルMaterials Zoneが約6.5億円を調達」についてご紹介します。

関連ワード (Materials Zone、イスラエル、データベース、人工知能 / AI、材料、機械学習、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


テルアビブに拠点を置くスタートアップ企業で、AIを活用して材料研究の高速化を図るMaterials Zone(マテリアル・ゾーン)は、シードラウンドで600万ドル(約6億5000万円)の資金を調達したと、米国時間4月27日に発表した。この投資ラウンドはInsight Partners(インサイト・パートナーズ)が主導し、クラウドファンディングの「OurCrowd(アワークラウド)」も参加した。

Materials Zoneのプラットフォームはさまざまなツールで構成されているが、その中核となるのは、科学機器や製造施設、実験装置、外部データベース、発表された論文、Excelシートなどからデータを取り込み、それを解析して標準化するデータベースだ。このデータベースは必要に応じて可視化することができ、研究者にとってはこれがあるだけで恩恵になると、同社は主張する。

画像クレジット:Materials Zone

「新しい技術や物理的な製品を開発するためには、まずその製品を構成する材料やその特性を理解する必要があります」と、Materials Zoneの創設者でCEOを務めるDr. Assaf Anderson(アサフ・アンダーソン博士)はいう。「ゆえに、材料の科学を理解することがイノベーションの原動力となります。しかし、材料の研究開発や生産の背景にあるデータは、慣習的に管理が不十分で、構造化されておらず十分に活用されていませんでした。そのため実験が重複したり、過去の経験を生かすことができなかったり、効果的な共同作業ができなかったりして、莫大な費用と手間が無駄になっていました」。

画像クレジット:Materials Zone

アンダーソン博士は、Materials Zoneを設立する以前、バル=イラン大学のナノテクノロジー・先端材料研究所に在籍し、コンビナトリアルマテリアル実験室の責任者を務めていた。

Materials Zoneの創設者でCEOであるアサフ・アンダーソン博士(画像クレジット:Materials Zone)

「私は材料科学者の1人として、研究開発の課題を身をもって経験しているため、研究開発がどのように改善できるかということを理解しています」と、アンダーソン博士はいう。「私たちは長年の経験を元に当社のプラットフォームを開発し、革新的なAI(人工知能)/ML(機械学習)技術を活用して、これらの問題に対する独自のソリューションを生み出しました」。

例えば、新しい太陽光発電用の透明なウィンドウを開発するためには、適切なコア材料とそのパラメータを見つけるために何千回もの実験が必要になる。Materials Zoneは、このようなデータをすべて集約して標準化し、それを扱うためのデータおよびワークフロー管理ツールを提供することで、このプロセスをより速く、より安価に行えるようにすると、アンダーソン博士は説明する。その一方で、同社の分析・機械学習ツールは、研究者がこのデータを解釈するための支援をする。

 

画像クレジット:SEBASTIAN KAULITZKI/SCIENCE PHOTO LIBRARY / Getty Images


【原文】

Materials Zone, a Tel Aviv-based startup that uses AI to speed up materials research, today announced that it has raised a $6 million seed funding round led by Insight Partners, with participation from crowdfunding platform OurCrowd.

The company’s platform consists of a number of different tools, but at the core is a database that takes in data from scientific instruments, manufacturing facilities, lab equipment, external databases, published articles, Excel sheets and more, and then parses it and standardizes it. Simply having this database, the company argues, is a boon for researchers, who can then also visualize it as needed.

Image Credits: Materials Zone

“In order to develop new technologies and physical products, companies must first understand the materials that comprise those products, as well as those materials’ properties,” said Materials Zone founder and CEO Dr. Assaf Anderson. “Understanding the science of materials has therefore become a driving force behind innovation. However, the data behind materials R&D and production has traditionally been poorly managed, unstructured, and underutilized, often leading to redundant experiments, limited capacity to build on past experience, and an inability to effectively collaborate, which inevitably wastes countless dollars and man-hours.”

Image Credits: Materials Zone

Before founding Materials Zone, Anderson spent time at the Bar Ilan University’s Institute for Nanotechnology and Advanced Materials, where he was the head of the Combinatorial Materials lab.

Assaf Anderson, PhD, founder/CEO of Materials Zone. Image Credits: Materials Zone

“As a materials scientist, I have experienced R&D challenges firsthand, thereby gaining an understanding of how R&D can be improved,” Anderson said. “We developed our platform with our years of experience in mind, leveraging innovative AI/ML technologies to create a unique solution for these problems.”

He noted that in order to, for example, develop a new photovoltaic transparent window, it would take thousands of experiments to find the right core materials and their parameters. The promise of Materials Zone is that it can make this process faster and cheaper by aggregating and standardizing all of this data and then offer data and workflow management tools to work with it. Meanwhile, the company’s analytical and machine learning tools can help researchers interpret this data.

 

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

資金調達 - Wikipedia

資金調達(しきんちょうたつ、英: Funding; financing )とは、事業に必要な資金を調達することをいう。 資金調達という用語は、政府組織、民間企業、個人事業主の事業などについて幅広く用いられ

資金調達の方法一覧

資金調達の方法は、アセットファイナンス、デッドファイナンス、エクイティファイナンスに分けられます。資産の有無や望む現金化の形態に応じた選び方が求められます。会社にあった資金調達方法を実行することが大切です。

資金調達とは?調達金額から判断できること

転職活動をしていると「○億円資金調達しました」というニュースを見たことがないでしょうか。なんとなくすごい会社のように見えますが、本当にすごいことなのか判断できない方もいるでしょう。 今回は企業が資金調達するとはどういうこ … "資金調達とは?調達金額から判断できること" の続きを読む転職活動をしている目にする資金調達について解説します。銀行からお金を借りるのも資金調達と言いますが、企業アピールしているのは投資家からの資金調達。調達額を見ると、企業がどのような成長ステージにいるのか判断できます。

資金調達とは?さまざまな資金調達方法と事業計画作成の ...

 · 上の3つは資金調達の基本ですが、最近では第4の方法としてクラウドファンディングで資金調達するケースも増えています。

資金調達|中小機構

「資金調達」を掲載しています。中小機構は、中小企業政策の実施機関として、成長ステージや経営課題に応じた支援メニューで中小企業の成長をサポートします。

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリット ...

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリットデメリット | 資金調達BANKは【資金調達の専門家】が銀行融資・公的融資(制度融資)・ビジネスローン・不動産担保ローン・ファクタリング・手形・助成金(補助金)・出資・株主割当・ベンチャーキャピタル・エンジェル・資産の売却・リースの活用など、様々な資金調達方法について、図解して丁寧に解説しています。資金調達方法の解説だけでなく、「資金繰りを改善するために何をすれば良いのか?」「融資審査に通らないときの対策」「資金繰りを悪化させないための収益性の高い経営方法」「起業直後でも利用できる補助金・助成金の取り方」「銀行融資を受ける交渉のコツ」など、実務的に役に立つ資金調達方法も紹介しています。資金調達・資金繰りに悩む経営者や経理・財務の方必見です!

資金調達の方法と注意点【メリットとデメリットを知り成功 ...

資金調達の方法というと、多くの方は銀行などの融資を思い浮かべるようですが、実際には、ありとあらゆる方法が存在するのです。会社に適した資金調達法を見つけるためには、それぞれの方法ならではのメリットやデメリットを把握しておくことが大切です。

M&Aにおける資金調達とは?方法を図解でわかりやすく解説 ...

M&Aでは、デューデリジェンスや譲渡対価に多くの費用を要するため、資金調達の方法を理解しておくことが重要です。今回はM&Aで役立つ資金調達方法を公認会計士が網羅的に解説します。(公認会計士監修記事)M&Aで資金調達を

資金繰り、資金調達の基本10ヶ条 [資金調達・資金繰り] All …

資金は会社にとっての血液。その血液である資金が枯渇したら、会社を存続させることはできません。資金調達の可否が会社の将来を決めるといっても過言ではありません。必要な資金を必要なときに、より良い条件で集められるような体制作りが重要なのです。中小企業での金庫番の経験もあり現在は税理士であるガイドが、資金繰り、資金調達の基本10ヶ条を解説していきます。

創業・起業の資金調達方法11選! 起業に使える資金調達の方 …

創業・起業して間もない場合、「資金を預けるべきか」を判断する信用情報が少ないため、起業に使える資金調達方法は限られています。 そのため、事業計画書を作成して審査を受ける必要があり、審査に通るかは「事業計画書の内容」で決まると言っても過言ではありません。 今回は、創業・起業に使える資金調達方法を11種類に分け

資金調達 | 商工中金

中小企業の皆さまの資金調達の多様化にお応えするために私募債発行のサポートを行っています。 売掛債権流動化 中小企業の皆さまの資金調達の多様化、財務内容の改善などのニーズにお応えするため、手形・売掛金などの債権流動化業務に取り組んでいます。

資金調達 | 三菱UFJ銀行

 · Biz LENDINGとは、お申込からお借り入れまで、ペーパーレス、オンラインで完結する、非対面型の資金調達サービスです。

ベンチャー企業における資金調達方法を4つのフェーズを弁護 …

ベンチャー企業が資金調達をする場合、企業の成長フェーズなどから、適する方法とそうでない方法があります。 資金を効果的に調達するためには、それぞれの方法の特徴や他の方法との違い、自社の成長フェーズなどを正確に把握しておく必要があります。 今回は、ベンチャー企業が資金を調達する場合の方法を中心に解説します。

資金調達の種類、方法、メリット、デメリットまとめ【2020 …

起業を考えている方の大きな悩みになるのはやはり資金。最初は小さく事業をスタートしたとしても、事業が拡大していくにあたって資金が必要になったり、最初に投資をするような事業の場合には自己資金だけでは、なかなか事業が立ち上がらないということもあります。ここでは、資金調達の全体概要と、それぞれのメリット、デメリットなどを丁寧に解説したいと思います。

資金調達BANK|資金繰り・銀行融資・資金調達方法を金融の ...

資金調達BANKは【資金調達の専門家】が銀行融資・公的融資(制度融資)・ビジネスローン・不動産担保ローン・ファクタリング・手形・助成金(補助金)・出資・株主割当・ベンチャーキャピタル・エンジェル・資産の売却・リースの活用など、様々な資金調達方法について、図解して丁寧に解説しています。資金調達方法の解説だけでなく、「資金繰りを改善するために何をすれば良いのか?」「融資審査に通らないときの対策」「資金繰りを悪化させないための収益性の高い経営方法」「起業直後でも利用できる補助金・助成金の取り方」「銀行融資を受ける交渉のコツ」など、実務的に役に立つ資金調達方法も紹介しています。資金調達・資金繰りに悩む経営者や経理・財務の方必見です!

本当の資金調達力とは | 大阪での創業融資なら、銀行(特に ...

 · 資金調達は、お金が必要な時だけ行うものという認識を改め、常日頃から継続的に行うものと理解して取り組んではいかがでしょうか。 経営品質の向上に努め、金融機関と積極的に情報共有を行い続けることで、資金調達力は着実に高まります。

資金調達freee

資金調達freeeで. あなたに合った調達手段を比較・申し込み. 複数金融機関等の中から、最適な資金調達手段を検索・比較。. freee finance labの独自試算に基づき、審査通過可能性の診断を行います。. さらに、事業でご利用の銀行口座を登録いただくことで、試算条件が自動的に改善していきます。.

資金調達を税理士に依頼したときの報酬相場とメリット ...

【税理士ドットコム】資金調達に強い税理士というのは、銀行からの借り入れだけでなく、国や各自治体が設けている融資、補助金・助成金についても広く把握しています。このページでは、税理士に資金調達支援を依頼するメリットと、資金調達の報酬相場を依頼内容のケースごとに分けてご説明いたします。

資金調達を徹底解説!資金調達手帳 (無料) | 起業・創業・資金 ...

資金調達手帳では公的・民間融資をはじめ、補助金、VC出資や、クラウドファンディングや私募債など、資金調達のあらゆる内容を扱っています。

資金調達ラウンドとは?上場へ向けての融資戦略と具体的な ...

資金をどうやって集めるかは起業家にとって悩みの種です。投資家が企業へ投資をするための目安となる「資金調達ラウンド」のシード、アーリー、シリーズA、シリーズB、シリーズC、それぞれにおける資金調達方法について紹介します。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
サードパーティーがユーザーデータを知らぬ間に収集する副次的監視の時代を終わらせよう
セキュリティ
2021-01-19 09:58
チャットボットスタートアップのHeydayが約5.6億円を調達
ネットサービス
2021-03-12 01:28
オフィス空調をAIで一括管理 消費電力を約半分に 東京建物など3社が実験
クラウドユーザー
2021-01-20 05:41
安全な仮想マシンの展開を可能にする「Azure Trusted Launch」、プレビュー提供を開始
IT関連
2021-03-10 23:24
LINE、通報機能に「バグによる誤表示あった」と発表 「通報すると直近のトーク送信」などに修正
IT関連
2021-04-29 22:05
リモート開発の課題を解決! チームで体験し、現場で生かせる「実践モブプロ講座」
IT関連
2021-02-18 13:43
デルの第4四半期決算、リモートワークなどのPC需要で好調–ヴイエムウェアも堅調
IT関連
2021-02-26 01:29
AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 - 初心者向け20時間完全コース-
Udemy
2021-02-26 01:29
2日間で1億円──投げ銭“スパチャ”の流行は日本特有? YouTube幹部に直撃インタビュー
イラスト・デザイン
2021-03-19 16:06
東京都港区、行政手続きのデジタル化を目指して窓口総合支援システムを導入
IT関連
2021-03-13 15:04
大塚商会、20年通期は減収減益–コロナ禍も「大戦略II」で打開へ
IT関連
2021-02-02 21:11
遠隔操作者なしのレベル4自律飛行ドローンをExyn Technologiesが実現
ドローン
2021-04-29 06:20
NASAとSpaceXがStarlink衝突予防のため高度な情報共有契約を締結
宇宙
2021-03-20 03:08
転んでも段差を踏み外しても颯爽と立ち上がる、4足歩行ロボット 深層学習で運動スキル習得 :Innovative Tech
トップニュース
2021-03-13 15:24
ソニー、300m先の物体を測位できるLiDAR用センサー開発 15cm単位でリアルタイム測定
企業・業界動向
2021-02-19 22:58
AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 - 初心者向け20時間完全コース-
Udemy
2021-02-19 22:58