YouTubeにインターネットテレビの広告でもっと買い物しやすくなる新機能追加、Z世代をターゲットに

今回は「YouTubeにインターネットテレビの広告でもっと買い物しやすくなる新機能追加、Z世代をターゲットに」についてご紹介します。

関連ワード (eコマース、Google、YouTube、広告等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


米国時間5月4日、YouTubeは広告主たちに、同社の動画プラットフォームで視聴者が買い物できる機能を予告的に紹介した。同社が近く導入するその新しい対話的機能は「ブランドエクステンション」と呼ばれ、広告主がそれを利用すると、動画の視聴者がボタンをクリックして画面に映っている商品の詳しい情報が得ることができる。

広告主はその新しい広告形式を使って、自分のウェブサイトのリンクや、インターネットテレビの広告中のその他のアクションを高輝度で表示できる。視聴者が「電話へ送る」をクリックすると、その宣伝やURLそのものがモバイルデバイスへ飛ぶが、その際、動画の視聴そのものは邪魔されない。

消費者はモバイルデバイスから、商品を閲覧したり、カートに品物を加えたり、決済を完了したりの買い物体験を通常どおりできる。しかもそのショッピング機能のある商品情報は、動画の視聴を中断されずにモバイルへ送れる。

広告主は、その動画の内容によって広告をターゲティングできる。たとえばフィットネスの動画なら、そこには新商品のランニングシューズのブランドエクステンションが出るだろう。

YouTubeによると、ブランドエクステンションのコンバージョンレートはGoogle Adsで直接見られるようになる。

eコマース関連のもう1つの取り組みとして、これからはブランドがそのダイレクトレスポンスビデオ広告に商品の閲覧用画像を加えられる。つまり、関心を持ったショッパーがその画像をクリックすると、その商品のウェブサイトやアプリへ飛ぶことができる。

YouTubeが自らをeコマース化しようと努力している機能はさらに多く、ここで取り上げているのはごくわずかな例にすぎない。

消費者、特に若いZ世代は、動画を見たりその他の関わり行為をしながらついでにショッピングする傾向があり、Popshop LiveやNTWRK、ShopShops、TalkShopLive、Bambuserといったたくさんの動画ショッピングサービスが登場している。Facebookも、FacebookとInstagramの両方でライブのショッピング(何かをしながら見ながらのショッピング)や動画からのショッピングに投資している。

一方、TikTokはWalmartとともに動画によるeコマースのホームになり、最近の数カ月でショッピングのライブストリームを複数ホスティングした。TikTokの中国資本からの切り離しと売却をトランプ元大統領が強制しようとしたときは、Walmartも買い手の名乗りを上げた。他にも、eコマースにおけるTikTokの成功例には、動画にウェブサイトのリンクを統合するツールや、Shopifyの統合などがある。

関連記事:パイロットテスト成功を受けWalmartがTikTokでライブ買い物イベント第2弾実施へ

Comscoreのデータによると、YouTubeは今でも、広告入りストリーミングサービスの全視聴時間の40%を占めているため、動画ショッピングの見込み客の数も大きい。YouTubeによると、米国のインターネットテレビの市場では上位5社のストリーミングサービスが80%のシェアを占めている中で、広告入りはわずか2社だ。

しかも広告は、YouTubeのeコマース振興努力の一部にすぎない。クリエイターの役割も大きい。

2020年秋のBloombergの記事によると、YouTubeはクリエイターたちに、彼らの動画クリップに商品が登場するとき、それにタグと追跡機能を持たせることを求めた。その後YouTubeは2021年の2月に対する説明を行い、視聴者が自分の好きなクリエイターから買い物できる機能をベータテスト中で、その本番展開は年内と発表した。

ただし、ブランドエクステンションはそれとは別であり、動画からショッピングできる機能を広告主に与える。YouTubeによると、ブランドエクステンションのある広告は、同社が他にもいろいろ用意している対話的機能の第1弾にすぎない。そしてそれは、2021年後半にグローバルで展開される。

画像クレジット:Olly Curtis/Future/Getty Images


【原文】

YouTube today gave advertisers a sneak peek at its plans to make its video platform more shoppable. The company will soon be introducing a new interactive feature aimed at advertisers, called brand extensions, which will allow YouTube viewers to learn more about a product they see on the screen with a click of a button.

The new ad format will allow the advertiser to highlight their website link or another call-to-action in their connected TV video ad. The viewer can then click the option “send to phone,” which then sends that promotion or URL directly to their mobile device, without interrupting their viewing experience.

From the mobile device, the consumer could then shop the website as they would normally — browsing products, adding items to the cart and completing the transaction. But they can do it when they’re ready to engage with that product information, instead of having to stop their video to do so.

The advertisers will also be able to smartly target the ads to the correct audience, based on the video content. For example, a fitness video may feature a brand extension ad that shows a new pair of running shoes.

Advertisers will be able to measure the conversions generated by these brand extensions directly in Google Ads, YouTube says.

In a related e-commerce ad effort, brands can now also add browsable product images to their direct response video ads, in order to encourage interested shoppers to click to visit their website or app.

These are only a few of the efforts YouTube has been working on with the goal of expanding further into e-commerce.

Consumers, and particularly younger Gen Z users, today like to watch videos and engage while they shop, leading to the emergence of numerous video shopping services — like Popshop Live, NTWRK, ShopShops, TalkShopLive, Bambuser and others. Facebook has also invested in live shopping and video-based shopping across both Facebook and Instagram.

Meanwhile, TikTok has become home to video-based e-commerce, with Walmart (which also tried to acquire a stake in the app when Trump was trying to force a sale) hosting multiple shopping livestreams in recent months. TikTok also found success with e-commerce as it has rolled out more tools to direct video viewers to websites through integrated links and integrations with Shopify, for example.

But YouTube still has a sizable potential audience for video shopping, as it represents 40% of watch time of all ad-supported streaming services, per Comscore data. And of the top five streaming services in the U.S. that account for 80% of the connected TV market, only two are ad-supported, YouTube noted.

Ads are only one way YouTube will drive e-commerce traffic. Creators will also play a role.

A report from Bloomberg this past fall said YouTube was asking creators to tag and track the products they were featuring in their clips. YouTube later revealed more about this effort in February, saying it was beta testing a shopping experience that lets viewers shop from their favorite creators, and that this would roll out more broadly in 2021.

Brand extensions are separate from that effort, however, as they’re focused on giving the advertiser their own means to drive a shopping experience from a video.

YouTube says the new brand extension ads are only the first of more interactive features the company has in store. The feature will roll out globally later this year.

(文:Sarah Perez、翻訳:Hiroshi Iwatani)

COMMENTS


27007:
2021-05-07 02:59

ちなみに①のYouTube再生数は1人が何回も見ても再生数増えないみたいなので...拡散してー!!!!!

27008:
2021-05-07 02:09

動体視力が半端ないオタクおっさんの集まり、、、のような。 あと、スロットカーが全然車らしくない。

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
アクセシビリティを重視したオープンソースの新デザインシステムをOktaがローンチ
ネットサービス
2021-02-06 07:40
新たなユーザー体験プラットフォーム「DXP」がアフターデジタル時代のデジタルマーケティングを支える
IT関連
2021-03-29 07:18
サービスナウ、新型コロナワクチンの供給・接種を支援するソリューション提供へ
IT関連
2021-01-29 17:10
宴は続く:米金利上昇でもNYダウ強い–日米とも景気敏感株の上昇続くと予想
IT関連
2021-03-29 06:25
Appleのフェデリギ上級副社長、児童ポルノ検知ソフト批判に回答
報道チーム
2021-08-17 07:12
停電を予測、電気を作る「エネファーム」 LPWAに対応、最大500Wの電気を8日間供給
製品動向
2021-02-18 20:50
AI分野で米国の優位性は「危機に」–エリック・シュミット氏率いる委員会
IT関連
2021-03-03 02:04
ISSに宇宙初の映画スタジオを2024年までに接続する計画を米エンターテインメント会社が発表
IT関連
2022-01-23 06:45
「常識」獲得に向け少しずつ進化するコンピュータービジョン、フェイスブックの最新研究
人工知能・AI
2021-05-04 15:39
ジャック・ドーシー氏、ビットコイン開発ファンドにラッパーのJay-Zと500ビットコイン出資
企業・業界動向
2021-02-16 12:04
現在と将来の収入で限度額が決まるクレジットカードX1 Cardが12億円調達
フィンテック
2021-01-16 02:35
東証、システム障害再発防止策で報告書 当日の復旧を前提に
IT関連
2021-03-29 09:44
SIMロックは原則禁止、eSIM普及を促進 総務省、有識者会議の報告書案を公表
企業・業界動向
2021-05-26 19:44
Microsoft Edgeの更新サイクルもChromeと同じ4週間に(9月から)
アプリ・Web
2021-03-14 09:11