テスラがカナダ企業の特許を使い安価で環境に優しい新バッテリーを開発中

今回は「テスラがカナダ企業の特許を使い安価で環境に優しい新バッテリーを開発中」についてご紹介します。

関連ワード (Springpower International、Tesla、イーロン・マスク、カナダ、バッテリー、電気自動車等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Elon Musk(イーロン・マスク)氏は2020年9月にTesla(テスラ)のBattery Dayのステージに立ったとき、リチウムイオンバッテリーの価格を半分にすると約束し、ニッケル金属電極を作る際の汚れた、そして複雑な過程を最初から作り直すことで価格を抑制できると主張した。

「溝を掘って、溝を埋め、そしてまた溝を掘ってと、とてつもなく複雑です」と同氏はイベントで述べた。「それで我々は全体のバリューチェーンに目をやり、どうやってこれを可能な限りシンプルにできるのか、と言いました」。

関連記事:イーロン・マスク氏がバッテリーの技術革新でテスラの電気自動車が約260万円になると発言

最もシンプルなルートにはカナダの小さなバッテリースタートアップ、あるいは少なくとも同社の特許出願が含まれているようだ。

公開記録によると、Battery Dayの2週間前、Teslaはトロント近くに拠点を置く小さな会社Springpower International(スプリングパワー・インターナショナル)から数多くの特許出願を計3ドル(約330円)で購入した。

それらの特許出願の1つは、Teslaの上級副社長Drew Baglino(ドリュー・バッリーノ)氏がBattery Dayにカリフォルニア州フリーモントにある同社工場に設けられたステージで描写したものに似ている、イノベーティブなプロセスの詳細をつづっている。特許出願の購入は、特許そのものが最終的に2021年1月認められたとき、特許にはSpringpowerの記載はなく、Teslaに発行されたことを意味する。

電気自動車バッテリー向けの電極製造は従来、かなりの量の汚染水を生み出す。電極材料1トンを製造するのに、アンモニアや金属粒子、有毒な化学物質を含む4000ガロンもの汚染水が出る。Springpowerのプロセスは費用のかかる水処理を排除し、賢くも薬液を再循環させる。

バッリーノ氏のプレゼンテーションでも、水を再利用し、排水を作らない手法が述べられた。事業費の75%以上の抑制に加え、同氏は次のように述べた。「当社はまた、同じプロセスをリサイクルされた電気自動車とグリッドストレージバッテリーから出る金属粉の消費に持ってくることができます」。

TeslaはSpringpowerの知的財産以上のものを獲得したようだ。Battery Dayの1週間前に、Springpower Internationalのウェブサイトは1つのホールディングページに変わった。それから数カ月して、何人かのSpringpowerの研究者は彼らのLinkdInプロフィールを変えた。それからするに彼らは現在、Teslaで働いているようだ。

Springpower InternationalのCEOであるMichael Wang(マイケル・ワン)氏はコメントの求めに応じず、同社の電話交換台へのコールにも応答がなかった。同氏のLinkedInのページには現在、Teslaのスタッフ(バッリーノ氏含む)からの何十ものアップデートが表示されている。

電話で連絡をとったSpringpower Internationalの上級役員はTeslaによる買収を認めも否定もしなかったが、TechCrunchにTeslaの広報チームを案内した(Teslaは広報担当者を置いておらず、同社に送ったメールに返事はなかった)。

Springpower Internationalは、部分的には中国のバッテリー会社Highpower Internationalによって、Springpowerの子会社の研究部門として2010年3月に深圳で創業された。しかしHighpowerは6カ月もせずして、Springpower Internationalのテクノロジーが商業化から程遠いと判断して10万ドル(約1090万円)の投資を取り消してSpringpower Internationalと手を切った。

カナダ政府が出資したプログラムの「客員起業家」であるJames Sbrolla(ジェームズ・スブローラ)氏が、創業されて間もなかったSpringpower Internationalを指導するために介入した。同氏は同社が少額の補助金を、そして最終的に2018年に340万カナダドル(約3億円)の持続可能テクノロジー賞を獲得するのを手伝った。しかし同氏は2020年後半以降、Springpower Internationalの誰とも連絡をとっていないとTechCrunchに語った。

スブローラ氏は同社が買収されたかもしれないと聞いても驚かなかった。

「スマートな人たちのグループです。それについて疑う余地はありません」と同氏は話した。「Springpowerのもののようなテクノロジーは環境への負荷の削減で大きなメリットがあります。そして大企業を引きつけることでずっと早く、そしてより簡単にスケール拡大できます」。

ありそうなことだが、Springpower InternationalがTeslaによって買収されたのなら、2019年に同じように密かに買収された別のカナダのバッテリー会社Hibarを含む12社ほどの企業の仲間入りをしたことになる。

マスク氏はリチウムイオンバッテリーの専門的な部分に関しては長らく国境の北に目を向けてきた。2015年にTeslaはカナダ・ノバスコシア州にあるダルハウジー大学の主任バッテリー研究者で教授のJeff Dahn(ジェフ・ダーン)氏と5年間の独占的パートナーシップを結んだ。ダーン氏の名は同社の数多くのバッテリー特許に掲載されており、2021年1月に同社はダーン氏とのパートナーシップをさらに5年間更新した。

マスク氏は自社バッテリー生産を実現し、現在のサプライヤー(パナソニック、LG化学、 CATL)への依存を小さくしようと取り組んでいる。「いま当社はこのプロセスを手にしていて、独自の電極の設備を北米に建てようとしています」とバッリーノ氏はBattery Dayで述べた。

マスク氏はTeslaの新しいバッテリーテクノロジーの複合的なメリットによって2万5000ドル(約270万円)の車両が実現するかもしれない、と付け加えたが、あまりに多くをすぐには期待しないよう警告した。「こうしたアドバンテージを実現させ始めるのにおそらく1年から18カ月、完全に実現するのに3年ほどかかるでしょう」。

おそらくそれまでにSpringpower Internationalの役割はもう少し明らかになるだろう。

画像クレジット:Getty Images


【原文】

When Elon Musk stood onstage at Tesla’s Battery Day in September and promised to cut lithium-ion battery prices in half, he claimed some of the savings would come from reinventing the dirty and complex process of making their nickel metal cathodes.

“It’s insanely complicated, like digging a ditch, filling it in and digging the ditch again,” he said at the event. So we looked at the entire value chain and said how can we make this as simple as possible?”

The simplest route appears to involve a small Canadian battery startup — or at least its patent applications.

Two weeks before Battery Day, Tesla purchased a number of patent applications from Springpower International, a small company based just outside Toronto, for a grand total of $3, according to public records.

One of those applications details an innovative process similar to one that Drew Baglino, Tesla’s senior vice-president of engineering, described onstage at Tesla’s factory in Fremont, California, on Battery Day. Buying the patent application means that when the patent itself was finally granted in January, it was issued to Tesla, with no mention of Springpower.

Manufacturing cathodes for electric vehicle batteries traditionally generates large quantities of contaminated water — up to 4,000 gallons containing ammonia, metal particles and toxic chemicals for every ton of cathode material produced. Springpower’s process cleverly recirculates the chemical solution, removing the need for expensive water treatment.

Baglino’s presentation also depicted a method that reuses water and produces no effluent. In addition to cutting operational costs by more than 75%, he said: “We can also use that same process to directly consume the metal powder coming out of recycled electric vehicle and grid storage batteries.”

It now seems likely that Tesla may have bought more than just Springpower’s intellectual property. A week before Battery Day, Springpower International’s website was replaced by a single holding page. And in the months since then, several Springpower researchers have altered their LinkedIn profiles to indicate that they are now working at Tesla. 

Springpower International CEO Michael Wang, whose own LinkedIn page now features dozens of updates from Tesla staffers (including Baglino), did not respond to a request for comment, and calls to the company’s switchboard went unanswered.

A senior Springpower International executive reached by phone would neither confirm nor deny Tesla’s purchase, and referred TechCrunch to Tesla’s public affairs team. (Tesla no longer has a press office, and emails to the company did not receive a reply.)

Springpower International was founded in March 2010, in part by Chinese battery firm Highpower International, as a research arm for its Springpower subsidiary in Shenzen. But Highpower walked away from Springpower International within six months, writing off a $100,000 investment after deciding its technologies were too far from commercialization.

James Sbrolla, an “entrepreneur in residence” at a Canadian government-funded program, stepped in to mentor the young company. He helped it secure some small grants, and ultimately a $3.4 million (Canadian) sustainable technology award in 2018. However, he told TechCrunch that he has not talked to anyone at Springpower International since late 2020.

Sbrolla was not surprised to hear that the company might have been purchased.

“It’s a group of smart people, no question about it,” Sbrolla said. “Technology like Springpower’s gives tremendous upside with a reduced environmental footprint, and being attached to a larger organization makes scaling much quicker and easier.”

If, as seems likely, Springpower International has been acquired by Tesla, it would join only a dozen or so others, including another Canadian battery company, Hibar, bought in similar stealth in 2019.

Elon Musk has long looked north of the border for lithium-ion battery expertise. In 2015, Tesla signed a five-year exclusive partnership with Jeff Dahn, a leading battery researcher and professor at Dalhousie University in Nova Scotia. Dahn is named on a number of recent Tesla battery patents, and in January Tesla renewed Dahn’s contract for another five years.

Musk is on a years-long push to bring battery production in-house and scale back Tesla’s reliance on its current suppliers (Panasonic, LG Chem and CATL). “Now that we have this process, we’re going to start building our own cathode facility in North America,” said Baglino on Battery Day.

Musk added that the combined benefits of Tesla’s new battery technologies could enable a $25,000 vehicle, but cautioned not to expect too much, too soon: “It will take us probably a year to 18 months to start realizing these advantages, and three years or thereabouts to fully realize them.”

Perhaps by that time, Springpower International’s role will be a little clearer.

(文:Mark Harris、翻訳:Nariko Mizoguchi)

電動自動車の新車情報・自動車カタログ - 価格.com

電動自動車の新車情報・自動車カタログなら価格.com!電動自動車の注目車種の最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。充実のスペック情報で車選びも簡単!ユーザーレビューやクチコミ情報も豊富!

電気自動車 全メーカー別カタログ|EVsmart

電気自動車のメーカー別一覧ページです。EVsmart独自調査で全メーカーのモデルや車種を紹介します。純電気自動車(BEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)を発売しているメーカーや、ユーザーに人気の車種ベスト8も紹介。

電気自動車(EV)総合情報サイト|日産

日産の電気自動車(EV)総合情報サイト。電気自動車の基本情報をはじめ、最新情報や、日本全国をEVで走った体験レポートなど、電気自動車を知ってもらうための情報を色々な視点から集めた総合サイトです。

電気自動車 - Wikipedia

電気自動車 (でんきじどうしゃ)とは、 電気 をエネルギー源とし、 電動機 (モーター)で走行する 自動車 である。 略称は一般的に EV(E lectric V ehicle)が用いられる。

電気自動車(EV)の価格・走行距離比較。おすすめ車種も紹介 ...

エコカーの第一線にあるのが電気自動車です。排気ガスがでないので地球に負担をかけにくい車として注目されています。そこで今回は、国内外のメーカーから比較的手の届きやすいおすすめの電気自動車を紹介していきましょう。

人気の電気自動車5選!EVのメリットやデメリット、新型車も …

電気自動車のメリットやデメリットって、何があるの!? ガソリン車とは異なるEVの魅力を、人気車や新型車などを交えながら解説致します。

【2021年最新情報】電気自動車って何?メリット・デメリット …

環境に優しい電気自動車は、近年様々なメーカーから新モデルが発売され、街で見かけることも多くなってきました。ガソリン車との違いや、現在販売している最新モデルの特徴などをご紹介。世界各国が電気自動車シフトを明確にする今、今後の自動車の主流は電気自動車となっていくことでしょう。

プジョーのEV(電気自動車) | プジョー公式サイト - Peugeot

ですが電気自動車は走行中にCO2を排出しないので、その負債を約2年間で相殺できるとされています。バッテリー技術の進歩により、環境負荷という面において電気自動車が今後さらに優位になっていくことが期待されます。

トヨタが新型電気自動車「bZ4X」を発表! いよいよ動き出し …

トヨタは、2021年4月21日より開幕した上海モーターショー2021にて、新たなEV(電気自動車)シリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」の第一弾モデルとして、コンセプトカーの「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」を発表した。さらに、グローバルで2025年までにbZシリーズ7車種を含むEV15車種を発売することも明らかにした。いよいよ本格的に動き出したトヨタのEV戦略。果たして、世間の人々はどう捉えているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

電気自動車の今後の動向・将来予測|EV車は日本国内で普及し ...

人材サービス・業界・法律に関するコンテンツを幅広く提供するお役立ち情報サイト『Nikken→Tsunagu』こちらはコラムのページです。「電気自動車の今後の動向・将来予測|EV車は日本国内で普及しない?」

COMMENTS


26761:
2021-05-06 23:40

危うし⚠ ライトつけっぱエンジン切って 作業してた💦 クランキングしたらバッテリー 弱ってた😱😱😱 なんとか始動して復活✨

26756:
2021-05-06 23:10

[78話]忘却バッテリー - みかわ絵子/高嶋栄充(| 少年ジャンプ+ ↓ボール貼り忘れ&藤堂左利きなってますね単行本で直します…新展開のネームを描き貯めるため次週は休載となります。…

26751:
2021-05-06 19:55

バッテリーとプラグも変えてみるか

26752:
2021-05-06 17:56

画面ロックをしないようにして充電しておけば 画面問題解決だけどバッテリーがいかれそう

26760:
2021-05-06 14:22

エルゥガ♪ エルゥゥゥガァァアアアイェエエエェエ 息を飲む、圧倒的な臨場感を、その手にドビシュアアァアアアアア フルHDの美しさが、クアッドコアで加速するドヒュン もちろん、大容量バッテリー搭載ヒュウウウンッ エルーガ史上、最強ハイスペックド…

26759:
2021-05-06 13:33

マジできついんだけどバッテリーが死ぬ、モバイルバッテリー忘れたから

26762:
2021-05-06 09:44

iPhone11のバッテリーのもち具合本当にすごい。

26755:
2021-05-06 07:04

TOUKO の TOUKO 腰ベルト扇風機 ベルトファン 大風量 携帯扇風機 9600mAh大容量バッテリー ジェットファン3段階風量調節 最新型Type c 急速充電 腰掛け扇風機 ストラップ付 ハンズフリー扇風機 ひんやり ア…

26757:
2021-05-06 03:39

バッテリーは充電してたんですがウンともスンとも言わず、、、笑 初めてBMWエマージェンシーサービスを使いました😂

26753:
2021-05-06 03:35

✅WF-1000XM3はDSEE HXとイコライザーをオフにすると本体とケースのバッテリーが長持ちする。

26754:
2021-05-06 02:16

忘却バッテリーのコメ欄パイ毛言いすぎやろ笑

26758:
2021-05-06 01:55

おいおい忘却バッテリー、忘却じゃなくなってタイトルは?ってなってた所に、アホ圭が忘却側になるとか、作者やるな!

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
取引先との交渉をAIに任せられる日はやってくるか
IT関連
2021-05-25 06:55
データプライバシーの未来–コンフィデンシャルコンピューティングや耐量子暗号に注目
IT関連
2021-03-31 05:57
公道で走れる最大時速45kmの電動キックボード 乗って分かった魅力と課題 (1/3 ページ)
くわしく
2021-06-20 11:39
敷島製パン、自己学習型AIセキュリティ製品を導入–国内41拠点を結ぶ社内ネットワークを可視化
IT関連
2021-07-01 03:36
「ゆるキャン△」林野庁とコラボ 国有林の魅力伝えるガイドブックに
くらテク
2021-07-17 07:17
地域の話題に注目してDAU1200万人、人気ニュースアプリ「News Break」が120億円調達
ネットサービス
2021-01-12 16:35
COCOA元請けのパーソルP&Tが1200万円自主返納 対応に疑問の声も
ネットトピック
2021-04-20 23:20
ミクシィ、英国パブ「HUB」に出資 新業態の店舗開発へ
企業・業界動向
2021-03-24 00:14
TimeTreeがオンライン会議の日程調整SaaS「Tocaly」の提供を開始
ネットサービス
2021-07-29 15:36
「順位を優先」「ネット予約を代行」ワクチン接種で詐欺横行
IT関連
2021-05-25 11:40
GaudiyがNFTや分散型IDなどブロックチェーン技術を活用しファン体験を統合する新規ゲームIPパートナーを募集
ブロックチェーン
2021-06-18 05:11
フェイスブックとインスタグラムが「最も個人情報をかき集めるアプリ」トップに、第三者と多くの個人データ共有
セキュリティ
2021-03-19 03:09
新技術で天然ガスから水素を生産するC-Zeroがビル・ゲイツ氏の気候テック基金から資金を調達
EnviroTech
2021-02-11 08:31
ポケモンGOのバレンタインは時間との勝負 チャレンジのクリア条件にも要注意
くらテク
2021-02-16 22:59