シェアリング旅行の仏スタートアップBlaBlaCarが126億円を調達してプラットフォーム構築へ

今回は「シェアリング旅行の仏スタートアップBlaBlaCarが126億円を調達してプラットフォーム構築へ」についてご紹介します。

関連ワード (BlaBlaCar、バズ、フランス、ライドシェア、旅行、資金調達等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


フランスのスタートアップBlaBlaCarは9700万ユーロ(約126億円)の大型ラウンドを実施したことを発表した。同社はこれまで長距離移動のためのカープールのスタートアップとして知られていたが、最近Ouibusを買収したことにともない、長距離バスのチケットのマーケットプレイス事業にも進出していた。BlaBlaCarはOuibusに加えてオンラインのバス切符販売サービスBusforも買収している。

既存の投資家であるVNV Globalが今回のラウンドをリードした。新たな投資家としてOtiva J/F ABとFMZ Venturesの2社が参加している。Otiva J/F ABはAvitoの創業者であるJonas Nordlander(ヨナス・ノルトランダー)氏とFilip Engelbert(フィリップ・エンゲルベルト)氏が設立したファンドだ。Avitoはロシア市場向けの求人・案内広告を専門としている。ロシアではクラシファイド広告の大手として知られているが、世界的ハイテク投資家であるNaspersがAvitoを買収した。FMZ Venturesは、Alibabaの投資担当でLyftやTripadvisorの取締役を務めた経験を持つMichael Zeisser(マイケル・ザイサー)氏が創立したしたグロースファンドだ。

資金調達はコンバーティブル・ボンド(転換社債型新株予約権付社債)によったため、会社評価額は確定評価額ベースの資金調達ラウンドや株式上場などを待たねばならない。BlaBlaCarの共同ファウンダーでCEOのNicolas Brusson(ニコラ・ブルソン)氏は、BlaBlaCarがまだ十分な額のキャッシュを銀行口座に保有しており「プレIPOラウンド」だとしている。

同氏は、取材に対して「BlaBlaCarは今回のラウンド以前から十分なキャッシュの用意がありましたが、ラウンド後は2億ユーロ(約260億円)以上となっています」と述べた。

今回のラウンドには同社がすぐに上場しなくても(あるいは資金調達をしなくても)、一定の期限によって作動する条項がある。上場、資金調達ラウンドなどがない場合、社債は20億ドル(約2160億円)の評価額でBlaBlaCarの株式に転換される。

BlaBlaCarが今回調達した資金はカープール事業、バス事業、統合プラットフォーム構築という3つの戦略的分野に集中されるものとみられる。

コアビジネスであるカープール事業についてみる、と同社は15年前に自動車の空席と同じ方向に向かいたい乗客をマッチングさせるというシンプルな相乗りサービスからスタートした。2020年来のパンデミックによるロックダウンが逆風となったのは確かだが、カープール事業に与えた影響は電車や飛行機と比べものにならないほど軽微だった。

ブルソン氏は「BlaBlaCarには多額の固定費がありません。我々は自動車を保有していないので空車を走らせる必要はありません。すべてはコミュニティの力で成り立っています。とはいえ我々はトランザクションにともなう手数料から収入を得ているので2020年のロックダウンで売上は減少ししました」と述べた。

2020年夏には経営は回復したが、以後はパンデミックに対する規制に応じて経営はジェットコースター的に上下を繰り返している。しかし「自動車は鉄道や路線バスのような固定的サービスではなく、柔軟かつ普遍的に人々を結びつける要素です。これは今後もそうでしょう」とブルソン氏はいう。

カープールは安定した強力な収入源だ。2020年だけでもBlaBlaCarには22の市場で5000万人の利用者があった。つまりカープールは負け知らずの賭けだ。

ここ数年、第2の柱はバス事業となっている。バスは特に新興国、東欧で大きな事業がチャンスがある。

現在、バスは大量に運行されているが、多くの場合オンラインでチケットを購入できない。BlaBlaCarはこのカテゴリーでの市場の全体は巨大だとみており同社は現在オフラインでしか入手できない大量のサプライをオンライン化するプラットフォームの構築を目指している。

これが、バス座席の在庫管理システムを開発しているウクライナのスタートアップであるOctobusを買収した理由だ。ブルソン氏は「これによってBlaBlaCarのエンジニアの能力は全方位となります」と述べた。

BlaBlaCarの3つ目の柱は、プラットフォームに囲い込める忠実なユーザーの数を増やすことだ。BlaBlaCarは、カーブール、バス、将来的には電車などすべての移動方法について横断的にシェアリングによる旅行を発見できる「マルチモーダル旅行アプリ」を構築したいと考えている。

BlaBlaCarは、2021年末から2022年初めまでにマーケットプレイスに鉄道事業者を追加する予定だ。私はBursson氏に対しヨーロッパのすべての移動手段を対象とするOmioのような存在になろうとしているのかどうか尋ねた。Omio(以前のGoEuro)では、列車のチケット、バスのチケット、フライトを1つのプラットフォームで予約することができる。

ブルソン氏の戦略はこれと異なるとして「BlaBlaCarはまず特定の国に焦点を当て地域のすべての移動手段をプラットフォームに載せ、人々が期待するものをすべて販売できるようにしたいと考えています」と述べた。

BlaBlaCarアプリで「A地点からB地点への最適な移動手段を見つけることができる」ようにするのが最終的だ。つまり列車のチケット バスのチケット購入、相乗りなどユーザーのニーズ応じてさまざまなオプションがすべてプラットフォーム上で提供される。BlaBlaCarは広範囲な地域をサポートするため「2つの小さな町を結ぶ」最適な旅行手段を見つけるという困難な課題を解決するために非常に有利な立場にあるといえる。

画像クレジット:BlaBlaCar


【原文】

French startup BlaBlaCar has raised a new $115 million funding round (€97 million). While the company is better known for its long distance carpooling marketplace, BlaBlaCar has also added a bus marketplace with the acquisition of Ouibus and an online bus ticketing platform with the acquisition of Busfor.

Existing investor VNV Global is leading the round. Two new investors are also participating — Otiva J/F AB and FMZ Ventures. Otiva J/F AB is a fund created by Avito founders Jonas Nordlander and Filip Engelbert. If you’re not familiar with Avito, they specialize in classified ads for the Russian market. Classified giant and global tech investor Naspers acquired Avito. As for FMZ Ventures, it’s a growth fund created by Michael Zeisser, who previously led investments for Alibaba and was a board member at Lyft and Tripadvisor.

It’s a convertible note, which means that the valuation will depend on the next financial event, such as another fundraising round or an initial public offering. But BlaBlaCar co-founder and CEO Nicolas Brusson consider it as a “pre-IPO convertible” round as BlaBlaCar still has a ton of cash on its bank account.

“We already had a lot of cash before this round and we still have more than €200 million in cash following this funding round,” Brusson told me.

Even if BlaBlaCar doesn’t go public right away (or doesn’t raise), there’s a clause with a time frame. After a while, those $115 million will convert into BlaBlaCar shares at a $2 billion valuation in case there’s no financial event.

BlaBlaCar’s strategy and goal with today’s funding round could be summed up with three pillars — carpooling, buses and aggregation.

Let’s start with carpooling, BlaBlaCar’s core business. The company started 15 years ago with a simple goal — matching empty car seats with passengers going in the same direction. While last year’s lockdown has impacted carpooling, it shouldn’t be compared with trains or flights.

“With our carpooling network, there’s no fixed costs,” Brusson said. So BlaBlaCar isn’t paying to put empty cars on the road as everything is community-powered. But, of course, as BlaBlaCar takes a cut from each transaction, revenue took a hit during last year’s lockdown.

Activity bounced back last summer and it’s been up and down ever since depending on current restrictions. “Car is and will be the universal connector that doesn’t rely on train stations or bus stops,” Brusson said.

The carpooling marketplace will always remain a strong revenue generator. In 2020 alone, BlaBlaCar had 50 million passengers across 22 markets overall. In other words, never bet against carpooling.

For the past few years, BlaBlaCar’s second pillar has been buses. In particular, buses represent a huge opportunity in emerging markets and Eastern Europe.

There are already a ton of buses on the road, you simply can’t buy tickets online. BlaBlaCar’s total addressable market in this category is huge and the company is mostly focused on moving offline supply to its online marketplace.

That’s why the company is also acquiring Octobus, a Ukrainian company working on an inventory management system for bus supply. “It consolidates our tech stack in the region,” Brusson said.

Finally, BlaBlaCar’s third pillar is all about creating loyal users that keep coming back to the platform. The company wants to build a multimodal app where you can find all shared travel — carpooling, buses and soon trains.

The startup will add train operators on its marketplace by the end of 2021 or early 2022. I asked Brusson whether he wanted to build an Omio competitor. Formerly known as GoEuro, Omio lets you book train tickets, bus tickets and flights on a single platform.

BlaBlaCar wants to follow a different strategy. It wants to focus first on a handful of countries so that it can sell everything a local would expect.

Eventually, you could imagine opening the BlaBlaCar app to find the best way to go from A to B. It could involve a train ticket followed by a carpooling ride to reach a tiny town. Or it could mix carpooling with bus rides. Thanks to BlaBlaCar’s reach, the French startup is uniquely positioned to connect two small cities through shared transportation.

(文:Romain Dillet、翻訳:滑川海彦@Facebook)

フランス - Wikipedia

フランス共和国(フランスきょうわこく、フランス語: République française )、通称フランス(フランス語: France )は、西ヨーロッパ、カリブ、太平洋、およびインド洋に位置する共和制 国家。首都はパ …

フランスのおすすめ観光・観光スポット情報【HIS】

HISが魅力満載のフランス観光をお届けします!モンサンミッシェル、凱旋門、ヴェルサイユ宮殿といった有名観光スポットの情報を豊富に掲載しています。フランスのホテル、アクティビティ、お土産の情報なども紹介しています!

フランス観光ガイド / 人気の観光スポット・ベスト7|阪急交 …

阪急交通社スタッフがおすすめする、フランス観光情人気のスポットをご紹介!パリやモンサンミッシェルなどの観光スポット、グルメやイベント、現地の気候や交通事情など詳しくガイドいたします。

フランスの旅行・観光ガイド|地球の歩き方

 · フランスは、あらゆる面において「豊かな国」だ。モン・サン・ミッシェルやヴェルサイユ宮殿など数多くの歴史遺産、食通をうならせる料理とワインにスイーツ、芸術家たちを虜にしたパリの都、そして多彩な魅力にあふれた地方の町

フランス基礎データ|外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

(1)フランスは、多極的・相互依存的な世界観を背景として、伝統的に国連を中心とした「国際協調」の重要性を主張。欧州統合を積極的に推進し、EUを通じた仏の影響力拡大を引き続き目指す。安保理改革については、日本の常任理事

フランス - BBCニュース

 · フランスは3日、3度目のロックダウンを開始した。同国では新型コロナウイルスの感染者が急増しており、病院を圧迫している。

〈2021年4月17日更新〉フランスにおける新型コロナウイルス …

 · 2021年3月18日(木)カステックス首相の発表. ウイルスの拡散が再び加速し、状況は悪化している。. 引き続き地域によって感染状況が大きく異なる。. 特にイル・ド・フランス地方とオー・ド・フランス地方の状況の悪化が著しい。. イル・ド・フランス地方は10万人あたりの感染者数446人で、許容範囲の400人を超えた。. 同地方の集中治療室には1200人が入院している ...

Meiji Co., Ltd. - フランス共和国|比べてみよう!世界の食と文 …

フランスには、アルプス 山脈 さんみゃく のある冬が寒い東部、大西洋に面した 比 ひ かく的すずしくて 湿気 しっけ のある西部と北部、地中海に面した 暖 あたた かくてかんそうした南部などさまざまな気候があり、 郷土 きょうど 料理もたくさんあります。. 代表的なものは南フランスの「ブイヤベース」(魚かいのスープ)や、ワインの産地として有名な ...

French:国際ニュース:AFPBB News

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつであるAFP通信が配信する世界中のニュースをお届けする日本語ニュースサイトです。総合ニュース、速報、環境・科学、ライフ、スポーツ、ファッション、時計、動画など、世界 165 カ国から届いた情報を掲載しています。世界中の「今日」を伝えるAFPBB Newsで、最新の国際ニュースをお楽しみ下さい。

フランスのお土産10選! おすすめお菓子・雑貨・コスメなど ...

フランスは食、雑貨、ファッションとあらゆる分野でクオリティの高いモノがリーズナブルな値段で揃う国。おしゃれな雑貨やチョコやキャラメルなどのお菓子、食品や調味料などなかなか日本では買えない、フランスならではのお土産を買って帰りましょう!

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
人事と現場を結び、新入社メンバーの定着を支援するオンボーディングサービス「Onn」がリリース
HRテック
2021-02-16 10:29
フォークボール落ちる謎、スパコンで解明 「負のマグヌス効果」
IT関連
2021-03-25 19:11
パブリッククラウド市場が1兆円突破、コロナ禍で利用意向急伸
IT関連
2021-03-09 13:58
コロナ禍でも金融のIT支出は活発–IDCが分析
IT関連
2022-01-19 14:11
「Windows 11」発表 Androidアプリが動作するように【更新終了】
企業・業界動向
2021-06-26 03:17
1000億円超を調達しながら失敗に終わったEVのバッテリー交換ビジネスを復活させるAmple
モビリティ
2021-03-28 07:45
EC商品のリモート写真・動画撮影を容易にするSoonaがシリーズAで約11.1億円を調達
ネットサービス
2021-04-20 19:19
アプリケーションデリバリー/セキュリティをエッジにも提供する–F5ネットワークス
IT関連
2021-06-17 17:04
中東・アフリカ地域のアラビア語話者向け動画学習プラットフォーム「Almentor」が7.1億円調達
EdTech
2021-06-02 08:51
サブスクリプション管理や自動貯金に加え資産・負債の一元管理も目指す「Truebill」
フィンテック
2021-06-03 14:21
「Chromebook」の需要がコロナ禍で急増–2020年第4四半期
IT関連
2021-02-01 17:01
米国上院議員が個人情報の輸出を制限する法案を提出
パブリック / ダイバーシティ
2021-04-20 04:54
「シン・エヴァ」制作に使った“第3村”のミニチュア公開 「スモールワールズTOKYO」で パンフ持参で入場料を1000円に
くらテク
2021-04-11 08:39
「Linuxカーネル5.12」リリース–トーバルズ氏、「小規模だが5.13で埋め合わせ」
IT関連
2021-04-28 17:33