決済大手Stripe、暗号資産決済のサポートを再開

今回は「決済大手Stripe、暗号資産決済のサポートを再開」についてご紹介します。

関連ワード (取引、取締役、暗号資産等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


決済大手のStripe(ストライプ)は、すでにウェブの金融インフラの大部分を動かしているが、今度は暗号資産決済のサポートを開始する。顧客がWeb3ユーザーを取り込み、暗号資産とのやり取りを容易にする方法を提供する。

Stripeは米国時間3月10日、暗号資産トークンの購入や保管、売却、NFTの取引、本人確認手続き(KYC)などのコンプライアンスワークフローの処理を容易にするツールやAPIに顧客がアクセスできるようにする一連の製品を発表した。同社のサポートページには、ユーザーが180カ国の法定通貨で135以上の暗号資産を購入するのをサポートできるようになると記されている。

Stripeの共同創業者John Collison(ジョン・コリソン)氏は3月10日にTwitterで新機能を発表した。

Stripeは長年にわたり暗号資産と複雑な関係を持っており、2014年に暗号資産のサポートを開始した後、支払い手段として暗号資産は「あまり有用ではない」として2018年にBitcoin(ビットコイン)のサポートを終了した。そして2021年10月に同社は暗号資産チームを構築するための求人情報を掲載し始め、数週間後に暗号資産VCのMatt Huang(マット・ホアン)氏を取締役として迎えた。Stripeのこの分野への再参入は、同社の広大なリーチを欠く既存の暗号資産決済事業者にとって大きな脅威となる。

このニュースと並行して、暗号資産取引所FTXは、ユーザー向けのIDコンプライアンス機能と法定通貨オンボーディングワークフローを改善すべくStripeと提携すると発表した。


【原文】

Payments giant Stripe already powers a pretty major swath of the web’s financial infrastructure, now it’s launching crypto payments support to give customers an easier path to onboard web3 users and interact with cryptocurrencies.

The company announced a suite of products today aiming to give customers access to tools and APIs that make it easier for customers to buy and store crypto tokens, cash out, trade NFTs and handle compliance workflows like Know Your Customer (KYC). Stripe’s support page notes that the company’s products will enable support for users to buy more than 135+ cryptocurrencies with fiat currencies in 180 countries.

Stripe co-founder John Collison took to Twitter Thursday to announce the new features.

Stripe has had a complicated relationship with crypto over the years, ending Bitcoin support in 2018, calling the cryptocurrency “less useful” as a payments means after initially supporting the cryptocurrency in 2014. In October, the company began posting job listings for building out a crypto team and added crypto VC Matt Huang to its board weeks later. The company’s re-entry to the space is a major threat to existing crypto payments processors that lack the company’s expansive reach.

Alongside the news, crypto exchange FTX announced that it is partnering with Stripe to improve its identity compliance features and fiat onboarding workflows for users.

(文:Lucas Matney、翻訳:Nariko Mizoguchi)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「かもめーる」終了 21年度から発行せず 日本郵便が発表
くらテク
2021-03-31 11:26
脅威と実態不明なデータで増大するリスク–データ保護とセキュリティ対策を統合すべき理由
IT関連
2022-04-15 19:20
手作業で膨大なデータを分析→クラウド基盤を整備 データ活用で営業活動の精度が誤差0.015%に
PR
2021-08-04 12:17
Voicy、「Voice Contents Studio」を設立 法人向けに音声コンテンツの企画から配信までトータルプロデュース
企業・業界動向
2021-04-13 01:41
Amazonプライムデー、日本で最も売れたのは?
企業・業界動向
2021-06-25 01:37
ミズノ、冷感マスクに新作 熱を素早く逃がす「アイスタッチ」採用
くらテク
2021-06-11 21:32
高知高専が中学生対象に情報セキュリティの技量・知識を競うクイズ形式CTFコンテストを9月4日オンライン開催
イベント情報
2021-08-13 18:03
米国では未成年への電子タバコ「VAPE」販売にTikTokが使われている
ネットサービス
2021-02-17 11:51
目に見えない水中環境を可視化–リモートツールの利用例
IT関連
2021-03-26 08:38
スクラムガイドに新たに追加された「プロダクトゴール」とは? あるいはプロダクトゴールの設定には何が必要か?(後編) Regional Scrum Gathering Tokyo 2022
DevOps / アジャイル開発
2022-03-03 13:15
約1分で寝床ができる「ポンプ一体エアーマット」、キングジムが発売 オフィスの防災備蓄品に
くらテク
2021-04-07 08:20
大阪・寝屋川市、スマホなどのSMSで納税催促
IT関連
2021-06-25 07:10
第29回:ひとり情シスはブラック職場なのか?
IT関連
2021-04-22 07:04
暗号資産取引やフィンテック企業で起こる不正を独自のアルゴリズムで見つけるSardine
IT関連
2022-02-12 20:35