若者がビットコインのかけらに少額投資できる印CoinSwitchをTiger Globalが540億円超の評価で支援

今回は「若者がビットコインのかけらに少額投資できる印CoinSwitchをTiger Globalが540億円超の評価で支援」についてご紹介します。

関連ワード (CoinSwitch Kuber、Tiger Global、インド、暗号資産、資金調達等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


インドの若年層ユーザーが暗号資産(仮想通貨)に投資できるようにするスタートアップCoinSwitch Kuber(コインスイッチ)は、世界第2位のインターネット市場であり、今のところ民間の暗号資産の将来が不透明な場所でもある同国での事業拡大に向けて、新たな資金調達ラウンドで2500万ドル(約27億円)を獲得したとインド時間4月22日に発表した。

関連記事:インド政府がビットコインなどの民間発行仮想通貨を禁止する法律を提出へ

Tiger Global(タイガー・グローバル)は、CoinSwitch KuberのシリーズB資金調達ラウンド全額を出資し、設立3年になるインドの同スタートアップを5億ドル(約540億円)以上と評価した。シリーズBの発表は、CoinSwitchがRibbit Capital、Sequoia Capital India、Kunal Shahから出資を受けた1500万ドル(約16億2000万円)のシリーズAラウンドをクローズしてからわずか3カ月後に行われた。バンガロールを拠点とするCoinSwitchは、これまでに総額4150万ドル(約44億9000万円)を調達している。

TechCrunchは先日、ニューヨークに本社を置くテクノロジーヘッジファンドであるTiger Globalが、CoinSwitchを含む多くのインドのスタートアップへの投資をすでに主導したか、あるいは主導する交渉が進んでいると報じた。

関連記事:【コラム】前代未聞のペースでインドにユニコーン企業を生み出しているTiger Global

CoinSwitch Kuberは現在、暗号資産分野で活動しているひと握りのスタートアップの1つだ。この暗号資産取引所では、ユーザーはいくつかの人気のある暗号資産の小片を購入することができる。例えばCoinSwitchのユーザーは、ビットコインなどの小袋を100インドルピー(約140円)という低価格で購入できる。

同社は450万人以上のユーザーを集めており、その半数以上は25歳以下だという。過去11カ月間で、CoinSwitch Kuberは50億ドル(約5406億円)以上の取引を処理した。

しかし、2021年末までに550万人のユーザーを増やすことを目標としているこのスタートアップが今後どのように業績を上げていくかは、完全に同社次第というわけではない。

インドでは現在、Bitcoin(ビットコイン)といった民間の暗号資産の取引が合法とされているが、政府当局が民間暗号資産をすべて禁止する法律を導入することが広く予想されている。

CoinSwitch Kuberの共同創業者兼CEOであるAshish Singhal(アシシュ・シンハル)氏は、インドが民間暗号資産を禁止しないことを楽観視しているとしながらも、同社がTiger Globalとの資金調達ラウンドをクローズしたのは、政府が法律の策定を示唆する前だったと述べている。

「今回の投資ラウンドにより、当社は世界で最も注目されている暗号資産企業と肩を並べることができ、長期的な展望を持つことができました」とシンハル氏は述べている。

ここ数カ月、インドの一部の暗号資産スタートアップは、同国が国内での暗号資産取引を禁止することになった場合の緊急時対策を検討し始めた。多数のスタートアップが現在インドで事業を展開しているが、その多くは海外の顧客へのサービスに重点を置いている。

Tiger GlobalのパートナーであるScott Shleifer(スコット・シュライファー)氏は、声明の中で次のように述べた。「CoinSwitchは、インドを代表する暗号資産プラットフォームを構築しており、個人投資家の間で高まっている暗号資産への多大な関心をとらえる態勢を整えています。当社は、CoinSwitchがこの新興資産クラスで革新を起こす際にパートナーとなれることを楽しみにしています」。

画像クレジット:Getty Images


【原文】

CoinSwitch Kuber, a startup that allows young users in India to invest in cryptocurrencies, said on Thursday it has raised $25 million in a new financing round as it looks to expand its reach in India, the world’s second-largest internet market and also the place where the future of private cryptocurrencies remains uncertain for now.

Tiger Global financed the entire Series B funding round of CoinSwitch Kuber and valued the three-year-old Indian startup at more than $500 million. The announcement of the Series B comes just three months after CoinSwitch closed its $15 million Series A round from Ribbit Capital, Sequoia Capital India and Kunal Shah. The Bangalore-based startup has raised $41.5 million to date.

TechCrunch reported earlier this month that the New York-headquartered technology hedge fund had led or was in advanced stages of talks to lead investments in many Indian startups, including CoinSwitch.

CoinSwitch Kuber is one of the handful of startups operating in the cryptocurrency space today. The crypto exchange allows users to buy slivers of several popular cryptocurrencies. A user on CoinSwitch, for instance, can buy small sachets of bitcoin and other currencies for as low as 100 Indian rupees ($1.30).

The startup said it has amassed over 4.5 million users, more than half of whom are aged 25 or younger. In the past 11 months, CoinSwitch Kuber said it processed transactions over $5 billion.

But how the startup, which aims to add 5.5 million users by the end of this year, performs in the future is not entirely in its hands.

While trading of private cryptocurrency such as bitcoin is currently legal in India, New Delhi is widely expected to introduce a law that bans all private cryptocurrency.

Ashish Singhal, co-founder and chief executive of CoinSwitch Kuber, said he is optimistic that India will not ban private cryptocurrencies, but said the startup closed the financing round with Tiger Global before New Delhi’s indication to formulate a law.

“This investment round brings us at par with some of the most sought after cryptocurrency companies in the world and sets us up for the long run,” said Singhal.

In recent months, some crypto startups in India have started to explore a contingency plan in the event the nation does end up banning cryptocurrency trading in the country. Many startups are today building in India, but are focusing on serving customers overseas.

“As they build India’s leading cryptocurrency platform, CoinSwitch is well positioned to capture the tremendous growing interest in crypto among retail investors. We are excited to partner with CoinSwitch as they innovate in this emerging asset class,” said Scott Shleifer, Partner at Tiger Global, in a statement.

(文:Manish Singh、翻訳:Aya Nakazato)

インド - Wikipedia

インド ( ヒンディー語: भारत 、 英語: India ) または インド共和国 (インドきょうわこく、 ヒンディー語: भारत गणराज्य 、 英語: Republic of India ) は、 南アジア に位置し、 インド亜大陸 の大半を領して インド洋 に面する 連邦 共和制 国家 。. 首都は デリー ( ニューデリー )、最大都市は ムンバイ 。. 西から時計回りに パキスタン 、 …

インド|外務省

 · 日本・インド包括的経済連携協定 ODA インドに対する新型コロナウイルス危機対応のための支援(円借款)(令和3年1月8日) 我が国の政府開発援助 軍縮・不拡散・科学 日印軍縮・不拡散協議の開催(結果)(令和3年2月17日)

インドの旅行・観光ガイド|地球の歩き方

 · インドの旅行・観光ガイド. 日本の約9倍の面積をもつ、広大なインド亜大陸。. ヤシの木が繁る熱帯の海岸線、雪に覆われたヒマーラヤの聖地、ラクダが行き交う乾いた砂漠、ベンガルタイガーが生息する森林、大河とともに生きる人々、ブッタが歩いた過酷な自然の地、緻密な彫刻に彩られた建造物...。. 変化に富んだ自然と、そこに暮らす多種多様な民族 ...

インド基礎データ|外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

328万7,469平方キロメートル(インド政府資料:パキスタン、中国との係争地を含む)(2011年国勢調査) 2 人口 13億6,641万人(2019年世銀資料) 3 首都

インド観光ガイド / 人気の観光スポット・ベスト7|阪急交通社

阪急交通社スタッフがおすすめする、インド観光人気のスポットをご紹介!デリーやアグラ、タージ・マハルなどの観光スポット、世界遺産、グルメやイベント、現地の気候や交通事情など詳しくガイドいたします。

インド | アジア - 国・地域別に見る - ジェトロ - JETRO

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなど、インドのビジネス関連情報全般をお届けしています。対インドビジネスの情報源としてご活用ください。

India:国際ニュース:AFPBB News

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつであるAFP通信が配信する世界中のニュースをお届けする日本語ニュースサイトです。総合ニュース、速報、環境・科学、ライフ、スポーツ、ファッション、時計、動画など、世界 165 カ国から届いた情報を掲載しています。世界中の「今日」を伝えるAFPBB Newsで、最新の国際ニュースをお楽しみ下さい。

Meiji Co., Ltd. - インド共和国|比べてみよう!世界の食と文化 ...

約13億6,642万人. 人口と面積は「世界国勢図会2019/20」. (公財)矢野恒太記念会より. 監修 かんしゅう : インド共和国大使館. hearing あいさつをクリックすると、音声が聞けるよ. インドの食事といえば、まっさきに思いうかぶのはカレーかもしれません。. でもインドで 日常 にちじょう 的に食べられているのは、ターメリック(ウコン)やクミン、コショウなどの ...

インドの歴史 - Wikipedia

インドは第二次世界大戦終結の2年後の1947年に立憲君主制のインド連邦として独立した。1950年に共和制に移行し、以降はインド共和国という独立した共和制国家の時代である。 分離独立と戦後インド憲 …

知っておきたい!インドの食文化・食事マナー [インド] All About

ランチタイムの東京のオフィス街のインド料理屋は常に満席で大賑わい。でも食べる機会はある割に知られていないインドの食文化やマナー、タブーな食べ物について紹介します。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ECサイトに必須の決済方法|決済代行サービスKOMOJUを導入するメリットは?
決済
2022-01-20 14:43
AWS上でOpenShiftのマネージドサービス提供、「Red Hat OpenShift Service on AWS」正式リリース
AWS
2021-03-29 22:20
86歳プログラマーに教わる“Excelお絵描き” 小学生向けオンライン教室が夏開催
企業・業界動向
2021-07-14 16:14
Slack内にSREのインシデント管理ソリューションを構築する「Rootly」
ソフトウェア
2021-07-11 04:17
AT&TがWarnerMediaを分割、Discoveryとの統合を発表
その他
2021-05-19 11:47
THE SEEDが上場企業経営経験者が「インターン」メンターとして参画するプログラムをClubhouseで開始
VC / エンジェル
2021-02-19 20:05
「推し払い」第2弾はFGO キャラ型キーホルダーでEdy決済
くらテク
2021-08-21 23:15
創価大学、出張のチケット手配から会計までを一本化–独自の運用規定に対応
IT関連
2021-08-04 07:56
機械学習を利用しモバイル広告詐欺に対抗するScalarrが約7.8億円調達
セキュリティ
2021-02-12 19:16
Discord、6周年でマネタイズ機能や新ロゴを発表
アプリ・Web
2021-05-15 10:58
IBMの第4四半期決算、売上高が6%減–2021年の成長視野に
IT関連
2021-01-22 08:35
ヴイエムウェアが新社長会見–日本法人としてのアイデンティティー構築に注力
IT関連
2021-01-19 04:36
IDaaSベンダのOkta、月間1万5000アクティブユーザーまで無償の「Okta Starter Developer Edition」提供開始。多要素認証にも対応、開発者向け施策を拡大
IDaaS
2021-04-08 05:36
SAP、福井大学など産学官民連携で地域課題解決への取り組みを開始
IT関連
2021-05-12 01:02