eコマースのグローバルな荷物追跡プラットフォームを提供する香港AfterShipが71.2円調達

今回は「eコマースのグローバルな荷物追跡プラットフォームを提供する香港AfterShipが71.2円調達」についてご紹介します。

関連ワード (AfterShip、eコマース、Tiger Global、資金調達、香港等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


AfterShipは2012年に、主に中小のネットショップのための荷物追跡サービスとしてローンチしたが、その後同社は、メールによるマーケティングや顧客維持対策などのツールなどショッピング体験の一部始終をカバーする一連のデータ分析ツールを作った。香港に本社を置く同社は米国時間4月22日、Tiger GlobalのリードによるシリーズBのラウンドで6600万ドル(約71億2000万円)を調達したことを発表した。これにはHillhouse CapitalのGL Venturesが参加した。

AfterShipのこの前のラウンドは、2014年の100万ドル(約1億1000万円)のシリーズAだった。共同創業者のAndrew Chan(アンドリュー・チャン)氏によると、同社はローンチ直後から利益があり、主に口コミによる人気とパートナーシップで成長した。特にShopifyの統合で知名度が上がった。しかし同社は最近営業チームを作り、今回の資金も営業のための国際的な雇用とカスタマーサポートに充てるつもりだ。また同社は、新しいプロダクトのローンチを進めると同時に、すでにAfterShipの顧客の約70%がいる米国へさらに拡張していきたい、という。

同社のソフトウェアでセラーは、740社以上もの運送業者に対して荷物を追跡でき、同社は年間60億以上の荷物を扱っている。同社のパートナーは約1万社いて、中には5万店の出店者を抱えるShopifyやMagento、Squarespace、Amazon、eBay、Etsy、Groupon、Rakuten(楽天)、Wish、それにリテールブランドのDysonやInditexなど大物の名もある。

荷物追跡ページはブランドごとにあり、AfterShipのソフトウェアがメールを作る。(画像クレジット:AfterShip)

AfterShipのメインのプロダクトは荷物追跡プラットフォームだが、その他にセルフサービスの返品処理と顧客のためのパッケージ追跡、営業とマーケティングなどのツールも提供していて、マーチャントは荷物からのデータをさらに有効利用できる。チャン氏の説明によると、パッケージ追跡はセラーにとってユーザーエンゲージメントツールでもあり、いろんな商品の推奨や宣伝ができる。AfterShipのツールでマーチャントは、自分のブランド専用の追跡ページや通知を作れる。その他、各輸送業者のパフォーマンスを調べたり、メールによるマーケティングキャンペーンを展開したり、顧客の維持確保を増大したりできる。

CRM的な能力もあるので、AfterShipは他の荷物追跡情報集積企業とは一味違う。

「ビジョンを考えるときは、Salesforceがやってることを見ます。そして、営業の人たちが実際に使えるような、eコマースのためのSalesforceはあるだろうか、と考えます」とチャン氏はいう。

Tiger GlobalのグローバルパートナーであるPengfei Wang(ペンファイ・ワン)氏は、プレス向けの声明で次のように述べている。「AfterShipは、配送のプロセスを消費者と企業の両方にとってもっと透明かつ信頼性の高いものにすることで先頭を走っています。現在、eコマースの成長は急上昇しているため、AfterShipとパートナーできたことはありがたいし、特にそのリーダーシップチームは、この重要かつ拡大を続けている業界で、常にその技術が進歩していることがすばらしい」。

画像クレジット:athima tongloom/Getty Images


【原文】

AfterShip launched in 2012 to help online sellers track packages across different carriers, but since then it has built a suite of data analytics tools covering almost every step of the shopping experience, from email marketing to customer retention. The Hong Kong-headquartered startup announced today it has raised a $66 million Series B led by Tiger Global, with participation from Hillhouse Capital’s GL Ventures.

AfterShip’s last round of funding was a $1 million Series A in 2014. Co-founder Andrew Chan told TechCrunch that the company has been profitable since its launch and grew mainly through word-of-mouth referrals and partnerships, like a Shopify integration, that boosted its profile. But the company recently added a sales team and will use its latest capital on international hiring for sales and customer support. It also plans to launch new products and expand further in the United States, where about 70% of AfterShip’s customers are located.

The company’s software enables sellers to track shipments made through more than 740 carriers and handles more than 6 billion shipments each year. AfterShip’s partners with about 10,000 companies, including some of the biggest names in e-commerce: Shopify (where it is used by 50,000 merchants), Magento, Squarespace, Amazon, eBay, Etsy, Groupon, Rakuten, Wish and retail brands like Dyson and Inditex.

A branded shipment tracking page and email created with AfterShip’s software. Image Credits: AfterShip

AfterShip’s core product is its shipment tracking platform, but it also makes apps for shoppers, including self-service returns and package tracking, and sales and marketing tools for merchants that let them get more use out of data from shipments. Chan explained that package tracking is also a user engagement tool for sellers that lets them show more product recommendations and promotions to shoppers. AfterShip’s tools enables merchants to create their own branded tracking pages and notifications. Other features allow them to track the performance of different carriers, create email marketing campaigns and increase customer retention.

Its CRM capabilities help AfterShip differentiate from other shipment tracking aggregator providers.

“When we think of our vision, we look at what Salesforce is doing, but is there an e-commerce Salesforce that can cover more topics for sales people to use,” Chan said.

In press statement, Pengfei Wang, global partner at Tiger Global, said, “AfterShip leads the charge in making the shipping process more transparent and reliable for consumers and companies alike. As growth in e-commerce spirals ever upward, we are excited to partner with AfterShip and its leadership team as they continue to advance technology in this critical and expanding industry.”

(文:Catherine Shu、翻訳:Hiroshi Iwatani)

COMMENTS


22293:
2021-04-26 20:30

ひまゎりさん、おはよーございます(^^)/ 香港はしらない方が幸せだったかも🤣 こちらは相変わらず中途半端な馬券で大魚を逃しておりました😅 食事は手術が終わるまで絶食なので退院したら好きなだけ食いたいもの口に放り込みたいと思います😆

22292:
2021-04-26 10:37

ポンペオ兄貴 「中国は約束と言う約束を繰り返し破って来た。我々は『信用しないで検証する』を実行しなければならない。彼らが約束をする時にはその言葉を額面通りに信じてはならない。香港では彼らは約束を果たすのに失敗した。彼らは基本的に自国民の…

22290:
2021-04-26 09:53

ポンペオ氏「中共は決して約束を守らない。新疆、香港、台湾の状況を見れば分る」

22291:
2021-04-26 09:19

おはようございます😊😊 今日も冷え込みましたね。 昨日の香港🇭🇰ラヴズオンリーユー🐴 優勝おめでとう😊😊 前走ドバイから香港とタフな ローテーションでよく頑張りました 日本馬🇯🇵が1〜4着という 最高の結果で勇気を貰いました。 感動を有難うです。 今日も頑張ります😊😊✨

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
みずほ銀のシステム障害が復旧 きょう午後にも会見へ
社会とIT
2021-08-21 12:54
アップル、次期macOS「Monterey」をWWDCで披露
IT関連
2021-06-08 09:14
関⻄学院と⽇本IBM、「AI“活用”人材」を育成するバーチャルラーニング提供
IT関連
2021-04-28 05:01
「ビジネスPCに投資しないなんてあり得ない」 澤円氏が説く“高性能モデルを選ぶ意義”とは
PR
2021-06-23 22:28
歩いて日本地図の完成目指す歩数計「令和の伊能忠敬」発売 実距離なら約1万9000km
くらテク
2021-07-07 01:57
創業2年半でユーザー数3000人超 ノーコード×AI開発の「MatrixFlow」が考える“真のAI民主化”とは :マスクド・アナライズの新弟子入門!(1/3 ページ)
くわしく
2021-04-06 11:54
NASAが火星で初となるヘリコプターの飛行を4月8日に計画
宇宙
2021-03-25 18:15
エイシング、32ビットマイコンに実装可能なAIアルゴリズムを開発
IT関連
2021-01-15 20:21
マイクロソフトの「Windows 365」、構成の1つは月額約3400円
IT関連
2021-07-16 15:14
Twitterがより目立つ「誤報警告ラベル」をテスト中
ネットサービス
2021-07-03 17:31
「Windows 10」新プレビュー、「タイムライン」の同期機能を終了–AADアカウントに影響なし
IT関連
2021-04-16 05:35
シスコ、ビデオ会議製品のサブスクリプションサービスを開始
IT関連
2021-01-20 02:40
服を着たままAI身体推定採寸を行える「Bodygram」が健康保険組合向け健康増進アプリに採用
ヘルステック
2021-04-17 05:00
徳島大学発スタートアップ「グリラス」が国産食用コオロギを用いた独自ブランドのクッキーを発売開始
フードテック
2021-06-05 18:36