キヤノンITS、教職員・児童/生徒・保護者をつなぐ小中高向けサブスクサービス提供へ

今回は「キヤノンITS、教職員・児童/生徒・保護者をつなぐ小中高向けサブスクサービス提供へ」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営、GIGAスクール構想、端末配布の「その先」等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、教育機関向けソリューション「in Campusシリーズ」の小中高向け新製品「in Campus School IM」を契約ユーザー数に応じた料金で提供可能なサブスクリプション型のサービスとして8月1日に発売する。2024年以降、年間10校以上の導入を継続し、5年間で10億円規模の売り上げを目指す。

 in Campus School IMは散在する学校情報を集約したデジタルプラットフォームとして機能し、学校業務の効率化を図るとともに、教職員・児童・生徒・保護者、それぞれのコミュニケーションを活性化させる。同製品の税別利用価格は、1ライセンス当たり月額300円。

 ポータル機能では、お知らせ、カレンダー、アンケート、各種リンクなどがポータル画面に表示され、校内の各種情報が一目で確認できる。教職員は担当クラスの出欠状況を確認でき、保護者は学校への各種申し込みをポータルからいつでも申請可能。

  LMS(学習管理システム)機能は、教職員と児童・生徒がオンラインで教材配布や課題提出などを行うことを可能にする。トップ画面では、児童・生徒がアクセスした場合は「時間割」を、教職員がアクセスした場合は「出講表」を表示するなど、それぞれの立場を考慮しており、表示された授業を選択するとその授業のトップ画面に遷移するなど履修内容の管理に役立つとしている。

 ダッシュボード機能は、児童・生徒の学習履歴や成績、模試結果や課外活動など、多様な児童/生徒情報を可視化する。受験情報も入力することで、在校生と卒業生の成績比較も可能となり、日々の児童/生徒面談に活用できる。

 in Campusシリーズは2014年に大学向けに開発・販売されていたが、小中高市場への参入を目指し、私立中高一貫校向けにリニューアルして4月に提供を開始した。今回はコア機能をベースにサブスクリプション型サービスとして開発し、新たな小中高市場向けブランドとして立ち上げたという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Reddit、APIの商用利用を有料化–AI開発大手に影響
IT関連
2023-04-22 10:19
デル・テクノロジーズ、「Dell PowerFlex 4.5」発表–マルチクラウドの多用途性に対応
IT関連
2023-10-20 08:00
パナソニック、ビルを狙うサイバー攻撃にセキュリティ対策を提供
IT関連
2023-06-10 06:04
米国の重要インフラを狙う中国の集団「Volt Typhoon」、マイクロソフトが警告
IT関連
2023-05-26 19:13
アマゾンやMSがリード、2020年のIaaSパブリッククラウドサービス市場は40%成長–ガートナー
IT関連
2021-07-02 01:34
飛行機や映画……裾野広がるデジタル証券、小口化容易で金融各社が知恵比べ
IT関連
2021-08-20 21:54
お店のキャッシュレス決済サービス「STORES 決済」が自動入金の振込手数料を完全無料化
IT関連
2022-03-18 16:00
コンポーザブルアーキテクチャーはユーザーに選択肢を与える–リミニストリートのラビンCEO
IT関連
2023-05-24 14:37
「+メッセージ」に首相官邸の公式アカウント 内閣の政策など発信
社会とIT
2021-05-11 14:44
OpenAI、モデル仕様を公開–自社AIモデルの動作を概説
IT関連
2024-05-11 03:15
「初号機かぶと」ペーパークラフト、エヴァ公式が無償公開 こどもの日企画で
くらテク
2021-05-04 23:05
キンドリルジャパン新社長が語った「キンドリルの魅力」とは
IT関連
2024-04-19 11:13
KeyHolder、「アーティスト別」「ツアー別」など複数軸の分析で収益性を改善へ
IT関連
2023-04-27 12:34
現状のままだと負担増–freee新サービスに見る「インボイス制度」対応の複雑さ
IT関連
2022-08-26 05:40