日本の未来に大胆な決断を–キンドリルジャパン・上坂社長

今回は「日本の未来に大胆な決断を–キンドリルジャパン・上坂社長」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 2024年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

キンドリルジャパン 代表取締役 社長 上坂貴志氏

 さまざまなテクノロジーが生まれ、進化し、社会へと急速に浸透する中、日本社会が成長し続けるためには、意欲的に大胆な決断を行い、日本の未来を作っていくべきと考えます。大胆な決断とは決してこれまで検討もしていなかったことを決めることではなく、いつかやるべきだと既に検討していることを実行に移すことだと考えています。一歩踏み出して行動することで大きな変革につながります。

 また、これまでは役割とスコープを定めその範囲を確実に遂行することがプロジェクト管理であり、ディシプリンでしたが、決められた持ち場から一歩、お客さま視点で考え、主体的に行動することが、真のサービス提供であると改めて意識したいと思います。

 加速するデジタルトランスフォーメーション(DX)の根幹はITインフラであり、サステナブルな成長を目指す鍵となります。2024年は今こそもっと大胆に踏み込んで、ITインフラを未来の社会基盤と捉えた変革をご支援し、お客さまそして日本の未来に価値を届けられるよう、決断と実行力で前進していきます。

 システム運用の世界は非競争領域であり、各社が共創してそれぞれの強みを生かしながらエコシステムを形成し、日本社会に貢献していくことになります。キンドリルは、その一員としてリーダーシップを発揮し、ミッションクリティカルな基幹システムを長年支えてきたスキルや知見と、国内に加えてグローバルでの経験を活用し、運用の高度化を進めます。

 さらに、働き方という観点でも活気ある魅力的な環境になるよう努め、運用に携わる技術者、そして関わる人々に豊かさをもたらす世界を築いていきたいと考えます。運用の自動化・高度化を支える統合プラットフォームである「Kyndryl Bridge」は、先進技術の活用やソリューションの拡充を図ります。また、ITモダナイゼーションを企業経営の主軸と捉えた戦略策定をご支援するため、アドバイザリーサービスを行う「Kyndryl Consult」を強化するとともに、共創体験の場である「Kyndryl Vital」の活用を推進していきます。

 従前からグローバルおよび国内で進めてきたアライアンス戦略についてもパートナーシップを拡充し、さらなる価値をお客さまへお届けできるよう取り組んでまいります。キンドリルは、今後数年間で日本における事業で1億ドルを投資することを2023年に発表しており、メインフレームをはじめとしたデータセンターに関するITモダナイゼーションを進めてまいります。

 テクノロジーがサステナビリティーを実現する重要な要素であることは、Global Sustainability Barometerの調査結果でも明らかです。全世界が気候関連の課題に直面している中、日本のお客さまのITモダナイゼーションをご支援することで地球規模のサステナブルな成長に貢献してまいります。

 キンドリルとしてビジネスを始めて2年が経ちました。キンドリルでは「人」を価値の中心と考えています。キンドリルでは、「The Kyndryl Way」と称して、お客さまやパートナーさまとの関わり方、社員同士の在り方のカルチャーを作り、社風として根付かせてきました。また、感謝を大切にする取り組み、ID&E(インクルージョン、ダイバーシティー、エクイティー)の推進も意欲的に活動してきました。

 さらに社内システムの変革も行い、グローバルで9万人規模の社員が利用する基幹システムをシンプルで標準化されたシステムに刷新しました。大規模プロジェクトを短期間で実行するという貴重な経験で培ったスキルや知見は、お客さまのご支援に役立つと信じています。これらの取り組みを通じてキンドリル自身も進化し、人材、スキル、体制の強化を図ってきました。

 今後もスキル強化を引き続き支援するほか、女性役員候補者の育成プログラムや若手社員に経営観点の広い視野を育成する幹部候補プログラムを発足させ、人材育成を強化してまいります。また、ID&Eをさらに推進し、多様な人材が心理的安全性が担保された多様な働き方で個々の能力を最大限に発揮できるカルチャーを醸成することに努めていきます。

 社会への貢献としては、キンドリル財団によるサイバー対策を支援する非営利団体への助成金の提供や、未来志向型の教育、気候変動への対策、インクルーシブエコノミーの3つを重点領域とした社会貢献プログラムを拡充していきます。

 2024年の干支は辰(たつ)ですが、成功の芽が成長し、姿を整えていく年とも言われているそうです。意欲的で大胆な決断を通じて、皆さまと共に、ワクワクする日本の未来に貢献していきたいと考えます。

 また、2024年は大胆に決断する、つまり果断の心を強く持ち、一歩を踏み出すことを目指します。その一番大切なことは相手をおもんぱかる配慮、少し先を予測した心配り、成し遂げた成果への感動といった心を動かすことだと考え、「心果」(しんか)を、キンドリルジャパンの目標に掲げました。

 ビジネスの面でもそれ以外の気持ちや心の面でも、思い切って実行に移すことを大切にしたいと考えます。キンドリルがブランドアイデンティティーに掲げている「社会成長の生命線」を目指して、引き続き努力してまいります。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
GitHub、1200台以上のMySQL 5.7を8.0へアップグレード。サービス無停止のまま成功させる
GitHub
2023-12-12 10:43
パブリッククラウド移行進めるイスラエル国防省、いかにデータを保護するか
IT関連
2022-03-15 21:16
MS、小規模言語モデル「Phi-2」をリリース–最大25倍サイズのモデルの性能に匹敵
IT関連
2023-12-16 09:57
NTTコムウェアと日本IBM、データセンター運用高度化を実証–AI活用したソリューション連携で協業
IT関連
2024-02-09 06:06
KADOKAWAが「サブスク手当」導入、月2000円 映像や音楽など140サービスの利用者に支給
企業・業界動向
2021-07-14 17:06
ビットコイン用マイニングマシンの運用サービス、仮想通貨交換業者がスタート
最近の注目ニュース
2021-02-26 22:07
IBMと東大ら5大学、日米韓で4万人の学生に量子教育を推進
IT関連
2023-12-16 18:22
スポーツ選手のNFTと独占コンテンツを販売するSportsIconが「7桁」ドルの資金調達
ブロックチェーン
2021-04-24 17:31
海運・化学・石油…市況関連株に短期トレーディングの機会到来と考える理由
IT関連
2021-02-09 23:15
巨人用「進撃の巨人」、ギネス認定 「出版された最大の漫画本」に
くらテク
2021-05-25 02:12
欧州全域への拡大を目指す英国発の花束ギフトサービスBloom & Wildが約106億円を調達
ネットサービス
2021-02-26 21:44
インド政府が自国企業の支援を狙いマッピング・地理空間データの制限を限定解除
その他
2021-02-17 05:50
Facebookが「Rust Foundation」に参加–「Rust」言語をいかに活用してきたか
IT関連
2021-05-02 12:04
中国ネット企業でLLMの開発競争が激化–その裏には学生使い捨ての現実
IT関連
2023-09-23 23:38