国内AIシステム市場は2028年まで年率30%の急成長–IDC予測

今回は「国内AIシステム市場は2028年まで年率30%の急成長–IDC予測」についてご紹介します。

関連ワード (製品解説等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 IDC Japanは4月25日、国内AIシステム市場(エンドユーザー支出額ベース)の予測を発表した。2023~2028年の年間平均成長率は30.0%で、2028年の同市場の規模が2兆5433億6200万円になると予測している。

 2023年の同市場の規模は、前年比34.5%増の6858億7300万円だった。2023年は生成AIの商用化が本格的に進み、さまざまな業界で生成AI活用の実証実験が多数実施されたとする。生成AIの利用目的は、テキストや画像、動画、プログラミングコードの生成など多岐にわたり、同社は、国内企業で生成AIに対する積極的な姿勢が示され、関連する市場や業界が活発化していると分析する。

 AIシステム市場の内訳では、46.6%を占めるソフトウェアで前年比33.4%増、25.0%を占めるサービス市場が同57.6%増、28.3%を占めるハードウェア市場で20.7%増となった。

 同社は、2024年の市場規模を同31.2%増の9000億6300万円と予測する。AIモデルを構築する先進的な企業グループがデジタルビジネスを見据えた独自の生成AIモデル構築のための大規模な実証実験と本番運用に向けた投資を加速させると見ている。

 また、2023年に限定的な利用にとどまっていたAIモデルを使う企業グループでも、簡易なモデルの作成、生成AIを組み込んだアプリケーションの導入が加速し、AIシステムの需要がさらに高まるという。2024年の市場動向は2023年に比べ成長スピードがいったん減速しつつ、2025年には再び成長率が上昇すると予想する。

 同社 Software & Services リサーチマネージャーの飯坂暢子氏は、「新旧の要素技術と知的財産や人的ネットワークを相互に生かすことで、総合的に価値連鎖を起こす新市場を見出す必要がある」と述べている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
デジタルサイネージ広告の勝機–看板ではなく「メディア」と捉える
IT関連
2024-05-08 03:37
ワークデイ、従業員エンゲージメント向上を支援する新プラットフォームを国内提供
IT関連
2023-06-27 17:51
クラウドインフラ支出の伸び加速–AWS、マイクロソフト、グーグルの勢い続く
IT関連
2021-05-10 11:35
開発費73億円で話題の“五輪アプリ”、機能は? 発注元の内閣IT室に聞く
クラウドユーザー
2021-02-26 16:23
NECとロッキード・マーティン、宇宙船開発でのAI導入で合意
IT関連
2021-03-04 16:12
Instagramがロシア国営メディアをシェアしたユーザーに警告、ロシアとウクライナのユーザーのフォローリストを非表示に
IT関連
2022-03-10 14:18
NRI、顧客体験の提供能力を診断する新サービス–競合の顧客にも聞き取り
IT関連
2022-07-15 19:49
New Relic、「New Relic Live Archives」一般提供–履歴ログへの即時アクセスを可能に
IT関連
2024-03-15 18:14
Linuxを標的とする新たなステルス型マルウェア「Shikitega」が発見
IT関連
2022-09-09 07:16
富士通、「モダナイゼーションナレッジセンター」を新設–DX基盤整備を支援
IT関連
2022-09-06 20:23
ZHD、株主総会を完全オンライン化 2022年に
IT関連
2021-08-12 22:15
経理職が会社から消える? 進むデータ化、インボイスが拍車
IT関連
2021-06-30 19:41
オフィスをリアルとデジタルから自由に選択–凸版印刷、「IoA Work」を試験提供
IT関連
2021-02-16 11:39
2年ぶり開催のInterop Tokyo 2021–ShowNetに見るハイブリッドの挑戦
IT関連
2021-04-16 02:21