マイクロソフト、「Copilot in OneDrive」を5月に提供開始へ

今回は「マイクロソフト、「Copilot in OneDrive」を5月に提供開始へ」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 「Microsoft 365」のユーザーは5月より、「Copilot in OneDrive」を利用して「OneDrive」上に保存された自らのファイルを分析できるようになる。ニュースサイトのNeowinが報じたように、Microsoft 365のロードマップページには、OneDriveに人工知能(AI)能力を搭載し、ユーザーがOneDriveのファイルに関する質問を投げかけ、情報を得られるようにするという計画が記されている。

 Microsoftは同ロードマップに、「『OneDrive for Web』上で利用可能な『Copilot in OneDrive』を用いることで、ユーザーはOneDrive上の自らのファイルを開くことなく、そのファイルに関する質問を投げかけ、情報を得られるようになる。またCopilot in OneDriveは1つ、あるいは複数のファイルの要約を作成してくれる。サポートするファイル形式はDOCとDOCX、FLUID、LOOP、PPT、PPTX、XLSX、PDF、ODT、ODP、RTF、ASPX、RTF、TXT、HTM、HTMLとなっている。Copilot in OneDriveを使用するには、『Microsoft Copilot for Microsoft 365』のライセンスが必要となる」と記している。

 2023年11月に提供開始されたCopilot for Microsoft 365はAIを用いることで、「Word」や「Excel」「PowerPoint」「Outlook」「Microsoft Teams」をはじめとするMicrosoft 365ファイルの分析/作業を支援してくれる。また、ユーザーは「Copilot」とのチャットによって、ファイルに関する質問を投げかけたり、指示を出したりできる。サブスクリプション料金は年間契約で1ユーザーあたり月額30ドル(日本では3750円)となっている。

 一方、「Copilot Pro」プランでは、テキストの作成と編集や、Word文書の要約作成、Excelの数式生成やデータ分析の実行、PowerPointでのプレゼンテーションの作成、「Microsoft OneNote」の文章作成、Outlookでの返信の下書き作成といった作業が支援される。ただし、このプランでは、Microsoft Teams上でのAI機能の使用や、ウェブ上のOneDriveファイルとの直接的なやり取りは実行できない。とはいえ、サブスクリプション料金はより手が届きやすい1ユーザーあたり月額20ドル(日本では3200円)となっている。

 Copilotの無料版は専用のウェブサイトや、「Windows 10」と「Windows 11」のタスクバー上にあるアイコン、「Android」や「iOS/iPadOS」のアプリを介して自由にアクセスできる。ただし、「Microsoft Office」アプリやそのファイルと直接やり取りできるのは、Copilot ProプランとCopilot for Microsoft 365プランのみだ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Meta、画像内の物体を識別するAIモデル「Segment Anything Model」を公開
IT関連
2023-04-07 04:28
NTT-AT、製品サイトの多言語化で「WOVN.io」導入–7言語で情報発信
IT関連
2022-12-23 15:21
DropboxがAIサービス開発のための人材の獲得へ向け、約16%の人員削減を発表
Dropbox
2023-05-02 09:47
マネックス証券でシステム不具合 「口座残高0円」など表示に異常
企業・業界動向
2021-04-17 13:16
AI開発×スパコンのSIer、HPCシステムズがAIシステム導入で産官学から支持されるワケ
PR
2021-01-27 06:19
プロダクトバックログDeep Dive。スクラムのプロダクトバックログをどう作成し、手入れし、スプリントに投入するべきか(中編)。Regional Scrum Gathering Tokyo 2022
DevOps / アジャイル開発
2022-01-11 23:21
FTC、テクノロジー担当局を新設–大手IT企業への対応強化か
IT関連
2023-02-21 01:37
自然言語処理を簡単にアプリ実装できる「NLPCloud.io」のプラットフォーム
人工知能・AI
2021-05-18 10:10
フィデアHD、炭素会計プラットフォームサービスを導入–投融資先の炭素排出量の算定を効率化
IT関連
2024-02-01 23:50
Facebook、EC領域でAIとAR分野に投資 Instagramのショップ機能を拡充
ロボット・AI
2021-06-24 05:01
世界スマートフォン出荷台数の減少続く–前年同期比で増加はアップルのみ
IT関連
2022-11-01 05:54
NFT(非代替性トークン)がアート界にもたらす劇的な変革とインクルーシブな未来
ブロックチェーン
2021-03-28 10:07
西松建設、シスコの次世代ネットワーク基盤を月額定額サービスで導入
IT関連
2021-03-10 05:01
CTCら、eスポーツの解説にアイトラッキング技術を提供–プレーヤーの視線を可視化
IT関連
2022-11-06 12:09