GSユアサ、サイバー攻撃対策で「Attack Surface診断サービス」を導入–海外拠点などのIT資産も監視

今回は「GSユアサ、サイバー攻撃対策で「Attack Surface診断サービス」を導入–海外拠点などのIT資産も監視」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 蓄電池大手のジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)は、同社の海外拠点やサプライチェーン(供給網)を含めた広範囲のセキュリティ高度化に向けて、「Attack Surface診断サービス」を導入した。JBCCが3月26日に発表した。

 アタックサーフェスとは、インターネットなど外部から攻撃される可能性のある領域のこと。同サービスはクラウドサービスを使ってインターネットから攻撃可能な資産を特定し、その脆弱(ぜいじゃく)性を検証してリスクを評価する。その上で把握できていない公開資産を発見し、未把握資産のリスクや危険性を診断すると同時に、JBCCのセキュリティ専門家がレポートを作成、必要なセキュリティ対策を提言する。

 GSユアサは今回の導入によって、JBCCのアナリストが企業情報などから精査を行い、M&A(合併・買収)によって分散している資産も特定した。さらに広範囲で検出可能なツールで、ホスティングなどで公開されているサービスも資産として検出した。

 またセキュリティリスクをツールで可視化し、国内外を網羅してリアルタイムの実態把握を実現できた。その上で海外拠点・専任のIT部門をもたないグループ会社のリスク評価も一元化し、セキュリティレベルの統一が可能となった。加えて、JBCCのセキュリティエンジニアがセキュリティ対策のアップデートを支援し、固有のシステム環境に即した重要度や優先順位を提言している。

 これまで同社は、クラウド活用の本格化やテレワークの普及によって、さまざまな拠点から各種システムにアクセスできるようになり、外部に公開されたIT資産が増加していた。これにより海外拠点や取引先を含めたセキュリティの実態を把握することが困難になっていた。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
日本のIoT市場規模、2027年に8.7兆円に–IDC予想
IT関連
2023-06-09 20:04
パソコンやスマホ、スクーターなどの電子機器サブスク事業成長に向けて独Groverが約79億円調達
ネットサービス
2021-04-18 23:22
【コラム】スタートアップ社員はバイデン大統領のキャピタルゲイン増税案に注目すべきだ
パブリック / ダイバーシティ
2021-05-11 10:10
全米商工会議所、AIの規制を提言–飛躍的成長を適切に規制するための5つの柱
IT関連
2023-03-14 03:11
DockerコンテナイメージをWebAssemblyに変換、Webブラウザ上での実行も可能にする「container2wasm」バージョン0.3が登場
Docker
2023-06-13 07:17
NTTデータ、RPAとMicrosoft Teamsで業務自動化を実験
IT関連
2021-02-25 13:37
確定申告スタート 電子申告で“密”回避、支援サービス続々
IT関連
2021-02-18 15:39
プロジェクト管理基盤のSmartsheet、日本事業に本腰–「昨日までと同じ」を変えていく
IT関連
2024-02-09 23:10
「State of JavaScript 2022」公開。利用率1位のフロントエンドライブラリはReact、レンダリングはNext.js、テストはJestなど、4万人のエンジニアが回答
JavaScript
2023-01-12 11:57
パナソニックが無線の新サービス ロボの遠隔操作可能に
IT関連
2021-02-20 10:47
2021年以降の工場の未来–インダストリー4.0の5つのトレンド
IT関連
2021-02-25 23:59
「未来の働き方とコンテンツ活用の関係」を説いたBox CEOの野望とは
IT関連
2022-07-16 02:46
サッポロビール、Teamsで使えるAIチャットボットで社内問い合せを効率化
IT関連
2022-02-25 09:54
アドビ、「Photoshop」のウェブ無料版をテストへ
IT関連
2022-06-16 02:16