自動運転シャトルバスの仏EasyMileが72.5億円を調達

自動運転シャトルバスの仏EasyMileが72.5億円を調達 サムネイル

今回は「自動運転シャトルバスの仏EasyMileが72.5億円を調達」についてご紹介します。

関連ワード (EasyMile、フランス、自動運転、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


レベル5の完全な自動運転車が公道を走るのはまだ先のことかも知れないが、その一方で、限定された閉鎖的なキャンパス向けの、特定の用途の自動運転車やシャトルを製造している企業たちは、商用運行への道を歩んでおり、そのための資金を調達していると語っている。この度、乗客や貨物を運ぶシャトルバスを製造している、フランスのトゥールーズのスタートアップEasyMile(イージーマイル)が、シリーズBで5500万ユーロ(約72億5000万円)を調達した。

今回の資金調達は、今週初めにFCC(連邦通信委員会)の元議長Ajit Pai(アジート・パイ)氏を新たなパートナーに任命したSearchlight Capital Partnersが主導し、McWinとNextStage AMが参加している。また、これまでの出資者である鉄道業界大手のAlstom(アルストム)、Bpifrance(仏公共投資銀行)、自動車大手のContinental(コンチネンタル)も参加した。Searchlight Capital Partnersは、他にGet Your Guide(ゲット・ユア・ガイド)やUnivision(ユニビジョン)にも出資している。

EasyMileは自社を、自動運転シャトルの世界的リーダーであるといい、世界市場の60%で同社の車両が使用されていると主張している。同社の車両は、世界30カ国、300カ所以上で80万kmを走破したという。しかし、その一方でEasyMileは、その市場の小ささと新しさを示すように、同社は全世界で180台の車両しか配備していないのだと語る(興味深いことに、競合大手ののNavya(ナビヤ)もフランスに本社を置いている)。

EasyMileはこの資金を、閉ざされたキャンパス環境での商用展開を推進し、事業を拡大するために利用すると述べている。また、公共交通機関に自社の車両や技術を導入するという長期的な戦略にも引き続き投資していくが、より身近なユースケースに焦点を当ててきたことが、成長や新たな投資を呼び込むことにつながったと考えているとのことだ。

EasyMileの創業者でCEOであるGilbert Gagnaire(ジルベール・ガニエール)氏は声明の中でこう語る「私たちは、現実的なタイムフレームの中で提供できるものに集中し、今すぐにでも対応可能なニッチ市場のリーダーたちと提携してきました。「EasyMileの初期の投資家の方々全員に、今回のラウンドにも参加していただけたことは、当社の拡大計画に対する強い信頼の証です。そしてSearchlight、McWin 、NextStageをお迎えし、彼らの専門知識のおかげで当社の成長が加速することを大変うれしく思っています」。

EasyMileは評価額を公表しておらず、募集枠を超えたと同社が形容するラウンドで、これまでに調達した金額も公表していない。現在、同社に問い合わせ中だが、詳細が分かり次第、この記事を更新する。

EasyMileの車両には、人を運ぶシャトルバスのEZ10(イージー10)や、自動運転で荷物を運ぶ牽引式のトレーラーシステムTractEasy(トラクトイージー)などがあり、これまでに航空貨物の地上輸送のTLDで使われた他に、現在はPeugeot(プジョー)、Chrysler(クライスラー)、Fiat(フィアット)グループのStellantis(ステランティス)と共同で、EasyMileの技術を使った自動運転車の開発を進めていいる。

同社は挫折も経験している。2020年、EasyMileが事故を起こした後、NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)は同社が乗客を乗せてサービスを行うことを禁止した(乗客なしでの運行は禁止されていない)。この件に関する最新の状況については、同社に問い合わせている。

その点では、新しい投資家が規制上の問題にどのような影響を与えるのかが注目される。

Searchlight CapitalのパートナーであるRalf Ackermann(ラルフ・アッカーマン)氏は「EasyMileの成長にとって重要な節目であるタイミングで投資をできることを、大変うれしく思っています」と述べている。「彼らの持つ、堅牢で品質を重視したアプローチと業界をリードする技術を見て、この会社が商業的に拡大できる十分な立場にあると確信しました。その発展の道のりに参加できることが喜びです」。

自動運転分野での再編や、場合によっては縮小も見られる時期に行われたという点で、この資金調達は興味深いものだ。今週Lyft(リフト)がLevel 5(レベル5)部門をトヨタのWoven Planet(ウーブン・プラネット)に5億5千万ドル(約597億2000万円)で売却したばかりだ。EasyMileは、閉環境のシャトルを中心とした特定の市場に焦点を当て続けてきたことが、さらに多くの変化や障害が起こることが予想される未発達の市場ので、事業を進め、より多くの支持と注目を集めることができたとのだ考えている。

Benoit Perrin(ブノワ・ペラン)GMは声明の中で「今回の資本注入は、EasyMileの戦略の正しさを立証するもので、技術開発の最終仕上げとスケールアップ戦略を可能にしてくれるものです。私たちは技術を産業レベルにまで引き上げ、実際の商業サービスを提供します」と述べている。

関連記事:トヨタのウーブン・プラネットが配車サービスLyftの自動運転部門を約600億円で買収

画像クレジット:EasyMile


【原文】

We may still be a long way off from Level 5, fully self-driving cars on the open road, but companies building autonomous vehicles and shuttles for specific uses within closed-campus deployments say they are on their way to commercial operations and are raising money to get there. In the latest development, a startup out of Toulouse, France, called EasyMile — which builds shuttles for transporting both people and goods — has closed a Series B of €55 million ($66 million).

The funding is being led by Searchlight Capital Partners — the investor that just earlier this week appointed former FCC chairman Ajit Pai as its newest partner — with McWin and NextStage AM also participating. Previous investors rail industry heavyweight Alstom, Bpifrance and auto giant Continental also participated. Searchlight is also an investor in Get Your Guide and Univision.

EasyMile claims to be the world leader in autonomous shuttles with 60% of the global market using its vehicles. It says that its vehicles have racked up 800,000 kilometers in over 300 locations in 30 countries. But as a mark of how small and nascent that market is today, EasyMile also says that it has just 180 vehicles deployed worldwide. (One big competitor, Navya, also happens to be based out of France, interestingly.)

EasyMile said it will use the funds to scale its business, by securing and building out commercial deployments in closed-campus environments. It will also continue to invest in its longer term strategy, to deploy its vehicles and technology in public transportation networks, although the company said believes its focus on more immediate use cases is what has helped it grow and attract new investment.

“We have stayed focused on what we can deliver in a reasonable timeframe and partnered with leaders in niche markets that are addressable now,” said EasyMile Founder and CEO Gilbert Gagnaire in a statement. “The participation of all of EasyMile’s earlier investors in the round is a strong vote of confidence in our expansion plan, and we are very happy to welcome Searchlight, McWin and NextStage and look forward to accelerating our growth thanks to their expertise.”

EasyMile is not disclosing its valuation, nor how much it has raised to date in what it described as an oversubscribed round. We are asking the company and will update this post as we learn more.

EasyMile’s vehicles include the EZ10 people shuttles and TractEasy, an autonomous “tractor” trailer system for moving goods, and its over the years inked deals with companies like TLD (which runs ground transport and support in air cargo) and is currently working with the Peugeot, Chrysler and Fiat group Stellantis to build an autonomous vehicle using EasyMile technology.

The company has also had some setbacks. Last year, the NHTSA barred EasyMile from running any services with passengers on board after the company had an accident. (It can still operate vehicles without passengers.) We have asked the company to update us on the latest developments on this front.

On that front, it will be interesting to see how and if its new investor will have an impact in terms of helping with regulatory issues.

“We are excited to be investing in EasyMile at this critical juncture in the firm’s trajectory,” said Ralf Ackermann, a partner at Searchlight Capital, in a statement. “Having observed its robust, quality-driven approach and industry-leading technology, we are confident that it is well positioned to scale commercially and are delighted to be part of the journey.”

The fundraising is interesting in that it is coming at a time when we’re seeing some reshuffling and in some cases retrenchment in the autonomous driving space. Just this week Lyft sold off its Level 5 division to Toyota’s Woven Planet for $550 million. EasyMile believes that its continuing focus on specific markets around shuttles in closed-loops has helped it stay the course and build more traction and profile in what is still an early market and bound to go through more changes, and hiccups.

“This injection of capital validates EasyMile’s strategy and will allow us to finalize our technical development and finance our scaleup strategy. We’ll bring the technology up to a level that can be industrialized and deliver a real commercial service,” said GM Benoit Perrin, in a statement.

(文:Ingrid Lunden、翻訳:sako)

フランス - Wikipedia

フランス共和国(フランスきょうわこく、フランス語: République française )、通称フランス(フランス語: France )は、西ヨーロッパ、カリブ、太平洋、およびインド洋に位置する共和制 国家。首都はパ …

フランスのおすすめ観光・観光スポット情報【HIS】

HISが魅力満載のフランス観光をお届けします!モンサンミッシェル、凱旋門、ヴェルサイユ宮殿といった有名観光スポットの情報を豊富に掲載しています。フランスのホテル、アクティビティ、お土産の情報なども紹介しています!

フランス観光ガイド / 人気の観光スポット・ベスト7|阪急交 …

阪急交通社スタッフがおすすめする、フランス観光情人気のスポットをご紹介!パリやモンサンミッシェルなどの観光スポット、グルメやイベント、現地の気候や交通事情など詳しくガイドいたします。

フランス基礎データ|外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

(1)フランスは、多極的・相互依存的な世界観を背景として、伝統的に国連を中心とした「国際協調」の重要性を主張。欧州統合を積極的に推進し、EUを通じた仏の影響力拡大を引き続き目指す。安保理改革については、日本の常任理事

フランスの旅行・観光ガイド|地球の歩き方

 · フランスは、あらゆる面において「豊かな国」だ。モン・サン・ミッシェルやヴェルサイユ宮殿など数多くの歴史遺産、食通をうならせる料理とワインにスイーツ、芸術家たちを虜にしたパリの都、そして多彩な魅力にあふれた地方の町

フランス 旅行・観光ガイド 2021年 - トリップアドバイザー

フランスの旅行ガイドならトリップアドバイザー。フランスのホテル・観光名所・グルメに関する28,234,809件の口コミやユーザーが投稿した写真を利用して、最高の旅行プランを計画して下さい。

Meiji Co., Ltd. - フランス共和国|比べてみよう!世界の食と文 …

フランスには、アルプス 山脈 さんみゃく のある冬が寒い東部、大西洋に面した 比 ひ かく的すずしくて 湿気 しっけ のある西部と北部、地中海に面した 暖 あたた かくてかんそうした南部などさまざまな気候があり、 郷土 きょうど 料理もたくさんあります。. 代表的なものは南フランスの「ブイヤベース」(魚かいのスープ)や、ワインの産地として有名な ...

〈2021年4月23日更新〉フランスにおける新型コロナウイルス …

 · 人口10万人あたりの感染者数が現在フランス国内で最も多い、南仏 アルプ=マリティーム県 (県庁ニース)は、県内 9割の人口が集中する海沿いの都市エリア において、 週末の全日外出制限 を実施することを発表した。. 現時点で全日外出制限が実施されるのは次の週末2回:. →2月26日(金)18時から2月29日(月)朝6時まで. →3月5日(金)18時から3月8日(月)朝6時 ...

フランスのお土産10選! おすすめお菓子・雑貨・コスメなど ...

フランスは食、雑貨、ファッションとあらゆる分野でクオリティの高いモノがリーズナブルな値段で揃う国。おしゃれな雑貨やチョコやキャラメルなどのお菓子、食品や調味料などなかなか日本では買えない、フランスならではのお土産を買って帰りましょう!

フランス書院

フランス書院公式サイト。携帯電話でも楽しめる本・電子書籍の販売や無料で読める連載コンテンツなど。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Disney、ホンモノのように飛び出すライトセーバーの動画を披露
ネットトピック
2021-05-06 16:12
トレンドマイクロ、新セキュリティ基盤「Trend Micro Vision One」を発表
IT関連
2021-03-13 00:24
“植物超え” 世界最高効率の人工光合成に成功 CO2再利用へ前進 トヨタの研究所
企業・業界動向
2021-04-23 12:41
ディープフェイクのビジネス活用、技術の悪用防止をめぐる戦い
人工知能・AI
2021-05-04 18:26
開けると泡が自然発生する缶ビール、販売2日で出荷中止 商品供給追い付かず 
くらテク
2021-04-09 17:39
グーグルとシーメンス、製造業向けのAIベースソリューションで連携
IT関連
2021-04-20 14:43
スペースXが宇宙船Starship用の洋上基地建設のために採掘リグを2基購入
宇宙
2021-01-22 23:06
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-01-22 23:06
火星で初飛行に成功、NASAの小型ヘリコプターを支えるオープンソースソフトウェア
IT関連
2021-04-22 02:39
Oracle、「Java 16」をリリース、9月には「Java 17」のリリースを予定
IT関連
2021-03-18 05:03
三井化学と日本IBM、ブロックチェーン活用した「資源循環プラットフォーム」で協業
IT関連
2021-04-28 15:13
PS5ソフト、転売屋のハード買い占めで初速不振? 三上洋氏「安定した収入源になっている」
IT関連
2021-02-05 21:01
DJIが新型ドローン「Air 2S」を発表、カメラ機能が向上、伝送距離はプロモデル並に
ドローン
2021-04-17 12:29
Facebook、Instagramのユーザー画像で自己教師あり学習したコンピュータビジョン「SEER」発表
アプリ・Web
2021-03-06 09:30
マイクロソフトが無償でJavaの長期サポートを提供へ、「Microsoft Build of OpenJDK」をリリース
Java
2021-04-07 00:25
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-04-07 00:25