Meta、性能を大幅に上げた「Llama 3」でOpenAIら競合を追走へ

今回は「Meta、性能を大幅に上げた「Llama 3」でOpenAIら競合を追走へ」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Metaが、競争が激しい人工知能(AI)分野での取り組みを強化し、2種類の「Llama 3」モデルをリリースするとともに、自社プラットフォームのすべてで「Meta AI」を利用可能にする方針を明かした。

 Metaは米国時間4月18日、2つの小規模なLlama 3モデルを発表した。これは2024年内に予定されている、Llama 3のメジャーリリースに先立つものだ。4月9日の時点で、リリースが近いとMetaが述べていたこのオープンソースモデルは、Meta AIアシスタントへの統合が進められており、今後開発者向けに提供される予定だ。

 MetaはThe Vergeに対し、2023年の「Llama 2」では2兆トークンだったのに比べて、Llama 3は15兆トークン(テキストデータの基本単位)でトレーニングされていると語っている。18日にリリースされた2モデルのうちでもより大型のモデルは、700億のパラメーター(結果の調整に用いる変数)を持つ。

 これは、Llama 2と比べて大幅なAIの性能向上につながるはずだ。また、Llama 3の最終ビルドは現在の市場でも最も高度なAIオプションになる可能性があると、Metaでは主張している。小規模なモデルでも、Metaはマルチステッププロセスでの性能向上と複雑なクエリでの性能強化をうたってきた。

 AnthropicやOpenAIが提供する競合サービスと比べると見劣りするとして、Llama 2の性能に不満を述べてきた開発者にとって、これは朗報だろう。Reutersとのインタビューで、Metaはそうした問題を認め、「質の高いデータ」に加えてAIによって生成されたデータを用いて、問題の領域に取り組むことによって対処すると語っていた。

 それでも、今後予定されるLlama 3のメジャーリリースは、開発者、そしてMeta自体にとっても、最も重要なものになる可能性がある。同社は最終版のLlama 3についてこれまで多くを明かしてこなかったが、今回、現在もまだデータを使ったトレーニング中で、完了時には4000億のパラメーターを持つことになることを明らかにした。これはLlama 2の5倍以上になる数字だ。そして今回リリースされた小規模なLlama 3モデルと異なり、最終ビルドはマルチモーダルで、テキストと画像の両方を生成できるようになる。

 Metaは2023年、OpenAIの「ChatGPT-4」に似た無料のAIツールのMeta AIをリリースしたが、このツールは試用版の域を出なかった。

 18日のLlama 3に関する発表に加えて、同社はMeta AIに本腰を入れつつあると述べた。一例を挙げると、Meta AIは今後、独立したサイトで提供され、ここではユーザーが無料でクエリを入力できるようにある。さらにMetaでは、「Facebook」や「Instagram」、「Messenger」、「WhatsApp」の検索ボックスにMeta AIを組み入れる取り組みを進めており、今後はニュースフィードに取り入れていくと、18日にMetaは明かした。また、Meta AIの提供地域も拡大する予定で、オーストラリア、カナダ、ジャマイカ、ナイジェリア、ジンバブエなどの国々で使えるようになる見込みだ。

 そしておそらく何より重要なのは、Meta AIのエンジンとしてLlama 3が採用される点だ。これにより、タスク処理やクエリへの回答、ウェブからの回答抽出の効率がかなり上がるはずだ。Meta AIの画像生成機能「Imagine」もアップデートされ、画像の生成スピードがアップする。

 Llama 3とMeta AIのアップデートはいずれもすでに提供されている。Metaによると、Llama 3の追加モデルは今後ある程度の時間をかけて展開し、その最終型が数カ月以内に予定されているLlama 3のメジャーリリースになるという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
第4回:いかに準備し、早期にインシデント(危機事象)を覚知するか
IT関連
2023-02-08 22:01
NVIDIAの新チップ「H100」、AIによる人間理解の加速を目指す
IT関連
2022-05-11 15:11
OpenAI、「ChatGPT」をサインインなしで利用可能に
IT関連
2024-04-03 17:16
香港のイベントプラットフォームEventXがシリーズBで約2.8億円調達、HTCとVRで協力も視野に
IT関連
2022-02-18 22:08
FacebookはFTCの反トラスト法違反訴訟にビッグテックの荒削りな戦略で反論
ネットサービス
2021-03-30 03:31
さくらインターネット、経産省認可を受け生成AI向けクラウドを展開へ
IT関連
2023-06-17 21:12
第6回:ビジネスの革新に不可欠なデータファブリック戦略
IT関連
2021-06-10 15:37
WebAssemblyへのコンパイルだけに特化した新言語「Onyx」登場、Wasmerが発表
WebAssembly
2023-12-13 09:45
手術支援ロボットを手がけるMemicが約105億円の資金を調達
ロボティクス
2021-04-14 06:42
NVIDIA、AIベンチマークテスト「MLPerf」で好結果
IT関連
2023-06-30 10:25
McAfee、法人向け事業を40億ドルで売却 個人向けに特化
セキュリティ
2021-03-10 17:38
“リコール署名偽造バイト”求人載せた可能性 バイトアプリ「タイミー」が謝罪
社会とIT
2021-02-19 04:01
NVIDIA、「Grace CPU」と新たなデータセンター向け製品ロードマップを示す
IT関連
2021-04-13 19:43
Appleストアで「iMac Pro」が「在庫がなくなり次第終了します。」に
製品動向
2021-03-08 00:00