よく聞くマルチ商法的なサービスを批判するWest Tenthはアプリで女性の在宅ビジネスえの起業を支援する

よく聞くマルチ商法的なサービスを批判するWest Tenthはアプリで女性の在宅ビジネスえの起業を支援する サムネイル

今回は「よく聞くマルチ商法的なサービスを批判するWest Tenthはアプリで女性の在宅ビジネスえの起業を支援する」についてご紹介します。

関連ワード (West Tenth、リモートワーク、女性、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


シードファンドから150万ドル(約1億6400万円)の資金提供を受けたWest Tenth(ウェストテンス)という新しいデジタルマーケットプレイスは、女性が在宅ビジネスを始め、拡大させていくためのプラットフォームの提供を目的としている。女性は、モバイルアプリを使って、自分のビジネスを地域の人々に宣伝し、アプリに統合されたメッセージングプラットフォームにより問い合わせやリクエストに対応し、アプリの決済機能で取引を完了させることができる。

このスタートアップは、Lyn Johnson(リン・ジョンソン)氏とSara Sparhawk(サラ・スパーホーク)氏により共同で設立された。両氏は、金融機関で働いていたときに出会い、ジョンソン氏は金融業界に残ったが、スパーホーク氏は後にAmazon(アマゾン)に転職した。

ジョンソン氏は、自分の経験から、米国における女性の経済的不平等について理解を深めることができたという。男性が所有する金融資産1ドル(約109円)あたり、女性は32セント(約35円)しか所有していない。その大きな要因となっているのが、女性が育児のために離職し、それに伴い、数年間収入が得られなくなるためだと説明する。

「私たちの社会は、育児のために離職する女性を支援するのは得意だが、復職する女性を支援するのはひどく苦手だ」とジョンソン氏は言い「女性はこのことが分かっていて、当てにならない雇用の代わりに、次々とビジネスを始めている」と話す。

画像クレジット:West Tenth

West Tenthは、こういった起業を奨励することを目的としている。さらに広く言えば、女性たちが家庭で培った多くの才能が、実際にはビジネスになる可能性があることを理解してもらうことも目的としている。

このアプリでは、ホームベーカリーや調理師、フォトグラファー、ホームオーガナイザーやデザイナー、ホームフローリスト、乳幼児睡眠コンサルタント、パーティープランニングやイベントサービス、クラフト教室、フィットネストレーニング、ホームメイドグッズなど、さまざまなビジネスの入口を用意している。

同社は、このアプリが必ずしも男性を閉め出している訳ではないとしているが、子育てのために仕事を辞めるのは女性が多いため、現在の米国のホームビジネス市場は、女性向けになっている。しかし、同社のプラットフォームには男性もいる。

現在、これら起業家の多くはFacebook(フェイスブック)でホームビジネスを展開しているが、地元のグループに積極的に参加したり「いいね!」のリクエストに応えたりしなければ、顧客を獲得する機会を逃すことになる。対してWest Tenthでは、地元のビジネスを1つの場所に集中させることで、発見を容易にしている。

画像クレジット:West Tenth

このアプリでは、顧客は画面上部のボタンを使ってカテゴリー別に地元の店舗を閲覧し、買い物をすることができる。検索結果は提供される商品やサービスの写真、説明、開始価格とともに距離順に表示される。また、アプリのメッセージング機能により、見積もりや詳細情報を直接問い合わせることも可能だ。そして、顧客は、アプリに統合されたStripe(ストライプ)の決済機能を介して購入を完了することができる。West Tenthは、これらの売上に対して9.5%の手数料を取る。

West Tenthのもう1つの重要な側面は、教育部門のThe Foundry(ザ・ファウンドリ)だ。

ビジネスオーナーは、四半期ごとに100ドル(約1万900円)、または年間350ドル(約3万8200円)のサブスクリプション会員になることで、月2回のイベントに参加できる。イベントには、在宅ビジネスを立ち上げるための基礎知識、マーケティング、顧客獲得などに焦点を当てたクラスが含まれている。また、これらのクラスは、セッション単位の支払いとしたい顧客のために、1セッションあたり約30ドル(約3270円)のアラカルトでも提供されている。

さらに、参加者は在宅ビジネス市場での経験を持つゲストスピーカーから話を聞くことができ、同社のマスターマインド・ネットワーキング・グループに参加して会員同士で意見交換をすることもできる。

画像クレジット:West Tenth

教育やネットワーキングとビジネスオーナーシップを組み合わせたこのシステムは、よく見られるMLM(マルチレベルマーケティング、マルチ商法)企業に加入するのではなく、在宅ビジネスの起業家になる女性が増える可能性を秘めている。

「このビジネスを始めた時、MLM企業は、米国における未開拓な巨大人材プールである、離職した女性層に焦点を当てた数少ない産業の1つであることは認識していた」とジョンソン氏は述べ「しかし、MLM業界は非常に搾取的だ。儲かるのは上位1%のディストリビューターだけで、残りの人は損をする。そして、ソーシャルキャピタル(社会関係資本)も失ってしまう。当社は、さまざまな面でMLMに代わる存在になりたいと考えている」と付け加える。

当然のことながら、West TenthのプラットフォームではMLMは許されていない。

画像クレジット:West Tenth

2020年夏にカンザスシティでのTechStars(テックスターズ)のプログラムを終えたこのスタートアップは、今回、プラットフォームを軌道に乗せるためにシードファンドから150万ドル(約1億6400万円)の資金を調達した。今回のラウンドには、主導したBetter Ventures(ベター・ベンチャーズ)に加え、Stand Together Ventures Lab(スタンド・トゥギャザー・ベンチャーズ・ラボ)、Kapital Partners(キャピタル・パートナーズ)、The Community Fund(ザ・コミュニティ・ファンド)、Backstage Capital(バックステージ・キャピタル)、Wedbush Ventures(ウェドブッシュ・ベンチャーズ)、およびGaingels(ゲインジェルズ)が参加している。

West Tenthは、この資金を製品開発とユーザー基盤の拡大に充て、より地域ビジネスに重点を置いた製品機能の拡充を目指している。これには、友人が購入したものを見ることができるといったショッピング支援機能や、動画によるデモンストレーションなどが含まれる。

2019年以降、West Tenthは、アプリに掲載されたわずか20のショップから、現在では主にロサンゼルス郊外とソルトレイクシティにある600以上のショップへとその対象地域を広げている。現在は、フェニックス、ボイシ、北カリフォルニアで展開中だ。

画像クレジット:West Tenth

West Tenthの事業拡大は、女性の従来型の雇用形態を悪化させ続けている新型コロナウイルス感染症危機に遅れて行われた。

学校や保育園の閉鎖と、女性の職に大きな影響を及ぼす雇用の喪失が相まって、これまで男性に比べてより多くの女性が失業に追いやられている。McKinsey(マッキンゼー)によると、パンデミックが始まって以来、労働人口に占める女性の割合は48%しかないにもかかわらず、離職者では約56%を女性が占めている。誰かが名付けた、この新型コロナウイルス感染症による「シーセッション(shecession:女性雇用の不況)」は、有色人種の女性に偏った影響を与えていることも研究で明らかになっている。

「500万人もの女性が職を失っている。解雇や一時解雇を余儀なくされた人もいれば、育児の負担が重くのしかかってきたために離職を選んだ人も数多くいる」とジョンソン氏はいう。

「育児を理由に女性が離職すると、なぜかそれは軽視され、復職がより困難になるという現実がある。そのため、今後1年半から2年の間に、在宅ビジネスを営んで収入を増やそうとする女性たちによる、自宅での経済活動が急増すると思う」と同氏は語った。

West Tenthのアプリは、iOSとAndroidの両方で利用できる。

画像クレジット:West Tenth


【原文】

A new digital marketplace called West Tenth, now backed by $1.5 million in seed funding, wants to give women a platform to start and grow their home-based businesses. Through its mobile app, women can promote their business to others in the local community, then field inquiries and requests through the app’s integrated messaging platform, as well as finalize transactions through in-app payments.

The startup was co-founded by Lyn Johnson and Sara Sparhawk, who met when they both worked in finance. Johnson remained in finance, but Sparhawk later moved on to work at Amazon.

Johnson explains that her experience led her to better understand the economic inequality of women in the U.S., where they only own 32 cents to every dollar in financial assets than men own. A large driver of this is that women leave the workforce, often to raise children, which results in years where they don’t have earnings.

“We’re really good as a society at supporting women on the way of out of the workforce to care for their kids, but really terrible at supporting them on the way back in,” Johnson says. “Women know this, and as an alternative to employment that just seems to fail them, they’re starting businesses in droves.”

Image Credits: West Tenth

With West Tenth, the goal is to encourage this sort of entrepreneurship — and more broadly, to help women understand that the many of the talents they’ve developed at home are, in fact, potential businesses.

This includes opportunities like home-based bakers and cooks, photographers, home organizers or designers, home florists, baby sleep consultants, party planning and event services, crafting classes, fitness training, homemade goods, and more.

The company notes that the app isn’t necessarily closed to men, but the current market for U.S. home businesses favors women as they’re more often the partner who chooses to leave work to raise children. However, there are some men on its platform.

Though today many of these entrepreneurs market their home businesses on Facebook, they’re missing opportunities to reach customers if they’re not heavily involved in local groups and responding to requests for recommendations. West Tenth instead centralizes local businesses in one place to make discovery easier.

Image Credits: West Tenth

 

In the app, customers can browse and shop local businesses, filtering by category via buttons at the top of the screen. The results are sorted by distance and offer photos, description, and the starting price for the goods or services offered. Through integrated messaging, users can reach out directly for a quote or more information. Customers can also complete their purchases through the app’s Stripe payments integration. West Tenth takes a 9.5% commission on these sales.

Another key aspect to West Tenth is its education component, The Foundry.

Through a $100 per quarter subscription membership (or $350 per year), business owners will be able to attend bi-monthly events, including classes focused on the fundamentals of setting up home-based businesses, marketing, customer acquisition, and other topics. These classes will also be available à la carte at around $30 apiece, for those who want to pay per session.

In addition, attendees will hear from guest speakers who have experience in the home-based business market, and they’ll be able join mastermind networking groups to exchange ideas with their peers.

Image Credits: West Tenth

This system of combining education and networking with business ownership could potentially help more women become home-based business entrepreneurs instead of joining multi-level marketing (MLM) companies, as is common.

“When we started this, we recognized that MLMs are one of the few kind of industries that’s focused on this demographic of women who’ve left the workforce — which is a huge, untapped talent pool in the U.S.,” notes Johnson. “But they’re really predatory. Only the top 1% of sellers distributors really make money and the rest lose money. And they lose their social capital, as well. What we’re really interested in doing is becoming an alternative to MLMs in many respects,” she adds.

Not surprisingly, MLMs aren’t allowed on the West Tenth platform.

Image Credits: West Tenth

The startup, which completed Kansas City TechStars last summer, has now raised $1.5 million in seed funding to get its platform off the ground. The round was led by Better Ventures along with Stand Together Ventures Lab, Kapital Partners,The Community Fund, Backstage Capital, Wedbush Ventures, and Gaingels.

The funds will be used to develop the product and grow its user base. In time, West Tenth aims to build out product features to better highlight local businesses. This includes shopping elements that will let you see what friends are buying and video demonstrations, among other things.

Since 2019, West Tenth has grown its footprint from just 20 businesses on the app to now over 600, largely in suburban L.A. and Salt Lake City. It’s now aiming to target growth in Phoenix, Boise, and Northern California.

Image Credits: West Tenth

The timing for West Tenth’s expansion is coming on the tail end of the COVID-19 crisis, where things have only gotten worse for women’s traditional employment.

School and daycare closures combined with job losses that greatly impacted women’s roles have now driven more women out of the workforce compared with men. And according to McKinsey, women accounted for nearly 56% of workforce exits since the start of the pandemic, despite making up just 48% of the workforce. This COVID-driven “shecession,” as some have dubbed it, is also disproportionately impacting women of color, studies have found.

“We’ve seen 5 million women exit the workforce — some because they were laid off or furloughed, and a huge chunk because they’re opting out because the caregiving responsibilities just became overwhelming,” says Johnson.

“The thing is when women leave the workforce for caregiving reasons — for some reason we really discount that and we make it even harder for them to return to work. So I think over the next 18 to 24 months, we’ll see a big surge in economic activity in the home with women trying to bring in additional sources of income by running a business from the home,” she says.

The West Tenth app is available on both iOS and Android.

Early Stage is the premiere ‘how-to’ event for startup entrepreneurs and investors. You’ll hear first-hand how some of the most successful founders and VCs build their businesses, raise money and manage their portfolios. We’ll cover every aspect of company-building: Fundraising, recruiting, sales, legal, PR, marketing and brand building. Each session also has audience participation built-in – there’s ample time included in each for audience questions and discussion.

(文:Sarah Perez、翻訳:Dragonfly)

女性 - Wikipedia

女性(じょせい、希: γυναίκα 、英: woman )は、男性と対比されるヒト(人間)の性別のこと。一般には生物学のメスと同義だが、社会・個人の価値観や性向に基づいた多様な見方が存在する。

40代は性欲のピーク?40代女性の性事情に迫る [亀山早苗の ...

40代女性が性欲のピークだと言われている。そういえば、と思い当たる女性も多いかもしれない。なぜ40代で女性は性欲がピークになるのだろうか。アラフォー、また40代に突入後に性欲のピークを迎えたら、彼女たちはどうやってその性欲を解消しているのか。

女性 ヌード ストックフォトと画像 - Getty Images

ゲッティイメージズで、ニーズにぴったりの女性 ヌードのストックフォトやニュース写真を見つけましょう。プレミアムな女性 ヌードの高品質素材点のなかからお選びください。

女子SPA!|30-40代女性のホンネに向き合う

女子SPA!は、アラサー、アラフォー以上のちゃっかり生きる女性の本音に迫るWebマガジンです。恋愛&結婚、ビューティ、ファッション情報から世の中の気になるニュースやエンタメまで、女性が本当に求める情報をお届けします。

35歳女性が初めての「女性用風俗」で知った「性の不平等 ...

35歳のときに女性用風俗を初めて利用し、男女におけるセックスの不平等を実感したという、ライターの山田カヨ子さん。彼女が身をもって得た気づきとは。

【女の相談室】女性が「イク」のは何のため? オーガズムと ...

男性よりはるかに強い喜びがあるという女性のオーガズムは、生物学上大きな謎だった。男性の場合は精子を放出するという明確な目的があるが、女性はオーガズムがなくても生殖可能だからだ。2000年以上前から科学者を悩ませてきたが、最新研究で、「生殖に役に立っていない進化の過程で消えた遺物」という実もふたもない結果が出た。ただし、男女の絆を深めており、ご先祖様からの「幸運な置き土産」だという。オーガズムは役立

孤独死した30代女性の部屋に見た痛ましい現実 | 災害・事件 ...

わが国では、年間約3万人が孤独死している。そこで浮かび上がるのは、人生でつまずき、崩れ落ちてしまった人々の姿だ。男性に比べて数は少ないが、女性の孤独死はとくに痛ましいケースが多い。若年層女性の孤独死…

コロナ禍で出会った貧困女性たちのリアル「もう死ぬしかない ...

コロナ禍で貧困に苦しむ女性は少なくないようだと、週刊女性PRIMEが報じた。ネットカフェに泊まりつつ働く女性の多くが派遣などで、平均月収12万円以下。筆者が出会った若い女性らは「もう死ぬしかないと思った」などと話したそう

女性のオシッコ、正しい「拭き方」知ってる? 「目から鱗 ...

朝の情報番組「あさイチ」(NHK総合)が、産婦人科医へのインタビューで女性の正しい尿の拭き取り方などを取り上げ、「目から鱗」とインターネット上で反響を呼んでいる。ポイントは、大きく分けて2つ。「当ててじっと」「両脚を合わせたまま排尿しない」だ。紙を動かしてはいけない2017年11月13日放送の「あさイチ」では、シリーズ「性ホルモン」の第1回「女性ホルモン」編と題し、大豆イソフラボンの効果やニオイを

日本女性の「イク」率は悲しいほど低い | 女子SPA!

女性の「イク・イカない問題」は男女を問わず気にかかるところ。「SEXでイカない私はおかしいんじゃないか」「俺はヘタなのではないか」と悩む人も少なくないようです。でもみんな、そんな簡単にイクものなので…

COMMENTS


26008:
2021-05-03 12:37

【構成】 ・CEOの役割 ・取締役会のマネジメント ・人材の募集、採用、マネジメント ・経営チームをつくる ・爆速成長期の組織構造 ・マーケティングと広報 ・プロダクトマネジメント ・資金調達と企業評価額 ・M&A

26003:
2021-05-03 10:38

続いて2020年5月27日の記事 ◆イーサリアムによるIPOも…トークンでの株式発行と資金調達の今

26005:
2021-05-03 10:33

国民生活事業(旧国民生活金融公庫)- 国民一般の資金調達支援

26007:
2021-05-03 09:50

#tZEROcuritizecurityToken 2019年11月22日の記事ですが 良くまとまっていて読みやすい✨ ◆ブロックチェーン技術による資金調達法STOとは何か?~資産のトークン化が実現する新しい経…

26004:
2021-05-03 04:08

救済措置2つ目は”無償の資金調達”です。 長期間の実績もある資金調達ですが、過去に一度もトラブルなく参加者全員が着金されてます。借入とは違いブラックでも関係なく”100〜300万”が返済不要で着金できます! 2000人を超える参加者もおり、自信を…

26006:
2021-05-03 03:02

テロリストは、米国が支配する占領地で問題なく活動し、彼らのイデオロギーを広めています。 英語を上手に話すテロ支援者は、インターネットでの募集と資金調達に関与しています。同時に、テロリストは難民の間で彼らの信念を首尾よく促進しています。

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
東証マザーズ上場の「QDレーザ」がメディアラウンドテーブル開催、事業内容や今後の戦略を紹介
ハードウェア
2021-02-06 04:39
「シン・エヴァ」制作に使った“第3村”のミニチュア公開 「スモールワールズTOKYO」で パンフ持参で入場料を1000円に
くらテク
2021-04-11 08:39
急拡大・多様化するオブジェクトストレージの活用事例
IT関連
2021-05-06 10:50
米証券取引委員会がRedditに煽られたGameStopの先週の株価乱高下について声明
その他
2021-02-01 09:46
Google Cloud、SAP元幹部を起用か–データアナリティクスやLooker強化へ
IT関連
2021-04-05 13:24
IT・Web業界特化型求人情報サイト「FINDJOB!」、新卒採用応援キャンペーンを開始
IT関連
2021-02-03 16:13
note、DM機能を搭載へ 個別に報酬を支払える仕組みも
企業・業界動向
2021-04-08 01:57
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-04-08 01:57
GoogleのFitbit買収が完了 日本の公取委も承認
企業・業界動向
2021-01-17 21:14
中南米の零細企業向け財務アプリのTreintaが約5200万円を調達
フィンテック
2021-02-13 21:16
AWS、「Amplify CLI」で「Amazon DynamoDB GSI」を一度に更新する新機能を発表
IT関連
2021-04-27 07:11
データベースの基本を図解! データベースの特徴や導入するメリットは?
IT関連
2021-01-27 00:55
国内NFT市場形成に向けdouble jump.tokyo、CryptoGames、スマートアプリが業務提携、NFT発行から販売まで支援
ブロックチェーン
2021-03-13 02:03
ヤフー、「ヤフオク!」のモバイルアプリに「マルチビュー機能」を追加、AR技術を応用し独自開発
IT関連
2021-01-16 07:25
近隣小売り店舗への回帰など、意外な2021年の米不動産業界のトレンド
VC / エンジェル
2021-04-19 16:44
業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro オンライン講座
Udemy
2021-04-19 16:44