地球の電力需要を満たす大きな可能性を持つ地熱テクノロジーでリーダーを目指す「Fervo」

地球の電力需要を満たす大きな可能性を持つ地熱テクノロジーでリーダーを目指す「Fervo」 サムネイル

今回は「地球の電力需要を満たす大きな可能性を持つ地熱テクノロジーでリーダーを目指す「Fervo」」についてご紹介します。

関連ワード (Fervo Energy、再生可能エネルギー、地熱、電力等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


地表の下に蓄えられた地熱を再利用可能エネルギーの生成に使う方法は、環境問題専門家や石油、ガス技術者らの注目を引きつけている未来に向けた新たなビジョンだ。

それは、この技術が温室効果ガスを発生る炭化水素に依存しない発電方法であるからだけでなく、石油とガス産業が長年にわたって磨き続けてきたのと同じ技能と専門技術を使うからだ。

少なくともそれが、石油工学のコンプリーション・エンジニアだったTim Latimer(ティム・ラティマー)氏がこの業界に興味をもち、 Fervo Energy(ファーボ・エナジー)を立ち上げた理由だ。テキサス州ヒューストン拠点の地熱技術開発会社は、あのBill Gates(ビル・ゲイツ)のBreakthrough Energy Ventures(非常に忙しいファンドである)とeBay(イーベイ)の幹部であるJeff Skoll(ジェフ・スコール)氏のCapricorn Investment Groupから資金提供を受けている。

新たに2800万ドル(約30億6000万円)のキャッシュを手にしたFervoが計画、遂行しているプロジェクトの数々は「今後数年のうちに数百メガワットの電力を生み出す」とラティマー氏はいう。

ラティマー氏が発電の環境への影響を初めて肌で感じたのは、テキサス州ウェイコ郊外の小さな町で、米国で作られた最後の石炭による発電所であるSandy Creek石炭発電所の近くで少年時代を過ごしたときだった。

多くのテキサス・キッズと同じく、ラティマー氏は石油一家の出身で、彼が石油・ガス産業で最初の職を得たとき、世界が再生可能エネルギーへと切り替わり、石油産業が友達や家族ともども、取り残される運命になる可能性があることを知らなかった。

それが、Fervoを立ち上げた理由の1つだった、と起業家は語った。

「私にとって、石油・ガス産業で仕事を始めて以来一番大切にしてきたことは、エネルギー転換が起きる中で、化石燃料側にいる人達が将来クリーンエネルギーの仕事に就けるようにすることです」とラティマー氏は言った。「私は石油価格の暴落によって失業したり苦労を強いられている人たちを雇い、私たちの発電所で働いてもらうためのスタートを切ることができました」。

Fervo EnergyのCEOであるティム・ラティマー氏。同社の作業現場で保護帽を被っている同氏(画像クレジット:Fervo Energy)

バイデン政権がエネルギー転換政策の一環として、炭化水素業界の労働者のために職を探すことについて話している今、彼らはまさしくそのとおりのことをやっている。

そして地熱発電は以前ほど地理的制約を受けないため、世界には豊富な資源があり、すでに地質学的作業に依存している地域では高賃金職の可能性もある、とラティマー氏はいう(2020年10月にVoxはこの技術がもたらす歴史と可能性に関する優れた概観を出版した)。

「世界人口の大きなパーセンテージが、実は良質な地熱資源の近くに住んでいます」とラティマー氏はいう。「現在25か国に地熱発電所が設置・運用されており、他に地熱発電が生まれつつあるところが25か国あります」。

実際地熱発電は、米国西部およびアフリカの一部で長い歴史をもっている。自然に間欠泉が湧き、水蒸気噴流が地球から出ていることは、良い地熱資源の明白な指標だ。

「Fervoのテクノロジーは、大規模な展開が期待される新たなタイプの地熱資源の扉を開きます。Fervoの地熱システムは水平掘削、分散型光ファイバーセンシング、先進コンピューターモデリングなどの斬新な技術を使って、反復可能で費用効率の高い地熱電力の提供を可能にします」とラティマー氏がメールに書いた。「Fervoのテクノロジーは、有機ランキンサイクル発電システムの最新技術を組み合わせることで、柔軟な24時間運転カーボンフリー電力を供給します」。

当初、スタンフォード大学TomKat Centerの助成金とローレンス・バークレー国立研究所サイクロトロン・ロード・プロジェクトでActivate.orgから受けた奨学金によって設立されたFervoは、エネルギー省の地熱技術部門とARPA-E(エネルギー省高等研究計画局)から資金を調達するまでになり、Schlumberger(シュルンベルジェ)、ライス大学、バークレー研究所などと提携して業務を遂行している。

この新旧技術の融合は、同社が新たなプロジェクトを開発する可能性を地理的に膨大な地域へと拡大するものだ。

地熱を使って再生可能発電開発ビジネスを推進しようとしている会社は他にもある。エネルギーメジャーのBP Ventures、Chevron Technology Ventures、Temasek、BDC Capital、EversourceおよびVickers Venture Partnersらの支援を受けているEavornなどのスタートアップや、GreenFire Energy、Sage Geosystemsなどが参入している。

地熱プロジェクトの需要は止まるところを知らず、地熱開発のコスト問題を解決できるスタートアップには巨大な市場が開かれている。Latimer氏によると、2016~2019年には主要な地熱の契約はわずか1件だったが、2020年には業界内で新たに締結された大型電力購入契約が10件あった。

いずれのプロジェクトにとっても、コストは未だに課題だ。地熱発電契約における価格はメガワット当たり65~75ドル(約7100〜8200円)の範囲だとラティマー氏はいう。比較して、ソーラー発電はメガワット当たり35~55ドル(約3800〜6000円)だ。2020年のThe Vergeの報告による。

しかしラティマー氏は、地熱発電の安定性と予測可能性は、無停電電力供給の確保が必要な公共機関や企業にとってコスト差異を許容できるものだという。テキサス州ヒューストン住民として2021年の厳冬で5日間電気のない生活を強いられたラティマー氏にとって、これは身近な体験のある問題だ。

事実、常時利用可能なクリーン電力を供給する地熱の能力は、驚くほど魅力的な選択肢になりうる。エネルギー省の最近の研究によると、地熱は米国電力需要の最大16%を満たす可能性があり、別の推計によると地熱は完全脱炭素電力グリッドの20%近くに寄与する。

「私たちは長年の地熱エネルギー信奉者ですが、業界でイノベーションを起こす理想のテクノロジーとチームが見つかるのを待っていました」とCapricorn Investment GroupのIon Yadigarouglu(イオン・ヤディガロウグル)氏が声明で語った。「Fervoaはその技術力と彼らが先端研究組織と築いたパートナーシップによって、地熱の新たな波における明確なリーダーになるでしょう」。

Fervo Energyの掘削現場(画像クレジット:Fervo Energy)

画像クレジット:Universal Images Group / Getty Images


【原文】

Tapping the geothermal energy stored beneath the Earth’s surface as a way to generate renewable power is one of the new visions for the future that’s captured the attention of environmentalists and oil and gas engineers alike.

That’s because it’s not only a way to generate power that doesn’t rely on greenhouse gas emitting hydrocarbons, but because it uses the same skillsets and expertise that the oil and gas industry has been honing and refining for years.

At least that’s what drew the former completion engineer (it’s not what it sounds like) Tim Latimer to the industry and to launch Fervo Energy, the Houston-based geothermal tech developer that’s picked up funding from none other than Bill Gates’ Breakthrough Energy Ventures (that fund… is so busy) and former eBay executive, Jeff Skoll’s Capricorn Investment Group.

With the new $28 million cash in hand, Fervo’s planning on ramping up its projects, which Latimer said would “bring on hundreds of megawatts of power in the next few years.”

Latimer got his first exposure to the environmental impact of power generation as a kid growing up in a small town outside of Waco, Texas near the Sandy Creek coal power plant, one of the last coal-powered plants to be built in the U.S.

Like many Texas kids, Latimer came from an oil family, and got his first jobs in the oil and gas industry before realizing that the world was going to be switching to renewables and the oil industry — along with the friends and family he knew — could be left high and dry.

It’s one reason he started working on Fervo, the entrepreneur said.

“What’s most important, from my perspective, since I started my career in the oil and gas industry, is providing folks that are part of the energy transition on the fossil fuel side to work in the clean energy future,” Latimer said. “I’ve been able to go in and hire contractors and support folks that have been out of work or challenged because of the oil price crash… And I put them to work on our rigs.”

Fervo Energy chief executive, Tim Latimer, pictured in a hardhat at one of the company’s development sites. Image Credits: Fervo Energy

When the Biden administration talks about finding jobs for employees in the hydrocarbon industry as part of the energy transition, this is exactly what they’re talking about.

And geothermal power is no longer as constrained by geography, so there are a lot of abundant resources to tap and the potential for high-paying jobs in areas that are already dependent on geological services work, Latimer said (late last year, Vox published a good overview of the history and opportunity presented by the technology).

“A large percentage of the world’s population actually lives next to good geothermal resources,” Latimer said. “[There are] 25 countries today that have geothermal installed and producing and another 25 where geothermal is going to grow.” 

Geothermal power production actually has a long history in the Western U.S. and in parts of Africa where naturally occurring geysers and steam jets pouring from the earth have been obvious indicators of good geothermal resources, Latimer said.

“Fervo ’s technology unlocks a new class of geothermal resource that is ready for large-scale deployment. Fervo ’s geothermal systems use novel techniques, including horizontal drilling, distributed fiber optic sensing and advanced computational modelling, to deliver more repeatable and cost effective geothermal electricity,” Latimer wrote in an email. “Fervo ’s technology combines with the latest advancements in Organic Rankine Cycle generation systems to deliver flexible, 24/7 carbon-free electricity.”

Initially developed with a grant from the TomKat Center at Stanford University and a fellowship funded by Activate.org at the Lawrence Berkeley National Lab’s Cyclotron Road division, Fervo has gone on to score funding from the DOE’s Geothermal Technology Office and ARPA-E to continue work with partners like Schlumberger, Rice University and the Berkeley Lab.

The combination of new and old technology is opening vast geographies to the company to potentially develop new projects.

Other companies are also looking to tap geothermal power to drive a renewable power-generation development business. Those are startups like Eavor, which has the backing of energy majors like bp Ventures, Chevron Technology Ventures, Temasek, BDC Capital, Eversource and Vickers Venture Partners; and other players including GreenFire Energy and Sage Geosystems.

Demand for geothermal projects is skyrocketing, opening up big markets for startups that can nail the cost issue for geothermal development. As Latimer noted, from 2016 to 2019 there was only one major geothermal contract, but in 2020 there were 10 new major power purchase agreements signed by the industry. 

For all of these projects, cost remains a factor. Contracts that are being signed for geothermal that are in the $65 to $75 per megawatt range, according to Latimer. By comparison, solar plants are now coming in somewhere between $35 and $55 per megawatt, as The Verge reported last year. 

But Latimer said the stability and predictability of geothermal power made the cost differential palatable for utilities and businesses that need the assurance of uninterruptible power supplies. As a current Houston resident, the issue is something that Latimer has an intimate experience with from this year’s winter freeze, which left him without power for five days.

Indeed, geothermal’s ability to provide always-on clean power makes it an incredibly attractive option. In a recent Department of Energy study, geothermal could meet as much as 16% of the U.S. electricity demand, and other estimates put geothermal’s contribution at nearly 20% of a fully decarbonized grid.

“We’ve long been believers in geothermal energy but have waited until we’ve seen the right technology and team to drive innovation in the sector,” said Ion Yadigaroglu of Capricorn Investment Group, in a statement. “Fervo’s technology capabilities and the partnerships they’ve created with leading research organizations make them the clear leader in the new wave of geothermal.”

Fervo Energy drilling site. Image Credits: Fervo Energy

(文:Jonathan Shieber、翻訳:Nob Takahashi / facebook )

なっとく!再生可能エネルギー|資源エネルギー庁 - METI

 · 再生可能エネルギーとは 総論 太陽光発電 風力発電 バイオマス 水力発電 地熱発電 太陽熱利用 雪氷熱利用 温度差熱利用 地中熱利用 その他の再生可能エネルギー 発電設備を設置までの流れ 再エネで地域を元気にしよう

再生可能エネルギー - Wikipedia

再生可能エネルギーとは本来、「絶えず資源が補充されて 枯渇することのないエネルギー 」、「利用する以上の速度で自然に再生するエネルギー」という意味の用語であり、日本の法令で定義されている 新エネルギー は、再生可能エネルギーの一部である。

総論|再エネとは|なっとく!再生可能エネルギー - METI

 · 再生可能エネルギーの特徴. 太陽光・風力・地熱・中小水力・バイオマスといった再生可能エネルギー(※)は、温室効果ガスを排出せず、国内で生産できることから、エネルギー安全保障にも寄与できる有望かつ多様で、重要な低炭素の国産エネルギー源です。. 東日本大震災以降、温室効果ガスの排出量は増加しており、2013年度には過去最高の排出量を記録しまし ...

再生可能エネルギーの概要|再生可能エネルギーとは|再生 ...

再生可能エネルギーとは. 再生可能エネルギー(Renewable Energy)とは石油や石炭、天然ガスなどの化石エネルギーとは違い、太陽光や風力、地熱といった地球資源の一部など自然界に常に存在するエネルギーのことです。. 環境にやさしく、枯渇する心配が無いため、新しいエネルギーとして注目されてき …

再生可能エネルギーとは?【SDGs】が目指す持続可能な社会 ...

【再生可能エネルギー】とは?SDGs(エス・ディー・ジーズ)持続可能な開発目標の17の目標が掲げられた背景から、目指すゴールまでをわかりやすく解説しています。

再生可能エネルギーとは?種類やメリット・デメリットについ ...

 · 再生可能エネルギーは、温室効果ガスを排出しないため、エネルギー安全保障にも寄与できる重要な低炭素の国産エネルギー源です。 東日本大震災以降、温室効果ガスの排出量は増加し、 2013年に過去最高の排出量 を記録しました。

再生可能エネルギー早わかり!|J-POWER 電源開発株式会社

再生可能エネルギーって何? なぜ必要なの? 日本の再生可能エネルギーの現状とJ-POWERの取り組みをご紹介します。

再生可能エネルギー電子申請

2021年4月27日. 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法第9条第5項に基づき、再生可能エネルギー発電事業計画の認定情報について、本日以下のFITポータル内のウェブページに公表いたしました。. 今回、公表する認定情報は、1月31日時点にて新規認定を受けている、または新制度への移行手続が完了した再生可能エネルギー発電設備に係る ...

旭化成が東芝、東北電力、岩谷産業と進める再生可能 ...

水を電気分解して水素を作る──。基本的な化学反応だが、実用化には高いハードルがある。電気分解に大量の電気を使うため、その電気をどう賄うかという問題だ。欧州は普及した再生可能エネルギーを使って水素を作り、既存パイプラインを活用して水素を供給す・・・

[ 3/3 ] RE100加盟53社、「2030年に再エネ比率50%」を求む ...

政府の2050年カーボンニュートラル宣言とJCLPの提言〔1〕「第6次エネルギー基本計画」にどう反映されるか 日本政府は、2050年までに室温効果ガスの排出を全体としてゼロにする、「2050年カーボンニュートラル(CO2排出量実質ゼロ)」を、2020年10月に宣言した。これを受けて、経済産業省を中心として、「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」が2020年12月に発表された注2。 このグリーン成長戦略には、今後、成長が期待される洋上風力発電や水素産業をはじめとする14分野の重点産業において、高いCO2削減目標を設定して取り組むことになった。 このような政府の宣言が、2020年10月から検討が開始されている「第6次エネルギー基本計画」にどのように反映されるのか。あるいは、パリ協定の中期目標(2030年目標)として、すでに国連に提出済みの日本の温室効果ガス削減目標(26%削減)を、いかに引き上げることができるのか。

COMMENTS


26341:
2021-05-04 22:02

米国は80年寿命延長審査中 世界で寿命延長は普通 しかも日本は電力不足 今冬も大雪の日に全停電したら多くの死者が出てた 太陽光は役立たず これで脱原発とかバ⭕じゃないの 反原発 反辺野古移設 憲法改正反対 左翼は日本を破壊したいだけの人間の屑…

26349:
2021-05-04 20:44

基地はめちゃくちゃ大事なので、なるべく早く全部広げ切りたいし、貿易とか製造のレベルも上げたい、中枢と宿舎と電力もレベル上げたい、他はゲーム慣れるまで無視で良い おすすめの配分は貿易2:金属を作る製造2:経験値を作る製造2:電力3

26342:
2021-05-04 19:43

超伝導磁石  磁場強度(T)…0.3~0.2以上  磁場方向…水平(垂直)  磁場安定法…永久電流  特徴…高磁場強度、高磁場安定性、電力消費量少、漏えい磁場大

26346:
2021-05-04 19:02

今日買ったもの 14cmファン×3 14cmファンフィルター 電力系? M.2を外付けにするやつはNVME対応のが凄い高かったからやめたのだ……

26344:
2021-05-04 14:48

検査を提供できないのは検査は必要ないとか害悪だとか言って逃げ切ったけど、ワクチン提供できないのもやはり日本にワクチンは尚早とか電力が不足しているみたいなTヨタ方式で行くんだろうか。

26339:
2021-05-04 13:26

EV普通充電ポート工事(200V)の注意点:充電に使う電力は200V15A、即ち3kVA(3000W)と通常の電気製品よりも大きいです。例えば家庭用エアコン(10畳用)で800Wなので、このエアコンが3台同時に稼働しても普通充電の…

26350:
2021-05-04 13:01

〝もそも】維新の会はサギ師が造った党。そう…「日本の電力はあり余ってる!産業の節電など全く要らない!」と脱原発を唱え府民を騙して当選後、原発利権のボス官僚・今井尚哉に従い掌を返して「原発…

26348:
2021-05-04 12:15

TBS系「♪オトラクション」後半(05/04)(ローカルスポット含む) 1’00”…NISSAN(0’30”扱い) 0’30”…タマホーム、Doggyman ドギーマン、P&G、ニトリ、みんな電力、アサヒ飲料 全社カラー表記

26343:
2021-05-04 06:23

長い間この海を住処にしていたんだけど、某電力会社の開発で住処を追われることになり、金田の家に運び込んでもらい、そこで生活するようになってほしい…氷室さんは金田の家でいつも風呂から配信するYouTuberとなって人気を博し、人工海水代を稼いでほしい…

26345:
2021-05-04 02:53

日本は“太陽光大国”🌤 〜電力は需要と供給をほぼ同量に調整しないと、大規模停電(ブラックアウト)に陥る恐れがあり、調整が難しい場合、事業者へ発電停止を求める「出力制御」が実施される。大手電力では、九州電力グループが18年10月以降「出力…

26340:
2021-05-04 00:33

「卓上型パイプオルガン」を作りました! 無電力で動きます。 あと、ビブラートが自在にかけられます。(生まれて初めて特許を出願しました。。。笑) 生まれたばかりの楽器です、 よかったらぜひ感想やご意見、合いそうな曲のアイディアをお願いします~!!…

26347:
2021-05-04 00:18

日本の電力が危機的状況です。不安定で料金が高い。経済疲弊の原因であり象徴的。ノーモア、メガソーラ、不安定で環境破壊の原因。急げ原子力再稼働、今、発電している日本の原子力はわずか6基、もったいない。安全確認済みの原子力発電所の再稼働は急務です。 「脱原…

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Facebookの開発者会議、「F8 Refresh」として6月2日にオンライン開催へ
IT関連
2021-03-24 07:56
AIチャットbotを200件のデータで構築 従来の60分の1に 「りんな」開発元が新技術
ロボット・AI
2021-01-26 18:52
EclipseでWebプロジェクトを作ってみよう〜TomcatプラグインとTomcatプロジェクト
IT関連
2021-05-13 08:29
沈黙の巨人、「写研」が動いた “愛のあるユニークで豊かな書体”がわれらの手に届くまでの100年を考える (1/3)
イラスト・デザイン
2021-01-22 02:07
プロダクトづくりに関わる全員が知っておきたい「豊かな仮説」の立て方とは?【デブサミ2021】
IT関連
2021-05-07 08:40
「大量購入お断り」 マクドナルド、ハッピーセット「鬼滅の刃」シールで異例の転売対策
くらテク
2021-03-06 01:24
プログラミング書籍専門電子書店のBOOK TECH、「技術書でインプットしよう!」キャンペーンを実施
IT関連
2021-03-29 20:45
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-03-29 20:45
【増席しました】『プロダクトマネジメントのすべて』刊行記念イベント〆切間近、3/18まで
IT関連
2021-03-18 19:09
アップルが配偶者とティーンエージャーのための「Apple Card Family」発表、ジェンダー差別疑惑を払拭
フィンテック
2021-04-22 13:38
中国の配車サービスDidiが新型コロナワクチン接種支援で10.4億円の基金を設立
モビリティ
2021-01-24 07:43
回線レンタル料、月内に値下げ開示へ 携帯大手3社
IT関連
2021-02-10 18:53
Twitterがテスト中の「ツイート取り消しボタン」はサブスク会員用か
アプリ・Web
2021-03-21 13:54
「Yahoo! JAPAN Hack Day 2021」が初のフルオンライン開催、出場チーム募集は3月19日まで
IT関連
2021-01-16 22:44
Tesla Model Sの炎上事故、自動運転ではなかった可能性ありとNTSB
製品動向
2021-05-12 13:10
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-05-12 13:10