いまビッグテックの評価額はあまりにも大きくて、驚くことさえ忘れてしまう

いまビッグテックの評価額はあまりにも大きくて、驚くことさえ忘れてしまう サムネイル

今回は「いまビッグテックの評価額はあまりにも大きくて、驚くことさえ忘れてしまう」についてご紹介します。

関連ワード (The TechCrunch Exchange、保険、株価等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター「The TechCrunch Exchange」へようこそ。準備OK?ここではお金の話、スタートアップの話、IPOの噂話などをお伝えする。

TechCrunch は、公開市場には力を注いではいない。注目しているのはスタートアップだ。しかし、公開テック企業たちは、時に、より広い範囲のテクノロジー市場がどのように機能しているかに関する、興味深い洞察を提供することができる。だから私たちは、すでにIPOにたどり着いた「元」スタートアップたちにも、MVA(最小実行可能注意)と呼べる程度の注意を向けている。

そこで、ビッグテックたちの登場だ。米国では、その名前はよく知られている。Facebook(フェイスブック)、Alphabet(アルファベット)、Microsoft(マイクロソフト)、Apple(アップル)、Amazon(アマゾン)だ。そして、2021年第1四半期の市場にスタートアップたちの成長が熱かったことを示す一連の結果の中で、ビッグテックたちも 同様に驚異的な結果を残した。彼らの結果に関する私たちの報告はここやここで読むことができるが、それはストーリーのほんの一部に過ぎない。

ご存知の通り、ビッグテックの業績は良好だった ── まあここしばらくはずっとそうだったのだが ── しかし、いつものような決算の数字が氾濫する中で、ビッグテックの最近の業績がいかに評価額に衝撃的な貢献しているのかということが忘れられていた。

Microsoftの2020年3月の株価は、1株あたり135ドル(約1万4800円)程度まで下落した。それが今は252ドル(約2万7500円)の価値があり、さらに上昇へ向かっている。同様にAlphabetは1株あたり1070ドル(約11万7000円)程度まで下がったが、現在、検索の巨人は1株あたり2410ドル(約26万3400円)の価値となっている。

巨大な株価評価の結果として、現在Appleが2.21兆ドル(約241兆6億円)、Microsoftは1.88兆ドル(約205兆5000億円)、Amazonは1.76兆ドル(約192兆4000億円)、Alphabetは1.60兆ドル(約174兆9000億円)、Facebookは0.93兆ドル(約101兆6000億円)の価値がある。5社を合わせると8.4兆ドル(約918兆1000億円)くらいだ。

2017の7月を振り返ってみよう、私はそのとき、彼らの総計額が3兆ドルに達したことを書いている。それが2018年半ばには4兆ドルになって 、そして、その後3年かそこらで、それは再び倍以上になったのだ。

何故だろう?

Yahoo FinanceのMyles Udland(マイルス・ウランド)記者は、そのパズルの一部について先週記事を書いている。ウランド記者の記事より:

そして、ほぼすべての収益のストーリーがこの同じ筋に従っているようにみえるが、データもまたこれが私たちの単なる想像ではないことを裏付けている。これまでの企業の収益はこうした期待値から大きく外れては来なかった。

木曜日(米国時間4月29日)に発表されたRefinitivからのデータは、企業が推定値を打ち破った割合を示したが、木曜日の朝までに判明した結果が、期待を上回った規模は記録的なものだったのだ。

つまり各社の収益は、巷の予測をより頻繁に、そしてより大きな差をつけて、これまで以上に裏切っているというのだろうか?そうだとすれば、最近の株式市場評価に対する懸念は減るものと思われる。そしてそれは、なぜスタートアップたちがヨーロッパ同様に、最近米国でも多額の資金を調達できたのか、なぜ非公開市場の投資家がフィンテックスタートアップに多くの資金を注いでいるのかの理由を説明するのに役立つ。そしてそれがおそらく、Zomatoが公開に向かい、私たちがロビンフッドの公開を心待ちにしている理由だ。

これはまるで、市場に参加している企業たちが、絶好調であるかのような現象だ。ただし、終わらないビジネスサイクルはないし、永遠に続くブームもないことは忘れないように。

さて、フィンテックの資金調達に関するThe Exchangeの最近の記事や、先々週のインシュアテックスタートアップラウンドに関するまとめ記事に加えて、より大きなフィンテック業界の一部として眺めることができる、インシュアテックのスタートアップニッチに関していくつかのメモをお届けしよう。

今回私たちは、Accel(アクセル)のJohn Locke(ジョン・ロック)氏から、最近さらに増資を行ったThe Zebra(ゼブラ)への投資と、インシュアテック業界についての話を聞いた。

私たちはZebraのようなインシュアテックマーケットプレイスが、2020年非常に多くの資金を調達できた理由を質問した。ロック氏によれば、それは「保険会社たちが[…]ついに市場を受け入れ、市場と統合された消費者体験をデザインする意思がある」こと「比較ショッピング」をおこなう消費者が増えたこと、そして成長と収益の質の組み合わせによるものだという。

ロック氏によると、Zebraは「売上は1億2000万ドル(約131億2000万円)以上で、100%以上の成長を続けています」とのことだ。つまり、その気になれば、いつでも公開できるということだ。

しかし、その点についていえば、公開保険会社のなかには株式市場で弱みを見せているものもいくつかあった。ロック氏はそれを懸念しているだろうか?彼は中立から前向きな姿勢であり、彼の会社は「市場のすべての企業がうまく行くとは考えていないが、それでも『インシュアテック』が、今後10年間は既存勢力から市場シェアを奪い続けるだろうと考えている」という。もっともな意見だ。

そしてAccelは、他社同様に、この分野でさらに多くの取引を検討している。ロック氏は、2021年のインシュアテック投資のベンチャー市場は、2020年よりも「間違いなく積極的です」と語った。

最後に、私たちが取り上げて来なかったことに関するいくつかのメモを:

長く奇妙な1週間だった。さて最後にThe Exchange執筆チームの2人目のメンバーであるAnna Heim(アンナ・ハイム)記者のフォローをお願いしておきたい。オーケー!ではまた来週!

画像クレジット:Nigel Sussman


【原文】

Welcome back to The TechCrunch Exchange, a weekly startups-and-markets newsletter. It’s broadly based on the daily column that appears on Extra Crunch, but free, and made for your weekend reading. If you want it in your inbox every Saturday morning, sign up here. Ready? Let’s talk money, startups and spicy IPO rumors.

TechCrunch isn’t a public-market-focused publication. We care about startups. But public tech companies can, at times, provide interesting insights into how the broader technology market is performing. So we pay what we might call minimum-viable attention to former startups that made it all the way to an IPO.

Then there are the Big Tech companies. In the United States the list is well-known: Facebook, Alphabet, Microsoft, Apple and Amazon. And, in a series of results that could indicate a hot market for startup growth, they had a smashingly good first quarter of 2021. You can read our notes on their results here and here, but that’s just part of the story.

Yes, the Big Tech financial results were good — as they have been for some time — but lost amid the usual earnings deluge of numbers is how shockingly accretive Big Tech’s recent performances have proven for their valuations.

Microsoft fell as low as the $135 per-share range last March. Today it’s worth $252 and change. Alphabet traded down to around $1,070 per share. Today the search giant is worth $2,410 per share.

The result of the huge share-price appreciation is that Apple is now worth $2.21 trillion, Microsoft $1.88 trillion, Amazon $1.76 trillion, Alphabet $1.60 trillion and Facebook $0.93 trillion. That’s around $8.4 trillion for the five companies.

Back in July of 2017, I wrote a piece noting that their aggregate value had reached the $3 trillion mark. That became $4 trillion in mid-2018. And then in the next three years or so it more than doubled again.

Why?

Myles Udland, a reporter at our sister publication Yahoo Finance, has at least part of the puzzle in a piece he wrote this week. Here’s Udland:

And while it seems that almost every earnings story has sort of followed this same arc, data also confirms that this is not just our imagination: corporate earnings have never been this far out of line with expectations.

Data out of the team at Refinitiv published Thursday showed the rate at which companies were beating estimates and the magnitude by which they were beating expectations through Thursday morning’s results were the best on record.

So earnings are beating the street’s guesses more frequently, and at a higher differential, than ever? That makes recent stock-market appreciation less worrisome, I suppose. And it helps explain why startups have been able to raise so much capital lately in the United States, as they have in Europe, and why private-market investors are pouring so much capital into fintech startups. And it’s probably why Zomato is going public and why we’re still waiting for the Robinhood debut.

This is what a market feels like when the underlying businesses are firing on all cylinders, it appears. Just don’t forget that no business cycle is unending, and no boom is forever.

An insurtech interlude

Extending The Exchange’s recent reporting regarding fintech funding, and our roundup from last week of insurtech startup rounds, a few more notes on the latter startup niche, which can be broadly viewed as part of the larger financial technology world.

This time we’ll hear from Accel’s John Locke regarding his investments in The Zebra — which recently raised even more capital — and the insurtech space more broadly.

Asked why insurtech marketplaces like The Zebra have been able to raise so very much money in the last year, Locke said that it’s a mix of “insurance carriers […] finally embracing marketplaces and willing to design integrated consumer experiences with marketplaces,” along with more consumer “comparison shopping” and, finally, growth and revenue quality.

The Zebra, Locke said, is “still growing north of 100% at ~$120M+ revenue run-rate.” That means it can go public whenever it wants.

But on that matter, there has been some weakness in the stock market for some public insurtech companies. Is Locke worried about that? He’s neutral-to-positive, saying that his firm does not “think all the companies in the market will work but still thinks ‘insurtechs’ will take market share from incumbents over the next decade.” Fair enough.

And Accel is still considering more deals in the space, as are others. Locke said that the venture market for insurtech investments is “definitely more aggressive” this year than last.

Various and sundry

Closing today, a few notes on things that we didn’t get to that matter:

A long, weird week. Make sure to follow the second denizen of The Exchange’s writing team: Anna Heim. Okay! Chat next week!

Alex

(文:Alex Wilhelm、翻訳:sako)

Yahoo!ファイナンス - 株価やニュース、企業情報などを配信す …

Yahoo!ファイナンスは、投資やマネーの総合情報サイトです。株価やIPO、株主優待など日本株情報のほか、外国為替や金利、投資信託や中国株、ニュースや企業情報などを掲載しています。

株式: 日経電子版

日経電子版の総合投資・金融情報コーナー。株式・為替から債券、商品、新興国市場など国内外の最新マーケット情報はもちろん、第一線の記者による分析・解説記事を豊富に提供します。企業の最新ニュースや詳細な株価・財務データを提供するオンライン版の「日経会社情報」、チャートや銘柄管理ツールなどの便利な機能も充実しています。

株式 - Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンス「株式」では、株価や株主優待、IPOなど日本株情報のほか、世界の主要株価指数、投資信託や中国株など投資に役立つ情報を掲載しています。

株価検索(銘柄名・業種別) - みんかぶ(旧みんなの株式)

株価・株式銘柄の検索です。銘柄名・銘柄コード・業種別・NOMURA72業種分類などで上場銘柄を探すことができます。

みんなの株式 - 株式投資の総合サイト・株価予想・ニュース …

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

世界の株価と日経平均先物 - 日経平均 リアルタイム チャート

日経平均、TOPIX、JPX日経400などの日本の株価指数速報をリアルタイム自動更新!日経平均株価のリアルタイムチャートからテクニカルチャートまで無料で徹底分析!

マーケット: 日経電子版

日経電子版の総合投資・金融情報コーナー。株式・為替から債券、商品、新興国市場など国内外の最新マーケット情報はもちろん、第一線の記者による分析・解説記事を豊富に提供します。企業の最新ニュースや詳細な株価・財務データを提供するオンライン版の「日経会社情報」、チャートや銘柄管理ツールなどの便利な機能も充実しています。

日経平均株価(225種)の基本情報|株探(かぶたん)

日経平均株価の基本情報、概要、株価四本値、東証1部出来高、株価トレンド、移動平均からのカイリ率、日経平均株価の寄与度ランキング上位10銘柄と下位10銘柄、日経平均株価の構成銘柄入れ替え履歴を記載しています。

全株価一覧 < 市場分析 | 株マップ.com

 · 東証一部、東証二部、大証、JASDAQ、東証マザーズの全銘柄の最新株価、前日比、PER、PBR、配当利回り、ROE、時価総額、25日移動平均乖離率、自己資本比率を日経36業種別に一覧 …

全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開! - 株価 ...

全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!株式シグナル最新速報!、今人気の銘柄、注目銘柄、値上がり中の関連銘柄!、注目の投資家!等を公開中!

COMMENTS


26177:
2021-05-04 21:16

株価下がってるな

26179:
2021-05-04 21:12

$ZI 決算クリアおめでたい!🎉 ただし株価はおとなしい… 織り込みの怖さだなぁ🌚 今晩素直にリバウンドして上がっていってくれれば嬉しいけど… $AI は決算ダメなら更なる地獄を見そうな気もしていて中々手が出せませんでした

26182:
2021-05-04 20:46

朝からコロナ、株価暴落の話題で暗くなってない? こんな時だからこそ、夢の話をして、希望を持ちません? 笑われたって、バカにされたっていいじゃない? リアルで言えないなら、せめてこのTwitterの世界で、夢を語りましょう 夢はコトバにすれば叶う あなたの夢、拡散します

26173:
2021-05-04 17:56

「忍耐」と「頑固」の違いを知る必要がある。 投資で例えるなら、「忍耐」とは、株価が上がるのを待っている間、状況に応じて売ることも視野に入れておくこと。 「頑固」とは、自分の誤りを無視して、ただ状況の好転を待ち続けること。

26180:
2021-05-04 16:55

10年くらい株価が暴落して戻ってこないケースも想定しているので、どんな投資か良いかは自ずと結論が出ている。 含み損の中でも十分に配当金が出れば再投資にまわせる。平均取得価格と利回りが上がり、10年後に株価が戻れば、大きな利益になる。 しかし…

26181:
2021-05-04 13:09

【為替相場】市場予想を下回る経済指標でのドル売りは落ち着き1ドル109.1円台 株価指数はまちまちな動き

26176:
2021-05-04 11:25

今は手造りですが 年内に量産体制を整える計画です 株価爆上がりですね

26183:
2021-05-04 09:47

【 株価に影響するから非公表 】の概念獲得🤤 ふむ。 【 下等な貴方達の精神に影響がでるから非公表 】 との違いを理解&疑念できる上等精神の持ち主たる私以外やはり下等ですね🤤 概念人類学

26178:
2021-05-04 07:50

バイナリストラテジストが株価指数の上下を適当に言って「みなさん言いましたよね」って言うよりは、適当に素数定理と積分をして「みなさん言いましたよね」って言ってるあずの方がかわいい

26175:
2021-05-04 06:20

ツイッター株 $TWTR 優良SNSのはずなのに、これでもかっ、という位に良く決算コケて株価暴落するから好き。(図の黄色の箇所) わざとアナリスト高めの予想ゲームやってるんじゃない? ただ、暴落した後かならず切り替えしてくる。 よ…

26171:
2021-05-04 05:43

銘柄選択に関してわれわれが強調してきたアドバイスは「除外」すること。つまり、そうとわかるほど質の劣った銘柄を「除外」し、また優良銘柄であっても株価が高く投機色が強いものは「除外」せよということである。 ベンジャミン・グレアム

26172:
2021-05-04 02:49

財政破綻論者は政府の通貨発行を「そんなの打ち出の小槌じゃないか!」と言うけど、おっしゃる通り『打ち出の小槌』なんだよな。 現に今その『打ち出の小槌』で株価買い支えてるじゃないですか? 株は買えるのに国民には配れないなんて、そんな無茶苦茶な…

26174:
2021-05-04 02:37

株価は安定してますがな。

26170:
2021-05-04 01:20

ヘクソの株価情報💹 事業内容:医療用、娯楽用大麻の生産および国際的マーケティング🌿

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
360度アーティストの世界観に浸れるバーチャルギャラリー作成サービス「GALLERIST IIID」がリリース
ネットサービス
2021-03-05 17:35
丸の内エリアの人の流れを可視化 国交省が実験 混雑度をサイネージに表示
企業・業界動向
2021-01-13 14:05
ブルーオリジンが2021年初ミッションで乗員カプセルの打ち上げと着陸に成功
宇宙
2021-01-16 11:54
インテル、自動車用チップの生産に向け協議–半導体不足で
IT関連
2021-04-14 19:00
第1回:現代の企業が抱えるデータ管理の課題
IT関連
2021-01-19 14:31
ヴイエムウェア、国内事業の方向性と注力分野を明確に
IT関連
2021-04-23 20:48
「GIGAスクール構想対象自治体の約半数がChromebookを選択」とGoogle
企業・業界動向
2021-02-19 23:46
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-02-19 23:46
OTとIoT向けのセキュリティSaaSを開始–ノゾミネットワークス
IT関連
2021-03-30 09:39
みずほ銀ATM障害、カードの2割が未返却 金融庁は報告命令
IT関連
2021-03-05 02:55
グーグルがChromeのリリースサイクルを6週から4週に短縮
ソフトウェア
2021-03-07 18:50
花王、製品ページに最寄り販売店の検索機能 ほとんどの製品で
くらテク
2021-04-15 22:16
動画、ポッドキャスト用BGMのマーケットプレイスEpidemic Soundが約490億円調達
ネットサービス
2021-03-29 05:06
Twitterにも変化が訪れるのだろうか?
ネットサービス
2021-01-28 10:58
Mediumがソーシャル読書アプリの「Glose」を買収、電子書籍販売や教育分野に事業拡大か
ソフトウェア
2021-01-17 00:31
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-01-17 00:31