フォードとBMWが全固体電池のSolid Powerに142.2億円を投入

今回は「フォードとBMWが全固体電池のSolid Powerに142.2億円を投入」についてご紹介します。

関連ワード (BMW、Ford、Solid Power、バッテリー、全固体電池、資金調達、電気自動車等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


BMWグループならびにFord Motor Company(フォード・モーター・カンパニー)向けの、20アンペア時(Ah)の全固体電池セルを両手に持つSolid Power(ソリッド・パワー)の製造エンジニア。この全固体電池セルはコロラドにあるSolid Powerの試作ラインで製造された。

固体電池(SSB)システムは、長い間、電池技術の次のブレークスルーだと考えられてきたもので、複数のスタートアップが最初の製品化を競い合っている。自動車メーカーたちが、この技術に対するトップ投資家群の一角を占めている。各社とも電気自動車(EV)をより安全に、より速く、そして航続距離を拡大するための突破口を求めている。

そんな中、Ford Motor CompanyとBMWグループが、電池テクノロジー企業Solid Powerへ資金を投入した。

コロラド州ルイスビルを本社とする、SSB開発のSolid Powerは、米国時間5月3日に、その最新のラウンドとなる1億3000万ドル(約142億2000万円)のシリーズBが、FordとBMWによって主導されたと発表した。このことは、その2社がSSBが将来の輸送を支えるものだと考えていることを示している。今回の投資で、FordとBMWは対等な株式所有者となり、両社代表者はSolid Power の取締役会に参加する。

また今回のラウンドで、Solid Powerは米国エネルギー省のアルゴンヌ国立研究所からスピンアウトしたベンチャーキャピタルのVolta Energy Technologies(ボルタエナジー・テクノロジーズ)からも追加投資を受けた。

固体電池という名前は電解溶液を使わないことに由来している(Mark Harris記者が年頭のExtra Crunch記事で説明している)。通常の電解溶液は、可燃性で過熱の危険があるため、一般的にSSBは比較的安全だと考えられている。ライバルである電解溶液を使うリチウムイオン電池と比べたときのSSBの真の価値は、そのエネルギー密度だ。Solid Powerは、同社の電池は、既存の充電式電池に比べて50~100%エネルギー密度を向上させるとできるという。理論的には、よりエネルギー密度の高い電池を搭載した電気自動車は、1回の充電でより長い距離を移動することができる。

関連記事:フォードが約200億円かけてEV向けバッテリーセル開発ラボを新設

この最新の投資ラウンドは、Solid Powerが自社史上最大のアンペア時間(Ah)出力を持つ電池セルを生産するために、製造力を強化するのに役立つ。FordならびにBMWとの個別の共同開発契約に基いて、同社は2022年以降、テストよ車両統合のために100Ahのセルの納入を開始する予定だ。

これまで同社は、2Ahと20Ahの出力を持つセルを製造してきた。Solid Powerはその声明の中で、2020年後半にFordとBMWによって、2Ahバッテリーセル「数百個」が検証されたと語っている。一方、同社は現在、標準リチウムイオン用の機器を使い、20Ahの固体電池をパイロットベースで生産している。

Solid Powerの広報担当者Will McKenna(ウィル・マッケナ)氏はTechCrunchに対して、9×20センチ22層で構成されてる20Ahパイロットセルとは対照的に、100Ahセルは、より大きな底面積とさらに多くの層を持つことになると語った(「レイヤー」とはカソードの数を指していると、マッケナ氏は説明した。20 Ahセルの中には22枚のカソードと22枚のアノードがあり、それぞれの間に全固体電解質セパレータが挟まれていて、すべてが単一のセルの中ににまとめられている)。

Solid Powerの製造法とは異なり、従来のリチウムイオン電池では、製造プロセスで電解質の充填と循環を行う必要がある。Solid Power によると、一般的なGWh規模のリチウムイオン製造施設における設備投資の5%から30%が、そうした追加工程に投入されている。

Solid Powerが自動車メーカーからの投資を受けたのは、今回が初めてではない。2018年に行われた2000万ドル(約21億9000万円)のシリーズAでは、BMWやFordの他、Samsung(サムスン)、Hyundai(ヒュンダイ)、Volta(ボルタ)などからの資本金を集めた。同社は、OEMたちの注目を集めている新しい企業群の1つなのだ。他の注目すべき例としては、Volkswagen(フォルクスワーゲン)が支援するQuantumscape(クアンタムスケープ)とGeneral Motors(ゼネラルモーターズ)によるSESへの資金投入がある。

Fordは自身でも先進的な電池技術を研究していて、1億8500万ドル(約202億円)で電池R&Dラボを開設する予定であることを先週発表している。

関連記事
・GMが高性能なリチウム金属バッテリー開発SESの約150億円資金調達をリード
・フォードが約200億円かけてEV向けバッテリーセル開発ラボを新設

画像クレジット:Solid Power


【原文】

A Solid Power manufacturing engineer holds two 20 ampere hour (Ah) all solid state battery cells for the BMW Group and Ford Motor Company. The 20 ampere hour (Ah) all solid state battery cells were produced on Solid Power’s Colorado-based pilot production line. Source: Solid Power.

Solid state battery systems have long been considered the next breakthrough in battery technology, with multiple startups vying to be the first to commercialization. Automakers have been some of the top investors in the technology, each of them seeking the edge that will make their electric vehicles safer, faster and with increased range.

Ford Motor Company and BMW Group have put their money on battery technology company Solid Power.

The Louisville, Colorado-based SSB developer said Monday its latest $130 million Series B funding round was led by Ford and BMW, the latest signal that the two OEMs see SSBs powering the future of transportation. Under the investment, Ford and BMW are equal equity owners, and company representatives will join Solid Power’s board.

Solid Power received additional investment in the round from Volta Energy Technologies, the venture capital firm spun out of the U.S. Department of Energy’s Argonne National Laboratory.

Solid state batteries are so named because they lack a liquid electrolyte, as Mark Harris explained in an Extra Crunch article earlier this year. Liquid electrolyte solutions are usually flammable and at risk of overheating, so SSBs are considered to be generally safer. The real value of SSBs versus their lithium-ion counterparts is the energy density. Solid Power says its batteries can provide as much as a 50% to 100% increase in energy density compared to rechargeable batteries. Theoretically, electric vehicles with more energy-dense batteries can travel longer distances on a single charge.

This latest round of investment will help Solid Power boost its manufacturing to produce battery cells with the company’s highest ampere hour (Ah) output yet. Under separate joint development agreements with Ford and BMW, it will deliver to the OEMs 100 Ah cells for testing and vehicle integration from 2022.

Until this point, the company has been manufacturing cells with 2 Ah and 20 Ah output. “Hundreds” of 2 Ah battery cells were validated by Ford and BMW late last year, Solid Power said in a statement. Meanwhile, it is currently producing 20 Ah solid state batteries on a pilot basis with standard lithium-ion equipment.

As opposed to the 20 Ah pilot-scale cells — which are composed of 22-layers at 9×20 cm — these 100 Ah cells will have a larger footprint and even more layers, Solid Power spokesman Will McKenna told TechCrunch. (“Layers” refers to the number of double-sided cathodes, McKenna explained — so the 20 Ah cell has 22 cathodes and 22 anodes, with an all-solid electrolyte separator in between each, all in a single cell.)

Unlike Solid Power’s manufacturing, traditional lithium-ion batteries must undergo electrolyte filling and cycling in their production processes. Solid Power says these additional steps account for 5% and 30% of capital expenditure in a typical GWh-scale lithium-ion facility.

This isn’t the first time Solid Power has landed investments from the automakers. The company’s $20 million Series A in 2018 attracted capital from BMW and Ford, as well as Samsung, Hyundai, Volta and others. It’s part of a new wave of companies that have attracted the attention of OEMs. Other notable examples include Volkswagen-backed QuantumScape and General Motors, which has put its money on SES.

Ford is also independently researching advanced battery technologies and is planning to open a $185 million R&D battery lab, the company said last week.

(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:sako)

電動自動車の新車情報・自動車カタログ - 価格.com

電動自動車の新車情報・自動車カタログなら価格.com!電動自動車の注目車種の最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。充実のスペック情報で車選びも簡単!ユーザーレビューやクチコミ情報も豊富!

電気自動車 全メーカー別カタログ|EVsmart

電気自動車のメーカー別一覧ページです。EVsmart独自調査で全メーカーのモデルや車種を紹介します。純電気自動車(BEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)を発売しているメーカーや、ユーザーに人気の車種ベスト8も紹介。

電気自動車(EV)総合情報サイト|日産

日産の電気自動車(EV)総合情報サイト。電気自動車の基本情報をはじめ、最新情報や、日本全国をEVで走った体験レポートなど、電気自動車を知ってもらうための情報を色々な視点から集めた総合サイトです。

電気自動車 - Wikipedia

電気自動車 (でんきじどうしゃ)とは、 電気 をエネルギー源とし、 電動機 (モーター)で走行する 自動車 である。 略称は一般的に EV(E lectric V ehicle)が用いられる。

電気自動車(EV)の価格・走行距離比較。おすすめ車種も紹介 ...

エコカーの第一線にあるのが電気自動車です。排気ガスがでないので地球に負担をかけにくい車として注目されています。そこで今回は、国内外のメーカーから比較的手の届きやすいおすすめの電気自動車を紹介していきましょう。

人気の電気自動車5選!EVのメリットやデメリット、新型車も …

電気自動車のメリットやデメリットって、何があるの!? ガソリン車とは異なるEVの魅力を、人気車や新型車などを交えながら解説致します。

【2021年最新情報】電気自動車って何?メリット・デメリット …

環境に優しい電気自動車は、近年様々なメーカーから新モデルが発売され、街で見かけることも多くなってきました。ガソリン車との違いや、現在販売している最新モデルの特徴などをご紹介。世界各国が電気自動車シフトを明確にする今、今後の自動車の主流は電気自動車となっていくことでしょう。

プジョーのEV(電気自動車) | プジョー公式サイト - Peugeot

ですが電気自動車は走行中にCO2を排出しないので、その負債を約2年間で相殺できるとされています。バッテリー技術の進歩により、環境負荷という面において電気自動車が今後さらに優位になっていくことが期待されます。

トヨタが新型電気自動車「bZ4X」を発表! いよいよ動き出し …

トヨタは、2021年4月21日より開幕した上海モーターショー2021にて、新たなEV(電気自動車)シリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」の第一弾モデルとして、コンセプトカーの「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」を発表した。さらに、グローバルで2025年までにbZシリーズ7車種を含むEV15車種を発売することも明らかにした。いよいよ本格的に動き出したトヨタのEV戦略。果たして、世間の人々はどう捉えているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

電気自動車の今後の動向・将来予測|EV車は日本国内で普及し ...

人材サービス・業界・法律に関するコンテンツを幅広く提供するお役立ち情報サイト『Nikken→Tsunagu』こちらはコラムのページです。「電気自動車の今後の動向・将来予測|EV車は日本国内で普及しない?」

COMMENTS


26958:
2021-05-07 22:32

🤖 Bitfinex 監視 【BTC】 価格:$56,835 (3.7%↑) USD LS:31.7k (-0.4%↓) / 1.2k (52.8%↑) USDT LS:1.9k (1.6%↑) / 36 (5%↑) OI:12,…

26955:
2021-05-07 22:29

紹介したモンゴル・スタートアップでCSOという資金調達を実施しています! /// I just became an investor of the premium open source growth marketing too…

26959:
2021-05-07 21:31

ベジさん早く源さんでPCの資金調達してきて下さい^^ 待ってますよ^^

26956:
2021-05-07 19:48

香川の資金調達を探されている方は木村に相談! ✅ブラックok ✅最大50万 ✅月1割の利息 ブラックokの金融屋ですのでお気軽にプロフから相談して下さい! 香川資金調達

26957:
2021-05-07 08:50

朝鮮総連の指揮による不正融資は北朝鮮へ不正送金され、核開発や200基に及ぶノドン対日弾道弾調達の資金源に流用され、一部は政治献金として日本の政治家にばら撒かれた。さらに、後に発生する朝鮮総連本部ビル売却問題では、朝銀の乱脈経営と朝鮮総連との…

26960:
2021-05-07 07:15

企画の方沢山のご参加ありがとうございます。企画とは別で『無料の資金調達』をご用意しました! 資金調達という言葉で難しく感じますが、借入とは違い厳しい審査や面倒な手続きは一切なく誰でも資金を受け取れます。 費用などはかからず”100〜300万”…

26954:
2021-05-07 02:52

【第1弾】 今回用意したのは"返済不要"の資金調達です。 聞き慣れない言葉で困惑する方も多いと思いますが、借入とは違い厳しい審査や面倒な手続きは一切なく誰でも資金を受け取れます。 勿論、初期費用はかからず1週間という短期間で"100~3…

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
行かない役所・書かない役所を実現、xIDとトラストバンク提供のマイナンバーカード利用電子申請サービスを25自治体が導入
GovTech
2021-07-27 17:26
企業の未来のために考えるべき、「もう一歩先のクラウド」という視点
IT関連
2021-08-06 01:37
データ時代にデータ管理をどう容易にするか–インフォマティカのワリアCEO
IT関連
2021-04-27 19:03
アカマイ社長が明らかにした「セキュリティベンダーへの変身」
IT関連
2021-03-12 14:23
経費精算を効率化する法人クレジットカードプラットフォームのMossが約26億円調達
フィンテック
2021-01-20 08:47
社外をどう説得したのか–契約業務をデジタル化したドリコムの秘策
IT関連
2021-03-16 13:36
「ダイソン史上、最もインテリジェント」 レーザーでゴミを可視化するコードレス掃除機が登場
くらテク
2021-05-27 13:30
ポケモンGO、24日は「メリープのおこうの日」 ドラゴンタイプも出現
くらテク
2021-01-25 06:02
日立、「制御システム現状把握ソリューション」提供–工場・プラント向けに機能強化
IT関連
2021-03-19 12:29
ドコモ、ahamoのMNP転入手続き受付を再開
企業・業界動向
2021-03-31 17:15
大阪万博、地元パビリオン構想案 AIや再生医療わかりやすく
IT関連
2021-02-23 05:04
ウイルスの突然変異予測からClubhouse話者識別まで、今、人工知能に期待されていること
人工知能・AI
2021-03-30 02:29
テレワークで「つながり弱い同僚」との会話は激減、しかしそれが不安をもたらす──NTT調査 :Innovative Tech(1/3 ページ)
トップニュース
2021-08-21 21:40
グーグルが米社員に新型コロナワクチン接種を義務付け、オフィス勤務再開は延期
パブリック / ダイバーシティ
2021-07-30 23:28