インド通信省が5G試験を承認、中国企業は含まれず

今回は「インド通信省が5G試験を承認、中国企業は含まれず」についてご紹介します。

関連ワード (5G、インド等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


インドの通信省は5月4日、通信サービスプロバイダーに6カ月にわたる5Gテクノロジー試験の実施を許可したと明らかにした。中国を除く複数の国の12以上の企業に承認を与えた。

承認された通信会社にはJio Platforms、Airtel、Vodafone Idea、MTNLが含まれる。これらの企業は元々の設備メーカーやテックプロバイダーのEricsson、Nokia、Samsung、C-Dotと協業する、と通信省は述べた。加えてJio Platformsは自社開発のテクノロジーを使っての試験実施も認められた。

プレスリリースで通信省は中国について特に言及はしなかったが、この件に詳しい人物は中国大手企業HuaweiとZTEは承認を与えられなかったと明らかにした。

同省は、インドの優先順位とテクノロジーパートナーを選んだ通信サービスプロバイダーに承認を与えた、と述べた。実験スペクトルはミッドバンド(3.2〜3.67GHz)、ミリ波帯(24.25〜28.5GHz)、サブGHz帯(700GHz)などさまざまな周波数帯域が与えられている。プロバイダーはまた、5Gの実験を行うのに自社が所有する既存のスペクトル(800MHz、900MHz、1800MHz、2500MHz)を使うことも認められる。

「承認のレターには、5Gテクノロジーの恩恵が都市部だけでなく国中に行き渡るよう、各通信サービスプロバイダーが都市部に加えて過疎地や準都市部でも実験を行わなければならないと明記されています。通信サービスプロバイダーはすでに知られている5Gテクノロジーに加えて、5Giテクノロジーを使った試験も行うことが推奨されています」と通信省は声明で述べた。

「5G実験実施の目的には、特にインドの状況を踏まえた5Gスペクトル伝搬の特性の試験が含まれます。モデルチューニング、選んだ設備やベンダーの評価、在来技術のテスト、(遠隔診療や通信教育、AR・VR、ドローンベースの農業モニタリングなどの)応用テスト、5Gのスマホやデバイスのテストなどです」。

2020年Airtelは世界の企業と部品で協業するという考えにオープンだと述べた。「過去10〜12年、Huaweiのプロダクトは少なくとも当社が使ってきた3G、4Gにおいては、EricssonやNokiaよりも大いに優れていると私が自信を持って言えるところにまできました。当社はこれら3社すべてのプロダクトを使っています」とAirtelの創業者であるSunil Mittal(スニル・ミタル)氏は2020年の会議で述べた。同じパネルで、米商務長官Wilbur Ross(ウィルバー・ロス)氏はインドや他の同盟国にHuaweiを避けるよう促した。

インドと中国の間では2020年、国境での小競り合いで地政学的緊張が高まった。同年初めに中国企業がインドの企業に投資しにくくなるよう法律を改正したインドはその後、TikTokやUC Browser、PUBG Mobileなど中国企業の200以上のアプリを禁止した。

関連記事
・インド最大の通信事業者Jio Platformsが2021年後半の5G展開を発表、ただし同国での5G認可時期は未定
・インドが中国からの投資に政府承認を義務付け、新型コロナ渦中での敵対的買収を予防
・インド政府がTikTokなど中国企業の59のアプリを禁止すると発表

画像クレジット:Sanjit Das / Bloomberg / Getty Images


【原文】

The Indian telecom ministry on Tuesday said it has granted several telecom service providers permission to conduct a six-month trial for the use and application of 5G technology in the country. New Delhi has granted approval to over a dozen firms spanning multiple nationalities — excluding China.

Among the telecom operators that have received the grant include Jio Platforms, Airtel, Vodafone Idea and MTNL. These firms, the ministry said, will work with original equipment manufacturers and tech providers Ericsson, Nokia, Samsung and C-Dot. Jio Platforms, additionally, has been granted permission to conduct trials using its own homegrown technology.

In a press note, the Department of Telecommunications didn’t specify anything about China, but a person familiar with the matter confirmed that Chinese giants Huawei and ZTE aren’t among those who have received the approval.

Last year, Airtel (India’s second-largest telecom operator) had said that it was open to the idea of collaborating with global firms for components. “Huawei, over the last 10 or 12 years, has become extremely good with their products to a point where I can safely today say their products at least in 3G, 4G that we have experienced is significantly superior to Ericsson and Nokia without a doubt. And I use all three of them,” Sunil Mittal, the founder of Airtel, said at a conference last year.

In the same panel, then U.S. commerce secretary Wilbur Ross had urged India and other allies of the U.S. to avoid Huawei. The geo-political tension between India and China escalated last year with skirmishes at the shared border. India, which early last year amended a rule to make it difficult for Chinese firms to invest in Indian companies, has since banned over 200 apps including TikTok, UC Browser and PUBG Mobile that have affiliation with China over cybersecurity concerns.

India’s move on Tuesday follows similar decisions taken by the U.S., U.K. and Australia, all of which have expressed concerns about Huawei and ZTE and their ties with the Chinese government.

The Indian government branch said it gave permission to telecom service providers, who chose their own priorities and technology partners.

The experimental spectrum is being given in various bands that include the midband (3.2 GHz to 3.67 GHz), millimeter wave band (24.25 GHz to 28.5 GHz) and in sub-gigahertz band (700 GHz). Technology service providers will also be permitted to use their existing spectrum owned by them (800 MHz, 900 MHz, 1800 MHz and 2500 MHz) to conduct 5G trials.

“The permission letters specify that each TSP will have to conduct trials in rural and semi-urban settings also in addition to urban settings so that the benefit of 5G Technology proliferates across the country and is not confined only to urban areas. The TSPs are encouraged to conduct trials using 5Gi technology in addition to the already known 5G technology,” the ministry said in a statement.

“The objectives of conducting 5G trials include testing 5G spectrum propagation characteristics especially in the Indian context; model tuning and evaluation of chosen equipment and vendors; testing of indigenous technology; testing of applications (such as tele-medicine, tele-education, augmented/virtual reality, drone-based agricultural monitoring, etc.); and to test 5G phones and devices.”

(文:Manish Singh、翻訳:Nariko Mizoguchi)

インド - Wikipedia

インド ( ヒンディー語: भारत 、 英語: India ) または インド共和国 (インドきょうわこく、 ヒンディー語: भारत गणराज्य 、 英語: Republic of India ) は、 南アジア に位置し、 インド亜大陸 の大半を領して インド洋 に面する 連邦 共和制 国家 。. 首都は デリー ( ニューデリー )、最大都市は ムンバイ 。. 西から時計回りに パキスタン 、 …

インド|外務省

 · 日本・インド包括的経済連携協定 ODA インドに対する新型コロナウイルス危機対応のための支援(円借款)(令和3年1月8日) 我が国の政府開発援助 軍縮・不拡散・科学 日印軍縮・不拡散協議の開催(結果)(令和3年2月17日)

インド基礎データ|外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

328万7,469平方キロメートル(インド政府資料:パキスタン、中国との係争地を含む)(2011年国勢調査) 2 人口 13億6,641万人(2019年世銀資料)

急速に感染者増えるインド 新型コロナウイルス|NHK

【NHK】増え続ける新型コロナウイルスの感染。いま、世界で最も早いペースで感染者が増えているのが、インドです。ニューデリー支局の太田雄造記者が現地の様子をお伝えします。

インドの旅行・観光ガイド|地球の歩き方

 · インドの旅行・観光ガイド 日本の約9倍の面積をもつ、広大なインド亜大陸。

インドの歴史 - Wikipedia

インドは第二次世界大戦終結の2年後の1947年に立憲君主制のインド連邦として独立した。1950年に共和制に移行し、以降はインド共和国という独立した共和制国家の時代である。 分離独立と戦後インド憲 …

1日の感染者数40万人超。屋外で酸素供給、稼働続ける火葬場 ...

5月1日の新型コロナウイルスの新規感染者数は40万1993人。1日の数としては世界最多で、十分な医療を受けられずなくなるケースも報道されている。

インド、コロナ新規感染者38.6万人と過去最多 来週ピークも ...

インド保健省によると、過去24時間の新型コロナウイルス新規感染者は38万6452人で過去最多を更新した。死者は3498人。

インド「コロナ変異株」感染者1日30万人 19世紀「コレラ ...

インドで新型コロナウイルスの急拡大が止まらない。2021年4月に入り、感染者が1日で30万人を超える日が続くなど危機的な状況だ。「変異型」の影響に加えて、直前の3月に大規模な宗教行事があり、多数の人々が集まったのも一因と見られている。実は19世紀に猛威を振るったコレラも、インドの宗教行事と密接な関連があったとされている。大祭の時期にコレラ拡散の可能性インドの風土病だったコレラは、19世紀に入って何

知っておきたい!インドの食文化・食事マナー [インド] All About

ランチタイムの東京のオフィス街のインド料理屋は常に満席で大賑わい。でも食べる機会はある割に知られていないインドの食文化やマナー、タブーな食べ物について紹介します。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
App Storeの不正取引阻止 2020年に15億ドル相当以上
IT関連
2021-05-14 18:24
これぞ「メイド・イン・デトロイト」の実力、現場労働者の安全性を向上させる多数センサーを搭載したGuardhatのスマートヘルメット
ハードウェア
2021-06-01 23:01
マイクロソフト、「Exchange Server」への攻撃とコード流出の関連を調査
IT関連
2021-03-16 06:53
テレワーク普及で境界防御型セキュリティに限界–EDRに集まる期待
IT関連
2021-06-07 01:14
エキナカの“一等地”にeスポーツ施設……なぜ? JR東に聞いた (1/2 ページ)
DX
2021-03-09 01:19
AIで心を癒すあなただけのアロマを調合、コードミーが「香りのトータルコーディネート」など新展開
その他
2021-06-18 10:48
NSAやFBI、ロシア軍情報部が関与するブルートフォース攻撃について警告
IT関連
2021-07-02 16:47
スウェーデンのゲーム大手MTGがインドのゲームスタジオPlaySimpleを約400億円で買収
ゲーム / eSports
2021-07-04 02:42
インド最高裁がFutureとRelianceの3740億円の取引を停止する判決、アマゾンを支持
その他
2021-08-09 12:23
ioXtアライアンス、モバイルとVPNのセキュリティ向けに認証プログラム拡大–グーグルなど支援
IT関連
2021-04-19 21:55
神田外語大学、Salesforceの「Work.com」導入–対面授業再開と安全の両立へ
IT関連
2021-06-04 00:14
日立とヴィーム、基幹システムのクラウド移行移動サービスを開始
IT関連
2021-05-31 04:31
ドローンソリューションによる建設・電力・エネルギー業界DXを推進するテラドローンが15.1億円調達
ドローン
2021-02-17 06:27
8580円の新スマートバンド「HUAWEI Band 6」日本上陸、心拍数や血中酸素の24時間常時計測に対応
ハードウェア
2021-04-21 22:09