トヨタ自動車とENEOSが協力し実験都市「Woven City」における水素エネルギーの利活用ついて検討開始

今回は「トヨタ自動車とENEOSが協力し実験都市「Woven City」における水素エネルギーの利活用ついて検討開始」についてご紹介します。

関連ワード (ENEOS、Woven City、トヨタ自動車、日本、水素、水素燃料電池等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


トヨタ自動車は、同社が静岡県裾野市に建設をすすめる未来型プロトタイプ都市「Woven City(ウーブン・シティ)」のエネルギー源となる水素燃料電池システムの開発におおり、日本のENEOS(エネオス)と協力することになった。

この敷地面積約70万平方メートルの実験都市では、水素燃料電池を動力源とする完全につながったエコシステムが構築され、人々は自動運転の電動モビリティサービス「e-Palette(イーパレット)」やロボットなど、トヨタのすべてのプロジェクトに囲まれて生活し、働くことになる。

この事業の主体であり、トヨタ自動車のイノベーション子会社であるWoven Planet(ウーブン・プラネット)は、水素へ積極的に投資を行っている石油会社のENEOSが、トヨタの提唱する「ヒト中心」の未来都市の建設に協力することになると、日本時間5月10日に発表した。この新たなパートナーシップは、トヨタが電気よりも水素を支持していることを示すだけでなく、日本が2050年までにカーボンニュートラルを達成するためにも貢献する可能性がある。

両社は共同で、水素を「つくる」「運ぶ」「使う」という一連のサプライチェーンに関する実証を、Woven Cityおよびその近隣で行う。これを促進するため、ENEOSは完全にカーボンフリーなサプライチェーンの実現に向け、水素製造に関する技術開発を進めていく。

「ENEOSは、日本を代表する総合エネルギー企業として、水素の製造から販売までのすべての重要なプロセスにおいて貴重な専門知識を有しており、我々が成功のために必要とする総合的な視点を持っていると確信しています」と、トヨタ自動車株式会社の豊田章男社長は声明で語り「水素社会を実現するためには、個々の技術の進化に加えて、『つくる』『運ぶ』『使う』というすべてのプロセスをつなげて取り組むことが欠かせません」と続けた。

トヨタは今回の提携で、水素を将来の最も有望なクリーンエネルギーと位置づけているものの、2021年発表した3台の新型車を含めて、水素自動車よりも確かに多くの電気自動車を市場に投入している。トヨタの代表的な水素燃料電池車である「MIRAI(ミライ)」は2020年にフルモデルチェンジして2代目に進化し、同じ技術はKenworth(ケンワース)の「T680」トレーラー牽引車にも使われている。トヨタはWoven Cityで電気を使うことも今後検討する可能性があると、Woven Planetの広報担当者はTechCrunchに語った。

Woven Cityにおけるパートナーシップの一環として、ENEOSは日本の四大都市圏で45カ所の商用水素充填ステーションを運営してきたノウハウを活かし、Woven Cityの近隣で水素充填ステーションを建設・運営する。

Woven Planetの広報担当者によると「ENEOSが建設する水素ステーションは、2023年度末までの運用開始を目指しており、トヨタは燃料電池商用車や定置型燃料電池発電機などを順次導入していくことを計画している」という。

ENEOSは、再生可能エネルギー由来の水素を製造し、トヨタがWoven City内に設置する定置式燃料電池発電機にそのグリーン水素を供給することや、Woven Cityの敷地内に設置予定の実証拠点で、トヨタとともに水素供給に関する先端技術研究に取り組むことについても期待されている。

「地球規模でカーボンニュートラルを実現するためには、水素エネルギーが不可欠な役割を果たすと私たちは確信しています」と、ENEOSの大田勝幸社長は声明で語っている。「トヨタと協力して水素の可能性を十分に追求することで、私たちは水素を用いる新しいライフスタイルの創出に大きく貢献できると考えています」。

富士山の麓に位置する静岡県裾野市のWoven Cityは、2021年2月に建設が始まった。その1カ月後、安全なモビリティの未来を築く技術に投資する新しいベンチャーファンドとして、Woven Planetが起ち上げた「Woven Capital(ウーブン・キャピタル)」は、第一号案件として自動配送ロボティクス企業のNuro(ニューロ)に出資することを発表した。

関連記事:トヨタの投資ファンドWoven Capitalが自動配送ロボティクスNuroに出資

画像クレジット:Toyota


【原文】

Toyota has tapped Japanese company ENEOS to help develop the hydrogen fuel cell system that will power its futuristic prototype city Woven City.

The vision for the 175-acre city, where people will live and work amongst all of Toyota’s projects, including its autonomous e-Palette shuttles and robots, is to build a fully connected ecosystem powered by hydrogen fuel cells.

Woven Planet, the innovation-focused subsidiary of Toyota that is in charge of the project, announced Monday that ENEOS, a Japanese petroleum company that’s investing heavily into hydrogen, will help make Toyota’s “human-centered” city of the future. This new partnership not only signifies Toyota’s backing of hydrogen over electric, but it also could help Japan achieve carbon neutrality by 2050.

The two companies will work together to test the feasibility of a hydrogen-based supply chain, from production to delivery to usage. To facilitate this, ENEOS will further its technological developments in hydrogen production in order to achieve a fully carbon-free supply chain. 

“As Japan’s leading integrated energy company, ENEOS has demonstrated its valuable expertise in all vital processes from hydrogen production to sales and we are confident they have the holistic perspective we require for success,” said Akio Toyoda, president and CEO of Toyota Motor Corporation, in a statement. “To realize a hydrogen-based society, in addition to the evolution of individual technologies, it is essential to seamlessly integrate all the processes of production, delivery, and use.” 

Toyota is positioning hydrogen as a top viable clean energy source for the future with this partnership, although it certainly has more electric vehicles on the market than hydrogen, including three new ones this year. Its iconic hydrogen fuel-cell powered car, the Toyota Mirai, saw a 2021 upgrade, and it’s the same tech that Toyota used in its Kenworth T680 tractor. Toyota may still consider using electric in Woven City, a Woven Planet spokesperson told TechCrunch.

As part of its partnership with Woven City, ENEOS will use its expertise of operating 45 commercial hydrogen refueling stations in the four major metropolitan areas in Japan to establish one outside of Woven City.

“Operation of the hydrogen refueling station to be built by ENEOS is targeted to begin by the end of financial year 2023, and Toyota plans to introduce fuel cell commercial vehicles, stationary fuel cell power generators and other equipment in succession,” according to a Woven Planet spokesperson.

ENEOS will also be expected to produce hydrogen derived from renewables, to help install stationary fuel cell generators inside Woven City and to work with Toyota to research hydrogen supply. 

“We believe that hydrogen energy will play an integral role in the realization of carbon neutrality on a global scale,” Katsuyuki Ota, president of ENEOS said in a statement. “By working together with Toyota to fully explore hydrogen’s potential, we believe we can make a significant contribution to the creation of new hydrogen-based lifestyles.”

Construction at the Woven City site in Susono City, Shizuoka Prefecture, at the base of Mount Fuji began in February. A month later, the Toyota subsidiary launched Woven Capital, a new venture fund that will invest in technologies that will build the future of safe mobility. Woven Capital’s first investment is in autonomous delivery company Nuro . 

This article has been updated to include new information from Woven Planet.

(文:Rebecca Bellan、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

トヨタ自動車WEBサイト

トヨタブランドの新型車を始めとした詳細情報、試乗車検索/店舗検索/見積りシミュレーション/カタログ請求などの各種インターネットサービスを提供するトヨタ自動車の公式サイトです。

トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト

企業情報、投資家情報、ニュースルーム、モビリティ、サステナビリティ、採用情報等、トヨタの企業情報全般を提供するトヨタ自動車の公式企業サイトです。

トヨタ ラインアップ | トヨタ自動車WEBサイト

トヨタブランドが誇る魅力的で多彩なカーラインアップ。お好みの車がきっと見つかるはず。 低速取り回し時におけるアクセルの踏み間違いや踏みすき なと て 起こる衝突を回避、 または衝突被害の軽減に寄与するシステムて す。

トヨタ自動車カタログ | 自動車情報サイト【新車・中古車 ...

トヨタの自動車カタログ。新車情報や最新グレード、過去モデルなど詳細情報のページです。プリウス、クラウンアスリート、アルファードなどまずは車種をお選びください。-Yahoo!とカービューが運営する自動車総合情報サイト【carview!】

トヨタ自動車 - Wikipedia

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英: Toyota Motor Corporation )は、日本の大手自動車メーカーである。 通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。 豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARU ...

トヨタの新車情報・自動車カタログ - 価格.com

トヨタの新車情報・自動車カタログなら価格.com!トヨタの注目車種の最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。充実のスペック情報で車選びも簡単!ユーザーレビューやクチコミ情報 …

トヨタ / TOYOTA車種一覧|自動車カタログ[新型から歴代モデ …

トヨタ | TOYOTA、車種180台、各グレード総数20894件を網羅した自動車カタログです。各車種(セダン・SUV・ワゴン・軽-RV系・軽自動車・スポーツカー・ハッチバック・ミニバン・ワンボックスetc)の新車/価格/試乗インプレ/燃費/技術開発の動向を、創業70年の三栄が運営するMotor-Fanがお届けします。

トヨタが新型電気自動車「bZ4X」を発表! いよいよ動き出し …

トヨタは、2021年4月21日より開幕した上海モーターショー2021にて、新たなEV(電気自動車)シリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」の第一弾モデルとして、コンセプトカーの「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」を発表した。さらに、グローバルで2025年までにbZシリーズ7車種を含むEV15車種を発売することも明らかにした。いよいよ本格的に動き出したトヨタのEV戦略。果たして、世間の人々はどう捉えているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

トヨタ 盤石の2021年新車攻勢とSUV戦略全情報 どうなる新型 ...

 · トヨタ 新型ランドクルーザー300(2021年8月登場予定・画像はベストカー編集部による予想CG) 【ランクル300のライバルとなるのは?】レンジローバーはターボのPHVもラインナップ。ランクルは保守的だが、それが信頼性にも

ホンダ、トヨタに反旗翻す…日本の自動車業界を“トヨタ傘下 ...

ホンダの社長に就任した三部敏宏氏が4月23日に社長就任記者会見で、2040年にグローバルで販売するすべての新車を電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目...(1/2)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
日本郵政グループ、ピュア・ストレージでプライベートクラウド基盤を刷新
IT関連
2021-04-22 07:04
Apple Music、ロスレスとDolby Atmos空間オーディオに対応 ハイレゾも追加費用なしで6月から提供開始
イラスト・デザイン
2021-05-19 11:09
マイクロソフトの新しいデフォルトフォント候補を評価してみる
ソフトウェア
2021-04-30 00:57
原爆ドーム、「フォトグラメトリー」で3D再現 中国新聞社
ネットトピック
2021-08-06 03:07
ソファーでうたた寝して考えた、Googleフィットネスの未来 :Googleさん
トップニュース
2021-07-13 12:05
EU諸機関によるAWSとマイクロソフトの各クラウドサービス利用について同プライバシー責任者が調査を開始
パブリック / ダイバーシティ
2021-06-08 11:34
村田製作所、生産工場向けに統合運用監視ツールをグローバル採用
IT関連
2021-04-08 22:42
Slack、立ち話感覚の「ハドルミーティング」など複数の新機能
IT関連
2021-07-02 00:24
製品を3つのソリューションに集約–インサイトテクノロジー、2021年度の戦略語る
IT関連
2021-04-22 00:34
このPCはWindows 11にアップデートできる? Microsoftがチェックプログラム公開
製品動向
2021-06-26 23:29
アイロボットが自動ゴミ収集機付属で10万円以下の掃除ロボ「ルンバi3」発表、数カ月はゴミ捨て不要
ハードウェア
2021-02-18 16:01
レシート撮るだけで支出管理「LINEレシート」登場 家計簿より手軽
ライフ
2021-01-28 10:43
マイクロソフト、4月の月例パッチ–NSAが発見した「Exchange」の脆弱性など修正
IT関連
2021-04-14 03:04
ヤマトの高齢者見守りサービス、全国展開へ IoT電球の利用状況で安否確認、月額980円から
企業・業界動向
2021-02-07 05:42