バイデン大統領はグーグル批判者を司法省の反トラスト部門のリーダーに起用

バイデン大統領はグーグル批判者を司法省の反トラスト部門のリーダーに起用 サムネイル

今回は「バイデン大統領はグーグル批判者を司法省の反トラスト部門のリーダーに起用」についてご紹介します。

関連ワード (専門分野、排他的、登場者等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


バイデン政権は米国時間7月20日に、強力なテクノロジー企業に政府が手綱を付ける手段の第3弾として、これまで巨大テクノロジー企業を熱心に批判してきたテクノロジー評論家であるJonathan Kanter(ジョナサン・カンター)氏が司法省の反トラスト部門を率いることを提案した。

カンター氏は弁護士として、Googleに対する反トラスト訴訟でYelpのような小企業を代表してきた長年の実績がある。現在の彼は自分の法律事務所を持ち、その専門分野は、国や州による反トラストの執行において原告を代弁することだ。

ホワイトハウスのプレスリリースでは、「その経歴を通じてカンター氏は一貫して、強力で有意義な反トラストの執行と競争政策の推進努力における指導的代弁者でありエキスパートだった」と述べている。革新派はこの指名を祝っているが、バイデン政権の新たな反トラスト鷹派たちの一部は、両方の政党から支持されている。

Jonathan Kanter's nomination to lead @TheJusticeDept’s Antitrust Division is tremendous news for workers and consumers. He’s been a leader in the fight to check consolidated corporate power and strengthen competition in our markets. https://t.co/mLQACA0c4j

— Elizabeth Warren (@SenWarren) July 20, 2021

司法省の反トラスト局のトップにジョナサン・カンター氏が指名されたことは、労働者と消費者にとってすばらしいニュースです。彼は合併企業が市場で力を持ち競争力を強化することをチェックする戦いでリーダーであり続けました。

司法省はすでに、Googleに対する大規模な反トラスト訴訟を遂行している。その訴訟はトランプ氏時代の司法省が起こしたものだが、同社を、その検索および検索広告のビジネスにおける「不法に維持されている独占」で告訴している。指名が認められたらカンター氏は、Googleに対する司法省の大きな訴訟の舵取りを担うことになる。

2016年のThe New York Timeの署名入り論説でカンター氏は、Googleは悪名高くも反競争的な「行動規範書」に依存してその市場支配を維持していると論じている。カンター氏は、無料で広告に支えられたプロダクトをリリースして、結果的に市場の一角において「差別的で排他的な慣行」により競争を制限してきたGoogleの長い歴史を指摘している。

カンター氏は、バイデン政権下で強力な規制者の役割に上り詰めた高名なビッグテック批判者の、最も新しい登場者にすぎない。2021年6月月、バイデン大統領は熱烈なAmazon批判者であるLina Khan(リナ・カーン)氏をFTCの委員長に指名して承認を得た。3月にはバイデン大統領は、もう1人のビッグテック批判者であるコロンビア大学の法学教授Tim Wu(ティム・ウー)氏を、National Economic Council(国家経済会議)のテクノロジーと競争政策の専門補佐として指名した。

これらのどれを見ても、バイデンのホワイトハウスが国とビッグテックとの大きな戦いに臨んでいることを示している。一方、議会は一連のビッグテック法を準備しているが、しかしホワイトハウスは、立法改革の代わり、あるいはそれと一緒に、FTCやDOJを介して独自の規制を揮えるのだ。

MSNBCの最新のコメントでホワイトハウスは、通信品位法の230条も「再検討」している、と認めた。それは、プラットフォームをユーザー生成コンテンツの責任から免除する強力な法律の、ごく一部だ。

関連記事:アマゾンがFTCの新委員長と独占禁止強硬派のリナ・カーン氏の辞任を求める嘆願書を提出

画像クレジット:Photographer:Al Drago/Bloomberg via Getty Images /Getty Images


【原文】

The Biden administration tripled down on its commitment to reining in powerful tech companies Tuesday, proposing committed Big Tech critic Jonathan Kanter to lead the Justice Department’s antitrust division.

Kanter is a lawyer with a long track record of representing smaller companies like Yelp in antitrust cases against Google. He currently practices law at his own firm, which specializes in advocacy for state and federal antitrust enforcement.

“Throughout his career, Kanter has also been a leading advocate and expert in the effort to promote strong and meaningful antitrust enforcement and competition policy,” the White House press release stated. Progressives celebrated the nomination as a win, though some of Biden’s new antitrust hawks have enjoyed support from both political parties.

The Justice Department already has a major antitrust suit against Google in the works. The lawsuit, filed by Trump’s own Justice Department, accuses the company of “unlawfully maintaining monopolies” through anti-competitive practices in its search and search advertising businesses. If successfully confirmed, Kanter would be positioned to steer the DOJ’s big case against Google.

In a 2016 NYT op-ed, Kanter argued that Google is notorious for relying on an anti-competitive “playbook” to maintain its market dominance. Kanter pointed to Google’s long history of releasing free ad-supported products and eventually restricting competition through “discriminatory and exclusionary practices” in a given corner of the market.

Kanter is just the latest high-profile Big Tech critic that’s been elevated to a major regulatory role under Biden. Last month, Biden named fierce Amazon critic Lina Khan as FTC chair upon her confirmation to the agency. In March, Biden named another noted Big Tech critic, Columbia law professor Tim Wu, to the National Economic Council as a special assistant for tech and competition policy.

All signs point to the Biden White House gearing up for a major federal fight with Big Tech. Congress is working on a set of Big Tech bills, but in lieu of — or in tandem with — legislative reform, the White House can flex its own regulatory muscle through the FTC and DOJ.

In new comments to MSNBC, the White House confirmed that it is also “reviewing” Section 230 of the Communications Decency Act, a potent snippet of law that protects platforms from liability for user-generated content.

(文:Taylor Hatmaker、翻訳:Hiroshi Iwatani)

COMMENTS


52124:
2021-07-23 21:55

【ポコダン×進撃の巨人コラボ 開催中!】 「島の守護者 エレン・イェーガー」や「揺ぎ無い殺意 リヴァイ」などが新キャラとして登場! さらに、今ならログインするだけで「リヴァイ お掃除ver.出るまで無料引き放題ガチャ」が引ける!…

52128:
2021-07-23 19:00

【火の守護者グレン スキン&テーマソング登場記念キャンペーン第①弾】 抽選で50名様にグレンの特別ラバープレイマットが当たる! ■参加方法 ①@dmps_infoをフォロー ②この投稿をRT ■期間 7月24日(土)20:59まで ▼規約…

52132:
2021-07-23 17:29

「あんなものをマーリンと呼んではいかん!」 登場動画:たらこ・たらこ・たらこ 第一話 発言者:ゲッコウガ(垣根帝督の人)

52126:
2021-07-23 17:21

.さんのコメント「小山田圭吾のイジメは現実にあった事で小林賢太郎は創作物であるコント内の登場人物の発言 作家の思想が作品に乗るって考えの人もいるかもしれないが犯罪行為や異常者を描いたその作家や、映画だったら演…

52123:
2021-07-23 15:44

登場者と演出では違いますが そんな過去を持ち出しても敗戦国の日本人がやれば無事に済まないでしょう英語と日本語でも違います 叩く気持ちはないが、チクりがきっかけにせよ開幕前に辞めていただけてよかったと思うだけです 無事に五輪が終わってほしいのです

52129:
2021-07-23 09:59

ずっと気になってたスリザー観た 宇宙ナメクジに寄生されたものはゾンビのように人を襲う! パラサイトの登場人物を芋臭くし、よりふざけた感じ パラサイトとフィースト足して2で割った感じ? だけど被害者の描写やアクションシーンはしっかり…

52133:
2021-07-23 07:53

20世紀以降、武力的な政権転覆、独裁者の登場、内戦は米英では全く起こっておらず政治的な安定性が高く、また、特に米国は持続的に経済成長しています

52131:
2021-07-23 03:42

「武力的な政権転覆、独裁者の登場、内戦は米英では全く起こっておらず」 これがどのような価値を持つのか詳しく教えてください🙇‍♂️ 清朝や江戸幕府も同等に優れていたという事でしょうか?

52130:
2021-07-23 03:00

ガラガラですけど、極秘での開催だったのかな?🤣🤣 バイデンは今夜CNNタウンホールに登場したが、すごい数の聴衆!!!👻 しかも少なくとも半分は報道関係者とのこと! ちなみにここは2020年にバイデンが勝利したオハイオ州シンシナティのハミルト…

52127:
2021-07-23 01:40

我々怪盗団の世界を体験できるカードゲーム『インパクト・ユー!』に登場する怪盗をご紹介します。 第4弾は現場をライブ会場にしてしまう怪盗シャオロン! 怪盗団の内通者となって「いたずら」を支援したい方は、こちらをご覧ください。 https:/…

52125:
2021-07-23 00:52

一般論として、テレビのドキュメンタリーやドラマなども心の美しい障害者だけを登場させてて、そのせいで「障害者の心は美しい」⇔「心の醜い者は障害者にあらず」という先入観があるよね。そういうのが逆に差別につながるんじゃないの。

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
従業員のコミュニケーションをパーソナライズし本当に重要な社内メッセージを確実に送る「Pyn」
ソフトウェア
2021-05-30 09:27
貨物船にコンピュータービジョンを後付けして衝突事故を防ぐOrca AIがシリーズAで約14億円調達
人工知能・AI
2021-04-23 05:03
Rapid7、脅威インテリジェンス分野のIntSights Cyber Intelligenceを買収
IT関連
2021-07-20 07:05
信頼できるデータパイプラインの構築を支援するIterativelyが5.7億円を調達
ソフトウェア
2021-02-07 18:54
KDDI、DX人材育成で新会社 研修、eラーニング事業を強化
企業・業界動向
2021-01-28 19:35
Instagramがクリエイターがファンにだけコンテンツを独占公開できる機能「Exclusive Stories」を開発中
ネットサービス
2021-07-02 18:55
ニコ動などの表現規制は現状維持、niconico代表が声明 夏野剛社長はネット番組で規制推進を示唆
ネットトピック
2021-07-27 05:52
仮想通貨、米有力企業で受け入れ拡大 ビットコイン急上昇、5万ドル台に
IT関連
2021-02-19 06:04
【コラム】欧州のAIに必要なのは過剰な規制ではなく、戦略的なリーダーシップだ
人工知能・AI
2021-05-26 16:08
富士通製ツールへの不正アクセス問題 加藤長官「関係業務への支障ない」
企業・業界動向
2021-05-28 01:23
楽天モバイル、18歳未満でもオンラインで申し込み可能に
企業・業界動向
2021-06-29 04:41
オブジェクトストレージを効果的に活用するためのポイントA to Z
IT関連
2021-03-22 12:57
Facebook、新型コロナワクチン接種を支援するツール開発 Instagramスタンプも
アプリ・Web
2021-03-17 22:07
VMware、ゲルシンガーCEOの後任にCOOのラグー・ラグラム氏を指名
企業・業界動向
2021-05-14 09:51