FedExアプリが他社サービスの配達も追跡できる機能をテスト中

今回は「FedExアプリが他社サービスの配達も追跡できる機能をテスト中」についてご紹介します。

関連ワード (一般公開、予定、追跡番号等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


FedExが消費者向けモバイルアプリで開発中の新機能は、Shopify(ショッピファイ)の人気アプリ、Shopと競合するものになるかもしれない。ShopifyのShopアプリの大きなセールスポイントは、ユーザーが自分の購入と配達の追跡を、Shopifyのものだけでなく、AmazonやFedEx、UPS、USPS(米国郵便サービス)などの荷物についても行えることで、ユーザーのメール受信箱から追跡情報をインポートすることによって機能を実現している。FedExは「Crosstrack(クラロストラック)」と呼ばれる機能で同様の方向を目指しているようで、FedExの配達状況が表示されるものとは別のタブで受け取り予定の配達物を追跡できる。

この新機能は、あるデベロッパーがTechCrunchに見せたもので、現在開発中だという。

それを見ると、モバイルアプリの検索・追跡画面が2つのタブに分かれている。1つは「FedEx」で、もう1つには「Crosstrack」というラベルがついている。Crosstrackタブを使ってFedExアプリユーザーは、送られてくる商品の写真やTarget、eBay、Wayfairなどの発信者情報に加えて、予定配達日時と追跡番号を見ることができる。商品が届くと、アプリはこれにグリーンのテキストとグリーンのチェックマークをつける。

画像クレジット:FedExモバイルアプリのスクリーンショット

ShopifyのShopアプリと異なり、この拡張機能はショッピングや商品のおすすめなどには踏み込まず、追跡のみを行うとFedExはいう。

同社はこの機能を開発中であることを声明で認めた。

「FedExはお客様のニーズに答えるために、デジタル体験コンセプトを常に模索しています。これは当社がお客様とともに数多く行っているテストの1つです」とFedExの広報担当者はいう。同社は新機能の詳細をそれ以上話すことはなく、「Crosstrack」という名称が実際に「非FedEx」の配達を意味しているかどうかも明らかにしなかった。しかし、アプリの追跡セクションにタブが2つあり、片方のみに「FedEx」のラベルが付けられていることから、それ以外の用途を思いつくことは極めて困難だ(TechCrunchはFedExに対して「Crosstrack」に関するこの説明を訂正する機会を提示したが、声明以上のことは何も言わなかった)。

もしこの機能が予想どおりなら、Shopifyが広く業界に与えている影響に競争圧力をかけるものであり、実に興味深い。パンデミックに起因する消費者の行動シフトによってeコマース需要が急増する中、あらゆる荷物の追跡を1つのアプリで行えることはShopifyのアプリ「Shop」の大きなセールスポイントになっている。同アプリは3月21日現在ショッピングカテゴリーの第4位で、300万件ほどのレビューで星4.8という高いレーティングを得ていることから、この種の機能に対する消費者の需要の高さがわかる。

ただしFedExは、多くの主要企業と同じく、数多くの新機能をテストしており、正式公開されるのはそのごく一部であることは留意しておくべきだ。今回のCrosstrack機能は、FedExがテストしている「コンセプト」であると我々は認識しており、一般公開に向けて同社が発表間近なものではない。

画像クレジット:VCG / Getty Images


【原文】

FedEx has been working on a new feature for its consumer mobile app that would seemingly allow it to better compete with the popular Shop app by Shopify. One of the bigger selling points for Shopify’s Shop is how it allows users to track their purchases and shipments from across services, including not only Shopify, but also Amazon, and other deliveries coming through FedEx, UPS, USPS and other services by importing delivery tracking information from users’ email inboxes. FedEx, meanwhile, appears to be headed in a similar direction with a feature called “Crosstrack,” which tracks a user’s expected deliveries in a separate section from the tab from the one where FedEx deliveries are shown.

The feature, which was shared with TechCrunch by a developer, is currently in development.

It shows how the mobile app’s search and tracking screen would be split into two tabs: one labeled “FedEx” and another labeled “Crosstrack.” In the Crosstrack tab, FedEx app users could see a photo of their incoming purchase, the sender’s information — like Target, eBay or Wayfair, for instance — and the date of the scheduled delivery alongside the tracking number. When the item has arrived, the app will notate this with green text and a green checkmark.

Image Credits: FedEx mobile app screenshot

Unlike Shopify’s Shop, this expanded functionality doesn’t extend into shopping or product recommendations — it’s only for tracking, FedEx says.

The company confirmed the feature’s development with a statement.

“FedEx is constantly exploring digital experience concepts to help meet our customers’ needs. This is one of the many things we have tested with customers,” a FedEx spokesperson said. The company declined to provide additional details about the feature nor would they even confirm that the term “Crosstrack” here actually means “non-FedEx” deliveries. But it’s hard to imagine another use case for having two tabs in the app’s tracking section — only one of which is labeled “FedEx” — for any other purpose. (We gave FedEx the opportunity to correct this description of “Crosstrack,” and they declined to say anything more beyond their statement.)

The development, if as described, would be interesting, as it represents the competitive pressure Shopify is having on the wider industry. As e-commerce booms, in part thanks to consumer shifts prompted by the pandemic, the ability to track all packages in one app has become a key selling point for Shop. The Shopify app today is now No. 4 in the Shopping category and has a noteworthy 4.8-star rating across some 3 million reviews, which speaks to consumer demand for this sort of offering. FedEx would do well by serving its audience with a similar feature.

It’s worth noting that FedEx, like most major companies, tests many new product experiences, and only a subset of those actually make their way to the public. In this case, the Crosstrack product is considered a “concept” that FedEx is testing, we understand, but it’s not one that the company is ready to announce in terms of a public launch.

(文:Sarah Perez、翻訳:Nob Takahashi / facebook )

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
第2回:従来型データ統合戦略の落とし穴
IT関連
2021-02-09 03:28
Facebook、同社の広告ターゲティングの透明性を調査していた研究者のアカウントを停止
アプリ・Web
2021-08-06 01:11
「iPhone」「Android」で使える写真編集アプリ8選
IT関連
2022-01-23 19:42
「忘却」をAIに教えればAIの働きはもっと良くなるかもしれない
人工知能・AI
2021-05-17 07:26
スペースXがさらに52基のStarlink衛星の打ち上げに成功
宇宙
2021-05-19 13:34
MWCバルセロナ 2021、万全のコロナ対策で6月にハイブリッド開催へ
企業・業界動向
2021-03-10 17:31
社会課題解決ビジネス創出プログラム「SENDAI NEW PUBLIC」デモデーが3月25日に開催
IT関連
2022-03-17 00:12
マイクロソフトの「PeopleLens」プロジェクトは視覚に障がいをもつ子どもが社交的ヒントを学ぶ手助けをする
IT関連
2022-03-16 10:54
米石油パイプライン大手へのサイバー攻撃、犯人はロシアを拠点とする集団「DarkSide」とFBIが発表
セキュリティ
2021-05-12 18:19
「Zoom」に映り込む請求書や電話番号から情報漏洩–在宅勤務のリスクを考える
IT関連
2021-04-17 11:32
ツイッターの新UIに「目が疲れる・頭が痛くなる」などの苦情多数、ボタンの表示コントラストを再調整する事態に
ネットサービス
2021-08-17 19:58
フェイスブックがトランプ前大統領の利用を2年間禁止に、有名人の利用禁止措置ルールも変更
ネットサービス
2021-06-06 10:22
独Wingcopterが米国に進出し新世代配送用ドローンを展開、4年間の自己資金運営を経て22.8億円調達
ドローン
2021-01-26 06:21
アマゾン傘下Ringの近隣住民監視アプリ「Neighbors」にバグ、投稿者の位置情報や住所に流出の可能性
セキュリティ
2021-01-18 07:01