北川工業、リモートワークの現状を分析し課題を可視化するサービスを導入

今回は「北川工業、リモートワークの現状を分析し課題を可視化するサービスを導入」についてご紹介します。

関連ワード (企業が取り組むべき「デジタルニューノーマル」、経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 プラスチック部品や電磁両立性(EMC)対策部品メーカーの北川工業は、リモートワークの推進状況を可視化する「リモートワーク診断サービス」を導入した。同サービスを提供するインテックが9月6日に発表した。

 リモートワーク診断サービスは、インテックが提供する「ワークスタイル変革支援サービス」の一つで、リモートワークの導入目的や組織、業務プロセス、マネジメント、IT活用、セキュリティなどの8つの要素で体系化されたフレームワークに基づき、顧客のリモートワークの現状を網羅的に分析し、課題整理を行う。また、現状の課題を可視化するだけでなく、課題に対する施策立案や優先順位を含めたロードマップの作成まで実施するという。

 北川工業では、2020年3月から始まったリモートワークをコロナ対策としてではなく、柔軟な働き方の選択肢として見直し、新たな働き方の実現に向けた取り組み施策について検討を始めていた。しかし、働き方改革を企画・推進する専任組織がないことによる検討作業者の負荷や、他社事例の情報不足、新たな働き方に向けた課題整理や計画の妥当性について客観的な優先順位付けができていないという課題を抱えていた。

 同社はこれらの課題を解決するため、ITやセキュリティ面だけでなく、目的や方針、コミュニケーションなども含めて客観的な立場から体系的に課題を整理し、ロードマップの策定を行うリモートワーク診断サービスを採用。インテックの専門コンサルタントが複数回のヒアリングの機会を設け、北川工業の課題整理や方向性について検討したという。

 北川工業は同サービスを活用したことで、リモートワークの推進状況や新たな働き方の実現に向けた課題整理・計画の妥当性を客観的な視点で整理することで、気づかなかった課題や施策の立案につながったという。さらに、外部からの客観的な視点に基づく課題整理や施策案などのドキュメントを用いることで社内の施策検討や経営層への上申資料に説得力を持たせ、今後の施策提案を後押しできたとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
サーバーワークス、新会社設立でGoogle Cloud事業に参入
IT関連
2021-08-18 13:20
マイクロソフト、自動運転車開発のCruiseに出資–GMとの提携も
IT関連
2021-01-20 21:33
半導体不足やサプライチェーンの問題、シスコCEOらが考えるITインフラ価格への影響
IT関連
2021-06-03 13:24
LinkedInもClubhouse類似機能を開発中
ネットサービス
2021-04-01 06:39
マイクロソフト「Teams」、"低データモード"を準備中–リモートワーク中の帯域問題に対処へ
IT関連
2021-03-12 03:44
UberがドライバーにRosetta Stoneの語学レッスンを無料で提供へ
シェアリングエコノミー
2021-07-31 15:45
Duality Labsはハードウェアアクセラレーション利用の準同型暗号テクノロジーで15.3億円のDARPA契約を獲得
人工知能・AI
2021-02-05 18:26
「Windows 365」提供開始–プランと価格が明らかに
IT関連
2021-08-03 22:56
Lyftが調整後EBITDAで初の黒字を達成、事業がコロナ打撃からリバウンド
モビリティ
2021-08-05 14:28
TOYO TIRE、従業員の健診データを一元化–在宅勤務に対応した健康管理が急務に
IT関連
2021-06-26 12:58
第15回:5Gはまだ早い?–アナリストから見たCIOやIT部門のデジタル戦略
IT関連
2021-03-05 10:08
マイクロソフト、中国で5つ目の「Azure」新リージョン
IT関連
2022-03-08 11:26
シンガポールでのランサムウェア攻撃増加–今後IoTが標的になるリスクも
IT関連
2022-09-01 14:10
第2回:実例で見る電子サインの具体的な使い方
IT関連
2021-04-12 22:26