ウィズセキュア、サイバーインシデントへの準備/対応のための新サービス

今回は「ウィズセキュア、サイバーインシデントへの準備/対応のための新サービス」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ウィズセキュアは5月18日、インシデントレディネス(準備)およびインシデントレスポンス(対応)をパッケージ化したサービスの提供を発表した。

 サイバー攻撃を受けてから最初の72時間は、インシデントレスポンスチームにとって極めて重要な時間帯と同社は述べる。一方で、クラウドサービスはITセキュリティを複雑なものにし、ユーザーのスキルやリソースは常に不足し、セキュリティにおける責任はクラウドサービスプロバイダーと共有するようになっている(責任共有モデル)。インシデントレスポンスがかつてないほど困難になっている中、インシデントへの迅速かつ効率的な対応を準備し、運用への影響を最小限に抑えることを新サービスは目的にしているという。

 新しいインシデントレスポンスは、業務を中断することなくインシデント対応能力を行使して向上する「インシデントレディネス」、インシデントレスポンス専門家への優先的なアクセスを提供する「インシデントレスポンスリテイナー」、ユーザーがインシデントに遭った時に利用可能なリリースを提供する「緊急インシデントレスポンスサポート」をラインアップとして用意する。

 「現在、インシデントレスポンス計画を策定している企業は5社に1社の割合に過ぎず、その多くはサイバーセキュリティに関するリソースが潤沢な企業」とWithSecureでサイバーセキュリティアドバイザーを務めるPaul Brucciani氏。「中堅企業にはこのようなリソースはないため、インシデントレスポンスはアウトソーシングに適したサービスだと言える。当社の新しいサービスは、業界をリードするインシデントレスポンスサービスを中堅企業に提供し、従来のオンプレミスITとクラウドITの両方をカバーすることで、サイバー攻撃への耐性を強化する」とアピールする。

 同社は、30年以上にわたり、企業がデータ侵害に備え、攻撃後に対応し、その後データを回復するためのサポートを、規模を問わず世界中の企業・団体に提供。そのインシデントレスポンス能力は、ドイツと英国の政府機関から認定を受けている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
シトリックスのネットワーク製品に脆弱性、米CISAが警報発令
IT関連
2023-07-22 08:46
Denodo創設者が語るデータ仮想化の今後–コロナ禍で「質の良いデータ」がより重要に
IT関連
2021-03-31 19:31
設計書は作る? ロックインでも大丈夫?–ローコード開発で考慮すべきポイント
IT関連
2021-03-20 05:09
第3回:顧客が買うのは「モノ」ではなく「体験」
IT関連
2022-12-02 09:50
NTT、独自LLM「tsuzumi」を商用化–図表や視覚読解でAI活用の拡大に期待
IT関連
2023-11-03 09:21
生成AIはデータ分析の「民主化」を加速する–アルテリックスが新展開
IT関連
2023-07-25 01:34
リモートワーク環境のセキュリティ強化–経営者と従業員がとるべき4つの対策
IT関連
2023-06-14 12:03
HashiCorp、UIデザインシステム「Helios」をオープンソースで公開。UIコンポーネントやアイコンなど
HashiCorp
2023-02-02 20:58
ドン・キホーテなど展開のPPIH、伊藤忠とリテールメディア事業で協業
IT関連
2023-05-02 06:17
ゆうちょ銀行、マーケティング分析業務をAutoMLツールで高度化
IT関連
2022-06-01 17:20
アリババ1~3月期、巨額罰金の影響で赤字–クラウド事業は成長減速も37%増収
IT関連
2021-05-14 11:31
富士通のデジタルアニーラで開発したアルゴリズム、有効性を確認–投資ポートフォリオの最適化検証で
IT関連
2022-12-27 20:54
Apple、公式ストアサイトデザインをリニューアル URLも変更
IT関連
2021-08-05 11:44
フェイスブックがクリエイターを呼び込む約1100億円のボーナス報酬プログラムを発表
ネットサービス
2021-07-16 06:12