Arasと竹中工務店、PLMを活用した施工部門向けの建設デジタル基盤を構築へ

今回は「Arasと竹中工務店、PLMを活用した施工部門向けの建設デジタル基盤を構築へ」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Arasは1月9日、竹中工務店と共同で製品ライフサイクル管理(PLM)による建設デジタルプラットフォームの構築を進めていると発表した。建設業界の施工部門向けに構築されるもので、PLM製品「Aras Innovator」を基盤とする。概念実証(PoC)も開始されている。

 竹中工務店はものづくりの上流から下流までデータを一元的に管理・活用する仕組みが実現している製造業にならうことで、建設業における生産性の問題を解決できるとして今回の取り組みを進めている。製造業で実績があるAras Innovatorを活用し、データを「デジタルスレッド」化することにより、施工部門の効率化を実現する。デジタルスレッドとは、デジタルデータがスレッド(糸)で接続され、追跡可能な形でつながっている状態を指す。

 竹中工務店は2021年11月、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)システムを中核に、プロジェクト管理システムやデータ基盤を連携させる建設デジタルプラットフォームを構築した。このプラットフォームは営業や調達などの既存の業務システムだけでなく、協力会社や顧客もつながることができる。

 同プラットフォームでは協力会社がクラウドにデータをアップロードし、それを集約して全ての利害関係者が情報をシームレスに共有できる。しかし、プロジェクトの途中で運用主体が変わる建設業界特有の事情により、情報が途切れてしまうという課題が顕在化していた。この課題を解決するデジタルスレッドを可能にするプラットフォームとしてAras Innovatorを活用した検証を実施することとなった。

 両社は、建設業にデジタルスレッドを取り入れ、データの共有やトレーサビリティー(追跡性)の実現を目指す。これにより、建設業のプロセス効率化と人手不足問題の解決に取り組み、効果的な解決策を見いだしていく。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
CISA長官が語る「セキュリティバイデザイン」の重要性、未来の世界を左右する課題
IT関連
2022-05-20 00:30
長崎大とNECノルウェー子会社、熱帯感染症のユニバーサルワクチン設計を研究
IT関連
2023-08-22 11:12
ツイッター、「優良ボット」を識別するラベルを正式導入
IT関連
2022-02-18 00:20
ランサムウェア被害が急増、二重脅迫は85%–警察庁資料で判明
IT関連
2022-02-15 20:51
タワレコが「PUI PUI MUSIC」に 試聴機からモルカーの鳴き声
くらテク
2021-07-09 19:53
キヤノンITS、ホテル向けタブレッセルフチェックインを提供–人材不足対策に
IT関連
2023-11-02 07:12
AI活用でランサムウェアの早期検知に挑むマイクロソフト
IT関連
2022-06-30 10:44
The Linux Foundation、HPCを推進する新団体HPSFを設立へ
IT関連
2023-11-16 22:34
5Gを“塗って吸収” 電波の反射を抑える塗料 用途は「通信設備の軽量化」?
くわしく
2021-06-24 12:04
NEC、全国5自治体で自動運転を支援する路車協調システムの実証を開始
IT関連
2024-01-19 14:13
オラクル、MySQLのデータベースエンジンでJavaScriptをサポート、ストアドプロシージャなどJavaScriptで記述可能に。プレビュー版をリリース
JavaScript
2024-01-10 05:30
Google、AIによるコード補完やコード生成を実現する「Duet AI for Developers」正式リリース。数週間以内にGeminiを採用へ
Google
2023-12-15 20:54
リモートワークの割合が多い組織ほどデータ侵害にかかるコストは増加–IBM調査
IT関連
2022-08-27 05:06
飲食店の「フードデリバリー対応端末ごちゃごちゃ問題」を解決するSaaS登場 注文受け付け・売上管理を一元化
企業・業界動向
2021-05-22 20:01