「M3」搭載「MacBook Air」ハンズオン–印象に残った3つの新機能

今回は「「M3」搭載「MacBook Air」ハンズオン–印象に残った3つの新機能」についてご紹介します。

関連ワード (クライアント等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Appleは米国時間3月4日、最新の「MacBook」を披露した。同社の最新の「M3」プロセッサーを搭載した「MacBook Air」の13インチモデルと15インチモデルだ。

 Appleの再設計されたMacBook Airノートブックと2023年の「MacBook Pro」シリーズのM3チップに関する米ZDNETの過去のテスト結果に基づいて考えると、最新のMacBook Airは、パフォーマンスからバッテリー持続時間、AI関連のユースケースまで、ほぼあらゆる点で、成功に必要な要素を備えている。

 そう、Appleは「AI」という言葉を発した。そして、そのことを恥ずかしがってもいない。筆者が午後に体験した最新モデルのデモにおいても、それは明白だった。本記事では、新しくリリースされたMacBook Airを1時間使ってみて感じた3つの重要な点をお伝えする。

 「Blender」や「Microsoft 365」「FreeChat」内のAIアプリケーションのデモから、より効率的な16コア「Neural Engine」(オンデバイスの機械学習を改善するGPU/CPUのアクセラレーター)を搭載したM3搭載MacBook AirによるさまざまなAIモデルの実行まで、Appleはさまざまなデモを通して、「Pro」モデルでなくても、今日のAI主導の世界を渡っていけることを明確に示している。

 「Swift」でのアプリ開発、大規模言語モデルの実行、医療現場での会話の録音と翻訳、および文字起こしなどはすべて、低価格でファンレスのM3搭載MacBook Airがこれまで以上に期待に応えられるユースケースだ。また、このモデルはウルトラポータブルノートブックなので、移動の多い学生や開発者、ユーザーに適している。

 また、Appleは、当初からAI搭載PCの競争に参加しており、現在ではほぼすべてのMacモデルに機械学習用のNeural Engineが搭載されている、ということを人々に知ってもらいたいと考えている。同社は3月4日のプレスリリースで、新型MacBook Airについて、「AIに最適な消費者向けノートブック」だと主張しているが、それが本当かどうかを確かめるため、近いうちに、私たち自身が13インチモデルと15インチモデルをテストする必要があるだろう。

 AI以外にも、新しいMacBookには、筆者がとても気に入っている細かいデザインの変更が1つある。ただし、以前より本体が軽くなったわけでも、ポートの数がついに増えたわけでもない。M3搭載MacBookのミッドナイトカラーには、少なくとも理論上は指紋の付着を減らすとされる「画期的な酸化皮膜シール」が採用されている。

 MacBook Airの従来のミッドナイトカラーは、汚れや傷が付きやすかったため、明るい色合いのモデルの方が魅力的だった。そのことを考えると、これは歓迎すべき改善点だ。簡単な10分間の写真撮影のためにMacBookをいじった後、本体を見ると、指紋が目立ったが、「M2」搭載MacBook Airほどひどくはないように感じた。筆者に関して言えば、この変更のおかげで、ミッドナイトのモデルをまたお薦めできるようになった。

 最後に、MacBook Airでのデュアルモニターのサポートは、大したことではないと思う人もいるかもしれないが、実際には重要である。MacBook Airが2台の「Studio Display」に同時に接続できることよりも、それが実現されている方法の方が重要だ。新型MacBook Airは、無印の「M」シリーズプロセッサーを搭載するノートブックとして初めて、蓋を閉じた状態で2台のモニターに拡張できるようになった。これまで、その機能を利用できるのは、Mシリーズの「Pro」「Max」、および「Ultra」プロセッサーを搭載したモデルだけだった。筆者はこのセットアップを自分の目で確かめたが、予想通り、クリーンでミニマリスト的に見えた。13インチのAirを使用している場合は、特にそうだ。

 全体として、MacBook Airの最新モデルの変更点は、スペックシート上では些細なものに感じるが、実際には非常に重要であるかもしれない。M2搭載MacBook Airを現在使用している人は、ワークフローがAIアプリケーションに大きく依存していないのであれば、そのモデルをしばらく使い続けてもいいだろう。「M1」またはIntelベースのMacBookから乗り換える場合は、パフォーマンスや効率、画面サイズ(15インチモデルを検討する場合)が向上するので、新しいM3モデルは価値あるアップグレードになるだろう。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
首に巻くエアコンが進化 富士通ゼネラルの水冷ウェアラブルデバイス
くらテク
2021-05-19 03:42
ウエスタンデジタルにセキュリティ侵害、被害状況はまだ不明
IT関連
2023-04-05 17:03
クアルコム、「AI Stack」ポートフォリオを発表–多様なデバイスのニーズに対応
IT関連
2022-06-25 18:52
Twitterが右翼を挑発する政治的な問題を扱うビデオ制作会社のジェームズ・オキーフ氏を偽アカウントに関するポリシー違反で永久停止
ネットサービス
2021-04-17 06:36
日本オラクル社長が「基幹システムのレジリエンス向上」を強調した理由とは
IT関連
2024-02-10 10:33
KDDI、DX人材育成で新会社 研修、eラーニング事業を強化
企業・業界動向
2021-01-28 19:35
「Google Meet」、「挙手する」機能を改善–より目立ちやすく
IT関連
2021-06-21 15:54
答えが分からないものを模索しながら作り続ける世界に我々は突入した。和田卓人氏による「組織に自動テストを根付かせる戦略」(その1)。ソフトウェア品質シンポジウム2022
CI/CD
2022-09-26 22:40
UQコミュニケーションズ、基地局建設業務システムの本番/DR環境をクラウド化–運用コストを25%削減
IT関連
2023-06-30 02:11
触れてはいけない場所を赤く染めて警告 Microsoftの新型コロナ感染予防システム :Innovative Tech
トップニュース
2021-02-03 12:44
Slack内にSREのインシデント管理ソリューションを構築する「Rootly」
ソフトウェア
2021-07-11 04:17
居心地のよいClubhouseルームを作るために、避けたい3つの「罪」 音声チャットSNS運営ベストプラクティス (1/3 ページ)
くわしく
2021-02-05 06:25
動画配信「日本独自」で勝負 スタジオ確保、地上波連動……競争が激化
IT関連
2021-04-24 05:25
TikTokはホロコーストに関する誤情報に立ち向かっているが、反ユダヤ主義は根強い
IT関連
2022-01-30 19:57