「XZ Utils」だけが破壊工作の標的ではない可能性–オープンソース財団

今回は「「XZ Utils」だけが破壊工作の標的ではない可能性–オープンソース財団」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 「XZ Utils」のバックドア問題(CVE-2024-3094)が、単発的な出来事ではない可能性が出てきた。Open Source Security Foundation(OpenSSF)とOpenJS Foundationが共同声明で明らかにした。

 XZ Utilsに関する一連の出来事をまだ知らない方は、筆者の尊敬する同僚であるSteven J. Vaughan-Nichols記者が執筆した記事「XZ Utilsのバックドア問題–オープンソースのセキュリティを考える」を読んでほしい。簡単に言えば、xzデータ圧縮ユーティリティーのメンテナーだったJia Tan氏なる人物がコードにバックドアを仕掛け、攻撃者が「Linux」を乗っ取れるようにしていたことを、Microsoftのエンジニアが発見したという話だ。

 両財団が今回の声明で、同じような乗っ取りの試みが他にも行われた確かな証拠があると示唆したことから、誰もが注意する必要がある。

 OpenJS Foundationによれば、「重大な脆弱性に対処する」ために人気の高いJavaScriptプロジェクトの1つをアップデートするよう要求する一連の不審なメールが、同財団のCross Project Councilに届いたという。これらの不審なメールには具体的な情報がまったく書かれていなかったが、メールの発信者は、そのプロジェクトの新しいメンテナーとして自分たちを指名するよう求めていた。これは、Jin Tan氏がXZ Utilsにバックドアを仕掛けた手口と同じだ。

 また、そのプロジェクトだけが標的にされたわけではなかったと、両財団は述べている。少なくとも他の2つのプロジェクトも狙われた。このセキュリティリスクに対しては、ただちに警告が発せられた。

 OpenJS Foundationは共同声明の中で、「Linux Foundationと協力しながら、すべてのオープンソースメンテナーの間で、この進行中の脅威に対する認識が高まるようにし、セキュリティとオープンソースの専門家で構成される幅広いコミュニティを通じて、実践的なガイダンスとリソースを提供したいと考えている」と語っている。

 その上で、両財団はソーシャルエンジニアリングによる乗っ取りが疑われる既知のパターンを紹介した。以下のリストはその一部だ。

 読者(または読者のプロジェクト)がこのようなパターンに遭遇したら、OpenSSFのガイドや、米サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)のブログ記事「Avoiding Social Engineering and Phishing Attacks」(ソーシャルエンジニアリング攻撃とフィッシング攻撃を回避する)に必ず目を通してほしい。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
日本の業務自動化利用率は調査国中で最低–UiPath調査
IT関連
2023-05-31 00:35
半数超の企業がDX推進のために導入するテクノロジーとは–ガートナー調査
IT関連
2023-11-08 16:02
LINEで不具合か メッセージ送受信や通話に支障 「詳細を確認中」
ネットトピック
2021-04-13 01:30
EU、米国との間のデータ移転で新たなフレームワークを採択
IT関連
2023-07-12 18:19
ArmがHPCやデータセンター、エッジ向けの最新チップデザインを披露
ハードウェア
2021-04-29 21:04
ストライプジャパン、インターネット向け決済処理プラットフォームをアップデート
IT関連
2022-10-18 13:47
マイクロソフト、AIシステムの脆弱性を評価するツール「Counterfit」を公開
IT関連
2021-05-06 15:02
ポケモンGOに「ゼルネアス」「イベルタル」降臨 5日は伝説レイド大量発生も
くらテク
2021-05-02 02:14
最後のフリートを急げ!ツイッターの消滅型ストーリー機能がもうすぐ終了
ネットサービス
2021-08-05 19:53
「kintone」ガバナンスガイドライン、無料公開–企業ごとの「ガバナンスマップ」を
IT関連
2022-07-17 20:09
猫の自動洗浄トイレ「ネコレット」、大和ハウスが発売 シャンプーに便利なシンク付き
くらテク
2021-02-23 20:36
ゼレンHD・和田社長に聞く事業構想と設立理由–戦略コンサルやシステム開発など傘下
IT関連
2023-10-31 20:56
「+AI」から「AI+」へ–IBMが示すAI戦略
IT関連
2023-05-27 09:53
WebAssemblyのガベージコレクションが正式機能に、最新版のChrome 119で。Firefoxも今月リリースのFirefox 120で正式機能になる見通し
Dart
2023-11-02 10:38