AWSジャパン、生成AIの教育利用を推進–生成AIとデータの利用が教育領域の課題解決に

今回は「AWSジャパン、生成AIの教育利用を推進–生成AIとデータの利用が教育領域の課題解決に」についてご紹介します。

関連ワード (「GIGAスクール構想」で進化する教育現場、CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は4月24日、教育領域における生成AIの活用に関する記者説明会を開催した。同社 執行役員 パブリックセクター技術統括本部長の瀧澤与一氏が、教育ICT環境におけるAmazon Web Services(AWS)の活用状況を紹介し、生成AIの活用事例としてライフイズテック 取締役 CEAIO(最高AI教育責任者)の讃井康智氏と学研メソッド 取締役の中村寿志氏が登壇した。

 瀧澤氏は、AWSが教育のデジタル化を支援する背景として「AWSは教育のDXを加速していきたい。テクノロジーとデータを民主化することで、子どもたち一人一人の可能性を引き出せるのではないか。そのために教育のデジタル化は重要だ」と説明する。

 一方、現状の課題として「個別最適な学びと共同的な学びの実現」や「教職員の働き方改革の実現」が難しい状況にあることを挙げた。AWSではテクノロジーやクラウド、生成AIを活用してこれらの課題の解消に貢献しているという。

 AWSを活用している教育関連企業は多岐にわたり、校務支援システムを提供するSystemDや学習eポータルを提供するNEC、デジタル教科書を配信するLentranceなどが挙げられる。

 瀧澤氏は、教育DXの中で「データの活用が重要になる」と指摘。行政系システムや校務系システム、学習系システムの中にはさまざまなデータが資産として管理されており、これらのデータを活用することで、教育業界の課題解決につなげることができるとしている。

 特に生成AIと組織内のデータを安全に組み合わせることで、新しい価値を生み出せるという。例えば、検索サービス「Amazon Kendra」を用いて過去の問題や教材を参照し、新しいテストの問題や解説を自動で生成する。これにより、教員のテストや課題の負担を軽減しながら、学習範囲や生徒の理解度に応じた問題を作成できる。

 ほかにも生成AIとデータを組み合わせることで、自動採点、教材や授業・議論の要約、記録からのレポート生成、学習補助のアシスタントなどにも役立つとしている。

 同社が提供する生成AIアプリケーションの構築基盤である「Amazon Bedrock」は、さまざまな基盤モデルを用意しており、作りたい業務アプリケーションに適したモデルを選択できる。また、瀧澤氏によると、ユースケースとともに「コスト」「出力の品質」「応答速度」のバランスを考慮しながら適した基盤モデルを選ぶことが重要になるという。

 AWSは、生成AIを簡単に試せる「AWS Generative AI Use Cases JP」を提供している。デプロイした瞬間から本番運用できる日本語に対応した生成AIソリューションで、エンドユーザー向けの要約や翻訳など、汎用(はんよう)的なユースケースを即座に提供できる。

 ほかにも、ユースケースに最適な基盤モデルを選択する手助けとして、基盤モデルを自動で評価する「Model evaluation in Amazon Bedrock」や、不適切な言葉や機密性の高い情報が生成AIアプリケーションから誤って出力されないようにルールとして設定できる「Guardrails for Amazon Bedrock」も提供している。

 今後AWSでは、データと生成AIを活用することで、教職員の働き方改革や個別最適な学びと協働的な学びの実現に寄与していくという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
パーソル総合研究所、第7波のテレワーク状況を調査–忘れる企業と希望する従業員
IT関連
2022-08-12 00:52
PS5「DualSense」コントローラーをAppleが販売 米国のオンラインストアで
社会とIT
2021-05-25 19:24
「大学入試 うんこ英単語2000」発売 「うんこがもれそうなので結論(conclusion)を」など、全例文に「うんこ」入り
くらテク
2021-06-02 22:12
第1回:経済安保推進法と対象となる基幹インフラを整理
IT関連
2022-07-27 10:33
開発者はコーディングよりもビルドとテストの待ち時間が長く、チームの協力でコード作成が高速に。すでに92%がAIを仕事に活用。GitHubによる米国の開発者500人の調査
CI/CD
2023-06-16 10:40
富士通が注力する「Uvance」はSAPとの協業拡大で勢いづくか
IT関連
2023-09-23 08:46
LTS版「Linux」カーネルのサポートが短縮へ–背景にメンテナーの苦悩
IT関連
2023-09-26 00:19
住友大阪セメント、会計システムの基盤構築に「RISE with SAP」を採用
IT関連
2022-03-19 22:38
ライフがネットスーパーの新会社 配送網の整備や専用アプリの開発など
企業・業界動向
2021-04-09 16:29
これがTesla Model SとModel Xの新しい内装だ!操縦桿のようなハンドル、17インチの横型ディスプレイ採用
モビリティ
2021-01-29 16:02
「Windows印刷スプーラー」の新たな脆弱性が明らかに
IT関連
2021-08-13 05:04
2022年に注視すべきセキュリティと5つのビジネスリスク
IT関連
2022-01-19 22:58
長大やNECなど、可搬型ローカル5Gを活用した建設現場の効率化と安全性を検証
IT関連
2024-01-18 03:34
主要6カ国の中小企業の中で44%がサイバー攻撃を経験–マカフィー調査
IT関連
2024-01-25 11:35