ServiceNowとマイクロソフト、お互いの生成AI基盤を連携

今回は「ServiceNowとマイクロソフト、お互いの生成AI基盤を連携」についてご紹介します。

関連ワード (クラウド等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ServiceNowは米国時間5月7~9日、ネバダ州ラスベガスで年次カンファレンス「Knowledge 2024」を開催した。同8日の基調講演には、プレジデント兼最高執行責任者(COO)のCJ Desai氏が登壇し、生成AIを中心に最新の機能を発表した。

 ServiceNowのプラットフォーム(Now Platform)、製品、エンジニアリング、クラウドインフラなどを受け持つDesai氏は、まずServiceNowのプラットフォーム戦略について説明した。

 土台のクラウドレイヤーでServiceNowは、ServiceNowのクラウドに加え、Amazon Web Service(AWS)やMicrosoftの「Azure」でも動かすことができる。その上のプラットフォームコアはサービスレイヤーであり、アプリケーションを支える技術を含む。同時に、顧客もこの上にアプリケーションを構築することができる。

 ここでの新機能としてDesai氏は、「生成AIをモデルがネイティブに組み込まれた」と述べる。これにより、アプリケーションで生成AIを容易に活用できる。プラットフォームコアの上に載るのが、ServiceNowのアプリケーションとなる。

 ServiceNowは、Now Platformにおいて6カ月に1度の大きなリリースを行っているが、今後も継続する。最新版は、3月に発表した「Washington D.C.」で、その次は「Xanadu」(モンゴル帝国時代の都市)、2025年春には「Yokohama」(日本の横浜市)となる。リリース名は都市の名前のアルファベット降順で、最後のZが近づきつつあるが、Desai氏によると、Zの後はAに戻るという。そのリリースサイクルとは別に、AIの機能を頻繁にリリースする。

 コアプラットフォームの強化については、最高技術責任者(CTO)のPat Casey氏が説明した。

 Casey氏によると、コアプラットフォームは、(1)スケール、(2)パフォーマンス、(3)セキュリティ――の3つにフォーカスして開発を進めているという。今回のカンファレンスでは、(1)のための機能として「RaptorDB」を発表した。トランザクション系とアナリティクス系の両方のワークロード向けに最適化したPostgresベースのデータベースで、同社が2021年に買収したSwarm64により実現した。「全く新しいバックエンドだ」とCasey氏は述べる。

 同社テストで、それまでのServiceNowでは毎秒のトランザクション件数が最大約3万5000回であるのに対し、RaptorDBでは約9万3000回となった。Casey氏は「3倍のワークロードを処理できる」と話した。

 (2)については、アップグレードのスピード、ワークスペースのパフォーマンスなどに取り組んでいるという。その取り組みがWashington D.C.リリースに一部含まれているが、次期Xanaduにアップグレードすると、ワークスペースが見違えるように高速に動作するだろうという。

 (3)においては、「Access Control List(ACL)」が新しくなったほか、ACLレイヤーをクエリーにも拡大するなどの強化を図っているという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
FedExアプリが他社サービスの配達も追跡できる機能をテスト中
IT関連
2022-03-23 05:44
塩野義製薬、データ駆動型イノベーションに向けて「Cloudera Data Platform」稼働
IT関連
2022-03-31 08:40
「Firefox 91」がリリース–Cookie削除機能の強化でプライバシー向上
IT関連
2021-08-12 10:50
jQuery 3.7.0リリース。チェーン可能な新メソッドuniqueSort、単位なしのCSSプロパティなど追加
JavaScript
2023-05-18 14:06
ビジネスリーダーに聞く、スタッフの能力を引き出す5つの方法
IT関連
2023-09-23 04:37
改めてサードパーティークッキー問題とは–「Chrome」が廃止を延期
IT関連
2021-07-19 00:29
グーグル、認証局サービス「Google Cloud CAS」を一般提供
IT関連
2021-07-16 09:05
量子コンピューティングのIonQ、Softbank Investment Advisorsと戦略的提携
IT関連
2021-06-04 07:51
大手企業の6割超が「現場部門によるデジタル化を実施」–ドリーム・アーツ調査
IT関連
2021-07-07 14:19
次のLTS版となる「Node.js 22」正式リリース。WebAssembly GCがデフォルトで利用可能に
JavaScript
2024-05-01 19:57
トレンドマイクロ、LINEを使ったサービスを停止
セキュリティ
2021-03-25 01:09
アクセンチュア、独アムラウトを買収–エンジニアリング領域のデジタル活用進める
IT関連
2021-06-22 13:17
飛沫シミュレーションだけじゃない–さまざまに活用されるスパコン「富岳」の有用性
IT関連
2022-03-31 14:59
ユーザベース、郵便物を自社でクラウド管理–郵便物対応だけの出社を約70%削減
IT関連
2022-08-04 01:30