オラクルとGoogle Cloudが提携–顧客のクラウド移行やマルチクラウド展開を後押し

今回は「オラクルとGoogle Cloudが提携–顧客のクラウド移行やマルチクラウド展開を後押し」についてご紹介します。

関連ワード (クラウド等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 OracleとGoogle Cloudは米国時間6月11日、顧客が「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)とGoogle Cloudのテクノロジーを組み合わせ、アプリケーションの移行とモダナイゼーションを加速できるようにする提携について発表した。

 Google Cloudの「Cross-Cloud Interconnect」ではまず、世界11のリージョンで顧客オンボーディングの開始を予定している。これにより顧客は、クラウド間のデータ転送料なしで汎用ワークロードを導入することが可能となる。2024年後半には新サービス「Oracle Database@Google Cloud」の提供を予定しており、同サービスは最高レベルの「Oracle Database」とネットワークパフォーマンスをOCIと同等の機能と価格で提供するという。

 両社はOracle Database@Google Cloudを共同で市場に展開し、金融サービス、ヘルスケア、小売、製造など、さまざまな業界の企業にメリットをもたらすとしている。

 Oracle Database@Google Cloudは、Google Cloudデータセンターに配置され、OCI上で実行されるOracleのデータベースサービスへの直接のアクセスを可能にする。この新サービスは、顧客のクラウド移行の加速を支援し、IT環境のモダナイゼーションに加え、Google Cloudのインフラストラクチャー、ツール、「Vertex AI」や「Gemini」の基盤モデルなどを含むAIサービスを活用できる。具体的には、以下の利点がある。

 Oracleは北米と欧州を皮切りに、世界中のGoogle Cloudデータセンター内でOracle Databaseサービスを直接運用管理することを予定している。「Oracle Exadata Database Service」「Oracle Autonomous Database Service」「Oracle Real Application Clusters(RAC)」は2024年後半、米国東部(アッシュバーン)、米国西部(ソルトレイクシティ)、英国南部(ロンドン)、ドイツ中部(フランクフルト)の4リージョンで提供開始され、そのほかの地域にも急速に展開される予定。

 OCIとGoogle Cross-Cloud Interconnectは、顧客がOCIとGoogle Cloudの両リージョンにわたって、クラウド間のデータ転送料金なくワークロードを展開することを可能にする。

 顧客は6月11日から、オーストラリア東部(シドニー)、オーストラリア南東部(メルボルン)、ブラジル東部(サンパウロ)、カナダ南東部(モントリオール)、ドイツ中部(フランクフルト)、インド西部(ムンバイ)、日本東部(東京)、シンガポール、スペイン中部(マドリード)、英国南部(ロンドン)、米国東部(アッシュバーン)の11のクロスクラウドインターコネクトリージョンにおいて、オンボーディングを行える。

 これにより顧客は、機能、パフォーマンス、価格に基づいて両社のサービスを最適に組み合わせ、イノベーションをもたらせる。また、OCIとGoogle Cloud間の直接相互接続を活用することで、低遅延を実現し、最高クラスのマルチクラウドネットワークパフォーマンスを実現できるという。

 OCIとGoogle Cloud上の分散データストアを用いて、「Oracle E-Business Suite」「Oracle PeopleSoft Enterprise」「Oracle Retail Merchandising」など、Oracleの複数アプリケーションをOCI上で実行することも可能。加えて、Google CloudのエンタープライズクラスのAIテクノロジーを含むGoogle CloudとOCIのテクノロジーを活用し、新しいクラウドネイティブなアプリケーションを構築できる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
GAFAを標的にした反トラスト法改正案、米下院議員らが発表
IT関連
2021-06-14 05:55
「ID」と「アイデンティティー」は違う? セキュリティ対策の視点から
IT関連
2023-08-03 08:04
マイクロソフト、AIインフラサービス「Singularity」の詳細を説明
IT関連
2022-02-24 22:08
PostgreSQLを生成AIの情報源として使える高速ベクトルデータベース化拡張「Pgvectorscale」がオープンソースで公開。Pgvectorをさらに高性能化
PostgreSQL
2024-06-21 22:38
NECソリューションイノベータ、4.7億円削減した社内用AIチャットボットを商品化
IT関連
2022-12-16 12:54
横河レンタ・リース、ハイブリッドクラウド運用支援サービスを開始
IT関連
2021-07-06 11:45
ChatGPTにKubernetesのアラート対応を教えてもらう。監視ツールとChatGPTをつなげる「Kubernetes ChatGPT Bot」登場
Kubernetes
2023-01-16 09:03
前Red Hat CEOのジム・ホワイトハースト氏、IBMのプレジデントを退任へ、自身が決断
IBM
2021-07-05 23:48
三菱UFJファクター、決済事業の査定事務の電子化で処理時間を大幅削減
IT関連
2022-11-10 18:32
Suicaでビルの入退館 ゲートにかざすと受付完了 JR東など実験
クラウドユーザー
2021-01-26 00:18
議事録自動作成用AIツール26種類をまとめた「議事録作成AIカオスマップ」が公開
人工知能・AI
2021-03-10 00:24
サンスターグループ、オラクルのクラウドHCMを導入–グローバルでの人的資源を最適化
IT関連
2022-11-29 04:32
PythonやR対応の統合開発環境「JupyterLab 4.0」正式リリース。 より効率的なレンダリング、リアルタイムコラボレーション機能が分離など
Python
2023-06-15 04:27
Twitter、日本を含むG7の公人と政府機関のアカウントにラベル追加へ
アプリ・Web
2021-02-15 21:00