Twitterがインド当局のさらなる警告を受け500以上のアカウントを停止

Twitterがインド当局のさらなる警告を受け500以上のアカウントを停止 サムネイル

今回は「Twitterがインド当局のさらなる警告を受け500以上のアカウントを停止」についてご紹介します。

関連ワード (Twitter、インド等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Twitter(ツイッター)はインド時間2月10日、インド政府が同社の幹部に対して法的措置を取ると警告したのを受け、インド当局からの「いくつかの」命令に従うために、同国内で500以上のアカウントに停止措置を講じ、いくつかのハッシュタグの視認性を低下させたと述べた。

関連記事:インド当局がTwitterによる同国農民の抗議運動に関するツイートのブロック解除に警告

Twitterは先週初め、インド政府の要請により、農業改革に関する農民の抗議活動へのリンクを含む数百のアカウントを停止していたが、その後、ユーザーの言論の自由を理由に数時間以内にその決定を取り消した。同社は2月10日に、それらのアカウントの大部分を再び停止したと述べ、そのうちいくつかのケースは恒久的に凍結するとともに、特定の表現が「トレンド」セクションに掲載されることを防ぐと公表した。

関連記事:Twitterがインド政府からの「法的要求」を受け、同地の著名人アカウントを停止

同社は、それらのTwitterのアカウントはインド国内でのみブロックされていると述べ、同国政府による指示が国内法と矛盾していると考えているため、同国の外では表示されたままになるとしている。また停止されたアカウントの中に、ニュースメディア団体、ジャーナリスト、活動家や政治家に属するアカウントは含まれていないとも述べた。「そうすることは、インドの法律の下での表現の自由に対する基本的権利を侵害することになると考えています。当社は本日、MeitY(Ministry of Electronics and Information Technology、電子情報技術省)に我々の執行措置を通知しました」と同社は述べている。

同社はブログでこう書いている。「過去10日間にわたり、Twitterはインド政府電子情報技術省から情報技術法第69A条に基づき、複数のブロック命令を受けました」。

「このうち2つは緊急のブロッキング命令で、当社は一時的にこれに応じましたが、その後、インドの法律に合致すると思われる方法でコンテンツへのアクセスを回復しました。このことをMeitYに伝えた後、コンプライアンス違反の通知を受けました」と、サンフランシスコに本社を置く同社はつけ加えている。

インドでは何百万人もの農民が2カ月以上、ニューデリーの新法に抗議してきた。同社のアプリを通じて7500万人以上のユーザーにリーチしているTwitterは、この問題について意見を述べようとする人々にとって、最も重要なオンラインフォーラムの1つとして浮上している。

インドの俳優や政治家よりも多くのフォロワーを持つ歌手Rihanna(リアーナ)は先週、抗議行動を伝えるCNNのニュース記事を投稿し、「なぜ私たちはこのことについて話していないの!?」と質問を投げかけた。インド政府は、新法は農業のサプライチェーンを合理化することで農家や消費者を助けることを目的としていると主張している。同政府はまた、2021年1月、首都周辺の抗議行動の近くでインターネットサービスを一時的に停止した。

WH @PressSec refers to State on Indian govt cutting Internet around #FarmersProtests but adds: "We always have concerns about crackdowns on freedom of speech, freedom of expression, happening around the world, when it doesn’t allow people to communicate and peacefully protest.”

— Sabrina Siddiqui (@SabrinaSiddiqui) February 10, 2021

ニューデリーの農業改革を指したハッシュタグ「#modiplanningfarmersgenocide」(モディは農民大虐殺を計画中)を使ってツイートしたユーザーも多くいた。同社は、いくつかのアカウントやハッシュタグが、暴力の扇動、乱用、危害の希望とオフラインでの危害のリスクを誘発する可能性のある脅迫に関するTwitterのルールに違反していたと述べた。

TechCrunchの取材に対しTwitterの広報担当者は、単に農民や彼らの抗議を支持しているだけのハッシュタグは制限されていないと語った。

2021年2月初めにTwitterへ出した通知の1つで、インド政府は多くのユーザーが虚偽の威圧的な発言や挑発的なメッセージを共有していることへの懸念を表明していた。先週、同社が命令を遵守していた短い期間中、Twitterは著名人のアカウントをいくつか停止した。その中には、調査報道を行うニュース誌のCaravan(キャラバン)、政治評論家のSanjukta Basu(サンジュクタ・バス)氏、活動家のHansraj Meena(ハンスライ・ミーナ)氏、俳優のSushant Singh(スシャント・シン)氏、公共放送局Prasar Bharti(プラサール・バラティ)の最高経営責任者Shashi Shekhar Vempati(シャシ・シェカール・ヴェンパティ)氏、そして少なくとも2人のアーム・アードミ党の政治家、Preeti Sharma Menon(プレティ・シャルマ・メノン)氏とJarnail Singh(ジャルナイル・シン)氏などが含まれていた。同党は、デリーの首都特別地域を統治している。

Twitterがそのブロックを解除した後、インド政府は、同国の第69A条を引用して、Twitterとその幹部に対してより深刻な警告を発した。同法により、「7年まで延長することができる期間の懲役刑と罰金を科すことができる」というものだ。インド政府は、Twitterはインドで「裁判所の役割を担い、コンプライアンス違反を正当化することはできない」と述べた。

「当社は、我々がサービスを提供する人々を代表して表現の自由の権利を主張し続けるとともに、Twitterと影響を受けたアカウント両方のために、積極的にインドの法律下での選択肢を模索しています。当社は引き続き、Twitter上で発生している会話の健全さを守ることを約束し、ツイートは流れる(自由に動く)べきだと強く信じています」と同社は現地時間2月10日に述べている。

【更新(インド時間2月10日午後10時40分)】Twitter幹部のMonique Meche(モニーク・メシェ)氏(グローバル公共政策担当副社長)とJim Baker(ジム・ベイカー)氏(副顧問兼法務担当副社長)は現地時間2月10日、インド政府の電子情報技術省長官とバーチャル会議を行った。

インド政府が現地時間10日の夜に発表したプレスリリースによると、長官は「米国のキャピトルヒル(国会議事堂)での出来事の際にTwitterが取った措置を同社に再認識させ、インドのレッド・フォートでの騒動とその余波と比較した。2つの事件におけるTwitterの差別的な扱いに不満を表明した」という。また、「Twitterが『表現の自由』ではなく、むしろそのような自由を乱用し、公序良俗の乱れを挑発しようとする者たちの味方をしているのを見て、深い遺憾の意がTwitterの代表者に伝えられた」とも。

長官はまた、「インドの不和と不安を煽るために作り出された」運動を展開するためにTwitterが悪用されている疑惑について懸念を表明した。同省は、これは「容認できないものであり、Twitterは、インドに対するこのような組織的な運動に対して、現地の適用法を遵守し、強力な措置を取らなければならない」と述べた。

声明はこう付け加えている。「インドの恵まれたビジネス環境、オープンなインターネット、表現の自由への確固たるコミットメントにより、プラットフォームとしてのTwitterはここ数年でインドで大きく成長しました。Twitterはインドで活動する事業体として、インドの法律や民主主義的な制度も尊重しなければなりません。Twitterは、他の事業体が行うように、独自のルールやガイドラインを策定するのは自由ですが、インド議会によって制定されたインドの法律は、Twitterの独自のルールやガイドラインに関係なく守られなければなりません」。

「合法的に可決された命令は、どのような事業体にも拘束力があります。それらの命令には直ちに従わなければなりません。数日後に実行された場合、無意味になります。長官は、Twitterが不本意に、渋々、そして大きな遅れをとって命令の実質的な部分を遵守してきたやり方について、Twitterの幹部に深い遺憾を表明しました。彼はこの機会に、インドでは、その憲法と法律が最上位であることをTwitterに認識してもらいました。責任ある事業体であれば、国法を再確認するだけでなく、遵守することが求められます。インド政府は、Twitterが公式に偽、未検証、匿名、自動化されたボットアカウントのプラットフォーム上での運用を許可している管理方法は、同プラットフォーム上での透明性と健全な会話へのコミットメントに疑問を投げかけるものであることをTwitterの幹部に伝えました」とプレスリリースはつけ加えている。

画像クレジット:Amal KS/Hindustan Times / Getty Images


【原文】

Twitter said on Wednesday it has taken action on more than 500 accounts and reduced visibility of some hashtags in India to comply with “several” orders from the Indian government after New Delhi threatened legal action against executives with the American social network.

Twitter had suspended hundreds of Twitter accounts, several with links to farmers’ protests on agricultural reforms, at the request of New Delhi early last week, but then reversed its decision within hours citing users’ freedom of speech. The company said on Wednesday that it was re-suspending most of those accounts, in some cases, permanently, and preventing certain terms from appearing in the Trends section.

The company said Twitter handles are only being blocked in India and will remain visible outside of the country as it believes orders by the Indian government are inconsistent with local law. It also said that no accounts belonging to news media entities, journalists, activists or politicians were taken down. “To do so, we believe, would violate their fundamental right to free expression under Indian law. We informed MeitY [Ministry of Electronics and Information Technology] of our enforcement actions today,” it said.

“Over the course of the last 10 days, Twitter has been served with several separate blocking orders by the Ministry of Electronics and Information Technology, Government of India, under Section 69A of the Information Technology Act,” the company wrote in a blog post.

“Out of these, two were emergency blocking orders that we temporarily complied with but subsequently restored access to the content in a manner that we believe was consistent with Indian law. After we communicated this to MeitY, we were served with a non-compliance notice,” the San Francisco-headquartered firm added.

Millions of farmers have been protesting New Delhi’s new laws for more than two months. Twitter, which reaches more than 75 million users through its apps in India, has emerged as the single-most important online forum for people seeking to voice their opinion on this subject.

Singer Rihanna, who has more followers on Twitter than any Indian actor or politician, tweeted a CNN news story last week about the protests and asked “why aren’t we talking about this!?” The Indian government maintains that the new laws are aimed at helping farmers and consumers by streamlining the agricultural supply chain. New Delhi also temporarily shut internet services near the protests in and around the national capital last month.

Several users had also tweeted using the hashtag #modiplanningfarmersgenocide that were aimed at New Delhi’s agriculture reforms. The company said several accounts and hashtags violated the Twitter Rules, particularly inciting violence, abuse, wishes of harm and threats that could trigger the risk of offline harm.

A Twitter spokesperson told TechCrunch that hashtags that were merely supporting farmers or their protests have not been restricted.

In one of its orders to Twitter earlier this month, India had expressed concerns that many users were sharing false and intimidating statements and provocative messages. During its brief period of compliance with the order last week, Twitter had suspended handles of several high-profile accounts, such as The Caravan (a news outlet that conducts investigative journalism), political commentator Sanjukta Basu, activist Hansraj Meena, actor Sushant Singh, Shashi Shekhar Vempati, chief executive of state-run broadcasting agency Prasar Bharti and at least two politicians with Aam Aadmi Party — Preeti Sharma Menon and Jarnail Singh — that governs the National Capital Territory of Delhi.

After Twitter lifted the block, New Delhi issued a more serious warning to Twitter and its executives, citing the nation’s Section 69A, which allows “punishment with an imprisonment for a term which may extend to seven years and shall also be liable to fines.” New Delhi said that Twitter cannot “assume the role of a court and justify non-compliance” in India.

“We will continue to advocate for the right of free expression on behalf of the people we serve and are actively exploring options under Indian law — both for Twitter and for the accounts that have been impacted. We remain committed to safeguarding the health of the conversation occurring on Twitter, and strongly believe that the Tweets should flow,” the company said today.

Updated at 10.40PM IST: Twitter executives Monique Meche, Vice President of Global Public Policy, and Jim Baker, Deputy General Counsel and Vice President Legal, held a virtual meeting with Secretary of Ministry of Electronics and Information Technology of Government of India Wednesday.

According to a press release issued by New Delhi Wednesday evening, the Secretary “reminded Twitter about the action taken by Twitter during the Capitol Hill episode in the USA and compared that with the disturbance in Red Fort in India and its aftermath. He expressed dissatisfaction over Twitter’s differential treatment in the two incidents. A deep sense of disappointment at seeing Twitter side not with ‘freedom of expression’ but rather with those who seek to abuse such freedom and provoke disturbance to public order, was conveyed to the Twitter representative.”

The Secretary also expressed concerns over alleged misuse of Twitter to create campaigns that were “designed to create disharmony and unrest in India.” The ministry said this was “unacceptable and Twitter must take strong action against such well-coordinated campaigns against India, through compliance with the applicable law of the land.”

“Due to India’s conducive business environment, open Internet and firm commitment to the freedom of expression Twitter as a platform has grown significantly in India in last few years. Twitter, as a business entity working in India, must also respect the Indian laws and democratic institutions. Twitter is free to formulate its own rules and guidelines, like any other business entity does, but Indian laws which are enacted by the Parliament of India must be followed irrespective of Twitter’s own rules and guidelines,” the statement adds.

“Lawfully passed orders are binding on any business entity. They must be obeyed immediately. If they are executed days later, it becomes meaningless. Secretary expressed his deep disappointment to Twitter leadership about the manner in which Twitter has unwillingly, grudgingly and with great delay complied with the substantial parts of the order. He took this opportunity to remind Twitter that in India, its Constitution and laws are supreme. It is expected that responsible entities not only reaffirm but remain committed to compliance to the law of land. The Govt. conveyed to the Twitter leadership that the manner in which Twitter officially allows fake, unverified, anonymous and automated bot accounts to be operated on its platform, raises doubts about its commitment to transparency and healthy conversation on this platform,” the press note added.

(文:Manish Singh、翻訳:TechCrunch Japan)

インド - Wikipedia

インドは南アジア随一の面積(世界では7位)と世界第2位の人口を持つ国である。13億人を超える国民は、多様な民族、言語、宗教によって構成されている。

インド|外務省

 · インド北部における洪水被害(菅総理大臣及び茂木外務大臣からのお見舞いメッセージの発出)(令和3年2月8日) ヴァルマ駐日インド大使による鷲尾外務副大臣表敬(令和3年2月4日) 日米豪印局長級協議(令和2年12月18日) 第3回 ...

インド基礎データ|外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

328万7,469平方キロメートル(インド政府資料:パキスタン、中国との係争地を含む)(2011年国勢調査) 2 人口 13億6,641万人(2019年世銀資料) 3 首都

インドの旅行・観光ガイド|地球の歩き方

 · インドの旅行・観光ガイド. 日本の約9倍の面積をもつ、広大なインド亜大陸。. ヤシの木が繁る熱帯の海岸線、雪に覆われたヒマーラヤの聖地、ラクダが行き交う乾いた砂漠、ベンガルタイガーが生息する森林、大河とともに生きる人々、ブッタが歩いた過酷な自然の地、緻密な彫刻に彩られた建造物...。. 変化に富んだ自然と、そこに暮らす多種多様な民族 ...

インド | アジア - 国・地域別に見る - ジェトロ - JETRO

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなど、インドのビジネス関連情報全般をお届けしています。対インドビジネスの情報源としてご活用ください。

Meiji Co., Ltd. - インド共和国|比べてみよう!世界の食と文化 ...

インドには「ダヒー」と 呼 よ ばれるヨーグルトがあり、家庭で 牛乳 ぎゅうにゅう から手作りすることが多いです。. ダヒーはそのまま食べるだけでなく、肉や野菜のにこみ料理に入れたり、タンドゥリーチキンなどのグリル料理の味付けに使われたり、 直接 ちょくせつ お料理にかけて食べます。. また、ダヒーに 牛乳 ぎゅうにゅう や 砂糖 さとう 、果実などを ...

知っておきたい!インドの食文化・食事マナー [インド] All About

ランチタイムの東京のオフィス街のインド料理屋は常に満席で大賑わい。でも食べる機会はある割に知られていないインドの食文化やマナー、タブーな食べ物について紹介します。

India:国際ニュース:AFPBB News

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつであるAFP通信が配信する世界中のニュースをお届けする日本語ニュースサイトです。総合ニュース、速報、環境・科学、ライフ、スポーツ、ファッション、時計、動画など、世界 165 カ国から届いた情報を掲載しています。世界中の「今日」を伝えるAFPBB Newsで、最新の国際ニュースをお楽しみ下さい。

インドの経済ニュース・ビジネス情報 - NNA ASIA

インド経済の詳細やビジネスに直結する新着ニュースを一覧で掲載。現地の最新動向を一目で把握できます。法律、会計、労務などの特集も多数掲載。

CNN.co.jp : インドで原因不明の疾患、300人超入院

インド南東部アンドラプラデシュ州で、原因不明の疾患のため300人以上が入院し、1人が死亡した。調査に当たっている地元当局者が明らかにした。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
確定拠出年金プロバイダーのHuman Interestが約58億円の資金を調達、18カ月ほどで約10倍に成長
フィンテック
2021-02-16 10:54
月にふるさとの味を“転送”──フードテックベンチャーが目指す「調味料プリンタ」の可能性 :食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界(1/2 ページ)
くわしく
2021-01-27 02:45
「シン・エヴァ」公開日は3月8日に IMAX、MX4D・4DXも同時公開
くらテク
2021-02-27 23:26
StackShare、「The Top 100+ Developer Tools 2020」を発表、新ツール1位は「Simple」が獲得
IT関連
2021-01-29 02:29
ソニーが「α7S III」ライクな映画撮影用カメラ「FX3」発表、最大13時間連続の4K撮影対応
ハードウェア
2021-02-25 21:07
電子文書の利用を推進する諸制度の動きとテクノロジー–前編
IT関連
2021-01-19 02:41
Yelpが初公表したレポートによると投稿レビューの25%が非推奨に
ネットサービス
2021-02-28 03:06
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-02-28 03:06
「デイリーポータルZ」4月から東急メディア傘下に 林編集長「これからの展開にご期待ください」
ネットトピック
2021-02-26 00:04
元Uberチームによる地理空間データ分析プラットフォームUnfolded.aiが約6.2億円を調達
IT関連
2021-01-29 04:33
東京五輪の公式Twitterアカウントが一時凍結、組織委が謝罪 原因は“誕生日”
ネットトピック
2021-01-26 01:11
第一線のDXコンサルタントが新会社を設立した思いとは
IT関連
2021-02-12 10:23
現金払いの住宅ローン融資を提供するUpEquityが約26億円を株式と負債で調達
フィンテック
2021-02-15 15:19
インドのジャンムー・カシミール地域で18カ月ぶりに4Gインターネット回線が復活
パブリック / ダイバーシティ
2021-02-08 09:42
「Amazon EC2」の「Mac」インスタンス、「macOS Big Sur」に対応
IT関連
2021-02-26 05:10
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-02-26 05:10