マイアミは次のシリコンバレーにはならない、次のシリコンバレーは不要だからだ

マイアミは次のシリコンバレーにはならない、次のシリコンバレーは不要だからだ サムネイル

今回は「マイアミは次のシリコンバレーにはならない、次のシリコンバレーは不要だからだ」についてご紹介します。

関連ワード (Miami、コラム等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


本稿の著者であるLaura González-Estéfani(ローラ・ゴンサレス-エステファニ)氏は、世界の起業家エコシステムをより多様で国際的なものにし、公正な資本の利用を可能にするためにデザインされた国際的な事業者主導のベンチャーアクセラレーションモデルであるTheVentureCityの創設者でCEO。

ーーー

創設者や投資家が西海岸からテキサス州やフロリダ州へと押し寄せていることは、市場で何十年にもわたって展開されている大きな動きの先駆けである。

スタートアップの未来は、分散化されたグローバルなエコシステムにある。富と知識が集中しておらず、共有され、開かれている。そこには資本ではなくネットワークがある。

マイアミは幸先の良いスタートを切った。

情勢を整理しよう。マイアミはすでに世界で最も有名な(伝統的でない)スタートアップハブの1つに位置づけられており、2020年にはテック界の大手がフロリダに拠点を移す動きが見られた。マイアミのFrancis Suarez(フランシス・スアレズ)市長は、非常に人気のあるツイッターのキャンペーンでこの流入に拍車をかけている。

マイアミはすでに世界で最も有名な(伝統的でない)スタートアップハブの1つに位置づけられており、2020年にはテック界の大手がフロリダに拠点を移す動きが見られた。

これはグローバル志向の事業家たちがすでに知っている事実の表れだ。世界はマイアミが将来のハイテクハブの先駆者となることを待っている。この都市は、ラテンアメリカに関心のある米国のスタートアップのための出発点であるだけではなく、西半球に進出したいグローバルなスタートアップの戦略的な足がかりとなっている。

世界中で、起業家にとって国際的な機会が拡大している。新興市場の起業家にとって、人生を変えるような製品を生み出すためのより大きな接続性と可能性が存在する。

こうした起業家たちは、どこで存在感を発揮したいと考えるだろうか?グローバルな投資家と起業家のネットワークの中心であり、真のメルティングポットであり、成熟市場と新興市場が交差するところではないだろうか。

現在、マイアミに注目が集まっているのはそのためだ。しかし、マイアミは、近々この世界的なトレンドの一部となりそうな数ある都市の中の最初の都市にすぎない。

ここでは、なぜマイアミがスタートアップエコシステムの新しいグローバルグリッドの先頭に立っているのかを解説する。

世界の主要なスタートアップエコシステムの3分の2は北米以外の地域にある。それだけでなく、専門家の70%はテクノロジーの影響力がシリコンバレーから分散しつつあると考えている。Bloomberg Innovation Indexでは、米国は2013年のトップから2020年には第9位に転落したが、欧州とアジアではテクノロジーに関する知識と影響力が成長しており、上海やベルリンなどの都市ではその勢いが増している。

同様にマイクロビジネスも増加傾向にあり(すでに世界中で新たなビジネスが生まれている)、郵便番号のあるビジネスは減っていくだろう。

つまり大企業やVC企業がシリコンバレーや米国の外へ進出してきても、同様のM.O.を構築しようとしているわけではなく、シリコンバレーだけが唯一のM.O.ではないことを示している。新しいM.O.はボーダレスでつながっている、インクルーシブなネットワークだ。これは投資家により遠く離れたビジネスチャンスへの拡大されたアクセスを与える。起業家は会社を設立するために最も便利な場所を選ぶことができ、膨大な経費を節約すると同時に、より多くの専門知識を共有できる。

新興市場のスタートアップは概して、米国のスタートアップが受けられる資金のほんの一部しか受け取っていない。つまり、資金が底をついたときには、生き残るための最も革新的な解決策を考え出さなければならないという大きなプレッシャーにさらされることになる。

こうした現地の起業家を支援するには、地域のソリューションが必要であるという事実がある。医療から物流に至るまで、これらの垂直市場の課題にはすべて、国内のインフラストラクチャとサービスに関する知識が必要になる。

ここでの可能性は大きい。新興市場は世界で最も人口の多い国であり(中国、インド、ブラジル、メキシコ、ナイジェリアなど)、言語や接続性の壁は徐々に崩れつつあり、モバイルインターネットの利用は急増している。

投資家はすでにアジアからラテンアメリカに至るまでの新興市場の巨大な価値に注目しており、その注目は特に米ドルの価値が下がるにつれて高まっている。Pitchbookによると、ちょうど2020年第4四半期にラテンアメリカへのVC投資は2019年第4四半期に比べて93%成長した。

これは新興のハイテクハブにとって何を意味するだろうか?第1に、数が増え、より分散され、より多くの資金を持つようになるだろう。第2に、実証された牽引力を持つサービスを米国の顧客に提供する新興市場のスタートアップの流れが強まるだろう。

これらの企業が開発し、国内の何百万人ものユーザーを対象にテストする革新的な製品は、米国だけでなく、同じようなニーズを持つ他の新興市場でも肥沃な市場を見つけることができる。このような企業の多くは、本社に技術チームを置きながら、戦略的な事業基盤として米国を利用したいと考えている。

これは創設者、アクセラレーター、投資家、サポート組織が、歴史的に国際化を経験しており、世界中にコネクションを持っているからだ。では、これらの外国企業はどこに着地するだろうか?デンバーやオースティンに興味を持つだろうか。あるいは国際的なハブとして有名になったばかりの都市であろうか。

マイアミは、海外のスタートアップが米国と同じようなトレンドを持つ新興市場との両方にアクセスできる場所である。同市は成熟市場と新興市場の間のインターセクションに位置するように大きく前進し、インクルーシブな(人口の半分は外国生まれである)エコシステムを作り、個人主義よりもコラボレーションを優先し、新規参入を奨励する。したがって、これは多様性のあるスタートアップ都市の(実用的な)モデルになるだろう。

シリコンバレーからの「脱出」が話題になっている中、このハブが常に堅調であったのは重要な機能である資本へのアクセスのためだと指摘する向きもある。

しかし投資家は最良の機会を追う。つまり、テクノロジーへの投資はますますグローバル化することになる。簡単にいえば、シリコンバレーに富が集中していることは、世界中で高まるテクノロジーの需要と相容れない。シリコンバレーは滅びることはないが、市場規模は大きくなっている。そして、より多くの資本がすでに新興のテクノロジーハブに向かっている。

その兆候として、米国のベンチャーキャピタル大手が新興地域に進出していることが挙げられる。たとえばSequoia(セコイア)は最初のヨーロッパオフィスを開設し、SoftBank(ソフトバンク)はラテンアメリカに数十億ドル(数千億円)を投資している。

これは米国の投資家がマイアミのような世界的な機会に容易にアクセスできる地域を好むことを意味している。2020年、マイアミ地域へのVCによる投資はパンデミック中であるにも関わらず22億ドル(約2300億円)を超えた(スペイン全国で約1460億円だったことと対照的だ)。それだけでなく、新興市場の投資家からの資金調達も増えている。

ラテンアメリカでは、現地の資金提供者が有望な企業の支援に大きな役割を果たしている。2019年、ラテンアメリカに投資された記録破りの46億ドル(約4810億円)のVC投資のほぼ40%が、少なくとも1人のラテンアメリカの投資家との共同投資によるものであった。そして我々が見た限りでは、地域の投資家は米国を拠点とする組織にますます資金を提供している。

彼ら(そして同様の人々)が求めているのは、地域や外国の起業家とつながるエコシステムを確立し、市場を越えたパートナーシップを育むことだ。

マイアミのような場所はこうしたネットワークの拠点となる必要がある。南フロリダではすでに500 Startups(500スタートアップス)、Plug & Play(プラグ アンド プレイ)、TheVentureCity(ザ・ベンチャーシティ)など、グローバルなマインドを持つアクセラレーターやスタートアッププログラムを展開している。また、Ocean Azul(オーシャン・アズール)、Endeavor Catalyst(エンデバー・カタリスト)、Starlight Ventures(スターライト・ベンチャーズ)、Level VC(レベルVC)などの国際的なネットワークを持つVC企業に加えて、現在はソフトバンクが参加している。

最後に、マイアミが国際的なコネクタースタートアップハブの米国におけるパイオニアであることを強調したい。

スタートアップは、より少ない費用で多くのものを5年に1度のペースで構築し、初日から国際的に展開することで、より多くの市場で製品をすぐにテストすることができる。これは世界レベルの接続性があれば実現可能であり、国境を越えて常に外に目を向けている環境にいることにつながっていく。

またタイムゾーンが南米の大部分と同じであり、ロンドンからわずか5時間遅れであることも便利だ(サンフランシスコがタイムゾーンを共有するのは、米国のその他の地域とバンクーバーだけである)。

成功を追い求めて生まれ育った土地を離れる人は、歓迎されることを望んでいる。彼らは、市長が「Cafecito(カフェシート、1杯のコーヒーほどの会話)」のために喜んで彼らに会い、他の創設者たちが彼らの到着を心から熱心に支持していることを評価している。成功するためにコネクション、資金、バックグラウンドが必要になりがちな、物価の高い都市には移り住みたくないと考えている。

マイアミは、グローバルなスタートアップハブの将来を映し出している。次のシリコンバレーにはならないだろう。なぜなら、次のシリコンバレーは不要だからだ。地球上のあらゆる場所で起業家の世界が繁栄するにつれ、新興市場の企業が米国やヨーロッパの市場を席巻し、その拠点となる都市が国際的なネットワークに参入していくことになるだろう。

画像クレジット:Buena Vista Images / Getty Images


【原文】

The rush of founders and investors from the West Coast to states like Texas and Florida are the precursor for something bigger, a movement decades in the making.

The future of startups is a decentralized, global ecosystem. Where wealth and knowledge isn’t concentrated, but shared and open. Where there aren’t capitals, but networks.

Miami has had a head start.

Let’s set the scene. Miami already ranks among the world’s most prominent (nontraditional) startup hubs, and 2020 saw more big names in tech migrate to Florida. Miami Mayor Francis Suarez has been spurring on the influx with an extremely popular Twitter campaign.

Miami already ranks among the world’s most prominent (nontraditional) startup hubs, and 2020 saw more big names in tech migrate to Florida.

These are signs of what globally minded business savvies already know is true. The world is ready for Miami as the pioneer of future tech hubs. Because the city isn’t just a launching pad for U.S. startups with interests in Latin America. It’s a strategic landing pad for global startups who want a presence in the Western Hemisphere.

Across the globe, international opportunities for founders are growing: There is greater connectivity and greater potential for emerging market entrepreneurs to produce life-changing products.

Where will those entrepreneurs want to have a presence? At the heart of global investor and entrepreneur networks, in true melting pots, and at crossroads between mature and emerging markets.

That’s why Miami is in focus right now, but it’s only the first of many cities that will soon be a part of this global trend.

Here’s why Miami is spearheading this new global grid of startup ecosystems.

1. Global tech is no longer concentrated — it’s fragmented across the world

Two-thirds of the world’s top startup ecosystems are outside of North America. Not only that, but 70% of professionals believe that technology power is dispersing away from Silicon Valley. The Bloomberg Innovation Index bumped the United States down from top spot in 2013, to No. 9 in 2020. Tech knowledge and power is growing in Europe and Asia, flourishing in cities like Shanghai and Berlin.

Similarly, microbusinesses will increase (we’re already seeing a surge in new businesses being created around the world), and less of them will have zip codes.

So, when big businesses or VC firms leave/explore outside Silicon Valley, or the United States entirely, they’re not building more of the same, they’re showing us that Silicon Valley is no longer the only M.O. The emerging M.O. is borderless and connected: an inclusive network. It gives investors greater access to more distant business opportunities. It allows entrepreneurs to choose the most convenient place to build a company — and save huge amounts of overhead — while also sharing more expertise.

2. You can build global companies from emerging hubs

Startups in emerging markets have always received a mere fraction of the funding available to U.S. startups. Which means that when money dries up across the board, they are under even more pressure to come up with the most innovative solutions just to survive.

Empowering these local entrepreneurs is the fact that today’s problems need local solutions — from health to logistics, these verticals all require inherent knowledge of domestic infrastructure and services.

The potential here is huge. Emerging markets house the greatest world populations — China, India, Brazil, Mexico, Nigeria… — and language and connectivity barriers are slowly melting away, with mobile internet use surging.

Investors are already perking up to the enormous value of emerging markets, from Asia to Latin America, especially as the strength of the U.S. dollar drops. Just in Q4 2020, VC investment in Latin America saw a 93% growth over Q4 2019, according to Pitchbook.

What does this mean for emerging tech hubs? First, there will be more of them, more distributed and with more funding. Second, we’re going to see a stronger flow of emerging market startups serving customers in the United States to offer services with proven traction, rather than vice versa.

The disruptive products these companies develop and test on millions of users back home find fertile markets not only in the United States, but in other emerging markets with similar needs. Many such companies will want to use the United States as a strategic operating base while keeping the engineering teams in their HQs.

That’s because our founders, accelerators, investors and support organizations have historic experience in internationalization, as well as connections across the globe. So where will these foreign companies land — will they be interested in Denver or Austin, or rather a well-connected city that has made a name for itself as an international hub?

Miami is a landing pad where foreign startups can access both the United States and emerging markets with comparable trends. The city has made strides to position itself at the intersection between mature and emerging markets, creating an ecosystem that is inclusive (half of the population is foreign-born), prioritizes collaboration over individualism and encourages the arrival of newcomers. As such, it will be a (working) model for diverse startup cities.

3. The money will follow

Amid talks of a Silicon Valley “exodus,” some have been quick to point out that the hub has always held strong because of a key feature: access to capital.

But investors will follow the best opportunities. Which means that tech investment will only become more global. Put simply, the concentration of wealth in Silicon Valley is incompatible with the growing demand for tech across the globe. Silicon Valley isn’t going to die, but the pie is getting bigger. And more of that capital is already going to emerging tech hubs.

The symptoms include U.S. VC giants branching into emerging regions — like Sequoia opening its first European office, and SoftBank funneling billions into Latin America.

This means U.S. investors will favor regions where they can easily connect with global opportunities, like Miami. Last year, VC investment in the Miami region rose to over $2.2 billion, despite the pandemic (compared to $1.4 billion in all of Spain). But not only that — there is a lot of funding coming from investors in emerging markets.

In Latin America, local funders play a huge role in supporting promising companies. In 2019, almost 40% of the record-breaking $4.6 billion VC dollars invested in Latin America involved a co-investment with at least one Latin American investor. And from what we’re seeing, regional investors are increasingly funding U.S.-based organizations.

They — and others like them — will want to find ecosystems where they can connect with local and foreign founders with whom they can foster partnerships across markets.

Places like Miami need to house these kinds of networks. South Florida already has globally minded accelerators and startup programs like 500 Startups, Plug & Play and TheVentureCity; and VC firms with international networks, such as Ocean Azul, Endeavor Catalyst, Starlight Ventures, Level VC and now SoftBank.

4. Miami is better positioned for the future needs of startups

I’m going to end by underscoring the case for Miami as the U.S. pioneer of international connector startup hubs.

Startups build more with less every five years, and going international from day one, allows them to test their products in more markets straight away. This is feasible given worldwide level of connectivity, and helps to be in an environment that is constantly looking outward, beyond our borders.

It also helps to be in a time zone that is shared by much of South America and is only five hours behind London (San Francisco is only in the same time zone as the rest of the United States and Vancouver).

People who uproot their entire lives to seek success elsewhere want to be welcomed. They appreciate that the mayor of the city is happy to meet them for a “cafecito,” and that other founders are genuinely enthusiastic at their arrival. They don’t want to land in an expensive city where making it big tends to require connections, money and background.

Miami is reflective of the future of global startup hubs. It won’t be the next Silicon Valley, because we don’t need another one. As the entrepreneurial world flourishes in every corner of the globe, emerging market companies will be conquering markets across the United States and Europe, and fortress cities will make way for international networks.

(文:ゲストライター、翻訳:Dragonfly)

Miami - Wikipedia

Miami (/maɪˈæmi/), officially the City of Miami, is a metropolis located in southeastern Florida in the United States. It is the third most populous metropolis on the East coast of the United States...

Home - Miami

Greater Miami Chamber of Commerce. Miami-Dade Beacon Council. Miami Mayor Francis Suarez joined Commissioner Ken Russell and leaders from global conservation and climate action nonprofit...

Miami 2021: Best of Miami, FL Tourism - Tripadvisor

Miami Tourism: Tripadvisor has 492,538 reviews of Miami Hotels, Attractions, and Restaurants making it your best Miami resource.

Miami.com | Miami Herald

Read Miami.com vacation and tourism news, articles, advice, and opinions provided by Miami Herald in South Florida.

Your Official Miami and Miami Beach Guide

Official Greater Miami & Beaches travel website. Discover where to stay and what to do on a Miami vacation. Don't fly blind when you can plan your trip and explore the diverse tapestry of experiences Miami has to offer.

City of Miami Government - Home | Facebook

City of Miami Government, Miami, Florida. 17,704 likes · 246 talking about this. Welcome to the City of Miami official government page....

Miami - Wikitravel

Miami is a major city in the south-eastern United States and part of the largest metropolitan area in Florida. Part of the South Florida region, it's 20 miles from Fort Lauderdale, 68 miles from West Palm Beach, 106 miles from Naples (Florida) and 156 miles from Key West. It is famous for its gay pride event White Party Miami which is annual[https://instinctmagazine.com/white-party-miami-cancelled-for-2019-will-it-be-back-for-2020/].

City of Miami Beach | The official website of the City of Miami Beach.

City of Miami Beach 1700 Convention Center Drive Miami Beach, Florida 33139 Phone: 305.673.7000. Register for alert City of Miami Beach emergency notification system.

Miami-Dade County

Miami-Dade County's website allows constituents and visitors to read about key services, important news and other vital government information.

Sports News, Videos, Pictures & Scores | Miami Herald

Follow the latest Miami and Florida sports updates. Find updates on local pro football, basketball and baseball teams, as well as college and high school sports.

Обзор города Майами и Майами Бич. Где живут миллионеры...

Привет, сегодня узнаем почему миллионеры выбирают Майами? Чем отличается Майами и Майами Бич. Самый модный район Майами. Футуристичный Майами. Индонезийское ...

Miami Map - Miami-Dade County, United States - Mapcarta

Miami is a major city in the south-eastern United States and the second most populous city in Florida. Miami from Mapcarta, the open map.

Miami: The only major US city conceived of by a woman

Miami. join leave72,437 readers. 210 users here now. Search First. No "low-effort" Posts. Politics, Must Be Topical to Miami. Don't Editorialize Headlines, Post Duplicates, or Copy Full Articles.

Miami Today - The Newspaper for the Future of Miami

News of Miami, Florida. Focus on business, international trade, real estate and development, e-commerce.

Miami New Times | The Leading Independent News Source in Miami...

Original reporting and compelling writing on local news, restaurants, arts and culture have made Miami New Times a vital resource for readers who want to understand and engage with their community.

The 10 best hotels & places to stay in Miami, United States - Miami...

Great savings on hotels in Miami, United States online. Good availability and great rates. Read hotel reviews and choose the best hotel deal for your stay.

コラムの記事一覧|NEWSポストセブン

姉妹サイトや厳選された外部サイトからの配信ニュースを集めたページです。芸能から実用情報まで、バラエティに富んだニュースをちょっと違った視点で楽しめます。

[記者が選ぶ]2月21日 : 記者が選ぶ : コラム : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース : 読売 ...

小売業の広告・販促のアイデアや最新の話題、コラム、調査結果など、マーケティングに携わる方に役立つ情報を紹介しています。 YOMIURI BRAND STUDIO

【地球コラム】性的少数者、政権の標的に~「自由」求めるトルコ学生デモ~:時事ドットコム

国際社会と新たな火種. 時事ドットコムニュース > 国際 > 【地球コラム】性的少数者、政権の標的に~「自由」求めるトルコ…

【コラム】「ムーンショット」がない「文在寅保有国」-Chosun online 朝鮮日報

韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

新型ヴェゼルが遂に正式公開! けれどデザインに関しては否定的な声も【みんなの声を聞いてみた】|コラム【Mota】

ホンダの人気コンパクトSUV「ヴェゼル」の新型モデルが2021年2月18日(木)に世界初公開された。正式発売は2021年4月に予定されており、今回は内外装デザインとグレード構成のみがアナウンスされた。果たして新型ヴェゼルは実際に現行ユーザー、さらには購入検討者にはどう捉えられているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

「我々は何を食べて生きたらいいんだ」【鈴木宣弘:食料・農業問題 本質と裏側】|食料・農業問題 本質と裏側|コラム ...

JAcom農業協同組合新聞は昭和23年創刊。全国のJAグループ・農業・農村・食・環境などの情報を配信する専門紙。農政解説や提言、JA現場からの声、アグリビジネス、新刊紹介、フードビジネスなど毎日更新。

キリストを見る人 岡田昌弘 : 論説・コラム : クリスチャントゥデイ

神を見ることができるのでしょうか。幽霊や悪霊を見た人などの話は、時々耳にすることがあります。聖書では、天地の創造主なる神を信じ ...

若いころの"漠然とした不安"について【Saoゲームp・二見鷹介コラム #30】 - 電撃オンライン

大変お待たせいたしました。『ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス』連続無料アップデート“古の使徒”第2弾【禁忌の騎士】が配信開始となりました。

ライトアップ幻想的に 雪の相倉 - コラム - 緑のgoo

20、21の両日に実施される南砺市平地域の世界文化遺産・相倉合掌造り集落のライトアップに先立ち、試験点灯が19日行われた。雪化粧した山里の集落が幻想的に浮かび上がった。 集落の積雪は約1・5メートル。…

【嶋コラム】順位予想は当たらないけど、目標が加われば話は別 : Dio-maga(ディオマガ)

リーグ開幕が目前に迫ったこの時期、多くの媒体で「戦力分析」などの記事を目にするようになった。自分がお世話になっているサッカーダイジェストでも山形の戦力充実度や開幕戦の予想ポイントなどの記事を書かせていただいた。こういった情報を目にしながら、開幕に向けて気持ちを高めているサポーターも多いだろう。そういった情報の中で特に盛

鎌田大地、大活躍の背景は? バイエルンも撃破。フランクフルトで見えてきた理想の選手像【分析コラム】 | フットボール ...

現地20日にブンデスリーガ第22節が行われ、フランクフルトは王者バイエルン・ミュンヘンに2-1で勝利を収めた。この試合では日本代表MF鎌田大地が1得点1アシストと全得点に絡む活躍で、フランクフルトを勝利に導いた。チームの絶好調をけん引する24歳は、自らが理想とする選手像に限りなく近づいている。(文:舩木渉)

土曜阪神2Rフルヴォート先週追い切りの動き良く距離は短い方が向きそう【松山弘平コラム】:中日スポーツ・東京中日スポーツ

東京で騎乗した先週は1勝で、2重賞はともに2着という結果でした。勝った土曜7Rのレイモンドバローズは1400メートルも問題なく、これで...

<Wkコラム>「ユンステイ」パク・ソジュン、冬の新メニュー練習に両親が声の出演!懐かしい共演シーンに爆笑似顔絵など ...

旧正月特番の関係で1週休みだった「ユンステイ」(tvN)が2月19日(金)放送の第6話で、装いも新たに秋の営業から冬の営業へと変わり、冬の新メニューがお披露目された。

山陰中央新報社|聖火リレー中止検討/コロナ禍の五輪に一石

5月に島根県内で予定される東京五輪聖火リレーの中止を検討するという丸山達也県知事の発言が波紋を広げている。新型コロナウイルスの感染 ...

キリストを見る人 岡田昌弘 : 論説・コラム : クリスチャントゥデイ

神を見ることができるのでしょうか。幽霊や悪霊を見た人などの話は、時々耳にすることがあります。聖書では、天地の創造主なる神を信じ、礼拝や賛美をささげ、悔い改めてきよめられた人は、霊的な心の目により神を見るようになると書かれています。

記者コラム=「より良い市へ」若手職員の提案 / 伊豆新聞デジタル

伊東市の20~30代の若手職員と小野達也市長との意見交換会が開かれた。オンライン形式だったが、画面を通してグループで考えた施策を熱心に発表する代表4人の姿が印象的だった

薄毛にまつわる話の信憑性 | コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

薄毛に関する情報は、専門医や医療機関などから発信される他に、これは“都市伝説”ではないかと思えるような話も広まっています。ネット情報は真偽を見抜くことが難しく、妙な噂に振り回されることも少なくありません。実際、自毛植毛手術の相談に訪れた方の

【記者コラム ソロキャンプ】美しい「古宇利島」も…人影まばら - 野球 - Sanspo.com(サンスポ)

 沖縄・名護市は県北部の中心都市として商業が盛んで、ナゴパイナップルパークやビーチなどの観光スポットも多い。隣の本部町には巨大ジンベイザメの飼育で有名な美ら海水…

[注目トピックス 市況・概況]ドラギ政局マジック【フィスコ・コラム】 (2021年2月21日) - エキサイト ...

*09:00JSTドラギ政局マジック【フィスコ・コラム】イタリア首相に就任した前欧州中央銀行(ECB)総裁のドラギ氏への期待が高まっています。ソブリン債危機でユーロを救ったとされる政策手腕は、今でも国...(2/2)

[注目トピックス 市況・概況]ドラギ政局マジック【フィスコ・コラム】 (2021年2月21日) - エキサイトニュース

*09:00JSTドラギ政局マジック【フィスコ・コラム】イタリア首相に就任した前欧州中央銀行(ECB)総裁のドラギ氏への期待が高まっています。ソブリン債危機でユーロを救ったとされる政策手腕は、今でも国...

構音障害コラム⑤発展編!簡易チェック | 吃音・滑舌改善サイト

構音障害コラム. 構音障害の種類と改善方法を言語聴覚士が解説!①. 2021-02-20. 構音障害コラム②運動障害性構音障害-リハビリが鍵! 2021-02-20. 構音障害コラム③舌の使い方の問題!機能性構音障害. 2021-02-20. 構音障害コラム④構造の問題!器質性構音障害 ...

コラム - 神戸の結婚相談所マリッジマネジメントセンター

<あなたの婚活サポーター> 長年のキャリア相談の経験を活かし、キャリアコンサルタントが結婚のサポート。 プロの視線で、会員の結婚生活やその後の人生設計を見つめながら、地元神戸で15年。70%超(結婚会員/退会会員)の成婚率を10年間継続中。 東証一部上場 IBJが運営する日本結婚相談所連盟をはじめ、加盟協会は6社。  5万人を越える圧倒的な婚活人数の中であなたの婚活をサポートします。 自宅検索あり、事務所からの個々に紹介もあり。一人婚ではありませんので安心下さい。

人吉新聞|瀬音(社説・コラム)

人吉新聞社ホームページ「瀬音」ページになります。このページでは、社説・コラムを掲載しています。

千葉県社会福祉事業団 |第1支援グループ|コラム

千葉県社会福祉事業団|千葉県と緊密な連携を保ちつつ県社会福祉事業の推進を図り広く県民福祉の向上に寄与することを目的としています。

コラム「こどもたちが安心して生きられる世界を」 | 首里バプテスト教会

先週、光の子幼稚園のお楽しみ会が開催されました。コロナの制限下にあっても、子どもたちは 思いっきり楽しみつつ、歌、合奏、リズム、劇等を通してそれぞれの命を輝かせていました。光の子幼稚園は主の幼稚園であり、私たち(首里バプテスト教会)の幼稚園です。私たち(首里バプテスト教会)は、神様からかけがえのない一人ひとりの命を託されているのです。「このこどもたちが 未来を信じ、つらい世の中も 希望にみちて、生きるべきいのち 生きていくため、主よ守りたまえ、平和を、平和

コロナワクチン打つ、7割 東京五輪反対は過半数!|コラム|原田行政書士法務事務所

コラム 2021年2月21日 時事通信が全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で2月に実施した世論調査によると、新型コロナウイルスのワクチン接種を希望する人は7割に上ることが分かりました。

展示墓 | コラム|熊本で墓石をお探しなら【有限会社 鳳凰石材】

展示墓 | コラム|熊本県熊本市東区 三里木駅【有限会社 鳳凰石材】 ホーム; コンセプト; ギャラリー; よくある質問; アクセス; 新着情報. ブログ/コラム; 熊本で人気の石材店として墓石を扱う当石材店に相談ください

シャッターについて|ブログ・コラム|いえとち本舗のイエテラス|加東市・西脇市・小野市・加西市・明石市・三木市の月々3 ...

いえとち工房北はりま店の岸本です。 小野市、加東市、で新築住宅をお考えの方に、窓にシャッターを設置するか悩まれる方も多いと思います。

千葉県社会福祉事業団 |第1支援グループ|コラム

千葉県社会福祉事業団|千葉県と緊密な連携を保ちつつ県社会福祉事業の推進を図り広く県民福祉の向上に寄与することを目的としています。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
流入データの健全性をチェックするMonte Carloが約26億円を調達
セキュリティ
2021-02-11 18:29
NTT Comと千葉大病院、秘密計算ディープラーニングなどによる臨床データ分析を研究
IT関連
2021-02-10 01:07
ドローンが空中で故障しても墜落を防ぐ技術 ローターの代わりに機体を高速回転 :Innovative Tech
トップニュース
2021-02-05 18:34
スガノ農機、オラクルのSaaSで営業管理と予実分析をデジタル化
IT関連
2021-01-15 14:26
パスワード使い回しは危険、ならば「今日からできること」を考えよう :サイバーセキュリティ2029(1/2 ページ)
セキュリティ
2021-01-28 18:27
スーパーボウルCMにメルカリ初出稿、GameStop騒動で注目が集まるRedditやRobinhoodなども
ネットサービス
2021-02-09 15:00
Future Acresがブドウ収穫を助ける自律農作物運搬ロボット「Carry」を発表し起ち上げ
ロボティクス
2021-02-25 05:58
業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro オンライン講座
Udemy
2021-02-25 05:58
「億り人」は損切り達人–「逆指値」売り注文を活用して損失拡大を防ぐ
IT関連
2021-01-21 06:06
リコー、Web会議を“丸ごと”記録するクラウドサービス 音声は自動で文字起こし
クラウドユーザー
2021-02-04 07:15
複数のPMでも「健康的な意思決定」をするためのチームビルディングとは?
IT関連
2021-02-01 16:20
ヤフー、無料で商品1つ提供するサービス マスクや米など ECサイト利用を促進
アプリ・Web
2021-01-23 23:53
マイクロソフトが新たに提唱する「CAF」成功に基づくフレームワークとは
IT関連
2021-01-16 18:06
電気代が数倍? 電力取引価格の高騰で「市場連動型プラン」がピンチ 対応に追われる電力小売事業者
くらテク
2021-01-13 07:15
AIが肩・肘の可動域を動画から自動測定 リハビリに活用 富士通が開発
ロボット・AI
2021-02-25 02:51
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-02-25 02:51