IPOに先立ち国際送金のTransferWiseが「Wise」に社名変更

IPOに先立ち国際送金のTransferWiseが「Wise」に社名変更 サムネイル

今回は「IPOに先立ち国際送金のTransferWiseが「Wise」に社名変更」についてご紹介します。

関連ワード (IPO、Wise等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


先週末に私の受信箱に飛び込んできたプレスリリースは「10年が経ち、TransferWise(トランスファーワイズ)は、Wise(ワイズ)になりました」と叫んでいた。最近未公開市場で50億ドル(約5282億5000万円)の評価を受けたこのフィンテック大手は、IPOに先立ち、リブランディングを行っている。
もちろん、同社は実際には上場には言及していない、規制上の理由から、公表を望んでいたとしてもおそらくそれが許されないのだ。だが名前の変更はより合理的なティッカーの役に立つ。それだけでなく、新しい名前はより広い意味で10年の歴史を持つ同社が、B2Cの国際送金だけではなく、今や「国境を越えた決済ネットワーク」と呼ばれるものを構築しようとしている動きを反映している。

関連記事:国際送金サービスを手掛けるTransferWiseの企業評価は5250億円、330億円のセカンダリーセールを受け

「2011年に個人向けの送金サービスとしてスタートした我が社は、国境を越えた決済ネットワークを構築するまでに拡大し、1000万人の個人ならびに法人顧客のみなさまに対して、より安く、より速く、より快適に国際的な銀行業務をご提供できるよう支援を行っています」とTransferWiseは説明している。

10年の年月が過ぎた同社の、初期の資金調達時の資料はここで見ることができる。今や同社は、毎月45億ポンド(約6660億円)の国際取引を行っており、旧来の銀行を利用した場合と比較して、年間約10億ポンド(約1481億円)の顧客の手数料削減に貢献していると主張している。

これまで銀行のフルライセンスの申請は予定していないと主張していたWiseだが、最近では、独自のデビットカードをはじめとするマルチカレンシー銀行口座のような消費者向け / ビジネス向け商品を発売していて、あたかもチャレンジャー銀行のような雰囲気を醸し出し始めている。

現在の製品ラインは以下のようなものとなっている。

Wise:世界で最も国際的なアカウントを達成している。国際的な送金や支払いを行い、55種類の通貨でお金を保持し、10種類の通貨で本当の口座番号を取得できる。顧客は現在、30億ポンド(約4440億円)以上をWiseに保持し、140万枚のデビットカードが発行されている。

Wise Business(ワイズ・ビジネス):グローバルに展開するためのビジネスアカウントであり、個人アカウントのすべての機能に加えて、銀行フィード、大金の支払い、マルチユーザーアクセスなどの追加機能を備えている。過去12カ月間に15万社以上の企業がWiseに参加している。

Wise Platform(ワイズ・プラットフォーム):Monzo(モンゾ)、GoCardless(ゴーカードレス)、Xeroといったプラットフォーム銀行や企業が、Wiseのインフラストラクチャを利用して、彼らの顧客に対してより安く、より迅速な支払いや国際的な銀行機能を顧客に提供している。Wise Platformは、4大陸10カ国の銀行と提携している。

Wiseの最高経営責任者(CEO)で共同創業者のKristo Käärmann(クリスト・カーマン)氏の言葉を引用しよう。「今回、ようやく私たちの名前が、私たちがすでにお取引をしていただいている方々、すなわちマルチカレンシーを使っている方々や企業の方々に見合ったものとなりました。私たちのお客様のコミュニティにはすでに銀行機能も含まれているのです。私たちは単なる送金以上の課題を解決するために進化してきましたが、Wiseを利用する上での核となる体験は何よりも速く、安く、便利であることに変わりはありません。私たちの使命は変わりません。私たちは今でも、そしてこれからも、国境を越えてお金を働かせるようにします」。

顧客はすでに、新しいウェブサイトであるWise.comにオプトインすることができる。「すべての顧客を対象としたWiseブランドへの最終的な切り替えは、2021年3月に行われます」と同社は述べている。

画像クレジット:TransferWise / Wise


【原文】

“Ten years in, TransferWise is now Wise,” screams the press release that landed in my in-box late last week. The fintech giant, most recently valued by private investors at $5 billion, is re-branding ahead of an expected IPO.

Of course, the company doesn’t actually make reference to a public listing — for regulatory reasons, it probably shouldn’t even if it wanted to — but the change of name will certainly make for a more streamlined ticker, while more broadly, the new moniker reflects how decade-old TransferWise has long moved beyond B2C international money transfers alone to build what it now dubs a “cross-border payments network”.

“Originally launched in 2011 as a money transfer service for people, the company has expanded to build a cross-border payments network helping to make international banking cheaper, faster and more pleasant for its 10 million personal and business customers,” explains TransferWise.

The company has come far in ten years — you can view an early funding deck here — and today processes £4.5 billion in cross-border transactions every month, claiming to help customers save approximately £1 billion a year in reduced fees compared to using legacy banks.

More recently, having launched consumer and business products akin to a multi-currency bank account, including its own debit card, Wise has started to resemble a challenger bank, too, even if it has previously stated that there are no plans to apply for a full bank license.

Here’s how the company pitches the current product line:

Wise – building the world’s most international account. Send and spend money internationally, hold money in 55 currencies and get real account numbers in 10 currencies. Customers now hold over £3 billion in Wise, with 1.4 million debit cards issued.

Wise Business – the business account for going global, it has all the features of the personal account plus extras like bank feeds, mass payouts and multi-user access. Over 150,000 businesses joined Wise in the last 12 months

Wise Platform – the platform banks and companies like Monzo, GoCardless, and Xero use to tap into the Wise infrastructure, giving their customers cheaper, faster payments and international banking features. Wise Platform is live with banks in 10 countries across 4 continents.

Cue quote from Kristo Käärmann, CEO and co-founder, of Wise: “Today our name catches up with who we’re already building for – a community of people and businesses with multi-currency lives. That community now even includes the banks themselves. We’ve evolved to fix more than just money transfer, but the core experience of using Wise will remain faster, cheaper, and more convenient than anything else. Our mission remains the same. We’re still making — and always will be making — money work without borders.”

Customers can already opt into the new website at Wise.com. “The final switchover for all customers to the Wise brand will take place in March 2021,” says the company.

(文:Steve O’Hear、翻訳:sako)

IPOスケジュール

新規上場(IPO)が続くと、頭の中でスケジュール管理するのはむずかしいです。このページでIPOスケジュールまとめましたので、申し込みの参考にお使いください。

IPOスケジュール | 庶民のIPO

 · IPOのスケジュール管理に便利なシステム IPOの申し込み状況や当選確認を、 ブラウザ上で手軽に管理できる「IPO管理帳」を無料で提供 しています。 手帳やエクセルで、IPOの申込状況を管理するのは大変。 その手間を減らすために

IPOとは - コトバンク

ASCII.jpデジタル用語辞典 - IPOの用語解説 - ある企業が資金調達のために、オーナーやその家族といった特定の株主が保有し、流通していない状態の株式を、不特定多数の投資家に発行株式を公開すること。取引所の公開条件が厳しいため、ジャスダックや東証マザーズ、ナスダックジャパンと...

IPO初値予想・読者予想・BBスタンス一覧表-96ut.com

IPO初値予想、読者予想の結果と投票所 IPOの初値予想関係や、その結果などをまとめています。ブックビルディング時の参考にどうぞ。 IPO、初値予想情報一覧と投票所 年度切り替え: 直近 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年

IPOスケジュール:IPO - トレーダーズ・ウェブ(株式情報、FX情報)

トレーダーズ・ウェブは、株式・FX情報を配信する総合投資情報サイトです。株式ニュース、FXニュース、中国株ニュース、株価、チャート、経済指標はもちろん、レーティング、話題の銘柄、225先物手口、IPO情報といった人気の株式情報も無料で提供しています。

IPO・新規上場企業情報 - Yahoo!ファイナンス

上場予定の新規上場企業の業種、BB期間、注目度などIPO投資に必要な情報を網羅しております。上場後についても、初値、初値騰落率などの情報を掲載しており上場後の状況が一目でわかります。

やさしいIPO株のはじめ方

IPO(新規公開株)の始め方や抽選方法、最新IPO銘柄情報、当選確率アップの裏ワザなど、初心者の方にもわかりやすく紹介しています。また最大45,000円相当がもらえる証券会社との当サイト限定タイアップ企画も実施中です。

IPO初値予想主観 IPOゲッターの投資日記

IPO投資だけでひっそりと2,400万円以上の利益を出しているIPO愛好家のIPO分析ブログです。IPO投資経験及びブログ運営期間は共に15年以上と経験だけは1人前の老舗ブログなのでIPOなど初心者向けの投資に関しては専門です。IPO初値予想にIPOスケジュール、IPO投資に必要な証券会社等のご紹介もしています。

IPO・新規公開株 人気ブログランキングとブログ検索 - 株ブログ

IPO・新規公開株ブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。ランキング参加者募集中です(無料)。 - 株ブログ

IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

IPO(新規公開株)投資だけで2600万円以上稼いだ方法をブログで公開中、IPO初値予想や当選方法を徹底分析。投資初心者がどうすればIPOで利益を出せるのか攻略方法やスケジュールなど必要 …

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
トランスコスモス、新型コロナワクチンの問い合わせ専用チャットボットを構築
IT関連
2021-02-16 02:28
ASUS、Chromebookを10万台増産 “子供1人にPC1台”施策での需要見込む
企業・業界動向
2021-01-17 03:30
Zoom、オフィス再開に向けた新機能を「Zoom Rooms」に追加
IT関連
2021-02-04 13:14
a16zによる次の気候テック投資がカーボンオフセットAPIのPatchになる可能性
EnviroTech
2021-02-08 14:56
米国株より強いのは中国株?–人気IT株に分散投資できるETF
IT関連
2021-01-29 06:15
Chromebook出荷、10〜12月期は前年同期比約4倍、Lenovoが躍進──Canalys調べ
製品動向
2021-02-02 07:59
反クラウド論、プライバシーを保護できていない現在のクラウドアプリ
セキュリティ
2021-01-27 23:27
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-01-27 23:27
これからのCIOに求められるソフトスキルと共感力
IT関連
2021-01-19 00:02
精神科医によるオンラインカウンセリング「マイシェルパ」が資金調達とサービス開始発表
ヘルステック
2021-02-05 22:30
AI駆動でテキストを美しい合成音声として出力するAflorithmicが約1.4億円調達
ネットサービス
2021-02-23 02:42
マイクロソフト、「Edge」の機能開発ロードマップをまとめたページを公開
IT関連
2021-02-01 00:42
居心地のよいClubhouseルームを作るために、避けたい3つの「罪」 音声チャットSNS運営ベストプラクティス (1/3 ページ)
くわしく
2021-02-05 06:25
Vertech Consulting、企業の開発現場で実務経験を積めるサービス「ギミジョブ」を提供中
IT関連
2021-02-19 00:18
NEC、サービスナウでITサービス運用を高度化へ
IT関連
2021-02-18 11:54
AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 - 初心者向け20時間完全コース-
Udemy
2021-02-18 11:54