Bumbleの新規上場について、2021年2月第1週の注目すべき話題

Bumbleの新規上場について、2021年2月第1週の注目すべき話題 サムネイル

今回は「Bumbleの新規上場について、2021年2月第1週の注目すべき話題」についてご紹介します。

関連ワード (Bumble等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


【Japan編集部注】本記事は米国時間2月9日に公開されたものとなる。

公開市場は最近極めて活況を呈しているため、この強気な市場に新たに1企業が上場することになってもさほど大きな注目は集めにくい状況だ。しかし、Bumble(バンブル)は例外である。上場を控えたBumble(女性が最初にメッセージを送ることで知られる出会い系アプリ)は注目に値する。

出会い系スタートアップの市場は、誰もが知る創業11年の老舗で業界最大手のMatch Group(マッチ・グループ)に席巻されてきた。ダラスに本社を置くMatch GroupはTinder(ティンダー)、Hinge(ヒンジ)、OkCupid(オーケーキューピッド)といった人気の出会い系ブランドを所有しており、出会い系スタートアップの唯一のエグジットポイントと見る人もいる。

Whitney Wolfe Herd(ホイットニー・ウォルフ・ハード)氏によって創業されたBumbleは、上場することによってこの図式を変えようとしている。Bumbleは、株式公開直後に10億ドル以上を調達することを目指している。同社の希薄化後の評価額は、57億3000万ドル(約6013億9000万円)~61億4000ドル(6444億3000万円)になると思われる。

Match Groupに会社を売却するという典型的なエグジットを拒否することをBumbleが選んだことは、パンデミックの最中の孤独感が大衆に影響を与え続けている中、ウォルフ・ハード氏が強気であるということ、また出会い系アプリのエグジット環境が売り手市場であることを示している。

Cleo Capital(クレオ・キャピタル)のSarah Kunst(サラ・クンスト)氏(Bumbleの前シニアアドバイザー)は、Bumbleはいくつかの点で歴史を作っており、「この業界での今後の資金調達と起業に大変動を引き起こすことになるだろう」と話す。

「会社を上場に導いた最も若い女性として、ホイットニーは、出会い系ビジネスが、高い利益が見込める急成長分野であることを証明した」とクンスト氏はいう。「彼女は、シリコンバレー以外で創業したこと、創業者が女性であること、経営幹部が男女同等であることなど、テック業界で起こりつつあるさまざまな変化の先駆者だ」。

このトピックについては来週、TechCrunchとExtra Crunchでも取り上げる予定だ。この記事では、今週起きたその他のニュースをおさらいしよう。筆者のツイッターのフォローもお忘れなく。さまざまなニュースを毎日随時ツイートしていく。

評価額とは、投資家が考えるスタートアップの価値であって、それ以上でもそれ以下でもない。スタートアップの世界で、大量のエグジットや大型のIPOなどの大きなイベントが起こると、その関連分野のスタートアップの評価額が高騰することがよくある。

注目ポイント:今週、TechCrunchではEdTechでもこの評価額の高騰が起こっているかどうか調べた。十数人の投資家たちによると、EdTechでは評価額の高騰は起こっていないという。筆者にとっては驚きだったが、ベンチャー投資家たちにはその理由について彼らなりの考えがあるようだ(それに、エグジット続きで活気づいているように見える)。

その他:この調査によって、フィンテックやeコマースなど、パンデミックによって活況を呈しているEdTech以外の分野に対する投資家の評価とランクづけについても重要な情報が得られた。つまり、実際の資金の動きよりもノイズのほうが大きいということのようだ。

デモデーに騙されてはいけない。ベンチャーキャピタルは大規模で迅速に調達できるが、エグジットまでに要する時間は長い。しかし、もしあなたが2014年に上場するはずだったスタートアップに投資したエンジェル投資家なら、さすがにしびれを切らして、そろそろ資金を返してほしいと思うかもしれない。

Carta(カルタ)は、スタートアップが、エグジット前の追加発行分の株式を取引することにより、早期に流動性を確保できるようサポートするソリューションの実現に取り組んでいる。

注目ポイント:数カ月間さまざまな憶測がなされたツールCartaXが、今週ついにリリースされた。リリースにあたって、カルタは資本政策表に記載されている約1億ドル(約105億円)分の自社株を売却した。これは、ポストシリーズFラウンドの最終評価額の2倍以上に相当する。

その他:もちろんカルタは、その資本政策表管理ビジネスによって、試行錯誤の末に失敗した他社の轍を踏まないよう自社ビジネスを成功させたいと考えている。以下にDanny Crichton(ダニー・クライトン)氏の話の一部を抜粋する。

流動性スタートアップの急増には2つの問題があった。1つは規制、もう1つは資本政策表に会社情報とその会社の現在の財務状況が記載されていなかったことだ。株式購入者は株を購入するとき、基本的にわけも分からずに購入していた。一部の投資家は喜んでそうしていた。だが、その当てずっぽうのやり方によって、追加発行株式の市場での需要が著しく低下していた。

画像クレジット:JaaakWorks/iStock/Getty Images

日常的に起こる雑事からストーリーを編み出すことが自然にできないとしても、驚くにはあたらない。それは、1つ1つの言葉で何を伝えたいのかはっきりとわからないままストーリーを書くようなものだ。しかし、難しいからといって必要性が低下するわけではない。

注目ポイント:取材記者相手のプレゼンであれ、資金調達が目的であれ、創業者は自身のスタートアップのストーリーを上手に伝える方法を習得しておく必要がある。アーリーステージの創業者のためのバーチャルイベントであるExtra Crunch Liveの最新版では、さまざまな実例を紹介している。

「我々は、これらのオープンソースプロジェクトを構築して良いソフトウェアを作成することだけに集中してきた。当社が語るべきストーリーについてなど、考えたこともなかった。数年が経過し、状況はずいぶんと良くなり、ビジネスを考案し、発展させていくうちに、当社が語るべきストーリーが自然と、より明確に見えてきた」とGrafana(グラファナ)の共同創業者兼CEOのRaj Dutt(ラジ・ダット)氏はいう。

その他:アドバイス関連の話をもう1つ紹介しよう。シリコンバレーの編集者Connie Loizos(コニー・ロイゾス)氏が書いた、あるインシュアテックスタートアップが自社のアイデアを自身の支援ベンチャーに盗まれた経緯に関する警告的な記事だ。この記事を読んで気分が重くなったら、気分直しに、筆者が書いたこちらの記事を読んでみてほしい。ある女性がわずか1年足らずであるスタートアップのユーザーから最高幹部にまでなった話だ。

関連記事:創業者の「悪夢」、インシュアテックSureはベンチャー支援者が模倣企業設立、出資したと主張

背景にぼかしの入ったマイクの写真

画像クレジット:Bumble


【原文】

The public markets have been so active lately that it’s hard to drum up excitement for yet another company making its way to the bull market. But, in the case of Bumble, a dating app where women message first, next week’s public debut is worth paying attention to.

The market for dating startups has long had an 11-year-old elephant in the room: Match Group. The Dallas company owns popular dating brands including Tinder, Hinge, OkCupid, and more, which some saw as the singular exit point for startups that help people meet.

Bumble, founded by Whitney Wolfe Herd, will change that narrative with its entrance into the public markets. Bumble is seeking to raise more than $1 billion upon debut. The company could be worth between $5.73 billion and $6.14 billion, looking at a diluted valuation.

Bumble’s choice to swipe past the classic route to sell to Match Group tells us that Wolfe Herd is bullish that the exit environment is strong for dating apps, as loneliness amid the pandemic continues to impact the masses.

Cleo Capital’s Sarah Kunst, a former senior adviser to Bumble, tells me that Bumble is making history in a few ways, and “may well unleash a tidal wave of new funding and startups in the space.”

“As the youngest woman to ever take a company public, Whitney has proven that dating, a category long shunned by venture investors, is a highly lucrative and fast growing sector,” Kunst said. “She also is at the vanguard of several dawning realizations in tech: companies founded outside of Silicon Valley, companies founded by women, and gender parity on boards.”

We’ll be all over this on TechCrunch and Extra Crunch next week, but in the meantime, let’s get through the other news of the week. Make sure to follow me on Twitter so I can bother you the remaining six days of the week.

Pandemic-era valuations

Valuations are simply the price that an investor thinks a startup is worth — nothing more, nothing less. When a big event happens in the world of startups, such as a massive exit or blockbuster IPO, startups within the sector-of-interest often enjoy a boom in valuations.

Here’s what to know: This week, we explored whether edtech enjoyed that same burst of energy. According to over a dozen investors, edtech isn’t seeing skyrocketing valuations. It’s a surprise to me, but venture capitalists have their theories as to why (and seemingly are energized enough by exit opportunities in the meantime).

Etc: Beyond edtech, this survey can give us key intel on how sectors that faced a pandemic lift, such as fintech and e-commerce, are valued and ranked by investors. It might suggest that the noise is louder than the actual dollars and cents.

Carta tackles the startup liquidity problem

Don’t let the Demo Days fool you: Venture capital is getting bigger, faster, and older. But if you’re an angel who invested in a startup that was meant to go public in 2014, you might be getting a little bit impatient and want your capital back.

Carta is trying to create a solution to help startups trade secondary shares, pre-exit events, to bring liquidity earlier on in a startup’s life.

Here’s what to know: The tool, CartaX, finally launched this week after being teased out for months. Upon launch, Carta sold nearly $100 million of its own shares on its own cap table, at more than double its last valuation post-Series F round.

Etc: Carta is, of course, hoping that its cap-table management business will help it pull off the operation unlike others who have tried and failed. Here is some context from Danny Crichton:

That wave of liquidity startups ran into two problems: One was regulatory, and the other was a lack of company information about cap tables and that company’s current financial picture. Stock buyers were essentially flying blind while buying into companies, which some investors were more than willing to do, but that blindness limited the market demand for secondary shares significantly.

Image: JaaakWorks/iStock/Getty Images

The art of a startup narrative

It’s normal if sculpting a story out of the hot mess that is your day-to-day doesn’t feel natural. It’s like writing a story before you know exactly what you want to accomplish with each and every word. The difficulty doesn’t diminish the necessity, though.

Here’s what to know: Whether it’s pitching for a story or for millions of dollars, founders need to know how to nail their startup’s narrative. We got into the nuts in bolts in the latest edition of Extra Crunch Live, a virtual event series for early-stage founders.

We were very heads down, building these open-source projects and trying to create good software, and we just hadn’t thought a lot about the narrative. Over the years, that’s gotten a lot better, but it’s also become a lot more self-evident to us and much clearer as we write and build the business,” said Raj Dutt, Grafana’s co-founder and CEO.

Etc: Speaking of advice, here’s one warning story by Silicon Valley editor Connie Loizos about how an insurtech startup got their idea swiped (and funded) by their own venture backer. And to offset that stress, here’s one inspiring story, by yours truly, about how one woman went from user to chief executive of a startup in less than a year.

detail of a microphone with some bokeh on background

Work with really cool people, and me

Extra Crunch is now hiring for reporter, editor and project manager positions

It’s almost our second birthday, and in lieu of presents, want to send us candidates? The Extra Crunch team, which I’m a part of, is hiring for new contract positions to help us dig out what’s really going on in the world of startups.

Check out the amazing speakers joining us on Extra Crunch Live in February

Our live, virtual event series is back and better than ever with a stacked lineup and a ton of advice for early-stage startup folks.

Plus, a new gift for your inbox:

Wrapping up this week, TechCrunch has a new newsletter coming out on apps that is going to rule. Sarah Perez is writing it. You can sign up here, it’s free!

Across the week

Seen on TechCrunch

New antitrust reform bill charts one possible path for regulating big tech

The cloud infrastructure market hit $129B in 2020

A growing number of startups are creating APIs to assess and offset corporate carbon emissions

China’s national blockchain network embraces global developers

Seen on Extra Crunch

Udemy’s new president discusses the re-skilling company’s future

4 strategies for deep tech founders who are fundraising

Spotify Group Session UX teardown: The fails and their fixes

Dear Sophie: What’s the recipe for an H-1B

@EquityPod: A lake house architect, Miami VC, and homeowner walk into a wine bar

In this week’s podcast, the Equity team got their west coast correspondent back (aka me) and had a good ol’ time talking about everything from Miami to millennial homes.

Listen to the podcast to hear us chat about Drizly’s new parent, a new Nellie Levchin-backed startup, and UiPath’s big new valuation. We, of course, got into off topic conversations such as a sommelier that hates people and the lake house dynamic.

Until next week,

Natasha

(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Dragonfly)

Bumble - Date, Meet, Network Better

Bumble has changed the way people date, find friends, and the perception of meeting online, for the better. Women make the first move. On iPhone + Android.

Bumble - Home | Facebook

Bumble: Something better. Download now and find your honey. iOS + Android See more of Bumble on Facebook.

Bumble (@bumble) | Твиттер

Последние твиты от Bumble (@bumble). Today, Bumble becomes a publicly-traded company. Throughout the journey of building Bumble, we were told that women don't, won't, and shouldn't...

Bumble Inc. - Wikipedia

Bumble Inc. is an American social media company that operates the Bumble online dating application facilitating communication between interested users.

A community for discussing the online dating app Bumble.

Weekly Profile Critique (self.Bumble). submitted 6 days ago by AutoModerator - announcement. Same men every week (self.Bumble). submitted 9 hours ago by tinyand_terrible.

Bumble Review | PCMag

Bumble is the dating app for women who want to be empowered, and men who want to let women make the first move.

What Is Bumble & How's It Work? Bumble Explained! (2021)

Wondering what Bumble is and how it works? Here are all the details you need to decide if Bumble’s the right dating app for you!

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
広がるローコード開発–「次の段階に進む」とOutSystems
IT関連
2021-02-10 21:37
「Flatt Security Learning Platform」の「堅牢化演習」、新たにGo言語に対応
IT関連
2021-02-26 17:33
グーグルがセキュリティプラットフォーム「BeyondCorp」のエンタープライズ版を公開
セキュリティ
2021-01-28 16:22
コロナ禍で増加する不正ログイン 2021年に狙われる業界は? :「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点(1/2 ページ)
くわしく
2021-02-05 10:05
ボストン・グローブ紙が記事内の実名や顔写真の削除を求める人々の要望を検討する委員会設置
パブリック / ダイバーシティ
2021-01-26 11:18
約1年で9万人のチャンネル登録者を獲得したYouTuber、動画制作環境をWindowsに移行した理由
PR
2021-02-09 18:09
荏原製作所、8000人を対象に出張・経費管理クラウドを導入
IT関連
2021-02-25 07:06
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-02-25 07:06
「テディにも野菜あげて」の声届く 「PUI PUI モルカー」ぬいぐるみ、にんじんの着せ替えパーツ付きに
くらテク
2021-02-07 04:08
Appleの第1四半期売上は11.6兆円と過去最高だが市場は無反応
ハードウェア
2021-01-29 15:09
クラシックな炭火焼きとモダンなアイデアが融合したNomadのスーツケース型炭火焼きグリル
ハードウェア
2021-01-28 00:13
雪景色の“ワーケーション列車”運行 「しなの鉄道」でゆったり仕事
くらテク
2021-01-22 03:50
停電を予測、電気を作る「エネファーム」 LPWAに対応、最大500Wの電気を8日間供給
製品動向
2021-02-18 20:50
iPad Pro 2021年モデルの新情報 サウンド周りを見直し、カメラ部に変化
-
2021-01-13 11:32
米中貿易戦争の中、サプライチェーンの多様化需要に応える香港のスタートアップICW
その他
2021-01-31 12:08
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-01-31 12:08