死別の悲しみに暮れる家族のためのデジタルアシスタント「Empathy」が14億円調達

死別の悲しみに暮れる家族のためのデジタルアシスタント「Empathy」が14億円調達 サムネイル

今回は「死別の悲しみに暮れる家族のためのデジタルアシスタント「Empathy」が14億円調達」についてご紹介します。

関連ワード (DX、Empathy、イスラエル、お葬式、プラットフォーム、死、終活、資産管理、資金調達、遺言等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


死は、人生において絶対に避けられない出来事であると同時に、非常に複雑で厄介な問題でもある。感情的あるいは宗教的な複雑で不安な気持ちに圧倒されるなか、多くの遺族はお金や、対処すべきさまざまな問題にも悩まされる。米国時間4月6日、Empathy(エンパシー)というスタートアップが、そうした課題に正面から取り組み、遺族の心の傷を部分的に肩代わりすることを目指して、ステルスモードから姿を現した。同社は、AIベースのプラットフォームを使い、亡くなった家族に関連して行うべき作業や手続きの取りまとめを行ってくれる(したがって、遺族による大変な事務手続きを間接的に支援できる)。

「遺族は、亡くした家族に関連するさまざまな作業に平均500時間を費やしています」と、Yonatan Bergman(ヨナタン・バーグマン)氏と同社を共同創設したCEOのRon Gura(ロン・グラ)氏は話す。「遺族を励ますためのネイティブアプリのかたちでデジタルコンパニオンを提供します」と同氏は述べ、Empathyを「家族を亡くしたばかりの遺族のためのGPS」だと説明した。

同社はイスラエルのスタートアップなのだが、VCs General CatalystとAlephが共同で主導した投資ラウンドで1300万ドル(約14億円)を調達し、まずは米国市場でローンチする。

米国では、平均して年間約300万人が亡くなっている。この数は、このところの新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で跳ね上がった。遅かれ早かれ誰もが遭遇する、ある意味最も自然で予測のつきやすい問題ではあるが、その準備を整えている人は少ない。その理由は、恐れであったり、宗教上の問題であったり、単にそうした不吉なことは考えたくないという感情によるものであったりする。皮肉なことにこの問題は、自身のためのものであれ、人に代わって提供するものであれ、それに対処すべく構築されたサービスが逆に激しく忌み嫌われるという事実によって、あまり改善されていない。

しかしスタートアップ企業にとってこれは、まさに教科書どおりの好機を意味する。

「数年間、私はこの話に取り憑かれてきました」とグラ氏はいう。同氏はバーマン氏とともにThe Gift Project(ザ・ギフト・プロジェクト)で働いていたが、この会社があるソーシャルギフトのスタートアップに買収された後は、イスラエルのeBay(イーベイ)に移った。「死は、イノベーションがまだ及んでいない最後の消費者セクターです。その原因は、技術的な問題でも、規制による障壁の問題でもありません。それは、私たちに内在する楽観主義と、死や死ぬことという避けられない事実を語りたがらない人類の本質によるものと思われます。そのため、今日では多くのセクターが取り組んでいるトランスフォーメーションに取り残された、暗黙のセクターでもあるのです」。

さらに、死は人々の心を大きく挫くため、それを商売とする企業は嫌われるという理由もあると私は推測する。

そこに手を貸そうというのがEmpathyのアプローチだ。そうした考え方の周囲に、できる限り透明なビジネスを構築しようとしている。同社は、最初の30日間は無料でサービスを提供する。それ以降は65ドル(約7100円)の料金を1度払えばずっと使えるようになる。5カ月、5年(もっと長くても)と長期に利用しても料金が上がることはない。

個人的な事情に関する詳細事項をいくつか書き込むと、人の死去にともなうさまざまな手続きや作業をステップ・バイ・ステップでガイドしてくれる。

これには、人々への告知の方法(および告知)、葬儀やその他の儀式の手配、必要な書類の入手、遺書の対応、故人の身元の保証、遺品整理、遺言検認の手配、福祉手当や銀行口座や請求書やその他の資産や税金に関連する決済、また必要ならば遺族のカウンセリングの手配など、まず早急にやらなければならないことも含まれる。多くの人は、気持ちが動転しているばかりでなく、このような手続きを行った経験を持たないため、すでに感情の位置エネルギーによるローラーコースターに乗っている人間がこれだけのことを熟すには、非現実的なカーブを描く学習曲線に立ち向かわなければならない。

Empathyの考え方は、一部にはユーザー自身で対処しなければならないものもあるが、プラットフォームが「デジタルアシスタント」の役割を果たして、次にするべきことを促し、それを乗り切るためのガイダンスを提供するというものだ。他の業者を紹介したり、他のサービスを宣伝したりすることはなく、今後そうする予定もない。プラットフォームにもたらされる個人データは、やるべきことを済ませるための作業の外では、一切使われないとグラ氏は話している。

Empathyは、この分野に興味を持ち、この分野に挑戦して少しずつ成長を見せているスタートアップの一団の中では、先発ではなく後発となる。同社の他には、自分で遺書を書きたい人を支援する英国のFarewill(フェアウィル)、死とその準備に関する話し合いを促すLantern(ランタン)、遺産計画のスタートアップTrust & Will(トラスト・アンド・ウィル)などがある。競争は起きるだろうが、少なくとも現段階では、これらのテクノロジーが、人生で最も難しいこの分野で役に立つことを示すものとなるだろう。

関連記事
・英国で最大の遺言書作成者となったオンライン遺言・火葬サービスのFarewillが約27億円調達
・終活スタートアップLanternはより良い死に方についての話し合いに火を灯す

「終末期業界は、他のあらゆる業界ではすでに起きているデジタルトランスフォーメーションが、未だに手をつけていない大きなセクターです」と、General Catalystの共同創設者で業務執行取締役のJoel Cutler(ジョエル・カトラー)氏は声明で述べている。「Empathyは、死別にともなう悲しみと複雑な事務処理の両面に対処する点がユニークです。このテクノロジーとエクスペリエンスは、すべての家族に恩恵をもたらすと私たちは確信します」。

「Empathyのスタッフは、消費者向けソフトウェアでの幅広い経験を駆使して、死にともなう膨大な負荷の対処方法を大幅に改善しています」と、Alephのパートナーであり共同創設者のMichael Eisenberg(マイケル・アイゼンバーグ)氏はいう。「悲しみに暮れる遺族に、数々の作業や事務手続きに対処する余裕などありません。金融テクノロジーと同情心を組み合わせることで、Empathyは、思いやりを柱とした近親者のための製品を構築しました」。

長期的には、このプロセスの別の面にもEmpathyで挑戦したいとグラ氏は話す。それは例えば愛する人が亡くなる前に物事を整えておくサービスだ。さらには、同様に事後に膨大な処理作業を残す離婚など、その他の問題にも同氏は目を向けている。

画像クレジット:Dilettantiquity / Flickr under a CC BY-SA 2.0 icense


【原文】

Death, despite being one of the most inevitable of life’s events, can also be one of the most complicated and problematic. Fraught with emotional and religious complexities, for many families it can also come with financial and organizational ones. Today, a startup called Empathy is coming out of stealth with the aim of taking some of the stigma out of working on some of those challenges head-on, with an AI-based platform for families to help organize affairs (and thus indirectly help assist in those families attending to themselves) after a death.

“On average, a family can spend 500 hours dealing with the different aspects related to the death of a loved one,” said CEO Ron Gura, who co-founded the company with Yonatan Bergman. “We provide a digital companion in the form of native apps that are built to empower bereaved families.” He said he likens Empathy to a “GPS for the recently bereaved.”

The Israeli startup is launching first in the U.S. market, and it’s doing so with $13 million in funding co-led by VCs General Catalyst and Aleph.

Some 3 million people on average die in the U.S. each year — a number that has seen some spikes more recently due to COVID-19. And despite it being one of the more natural and predictable of things that we will all go through sooner or later, it’s not something that many people prepare for, whether it’s due to fear or religion or simply not wanting to dwell on morbid subjects. Ironically, that hasn’t been helped by the fact that it has in turn created a pretty significant stigma around building services to help people deal with it, either for themselves, or on behalf of others.

In very typical startup fashion, this spells opportunity, of course.

“I’ve been obsessed with this narrative for a few years,” said Gura, who previously worked with Bergman at The Gifts Project and then later at eBay in Israel after it acquired the social gifting startup. “Death is one of the last consumer sectors that is untouched by innovation. It’s not because of technology or even a regulatory barrier. It seems it’s mainly because of the inherent optimism in us and our human nature that causes us to avoid talking about the inevitable truth of death and dying. So there is an unspoken sector that is not seeing transformation that pretty much every other sector is seeing these days.”

It’s also, I suspect, because death makes people incredibly vulnerable, and any enterprise based around vulnerability feels off.

Empathy’s approach is to make its help, and the building of a business around that idea, as transparent as possible. The company offers services for free for the first 30 days, and after that you pay a one-off fee of $65, which does not go up the longer you use the service, which could be five months or five years (or yes, longer).

After you fill in a few details about your particular circumstance, you are then guided through a step-by-step process of all of the different things one needs to deal with after a person dies.

These include things like the first, immediate arrangements you might need to make, how to inform others (and informing them), organising a funeral or other ceremony, procuring the right documents, dealing with the will, securing the deceased’s identity, dealing with his/her property, organising a probate, settling benefits and accounts, bills, other assets and taxes and perhaps bereavement counseling for ourselves. For many of us, not only are we upset, but we may have never had to go through these processes before, and it’s a surreal learning curve to be experiencing when you are already on a potential emotional rollercoaster.

The idea with Empathy is that while some of these will require some lifting from you, the platform will play the part of a “digital assistant” by helping prompt what you need to do next, and give you guidance for how to get through that. It doesn’t refer you to others; it doesn’t advertise other services and never plans to. The data that does go into the platform, Gura said, will not be used anywhere other than where you are channelling it for the purposes of settling affairs.

Empathy is not the first but the next in an interesting and slowly growing cluster of startups tackling this area. Others include Farewill in the U.K., helping people write wills for themselves; Lantern, to help open up the conversation about death and planning for it; and estate planning startup Trust & Will. Competition, perhaps, but at least for now showing that there can be helpful tech built even for the more difficult areas of life.

“The end-of-life industry is a large sector that has been untouched by the wave of digital transformation occurring in every other industry,” said Joel Cutler, MD and co-founder of General Catalyst, in a statement. “Empathy is unique in that it addresses both the emotional and logistical anguish of loss. We believe this is the technology and experience that can greatly benefit every family.”

“The Empathy team is directing their vast experience in consumer software to significantly improve how people handle the burdens that come with death,” added Michael Eisenberg, partner and co-founder at Aleph. “When grieving, many families do not have the bandwidth to deal with tasks and bureaucracy. By combining financial technology and emotional understanding, Empathy has built a product for the next-of kin with compassion at its core.”

Longer term, Gura said that Empathy may look to tackle other aspects of the process, such as organizing affairs before the death of a loved one, or perhaps looking at other problematic life events, like divorce, that also spur a lot of obligations in their aftermath.

(文:Ingrid Lunden、翻訳:金井哲夫)

【徹底解説】デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何 …

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは「最新のデジタル技術を駆使した、デジタル化時代に対応するための企業の変革」という意味のビジネス用語として使われることが一般的です。DXが注目される要因である「2025年の崖」が迫る中、企業はどのようにDXを推進していけばよいのかを解説します。

DX=デジタルトランスフォーメーションってなに?| NHK

 · この中では、▼アメリカはグーグルやアマゾンといったプラットフォーマーとも呼ばれる巨大企業がDXをけん引している▼中国は国家が主導する形でDXを進め、テクノロジー企業が大規模にデータを収集していると指摘しています。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?概要と5つの ...

デジタルトランスフォーメーション(DX)を正しく理解していますか?変化の激しい現代において、DXは企業が存続するために必要不可欠なものです。本記事では、DXの概要、メリット、デメリット、事例まで、さまざまな角度から徹底的に解説します。

デジタルトランスフォーメーション(DX) : 富士通 - Fujitsu

富士通は強みであるAIやIoT、5G、セキュリティなどのテクノロジーと、強固な顧客基盤に支えられた業種業務ノウハウを活かして、お客様、社会が求める価値を実現するデジタルトランスフォーメーション(DX)を追求していきます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは? 言葉の意味 …

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」とは何か。言葉の意味からビジネスシーンにおける定義までわかりやすく解説。デジタイゼーション/デジタライゼーションとの関係性、多くの企業の現状と抱える課題や企業のDX推進事例も合わせて紹介します。

経済産業省が定義するデジタルトランスフォーメーション(DX ...

DXは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念のことを指します。日本では経済産業省が2018年に「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」をまとめ動き始めています。本記事ではその概要を説明します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは? | IoTNEWS

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタルを中心にビジネスモデルを再構築することを指す。デジタル化、デジタライゼーションなどと混同することも多いが、その違いや、実行することで得られるメリット、課題を解説する。

【徹底解説】「DX = IT化」と思っていませんか? 基本・成功 …

最近、インターネットや書籍などで「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉を頻繁に見かけるようになりました。 DXとは、一言でいうと「企業がデータやデジタル技術を活用し、組織やビジネスモデルを変革し続け、価値提供の方法を抜本的に変えること」です。しかし、DXで成果を上げている企業は、世界でもわずか5%とされ

METI DX:経済産業省のデジタルトランスフォーメーション特 …

経済産業省(METI)のデジタルトランスフォーメーション(DX)では、補助金制度等の行政手続のデジタル化を通じた効率化・官民の生産性向上と、データに基づいた政策立案、国民・事業者サービスの向上を組織として推進していきます。政府としての取り組みや、民間企業・海外のDX事例等先進の情報を発信します。

【DX入門編①】今更聞けないデジタルトランスフォーメーショ …

今更聞けないデジタルトランスフォーメーション(DX)とは?その意味・定義と海外のDX最新事例をお届けします。

終活とは|一般社団法人 終活カウンセラー協会

「終活」という言葉をご存じでしょうか。これは決して「終焉に向かう活動」だけをするという意味ではなく、「終焉」を見つめ準備することで今をよりよく生きようという想いが込められています。そんな活動の案内人を「終活カウンセラー」と言います。

終活 - Wikipedia

終活(しゅうかつ)とは「人生の終わりのための活動」の略。 人間 が自らの 死 を意識して、 人生 の最期を迎えるための様々な準備や、そこに向けた人生の 総括 を意味する言葉である。

終活とは?やるべき7つの準備 - いちばんやさしい終活ガイド ...

終活とは何か?やるべき7つの準備についてやさしく解説しています。終活とは「自分らしく、今をよりよく生きるための活動」です。大切な家族のために、そして最期まで自分らしく生きるために...。

終活、何をしておくか | 日本FP協会

 · つまり、終活とは、「人生の最期のときを意識しながら、これからの人生を自分らしく生きる準備をし、亡くなったあとに備えること」です。 本コラムでは、終活について解説するとともに、どのような準備を行うかについてまとめました。

終活とは? 必要な準備やポイントなど、完全ガイド | シニア ...

終活でやるべきことの代表として、エンディングノートや遺言書の作成、お葬式やお墓のこと、生前整理などがありますが、実は一番重要なことは、自分の意思や希望を託せる存在を確保しておくことです。身内に頼れない、頼りたくない方は、法人が提供するサービスの利用を検討してみてもよいでしょう。

終活はいつからはじめるべき?人生を振り返る年齢と ...

 · 終活では自身の医療や介護に関わる内容も多数あります。不安解消という目的としても、終活について前向きに考える機会になるでしょう。 結婚して子供ができた 家族が増えると、自身に何か起きたときのことを考えて終活をはじめる人もい

終活 とは? 準備は いつから始めるのがベスト? 本人や家族が ...

終活とは?やることは?いつから始めるべき?という疑問にお答えします。終活の進め方を考える上では欠かせないエンディングノートの書き方、葬儀社の選び方と生前予約の方法、お墓の選び方と建て方、遺言書の書き方、そして荷物の生前整理の仕方について解説。 「終活を始めようと思うけど、具体的にやることがわからない」「気持ちの整理がつかない」という方のために、終活の心構えから具体的な内容まで、終活のすべてをご紹介します。人生をより楽しむためのライフプランを考える気持ちで終活に取り組みましょう。

終活とは?自分らしい最期を迎えるために必要な3つのこと ...

有料老人ホームをお探しなら、安心介護のイリーゼ。入居金0円プランや30,000円減額制度、ショートステイやデイサービス等、充実した介護サービスをご提供いたします。食事・レクリエーション・医療連携体制も万全です。

終活とは?5分で何をするか分かるチェックリスト【30項目】

終活とは何か?何をするのか?チェックリストを30項目にまとめました。ぜひ印刷してご利用ください。始め方のコツや「終活不要論」もご紹介。私は「必要最低限の終活」をおすすめしています。お金ばかりかかる「終活ビジネス」にご注意を。

終活ノート 無料ダウンロード【PDF】 | 終活マガジン

終活とは?葬儀や霊園、医療や相続、そのほか終活に関するサービスについて、はじめての方にもわかりやすく幅広く楽しい生き方を提案する終活情報マガジン。

終活コンシェルジュ

終活コンシェルジュでは、高齢者ご自身からの相談はもちろん、病院の医療ソーシャルワーカーや地域包括支援センター・居宅支援事業所のケアマネージャーなどからも、「利用者さんをこれ以上一人で生活させられない」「支援が難しいが何とかしてあげたい」などのご相談を多数頂いております。

「お終活」熟春!人生、百年時代の過ごし方【2021年5月21 ...

「人生、いつ整理する!?」話題の“お終活”エンターテインメント誕生!熟年離婚寸前の夫婦が、葬儀社の男から紹介された終活フェアをきっかけにてんやわんやの大騒ぎ! 人生百年時代と言われる今、「熟年の青春=熟春(じゅくしゅん)」を迎えるために人生整理に動き出す家族を明るくコミカルに描く。ラストは衝撃の大どんでん返し!?「笑って」「泣けて」「役に立つ」ヒューマンコメディが幕を開ける!!

一般社団法人 終活カウンセラー協会

人生100年時代楽しく生きる為に終活を学んでみませんか?終活カウンセラー協会の検定は終活6科目の講座付きです。終活にまつわる相続やお墓お葬式、年金制度や介護保険に関して解説後、試験を行います。これからの時間を楽しみ尽くすのが終活です。今だからこそ終活のアドバイスができるカウンセラーに。終活相談も受付中です!

終活紹介サービス - 日本郵便 - Japan Post Service

終活は「想いを引き継ぐため」「自分の人生を振り返るため」「老後に前向きになるため」です。

イオンの終活 | 終活で人生の後半戦を楽しむための準備をし ...

「終活」とは人生の後半戦をおもしろくする活動です。イオンライフでは終活を通じて人生の後半戦を事前に考え準備をし、残りの人生をよりよいものにするお手伝いをしたいと考えます。「イオンのお葬式」が運営する「イオンの終活」で一緒に勉強しましょう。

【公式】終活ガイドポータルサイト | 終活を仕事にしよう!

終活ガイド3つのメリット/ 終活に必要な 各専門家 を無料で探せる! 今話題の終活最新情報が 無料で読み放題! 終活のQ&Aも 多数ご紹介!

葬儀、遺影、墓… 「終活」で後悔しないために: 日本経済新聞

終活の定義は「自分らしく最後まで過ごすために、元気なうちにエンディングの準備をすること」。自分のことや親のこと、葬儀や墓のことを思い浮かべる人も多いと思うが、葬儀や墓はそのひとつにすぎない。終末期の医療や遺言、エンディングノート、老後の伴侶さがしや高齢者施設をはじめとする終(つい)の棲家(すみか)さがし、自宅や家財の処分、遺品整理や元気なうちに手掛ける生前整理、高齢化するペットや自分が高齢化した

リサーチデータ(2019年)終活に関する調査|楽天インサイト

終活に関する調査のご案内。自主的に実施しました様々な国内調査を定期的に発信しています。(旧楽天リサーチ)

終活のコラム一覧|小さなお葬式のコラム

「終活」の記事一覧です。「小さなお葬式のコラム」では、葬儀、法事法要、終活など様々な疑問に対する解決策やマナーについてのお役立ち情報をお届けします!

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
美容師向け動画教育サービス「HAIRCAMP」がプロ向け美容商材EC大手ビューティガレージから資金調達
EdTech
2021-02-26 06:19
Microsoft、「Cortana」のモバイルアプリを3月31日に予告どおり終了
アプリ・Web
2021-04-02 14:40
オープンハイブリッドクラウドの時代、今開発者に求められるスキルとは–IBM
IT関連
2021-02-22 02:35
発売延期から一転、「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」ラベル誤表記のまま発売へ 「むしろ買う」と歓迎の声が多数
くらテク
2021-01-14 09:08
MSが永続ライセンス版次期「Office」発表、本音はクラウド対応Microsoft 365に乗り換えて欲しい
ソフトウェア
2021-02-21 03:53
平井大臣、LINEとZホールディングスの統合に言及 「利用者目線のプラットフォームを」
企業・業界動向
2021-02-27 17:07
LINEがリモート占いサービス コロナ禍で急増の“占い需要”に対応
企業・業界動向
2021-04-13 09:13
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-04-13 09:13
自動運転&自動車いす……茨城・つくば、スマートシティの実証実験
IT関連
2021-03-03 02:26
double jump. tokyoとスクウェア・エニックスが「ミリオンアーサー」NFTコンテンツ開発で協業
ブロックチェーン
2021-03-18 19:22
「新型コロナに有効」うたいマイナスイオン発生器販売 消費者庁が措置命令 業者は反発
くらテク
2021-04-02 17:45
セールスフォースSVPに聞く–「Einstein Automate」、AIと自動化の可能性(前編)
IT関連
2021-03-12 18:55
システム思考とプロダクトマネジメント、hey初のPMイベント振り返り……PM向けホットトピック(3/13~19)
IT関連
2021-03-22 14:55
Chromeで「シークレットモードでも個人情報を収集」発覚、Googleが約5000億円の集団訴訟に直面
セキュリティ
2021-03-16 14:49
富士通の新職種「ビジネスプロデューサー」は売り上げを拡大できるか
IT関連
2021-03-04 06:45
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-03-04 06:45