自動走行車両の遠隔操作ソフトウェアOttopiaが住友商事のVCなどから9.7億円調達

今回は「自動走行車両の遠隔操作ソフトウェアOttopiaが住友商事のVCなどから9.7億円調達」についてご紹介します。

関連ワード (Ottopia、自動運転、資金調達等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


イスラエル空軍やイスラエルの諜報機関、Microsoftでのサイバーセキュリティプロダクト開発の責任者など、ミッションクリティカルな環境でキャリアの大部分を送った後、Amit Rosenzweig(アミット・ローゼンツワイグ)氏は自動走行車両に注意を向けた。

この技術には、他のミッションクリティカルなシステムに必要なもの、つまり人間が必要だとすぐに気づいた。

「AIや機械学習で完全に解決されない境界ぎりぎりのケースが数多くあり、人間参加型の介入のようなものがあるべきだと考えています」とローゼンツワイグ氏は最近のインタビューで語った。「人間による監視のないミッションクリティカルなシステムは1つもありません。原子力発電所や飛行機も然りです。自動走行モビリティが存在するには、人間が必ずループに加わっているか、何らかのかたちでそこにいなければなりません。10年後、20年後でもそうです」。

その「ヒューマン・イン・ザ・ループ(人間参加)」の結論は、ローゼンツワイグ氏が2018年に遠隔操作のスタートアップOttopia(オットピア)を設立することにつながった(同氏の兄弟であるOren Rosenzweig[オレン・ローゼンツワイグ]氏もまた自ら創業したInnovizというLiDARの会社を通じて自動走行車両業界に携わっている)。Ottopiaの初のプロダクトは、人間のオペレーターがあらゆるタイプの車両を何千マイルも離れたところからモニター・操作できるユニバーサルな遠隔操作プラットフォームだ。遠隔操作センターを作るために、Ottopiaのソフトウェアはモニターやカメラなどすぐに購入可能なハードウェア製品と組み合わされている。同社のソフトウェアにはアシスト機能も搭載されていて、遠隔から車両を操作することなくAVに「道順」を示す。

立ち上げ以来、従業員25人の小さな会社はBMWや固定ルートAVスタートアップのMay Mobility、Bestmileなどの投資家やパートナーを獲得してきた。Ottopiaは米国時間4月23日、Hyundai Motor Group(現代自動車グループ)やMaven、イスラエルのスタートアップ投資にフォーカスしている住友商事のベンチャーキャピタル部門IN Ventureなどから900万ドル(約9億7000万円)を調達したと発表した。既存投資家のMizMaaとイスラエル企業NextGearも参加した。

HyundaiとIN Ventureは取締役の座席も確保した。Hyundaiの自動運転センターの代表を務めるWoongjun Jang(チャン・ウンジュン)氏と、IN VentureのマネージングパートナーEyal Rosner(エヤル・ロスナー)氏は現在、Ottopiaの取締役会に名を連ねている。

Ottopiaはこれまでに1200万ドル(約13億円)を調達し、そしてローゼンツワイグ氏はすでに会社の成長の資金を確保しようとさらに大きなラウンドに目を向けている。

差し当たって、同氏は2021年末までに従業員を50人に倍増させ、米国にオフィスを開設することにフォーカスしている。また、国防や鉱業、ロジスティックなど他の分野へと遠隔操作ソフトウェアの応用を拡大させていると同氏は述べた。しかしOttopiaのリソースの大半は引き続き自動車業界、特に自動走行の乗用車、トラック、シャトルの展開に向けられている。

「モチベーションは極めてシンプルです。シンプルですが、行うのは難しいのです。そのモチベーションとは、安価な自動走行輸送を実現に近づけることです」とローゼンツワイグ氏は述べた。「もちろん問題はAVがいかなるバックアップ、あるいは遠隔操作というかたちでのいかなる種のセーフティネットも持たずにな立ち往生したとき、乗客は『一体どうなっているんだ、なぜだ、なぜこれは動かないのか』と不安になるということです」。

別の問題は、AVが効率的な運輸サービスと組み合わされる必要があることだと同氏は指摘した。同社の最新パートナー企業である、オンデマンドシャトルと輸送ソフトウェアのViaが取り組んでいる分野だ。

今週発表されたこの提携の下、Viaは車両管理ソフトウェアをOttopiaの遠隔操作プラットフォームと組み合わせた自動走行車両を提供する。Viaは自前の自動運転ソフトウェアシステムを開発していない。2020年11月に同社は、オンデマンドの乗車シェアリング、公共交通、アクセスのしやすさを要する乗客のための交通機関の選択肢を統合した自動走行車両プラットフォームを立ち上げるためにMay Mobilityと提携したと発表した。

画像クレジット:Ottopia


【原文】

After spending much of his career in mission-critical environments, including the Israeli Air Force, Israeli Intelligence and leading development of a cybersecurity product at Microsoft, Amit Rosenzweig turned his attention to autonomous vehicles.

It was a technology that he soon recognized would need what every other mission-critical system requires: humans. 

“I understood that there are so many edge cases that will not be solved purely by AI and machine learning, and there must be some kind of human-in-the-loop intervention,” Rosenzweig said in a recent interview. “You don’t have any mission-critical system on the planet — not nuclear power plants, not airplanes — without human supervision. A human must be in the loop or present in some way for autonomous mobility to exist, even in 10 or probably 20 years from now.”

That “human in the loop” conclusion led Rosenzweig to found teleoperations startup Ottopia in 2018. (His brother, Oren Rosenzweig is also in the autonomous vehicle business via the lidar company he co-founded, Innoviz.) Ottopia’s first product is a universal teleoperation platform that allows a human operator to monitor and control any type of vehicle from thousands of miles away. Ottopia’s software is combined with off-the-shelf hardware components like monitors and cameras to create a teleoperations center. The company’s software also includes assistive features, which provide “path” instructions to the AV without having to remotely control the vehicle.

Since launching, the small 25-person company has racked up investors and partners such as BMW, fixed-route AV startup May Mobility and Bestmile. Ottopia said Friday that it has raised $9 million from Hyundai Motor Group as well as Maven and IN Venture, the Israel-focused venture capital arm of Sumitomo Corporation. Existing investors MizMaa and Israeli firm NextGear also participated.

Hyundai and IN Venture also gained board seats. Woongjun Jang, who heads up Hyundai’s autonomous driving center, and IN Venture managing partner Eyal Rosner, are now on Ottopia’s board.

Ottopia has raised a total of $12 million to date, and Rosenzweig has already set his sights on a larger round to help fund the company’s growth.

For now, Rosenzweig is focused on doubling his workforce to 50 people by the end of the year and opening an office in the United States. Rosenzweig said the company is also expanding into other applications of its teleoperations software, including defense, mining and logistics. However, most of Ottopia’s resources will continue to be dedicated to automotive, and specifically the deployment of autonomous cars, trucks and shuttles.

“The motivation is really simple — it’s simple but it’s hard to do — and that’s to make affordable autonomous transportation closer to reality,” Rosenzweig said. “The problem of course is that when an AV does not have any kind of backup or any kind of safety net in the form of teleoperations and it gets stuck, passengers are going to get anxious, ‘what’s going on, why, why is this not moving’.”

The other problem, Rosenzweig noted, is that AVs need to be combined with an efficient transit service. That’s where he sees his newest partner, on-demand shuttle and transit software company Via, coming in.

Under the partnership, which was also announced this week, Via will offer autonomous vehicle fleets that combine its fleet management software with Ottopia’s teleoperations platform. Via is not developing its own self-driving software system. In November 2020, Via announced it had partnered with May Mobility to launch an autonomous vehicle platform that integrates on-demand shared rides, public transportation and transit options for passengers with accessibility needs.

(文:Kirsten Korosec、翻訳:Nariko Mizoguchi)

COMMENTS


21993:
2021-04-25 08:45

自動走行車両の遠隔操作ソフトウェアOttopiaが住友商事のVCなどから9.7億円調達

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
米FCCがネット接続支援に1.08兆円の緊急支出開始、パンデミックによる悪影響が最も深刻な人々を支援
パブリック / ダイバーシティ
2021-05-13 04:56
ファンドに対するクラウドファンディングの上限が3月15日から引き上げ、VCはまだ注意を払っていない
VC / エンジェル
2021-03-16 16:59
隊士必携「鬼殺隊」音楽プレイヤー、オンキヨーが発売 「紅蓮華」など収録
くらテク
2021-02-03 05:35
インテル、高効率コアと高性能コアを搭載した「Alder Lake」の概要を公開
IT関連
2021-08-20 14:52
人工知能システムの市場規模が2000億円を突破–IDC予測
IT関連
2021-06-03 11:24
フェイスブックとInstagramで「いいね!」の数を非表示可能に、徐々に展開中
ネットサービス
2021-06-06 18:13
SMITH&LOGISTICSが運送業向けに荷物の大きさを自動計測する装置を提供開始
人工知能・AI
2021-06-01 08:08
Yahoo!ニュースとLINE NEWSは統合せず 川邊社長「混ぜるな危険」
くわしく
2021-03-02 02:32
次世代の育成や“Re-Skill”に注力–サービスナウ、2021年のビジネス戦略を語る
IT関連
2021-02-26 03:18
「ドコモ口座」事件の教訓はこれからのキャッシュレス業界をどう変えるか (1/4 ページ)
くわしく
2021-02-10 11:44
グーグルが総額2億2000万円の黒人ファウンダー基金を欧州のスタートアップ30社に分配
VC / エンジェル
2021-06-16 20:52
タクシーの車窓を“広告枠”に 空車の走行時間を活用、S.RIDEが新サービス
企業・業界動向
2021-03-18 03:09
GDPR制裁金、前年比で39%増–さらに高額化する可能性も
IT関連
2021-01-26 06:12
プレゼントと温かい気持ちや想いも贈れるアプリGoodyが4.2億円調達
ネットサービス
2021-02-10 02:23