【レビュー】2022年のメルセデス・ベンツEQSはラグジュアリーEVの未来に賭ける、ただし賭金は高い

今回は「【レビュー】2022年のメルセデス・ベンツEQSはラグジュアリーEVの未来に賭ける、ただし賭金は高い」についてご紹介します。

関連ワード (メルセデス・ベンツ、レビュー、電気自動車等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


2022年に発売予定のMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)EQSを1日試乗して過ごし、このドイツの自動車メーカーが、電動化に数十億ドル(数千億円)を投じて成し遂げたことの詳細を間近で見ることができた。

EQSは、メルセデス・ベンツのMBUXインフォテインメントシステム、新しいエレクトリックプラットフォーム、および性能の向上を組み合わせた入念に設計されたフラッグシップセダンだ。EVであることを付加的な要素とするフルサイズの高級セダンの新たなベンチマークを確立することは、容赦ない探求といえよう。

この高級セダンは、メルセデスがEVで将来何を提供できるか、そしてその先のさらなる可能性を米国の消費者に示そうとしている。大きな賭けだが、同社は北米でのEQSの展開が成功すると見込んでいる。

画像クレジット:Mercedes-Benz

「これは完全なる新時代の始まりです。当社はこれまでに、ハイブリッド車、ICE、BEVで完全にフレキシブルなプラットフォームを構築してきたからです」とEQブランドの責任者であるChristophe Starzynski(クリストフ・スタジンスキ)氏は語り、メルセデスは2025年までにEQEと2台のSUVを含む3台の電気自動車を米国のポートフォリオに追加すると付け加えた。「私たちが徹底して設計、開発し、すべての技術をバッテリー電気自動車に搭載したのは、これが初めてです」。

EQSは、メルセデス・ベンツの最高級ラグジュアリーセダン、Sクラス(基本価格11万ドル、約1200万円)から派生した全長17フィート(5m超)のフラッグシップモデルだ(これまでのところEQSの価格は公表されていない)。このクルマには同社史上最高の技術が搭載されている。多くの顧客は搭載されているあらゆるオプション機能に関心がないかもしれないが、すべてが広大なインフォテインメントクラウドに保存されているか、1度のソフトウェアアップデートで実現するというのは知って損のない事実である。

フル装備のEQSは飛躍的な前進を遂げており、この新しいSクラスはもはや次の時代を感じさせる。

筆者が試乗したEQS 580 4MATICモデルは、56インチ(142cm)のHyperscreen 、ヘッドアップディスプレイ、音響ガラス、後部座席のエンターテインメント、空気濾過システムを搭載していた。スタジンスキ氏によるとこれらの仕様は新型コロナウイルスのパンデミック発生前から存在したそうだが、その新鮮な輝きを感じずにはいられない。

関連記事:メルセデス・ベンツが高級EVセダンEQSの湾曲56インチ「ハイパースクリーン」発表

本稿執筆時点では、この車の外観の詳細は4月15日に公開されるまで非公開となっている。筆者が試乗した車両には部分的に覆いがかけられていたため、Aピラーの彫刻的なニュアンスについてはあまり説明できない。

画像クレジット:Mercedes-Benz

5歳の娘を連れて、EQSが店頭に並べられたメルセデス・マンハッタンのディーラーに足を運んだ。試乗車に近づくと、運転席のドアが自動的に大きく開いた。ブースターシートの見晴らしの良い場所から、娘は目の前に浮かぶ後部座席のスクリーンで遊び、そして「キラキラした虹の乗り物」と娘が称するピンクと紫の環境照明をキャビンに選んだ。

今後10年のEV販売の中心となる中国において、運転手付き車というのは高級車の前提条件でもあるため、後部座席での体験がどうなのかはかなり重要な要素だ。

画像クレジット:Mercedes-Benz

その一方で、筆者のような背の高い者にとっては、首の付け根を支える枕がアクセントになっている広々とした運転席はこれまでで最も快適な乗り心地だった。シートベルトを締めると車の雰囲気が一気に盛り上がる。照明とサウンドのデザインの魅力にぜひ注目して欲しい。

EVの控えめな駆動音を補うためのソフトな音響の波を楽しむこともできたが、私たちはほどなくして、15台のBurmesterスピーカーから5歳児のお気に入りのBarbieのサウンドトラックを聴くことにした。(5歳の子どもを連れてくることには残念な妥協がともなう。)

EQSで起きていることすべてが56インチのHyperscreenのOLED(有機EL)で映し出される。スクリーンはドアからドアまでの間に3つのディスプレイに分かれているが、実際に見てみると写真で見るほど邪魔には感じない。楕円形の輪郭はゲーマーのコックピットのような雰囲気を醸し出している。

MBUX機能は、ハンドルの右側にある17.7インチ(45cm)のメインOLEDスクリーンに組み込まれている。自分でタッチスクリーンをカスタマイズすることも可能だ。この高性能コンピューターシステムには、24ギガバイトのRAMと46.4ギガバイト / 秒のRAMメモリ、8個のCPUコアが搭載されている。

画像クレジット:Mercedes-Benz

Apple製品が象徴するように、シンプルさは優れたデザインの特徴である。それとは対照的に、メルセデスは常に驚くほど多様なユーザーエクスペリエンスのオプションを提供し、情報にアクセスするための複数のアプローチを提供することに力を入れてきた。この傾向は、ハンドル、アームレスト、メインスクリーンのコントロール機能を通じてEQSに引き継がれている。テストドライブでは、コントロールに関する複数のオプションが気になった。スマートフォンの新機能に慣れるのに2週間かかるのと同じように完全に適応する時間がなかったからなのか、それとも単純にやり過ぎなのかはわからない。ヘッドアップディスプレイには気づいたが、車の中で見るには多すぎる感があった。

画像クレジット:Mercedes-Benz

筆者が興味をそそられたのは、MBUXシステムが時間の経過とともにドライバーの行動を学習していることだ。乗車が終わる頃に、スクリーンモジュールがアクティブシートのマッサージをもう一度使いたくないかと筆者に思い出させてくれた。つまり、他のコントロール機能を無視して、最も使いたいものに集中することができた。音声コマンドはまずまずだったが、筆者の高音テノールはこのシステムの足を引っ張った。筆者を常に理解してくれる自動車の音声システムにはまだ出会っていない。

EQSのエクスペリエンスにはアナログの空間は存在しない。グラフィックスはシャープで、立体的かつ鮮明だ。残念だったのは、タッチスクリーンに指紋がついてしまったことだ(写真を撮る前に良質のスクリーンスプレーとクロスを持ってくること)。もう1つの難点は、ハンドルが筆者よりも大きな手を持つ人向けに設計されているようで、ハンドルに内蔵されているすべての機能にアクセスするのが少し面倒に感じられたことが挙げられる。そのため、筆者は下を向いて適切な場所を探さなければならなかった。最終的にはMBUXのセンター画面で設定を調整することに落ち着いた。

EQSのユーザーエクスペリエンスで筆者が最も気に入った点は、レンジに関するメッセージングだ。ダッシュボードの多様なスクリーンには常に残りの走行距離、目的地までの計算が現実的かどうか、充電可能な場所などが表示されていた。

そのバッテリーについて。筆者が運転したモデルには107.8kWhのバッテリーパックが搭載されており、全輪駆動システムで使用される2つの電気モーターに電力を供給していた。欧州のテストによると航続距離は470マイル(約750km)だが、米国EPAのテスト基準ではこれより低くなる可能性がある。マンハッタンからビーコンという小さな町まで往復125マイル(約200km)ほど運転し、充電する心配もなく戻ってくることができた。

画像クレジット:Mercedes-Benz

スクリーンを開いてクリック1つで表示されるChargePointオプションを見てみた。200kWのDC急速充電器が設置されているステーションも識別でき、それによると充電時間は15分ほどだという。バッテリー寿命に関する消費者の不安を解消するために、メルセデスは購入後10年間、または15万マイルまでバッテリーの容量低下を補償する保証を付けている。

このドライブ自体は、517馬力と406ポンドフィートのトルクが作動したかのようなパワフルな性能を発揮した。EQSは空気抵抗係数0.20を実現し、競合他社を凌駕している。これはクルマ愛好家にとってうれしい事実だが、一般ドライバーには必須の知識ではないかもしれない。

長いセダンを快適に操れるようになるには往々にして時間がかかるものだが、Sクラス同様、EQSはそのプロポーションを優雅に扱い、標準的な後輪ステアリングのおかげで簡単に方向転換できる。これはSクラスの安全機能とADASシステムを反映している。ドライブの設定にはクラシックとスポーツが用意されていて、ハンドルコントロールやアームレストを介して実現できる。筆者は概してスポーティなドライバーであり、このモードがもたらす軽快なフィードバックが気に入った。

「もちろん、さらに進化させていくつもりです」とスタジンスキ氏は述べ、ADASの機能はソフトウェアアップデートによって改善される予定であると付け加えた。ライト設定などのカスタマイズ可能な更新もダウンロードできる。

EQSドライブの最大の差別化要因は、バッテリー回復システムだろう。インテリジェント回復モードは、バッテリーを最適化し、ドライバーの動作を制御する。通常の回復でインターフェアレンスが減少している。筆者は高速道路でワンペダルドライブを楽しんだ。このサポートをまったく選択しないことも可能である。

画像クレジット:Mercedes-Benz

米国でEVが主流になる時期は間近に迫っており、バイデン大統領のインフラ計画が承認されれば、予想以上に急速に普及する可能性がある。しかし、自動車メーカーが米国の消費者の注目を集め、売り上げを伸ばそうとするなら、テスラを追い抜く以上のことをする必要があるだろう。Automotive Newsに掲載されたExperianの調査によると、2020年の米国自動車販売台数に占めるEVの割合はわずか1.8%だったという。

抜本的な変革には、時間と資金、そして長期的なコミットメントが必要だ。次世代のメルセデス・ベンツEQSは、EVの部分はもはやニュースバリューではなく、ラグジュアリー車への期待という転換点に一歩近づいている。

【追記】筆者は2018年にメルセデス・ベンツが主催したサミットシリーズのプログラムでメルセデス・ベンツEQフェローを務めており、EQのホームページでも紹介されている。

画像クレジット:Tamara Warren


【原文】

A day spent driving a pre-production 2022 Mercedes Benz EQS provided an up-close look at what the German automaker has been doing with the billions of dollars it has dedicated to electrification.

The EQS is a meticulously designed flagship sedan that brings together the automaker’s MBUX infotainment system, a new electric platform and advancements in performance. It is an unapologetic pursuit to set a new benchmark for a full-size luxury sedan that happens to be electric.

The luxury electric sedan is meant to show American consumers what Mercedes can deliver (and will) in the future with EVs. And the stakes are high. The German automaker is banking on a successful rollout of the EQS in North America.

Image Credits: Mercedes-Benz

“It’s the beginning of a complete new era, because so far we had a completely flexible platform in place with hybrids, ICE, and BEVs,” said Christophe Starzynski, head of the EQ brand, who added that Mercedes will add three additional electric vehicles to its U.S. portfolio by 2025, including the EQE and two additional SUVs. “This is the first time that we really designed and developed and put all the technology in a battery electric vehicle.”

The EQS is the 17-foot long flagship derivative of the S-Class, Mercedes-Benz’s top-of-the-line luxury sedan that has a base price of $110,000. (So far, pricing on EQS hasn’t been revealed.) It’s stocked with its best tech to date. While most customers won’t appreciate all the doodads optioned on this car, they might enjoy knowing it’s all stored in that extensive infotainment cloud, or only a software update away.

The first drive

A fully loaded EQS is such a leap forward that it makes the new S Class already feel of another era.

The EQS 580 4Matic model I tested came spec’d out with the 56-inch Hyperscreen, head up display, acoustic glass, rear seat entertainment and an air filtration system, which Starzynski said pre-dates the pandemic, but naturally feels very of the moment.

At writing, the car’s exterior details are under wraps until its reveal April 15. The version I tested was partially cloaked, so I can’t tell you much about the sculpted nuances of its A pillar.

Image Credits: Mercedes-Benz

My five-year-old daughter accompanied me on the test drive. We started at the Mercedes Manhattan dealership, where EQS was displayed in the store window. As I approached the car, the driver door automatically swung open with great fanfare. From the vantage point of her booster seat, my daughter played with the rear screen that hovered in front of her. She selected ambient lighting in pink and purple hues for the cabin. Her top takeaway: “It’s a sparkly rainbow ride.”

The backseat experience actually matters quite a bit, because EQS is chauffeur friendly, a prereq for luxury cars in China, the hub for EV sales for the next decade.

Image Credits: Mercedes-Benz

Meanwhile, up front, for a tall person like myself, the spacious driver seat — accented by the pillow that cradled the base of my neck — was one the most comfortable rides I’ve had. Once belted in, the car is all mood. Cue the lighting and sound design bells and whistles.

As much as I could appreciate the sensation of sonic silver waves to compensate for that faint EV whir, we soon opted to blast the five year old’s current favorite Barbie soundtrack from the billowing set of 15 Burmester speakers. (There are unfortunate compromises involved in bringing a five year old along for the ride.)

Everything in the EQS emanates from the 56-inch Hyperscreen OLED, which is divided into three separate displays spanning door-to-door. In person, it’s not as intrusive as it appears in photos. Its elliptical contour has a gamer-like cockpit sensibility.

The MBUX functions are housed on the main 17.7-inch OLED screen, to the right of the steering wheel. The passenger can opt to personalize their own touchscreen, too. Inside the powerful computation system is 24-gigabytes of RAM and 46.4 GB per second RAM memory, and eight CPU cores.

Image Credits: Mercedes-Benz

The user experience

Simplicity is a hallmark of good design, embodied in the best of Apple products. In contrast, Mercedes has always been big on delivering a dizzying set of user experience options and providing multiple approaches to access information. That inclination carries over in the EQS, using controls on the steering wheel, arm rest, and main screen. On test drives, I find multiple options for controls distracting. I am never sure if it’s because I haven’t had the time to fully adapt, in the same way that a new feature on a smartphone takes a couple weeks to get used to, or if it’s plain overkill. I noted the heads up display, but it was one place too many to look during the time I spent in the car.

Image Credits: Mercedes-Benz

What intrigued me is that the MBUX system studies driver behavior over time. By the end of my ride, the screen module reminded me that perhaps I would like to tee up my active seat massage once more. In short, I could bypass the other controls and focus on what I wanted to use most. Voice commands were decent, though my high pitch tenor managed to stump the system. I have yet to meet an automotive voice system that understands me all the time.

There’s no room for analog in the EQS experience. The graphics are crisp, multidimensional-dimensional, and clear. One downside was that my fingerprints smudged on the touchscreens. Pro tip: bring along a good screen spritzer and cloth before shooting photos. Another small grip was that the steering wheel seemed to be designed for a person with much larger hands than mine, and it was a little awkward to access all the functions stored on the wheel, which forced me to glance down to find the right spots. I ended up relying on the MBUX center screen to adjust settings.

My favorite part of the EQS user experience is how it handled messaging about range. At all times, the various screens on the dash displayed how many miles I had left, if my calculations for my destination were realistic, and mapped where I could go to charge.

The range

About that battery. The model I drove had a 107.8 kWh battery pack powering two electric motors used in the all-wheel-drive system. The range according to European testing is 470 miles, but could drop down according to U.S. EPA testing standards. I drove about 125 miles roundtrip from Manhattan to a little town called Beacon and back without even worrying about recharging.

Image Credits: Mercedes Benz

I pulled up the screen to plot out ChargePoint options presented one click away. It also distinguishes which stations have 200 kW DC fast-chargers available, which Mercedes says take about 15 minutes to recharge. To assuage consumers on battery life, Mercedes has added a warranty that covers loss of capacity of the battery, valid for a decade after purchase, or up 150,000 miles.

The takeaway

The drive itself delivered powerful performance, as one would expect with 517 hp and 406 lb-ft of torque at work. The EQS beats out competitors drag coefficient at .20, which is a fun car enthusiast fact, but not essential knowledge for regular drivers.

It always takes a moment to get comfortable driving a long saloon, but like the S Class, the EQS handles its proportions with grace, and it turns with ease due to standard rear-wheel steering. It mirrors the S-Class safety features and ADAS systems. The drive settings include classic and sport, achievable through steering wheel controls or through the armrest. I am generally a sporty driver, and I liked the peppy feedback that this mode delivered.

“Of course we will be developing it further,” Starzysnki said, adding that the ADAS features will improve via software updates. Customizable updates such as light settings are also available for download.

The biggest differentiator of the EQS drive is its battery recuperation system. Intelligent recuperation mode optimizes the battery and controls driver actions. Normal recuperation dialed down the interference. I played around with one-pedal driving on the highway. Drivers can also choose no support at all.

Image Credits: Mercedes-Benz

Mainstream EV adoption in the United States feels like its right around the corner — and it could come even faster than expected if President Biden’s infrastructure plan passes. But automakers will need to do much more than edge out Tesla if they hope to capture the attention and dollars of U.S. consumers. EVs accounted for just 1.8% of U.S. car sales in 2020, according to Experian and reported in Automotive News.

Sweeping change takes time, money and a long-term commitment. The next level Mercedes-Benz EQS edges the playing field one step closer to the tipping point when the EV part of the architecture is no longer newsworthy, but the expectation for a luxury vehicle.

(Disclosure: In 2018, I was a Mercedes-Benz EQ fellow for the Summit Series program, which was sponsored by the automaker, and I was featured on the EQ homepage.)

(文:Tamara Warren、翻訳:Dragonfly)

メルセデス・ベンツ、Ev第2弾のsuvモデル新型「Eqa」発売 ...

メルセデス・ベンツ日本は4月26日、「EQC」に続く純EV(電気自動車)第2弾となる「EQA」を発売した。価格は640万円。

メルセデス・ベンツ セダン 車種一覧 - みんカラ

メルセデス・ベンツ セダンを一覧から探せます。ユーザーが投稿した愛車ブログや画像、パーツの口コミ、燃費記録や整備手帳など情報満載。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ!

メルセデス・ベンツ 新型電気自動車「Eqa」発売 日本の道路で ...

メルセデス・ベンツ日本は4月26日、純電気自動車第2弾となる「EQA」を発売すると発表した。 (1/2)

メルセデス・ベンツ Suv 車種一覧 - みんカラ

メルセデス・ベンツ SUVを一覧から探せます。ユーザーが投稿した愛車ブログや画像、パーツの口コミ、燃費記録や整備手帳など情報満載。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ!

メルセデス・ベンツ「Sクラス」が世界中で高級車と認められて ...

メルセデス・ベンツのフラッグシップとなるSクラスがフルモデルチェンジしました。今回は、なぜSクラスが高級車として世界に認められているのかを、新型モデルの試乗を通して考えてみたいと思います。

メルセデス・ベンツから2台目の電気自動車! 小型suv「Eqa」を ...

メルセデス・ベンツ日本は小型SUVタイプの電気自動車(EV)「EQA」を発売した。フル充電での走行距離は422キロ(WLTCモード)で、価格は640万円。搭載するモーターは1基で前輪を駆動する。メルセデスのピュアEVはSUV「EQC」(895万円~)に続く2台目だ。

ASCII.jp:メルセデス・ベンツ「Sクラス」が世界中で高級車と ...

メルセデス・ベンツのフラッグシップとなるSクラスがフルモデルチェンジしました。今回は、なぜSクラスが高級車として世界に認められているのかを、新型モデルの試乗を通して考えてみたいと思います。

【レビュー】2022年のメルセデス・ベンツeqsはラグジュアリーev ...

2022年に発売予定のMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)EQSを1日試乗して過ごし、このドイツの自動車メーカーが、電動化に数十億ドル(数千億円)を投じて成し遂げたことの詳細を間近で見ることができた。EQSは、メルセデスがEVで将来何を提供できるか、そしてその先のさらなる可能性を米国の消費者に示そうとし..

【最新cクラス発表】メルセデス・ベンツcクラス新型 より高級 ...

BMW 3シリーズとの戦いへ挑むtext:Felix Page(フェリックス・ペイジ)translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)6代目メルセデス・ベンツCクラス、W206型が正式発表された。ラインナップすべてのエンジン...

【動画】新型メルセデス・ベンツeqsのレビュー登場!加えて ...

この発表によると、新型メルセデス・ベンツEQSの一回あたり航続可能距離は770kmにも達するとのことで、これに貢献したのは「既存のいかなる車両をベースともしない、完全なる新設計」「cd値0.20」という要素だとされています。

メルセデス・ベンツ 新型 Eqa Ev第2弾 日本 2021年4月26日 ...

メルセデスベンツは電気自動車コンパクトバン新型「EQT」を2021年5月10日(現地時間)に発表する。2021年4月20日にコンパクト電気バンの初期のティーザーを発表。 新型 EQT EVバン メルセデスのビデオプラットフォームであるメルセデスミーの広範なビデオと、中央ヨーロッパ夏時間の午前11:00 ...

メルセデス・ベンツ第2の電気自動車、Eqa発売。航続距離は ...

2021年4月26日、メルセデス・ベンツ日本はEQCに続くBEV(電気自動車)第2弾となるコンパクトSUV「EQA」を発表。同日より発売が開始された。回生ブレーキの強度を調節できる...

【比較試乗】「メルセデス・ベンツGLB vs レクサスRX」3列シート ...

SUVでは3列シートのモデルが“ポスト・ミニバン”の選択として期待される日本市場。そこに投入されたGLBは手頃なサイズ、さらにはメルセデスの作ということでも注目を集めている。では、コンパクト級に分類されるGLBの実用度はどの程度か? 和製プ...

Sl(全て) 450slc(メルセデス・ベンツ)の中古車を探す

SL(全て) 450SLC|SL(全て) 450SLCの中古車・中古車情報を5台掲載!メルセデス・ベンツ SL(全て)450SLCの中古車・中古車情報のことなら【クルマ、グーネット中古車(Goo-net)】SL(全て)450SLCの中古自動車登録台数が豊富だから、あなたにピッタリな1台が見つかるはず。中古車購入、中古車販売の情報も満載!「あんしん、まる見え」のSL(全て)(メルセデス・ベンツ)450SLCのID車両ならこだわりがある方も更に安心して中古車選び・車両検索(車検索)ができます。お役立ち情報も盛りだくさん。

価格.com - メルセデスベンツ、小型電動ミニバンコンセプト『EQT ...

メルセデスベンツは4月20日、『コンセプトEQT』(Mercedes-BenzConceptEQT)を、5月10日に初公開すると発表した。このコンセプトカーは、メルセデスベンツが将来、小型ミニバンセグメントに投入する『Tクラス』を示唆する...

Mercedes Benz(メルセデスベンツ)|新作・人気アイテムを海外 ...

【BUYMA】Mercedes Benz(メルセデスベンツ)のアイテム一覧です。最新から定番人気アイテム、国内入手困難なレアアイテムも手に入るかも。万が一の補償制度も充実。

Amazon.co.jp: ベンツ バッグ

Mercedes-Benz メルセデス・ベンツ 新型Cクラス 折り畳みバッグ. ¥3,580. ¥3,580. 明日, 2月26日, 8:00 - 12:00までに取得. 残り2点 ご注文はお早めに.

メルセデス・ベンツの旗艦suv、Glsに試乗してきた!この価格で ...

メルセデス・ベンツ特有ではありますが、各スイッチやステアリングホイール、ペダル類のタッチがしっかりしているのも素晴らしく、このあたりは直感的に信頼性が伝わってくる部分です(フワフワした印象がまったくない)。

メルセデス・ベンツ 外装パーツの商品一覧|外装、ボディ ...

Yahoo!ショッピング | メルセデス・ベンツの外装パーツ、15,979商品を取り扱い中。ランキング/カテゴリ別に商品を探せます。価格比較も可能。PayPay残高も使えてお得。

メルセデス・ベンツ、人気suv『Gla』『Glb』に計3モデル追加 ...

メルセデス・ベンツ日本は5日、都市型SUV『GLA』に『GLA 180』を追加、本格SUVの『GLB』に『GLB 180』『GLB 200 d 4MATIC』を追加し、同日より予約注文の受付を開始した。【貴重写真】永ちゃんが1978年7月に

メルセデス・ベンツ Aクラスa180 スタイル Amgライン レーダー ...

【メルセデス・ベンツ Aクラス A180 スタイル AMGライン レーダーセーフティパッケージ ナビゲーションパッケージ 2年保証 新車保証】|【メルセデス・ベンツ 楠サーティファイドカーセンター】中古車情報のことなら【クルマ、グーネット中古車(Goo-net)】中古自動車登録台数が豊富だから、あなたにピッタリな1台が見つかるはず。中古車購入、中古車販売の情報も満載!「あんしん、まる見え」のID車両ならこだわりがある方も更に安心して車両検索(車検索)ができます。お役立ち情報も盛りだくさん。

Slのカスタム・ドレスアップ情報[2,913件]|車のカスタム情報は ...

メルセデス・ベンツ SLのカスタム・ドレスアップに参考となる写真や動画を表示しています。SLのホイール、エアロ、マフラーの取付の参考にしよう!

Sl - メルセデス・ベンツ(1986年式) - Biglobeクルマ

SL - メルセデス・ベンツの1986年式の中古車一覧です。1986年式の相場は0.0万円~495.0万円。走行距離や価格、年式、相場からあなたの条件にあう車探し、車選びをサポート。気になる物件は【早めにお見積もり】を!情報はグーネットGoo-netから提供されているので安心。口コミやランキングも参考に探してみよう。気に入ればオンライン商談!

メルセデス・ベンツ Sクラスのカーシェア・レンタカーを大阪府 ...

大阪府 メルセデス・ベンツ Sクラスのカーシェア・レンタカー比較情報はDRIVE go SEARCH。DRIVE go SEARCHは、大阪府の利用料金、キャンペーン情報をメルセデス・ベンツ Sクラス (大阪府)から比較可能。メルセデス・ベンツ Sクラスから検索する際は、ぜひDRIVE go SEARCHをご利用ください。

メルセデスベンツがコネクテッドカーの商用電気自動車(Ev ...

ドイツのダイムラーは2019年12月18日に、EV商用バンのメルセデスベンツ「eスプリンター(eSprinter)」を発表しました。コネクテッドカーとして利用することによる総合サービスの提供を目指していますが、日本への導入予定はありません。

【みつかる!5台】Sl 450slc W107(メルセデス・ベンツ) | 40 ...

SL - メルセデス・ベンツの中古車・新古車。走行距離や価格、年式、相場からあなたの条件にあう車探し、車選びをサポート。気になる物件は【早めにお見積もり】を!情報はグーネットGoo-netから提供されているので安心。口コミやランキングも参考に探してみよう。気に入ればオンライン商談!

C200 (メルセデス・ベンツ) の中古車買取査定・価格相場なら ...

買取額305万円の高額事例あり!C200 (メルセデス・ベンツ) の車買取相場・価格が匿名ですぐに分かります。全国30万台の中古車相場、買取・下取データをもとに、C200の買取相場をシミュレーション!

メルセデス・ベンツG550試乗〔1〕:時事ドットコム

 登場以来36年というロングセラーを続けるメルセデス・ベンツの最高級クロスカントリービークル、「G」クラス。時代の流れと共にパワートレインや装備の変更(写真3)はあったものの、基本的なスタイルや堅牢なボディーはそのまま引き継がれ、愛されてきた。

飛行機レビュー - YouTube

大韓航空のビジネスクラスに乗ったレビュー! 中国南方航空のビジネスクラスに乗ったレビュー!

Interspecies Reviewers - Wikipedia

Interspecies Reviewers (Japanese: 異種族レビュアーズ, Hepburn: Ishuzoku Rebyuāzu) is a Japanese fantasy sex comedy manga series written by Amahara and illustrated by masha.

ピュレ - Wikipedia

ピュレ(フランス語:purée、「ピューレ」とも表記される)は、主に野菜もしくは果物の食材を生のまま、あるいは加熱し、電動ミキサーなどですり潰した後、細かな網状のピュレ用器具(裏ごし器)を通過させて、とろみのあるやや滑らかな...

일본야동 1 페이지 > 밤고수 - No.1 성인자료실

FC2-PPV 1765858 板橋区 K●3 私立 普通科 スリーピングビューティ 強制肉オナホ 中出し スレンダー.

Yahoo! JAPAN

あなたの毎日をアップデートする情報ポータル。検索、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピング、オークションなど便利なサービスを展開しています。

テレ朝news-テレビ朝日のニュースサイト

テレビ朝日が配信しているニュースサイト。政治・経済・社会・国際から、スポーツ・エンタメまで、最新ニュースをいち早くお届け。ニュース速報やアクセスランキングなど今話題のニュースもひと目でわかります。

ソーシャル・ネットワーキング サービス [mixi(ミクシィ)]

mixi(ミクシィ)は、日記、写真共有、ゲームや便利ツール満載のアプリなど、さまざまなサービスで友人・知人とのコミュニケーションをさらに便利に楽しくする、日本最大規模のソーシャル・ネットワーキングサービスです。

Abema | 無料動画・話題の人気作品 テレビ&ビデオで見放題

緊急速報をはじめとした24時間放送のニュースのほか、オリジナルのドラマや恋愛リアリティーショー、アニメ、スポーツなど、国内最大級の26,000エピソードを、いつでもどこでも好きな時にお楽しみいただけます。

Межвидовые рецензенты смотреть аниме на Jut.su

Двое парней из этой истории не могут пропустить ни одной юбки. Паренек по имени Стэнк-кун часто ходит в стриптиз-клубы и бордели. А эльфа Зелл-куна многие бы назвали извращенцем, он только и думает, как бы за кем-нибудь приударить. Эти двое оказались членами особой комиссии, которые должны выбрать

フジテレビ

フジテレビ ONEsmart/TWOsmart/ NEXTsmart. オリジナルコンテンツ. FNNプライムオンライン. フジテレビュー!!

価格.com - 「買ってよかった」をすべてのひとに

「買ってよかった!」と思えるお買い物は価格.comから! パソコンや家電から、ファッション、食品に至るまで、あらゆる製品・サービスを、販売価格やクチコミ情報、ランキングなどの視点から比較・検討できる、お買い物支援サイトです。

番組表 | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)

このWEBサイトに掲載されている文章・映像・音声写真等の著作権はテレビ東京・BSテレビ東京 およびその他の権利者に帰属しています。 権利者の許諾なく、私的使用の範囲を越えて複製したり、頒布・上映・公衆送信...

素人3q ホーム | Fc2コンテンツマーケット

素人3Q ホーム | FC2コンテンツマーケット - 評価レビューと無料サンプルのあるダウンロード販売サイト。同人誌バックナンバーや自作サウンドデータ・プログラムなども販売・購入可能です。

Google 翻訳

テキスト翻訳...

Аниме - Межвидовые рецензенты (Ishuzoku Reviewers)

異種族レビュアーズ. Производство.

game8.jp

【日本最大級】ゲーム・アプリの総合攻略サイト!Game8 [ゲームエイト]では、最新情報・攻略情報・お役立ち記事などゲームを楽しむ情報を豊富に掲載。人気のアプリ、新着ゲームなどリアルタイムで更新中!30秒の簡単登録でマイページの作成も可能です。

みんなの推薦 豚肉 レシピ 6521...

みんなから推薦された豚肉レシピ(作り方)。お手頃だからモリモリ食べられる!生姜焼き、角煮、スペアリブなどの定番料理、薄切り肉、かたまり肉など種類別でもご紹介!

同人誌・同人ゲーム・同人ボイス・Asmr...

「DLsite 同人 - R18」は同人誌・同人ゲーム・同人音声のダウンロードショップ。お気に入りの作品をすぐダウンロードできてすぐ楽しめる!毎日更新しているのであなたが探している作品にきっと出会えます。国内最大級の二次元総合ダウンロードショップ「DLsite」! - トップページ

成り上がり 華と武の戦国 - Google Play のアプリ

映画&テレビ.

ユニクロ|Uniqlo Live Station...

UNIQLO LIVE STATIONとは、ライブ配信中にリアルタイムに直接商品をご購入できるサービスです。日々を彩るアイテムやスタイルを発信します。

「ジュニアアイドル 」の無料iv...

「ジュニアアイドル 」の無料IV動画一覧 1 ページ目 | 無料イメージビデオ動画 IVFREE - 着エロ・Jrアイドル・グラビア動画まとめ!

Netflix...

Netflix (ネットフリックス) で映画やドラマをオンラインでストリーム再生! スマートテレビ、ゲーム機、PC、Mac、モバイル機器、タブレットなどでお楽しみいただけます。

Av女優・Av男優一覧 - ソクミル

AV女優・AV男優のインデックス。AV女優・AV男優に迷ったらここでチェック!AV女優・AV男優を分類して一覧表示しています。アダルト動画ソクミルでは、高画質で低価格のアダルト動画をストリーミング/ダウンロードで配信中!

異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服

レビュー. 縦書きPDF. ブックマークに追加.

Steam:ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士

特定期間内のレビューを表示するには上のグラフをクリック&ドラッグするか、棒グラフをクリックしてください。 上記のフィルターに当てはまるレビューはこれ以上ありません.

エロ探-あなたにピッタリなエロサイトが見つかる!!

検索...

インテリア用品 | 家具・雑貨・日用品 他 | H&M Jp

H&M ホームのインテリアアイテムで、住まいをアップグレード。アクセントになるインテリア雑貨から、シンプルデザインの家具まで、幅広いラインナップをオンラインショップで早速ご覧ください。

ビビッドアーミー | ゲームスタート - G123.jp

戦場を極彩色で染めろ!色鮮やかな戦場を陸・海・空軍&美少女英雄と駆け巡る!大人気オンライン戦略ゲーム【ビビットアーミー】を今すぐプレイ!ビビアミ - G123

ジュニアアイドル.頂.biz/junior_idol/zip_21638

30枚. みずのそらちゃんについて. デビュー作品となる「ドレミファそら」(12歳)から推測して1999年か2000年生と思われます。 その他詳細不明.

「テクノロジー」の動画素材 - 4K、HD... | Shutterstock

工業技術者チーム、開発者はコンピュータを使ってエンジン設計に取り組む.

電気自動車とは? [電気自動車・EV] All About

電気自動車は、その名の通り電気をエネルギーとして動く車です。車両に搭載されたバッテリーに蓄積した電気をエネルギー源としてモーターを回転させる事で走り出します。近年、石油枯渇問題や環境問題を背景に、クリーンな電気自動車が注目を集めています。

電気自動車 - Wikipedia

電気自動車(でんきじどうしゃ)とは、電気をエネルギー源とし、電動機(モーター)で走行する自動車 である。 略称は一般的にEV(Electric Vehicle)が用いられる。内燃機関(エンジン)を持たない事から、走行時に二酸化炭素(CO 2 )や窒素酸化物が出ないゼロエミッション車である

電気自動車の商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピング | 電気自動車の商品一覧。お買得な人気商品をランキングやクチコミからも探せます。PayPay残高も使えてお得。

メルセデスが新型電気自動車「Eqa」を発売 取り回しのしやすいサイズのsuv型ev

メルセデス・ベンツ日本が新型電気自動車(EV)「EQA」を発売。取り回しのしやすいサイズが特徴のSUVタイプのEVで、フロントアクスルに搭載されるモーターで前輪を駆動。バッテリー容量は66.5kWhで、航続距離は422kmとなっている。

メルセデス・ベンツ 新型電気自動車「Eqa」発売 日本の道路でも取り回しやすいサイズ(1/2 ページ ...

メルセデス・ベンツ日本は4月26日、純電気自動車第2弾となる「EQA」を発売すると発表した。 (1/2)

メルセデス・ベンツeqa発売! 日本の道にジャストな都市型suvの純電気自動車第2弾 | 自動車情報・ニュース ...

メルセデス・ベンツ日本は、電気自動車第2弾である「EQA」を発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は640万円。日本の道路環境にもぴったりなボディサイズで、航続可能距離は422kmとなっている。充実したサポートプログラムも用意されている。

「ホンダはチャレンジングな目標にこそ奮い立つ」、2040年に四輪はevとfcvのみに:電気自動車(1/2 ページ ...

ホンダは2021年4月23日、新社長の三部敏宏氏の就任会見を開き、2040年に四輪車に占める電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の販売比率をグローバルで100%とする目標を発表した。日系自動車メーカーとしては初めて“脱エンジン”を表明した。2035年までに日米中の3市場でEVとFCVの比率を80%に引き上げる。これまでの目標よりもゼロエミッション車の販売拡大を前倒しする。 (1/2)

EV時代は後輪駆動がメインになる? EVプラットフォームの潮流と「アリア」に見る日産の思惑 - webCG

「日産アリア」の登場により、主要なメーカーから出そろった感のあるEVプラットフォーム。それらを見ていくと、エンジン車の時代にはない“潮流”が浮き彫りになった。新世代のEVとともにRRの駆動方式が復活した理由と、あえてFFを選んだ日産の思惑を解説する。

自動車メーカーの限界と、これからの自動車のあり方 [電気自動車・EV] All About

自動車メーカーは「車そのもの」の価値創造を行うことに注力していますが、自動車においてもIoTの活用が進む時代において従来のやり方では限界が見えています。では、今後のあるべき姿や方向性とは?電気自動車ガイドが解説します。

すべてEVになったスマートの2020年モデルは200万円台後半~。次期型は中国企業と共同開発予定(carview ...

自動車先進国ドイツにおける電気自動車の普及はメーカーが望んでいたようには進んでいない様子だ。鳴り物入りで登場した「アウディ e-tron クワトロ」はなんとか3578台とBEV(電気自動車)の 6位に入っているが、「メルセデス・ベンツ...

メルセデス・ベンツから2台目の電気自動車! 小型suv「Eqa」を発売 | マイナビニュース

メルセデス・ベンツ日本は小型SUVタイプの電気自動車(EV)「EQA」を発売した。フル充電での走行距離は422キロ(WLTCモード)で、価格は640万円。搭載するモーターは1基で前輪を駆動する。メルセデスのピュアEVはSUV「EQC」(895万円~)に続く2台目だ。

ガソリン車やめて大丈夫!? 北米ではevは富裕層に大人気! 日本では選択肢の少なさがネックに!! - 自動車情報誌 ...

2030年代半ばまでにガソリン車から電気自動車への全面移行を検討しているという報道は業界に大きな波紋を投げかけた。しかし電気自動車の普及率は依然低いままだ。海外の事情と比較しながら、今後の可能性を探ってみた

メルセデス・ベンツから2台目の電気自動車! 小型suv「Eqa」を発売 (2021年4月26日) - エキサイトニュース

メルセデス・ベンツ日本は小型SUVタイプの電気自動車(EV)「EQA」を発売した。フル充電での走行距離は422キロ(WLTCモード)で、価格は640万円。搭載するモーターは1基で前輪を駆動する。メルセ...

メルセデス・ベンツ第2の電気自動車、EQA発売。航続距離は422kmで、回生ブレーキに5つの設定(Webモーター ...

2021年4月26日、メルセデス・ベンツ日本はEQCに続くBEV(電気自動車)第2弾となるコンパクトSUV「EQA」を発表。同日より発売が開始された。回生ブレーキの強度を調節できる...

ホンダ、2040年以降は電気自動車・燃料電池車のみ販売=韓国報道│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)

 日本の自動車メーカーであるホンダ(Honda)が“2040年までに電気自動車100%時代を切り開く”という野心に満ちた目標を明らかにした。 米国の経済メディア・CNBCなどによると、今年4月に...

ホンダ Ev・Hv(電気自動車・ハイブリット車) 車種一覧 - みんカラ

ホンダ EV・HV(電気自動車・ハイブリット車)を一覧から探せます。ユーザーが投稿した愛車ブログや画像、パーツの口コミ、燃費記録や整備手帳など情報満載。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ!

中国の長安汽車とファーウェイ、年内にAIを搭載した電気自動車発売の方針 - Sputnik 日本

中国の自動車メーカー、長安汽車集団(Changan Automobile Group)と通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ、Huawei...

メルセデス・ベンツ 新型 Eqa Ev第2弾 日本 2021年4月26日注文開始 - 最新自動車情報

「eqc」に続く純電気自動車第 2弾となる「eqa」を、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて2021年4月26日注文開始した。価格は640万円。 新型 eqa ev 第2弾 ポイント

専門家がテスラ社の電気自動車で事故を検証 「細工」をした車で自動運転を実施 - Sputnik 日本

サイト「コンシューマー・レポート」の専門家らは、テキサス州での電気自動車の事故を受けて実験を行なった。この事故では運転席に誰もいなかったと指摘されている。

メルセデス・ベンツから2台目の電気自動車! 小型suv「Eqa」を発売:マピオンニュース

マピオンが提供するマピオンニュースへようこそ。メルセデス・ベンツ日本は小型SUVタイプの電気自動車(EV)「EQA」を発売した。フル充電での走行距離は422キロ(WLTCモード)で、価格は640万円。搭載す...

電気自動車用充電器市場、2025年に103億1,000万米ドル到達見込み - 株式会社グローバルインフォメーションの ...

株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース(2021年4月26日 11時)。株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「電気自動車 (EV) 充電器の世界市場 - COVID-19による成長と変化:2021年」 (The Business Research Company) の販売を4月23日より開始いたしました。

「電気自動車への道」tetopon7のブログ | tetopon7のページ - みんカラ

「電気自動車への道」tetopon7のブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ!

<今週の衝撃ニュースその時何が…>世界初の「電気自動車」原点はなんと! テレビ朝日【サンデーlive!!】|Jcc ...

<今週の衝撃ニュースその時何が…>世界初の「電気自動車」原点はなんと! テレビ朝日【サンデーLIVE!!】|JCCテレビすべて 世界各国で開発競争が繰り広げられているEV・電気自動車市場。18日にフランスに登場したのは、1881年に開発され

中国「超小型ev」に次々と新規参入が増えるワケ - (1/2)|ニフティニュース

2020年に中国で人気に火がついた超小型のマイクロ電気自動車(EV)に続々と参入者が現れている。中国工業情報化省の4月12日の発表によると、同省には新たに33車種のEVの型式認定申請があり、そのうちマ…

欧州で爆売れする電気自動車の落とし穴 WEDGE Infinity(ウェッジ)

世界の主要国は、2050年温室効果ガス純排出量ゼロに向けて一斉に走り出したようだ。ウァズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員長、ボリス・ジョンソン英首相などに続き、菅義偉首相が2050年温室効果ガス純排出量ゼロを宣言し、バイデン次期米大統領も大統領選時の政策綱領の中で同じ目標を打ち出した。中国習近平国家主席も2060年排出ゼロ達成を国連のビデオ演説で述べるなど、各国首脳が温室効果ガスゼロを宣言している。

「電気自動車の普及に急速充電器の整備が必要」という主張が間違っている理由(carview!) | 自動車情報サイト ...

電気自動車の普及に急速充電インフラは必要なのか?自動車の電動化は待ったなしのムードになっています。温暖化対策としてのカーボンニュートラルというのは非常に科学的なアプローチなので「なんとなく電気自動車にすると環境に良さそう」といった雰囲気で、...

EV化による国内自動車関連メーカーの明暗:日経ビジネス電子版

世界各国で電気自動車(EV)シフトが急速に進んでいます。日本の自動車業界も避けて通れません。どのような影響が考えられるのか。自動車部品を扱うパナソニックと日本電産の業績を分析しながら考えます。

電動自転車 通販 | Amazon.co.jp

電動自転車の販売なら、オンライン通販のAmazon.co.jp。ヤマハ、パナソニックなど人気のブランドをはじめ、デザインやディテールにこだわった商品を豊富に品ぞろえ。

電気自動車協会が発足 ムルドコ氏、会長に | じゃかるた新聞

 中央ジャカルタ・クマヨランの国際展示場(JIエキスポ)で開催された自動車展示会「インドネシア国際モーターショー(IIMS)」の上汽通用五菱汽車(ウーリン)のブースで25日、ムルド…

管理組合も難関 Ev普及にマンション駐車場のカベ:日経ビジネス電子版

世界中の自動車メーカーがアクセルを踏みはじめた電気自動車(EV)の開発や市場投入。しかし国内ではマンションでの充電設備導入が進まず、EV普及の足かせになっている。技術的な問題に加え、管理組合での同意形成など特有の課題が立ちはだかる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
生徒の習熟度に合わせ難易度をリアルタイム調整するAI学習システム「Monoxer」をクラーク記念国際高等学校が正式採択
EdTech
2021-06-24 20:32
メキシコの中低所得者層にクレカを提供するフィンテックStoriが約35億円調達
フィンテック
2021-03-02 17:11
サイトUI/UX改善クラウドのi3DESIGNが2億円調達、次世代ノーコードプラットフォームおよびDX人材採用を加速
ネットサービス
2021-07-21 11:45
Twitterがインド最大与党のアカウントを停止
IT関連
2021-08-14 23:40
PayPalが激戦地インドでの決済事業から撤退へ
フィンテック
2021-02-07 18:57
AIが92%の精度で乳がんの兆候を見つける?–2021年に求められる医療を支援するIT
IT関連
2021-01-15 01:16
グーグルの5G版Pixel 5aは防水性能強化しバッテリーを大型化、ヘッドフォンジャックもある
ハードウェア
2021-08-19 08:55
今週のロボットニュースまとめ:ピザとピックアップと泳ぐヘビ、医療と食品に大きな資金提供
ロボティクス
2021-04-17 17:58
日経平均3万円に迫る–これってバブル? 製造業の業績回復は予想以上
IT関連
2021-02-15 22:02
人工知能より高精度、金融機関向けデータ抽出のスタートアップDaloopaが約22億円調達
ソフトウェア
2021-07-18 15:57
IonQの量子コンピューティングシステム、「Google Cloud」で利用可能に
IT関連
2021-06-18 19:28
バレエ公演の無料ライブ配信を12万人が視聴 「手応え感じた」と新国立劇場
くらテク
2021-05-07 15:31
NFTを利用してクリエイターが自分の知的財産を守るブロックチェーンのプラットフォーム「S!NG」
ブロックチェーン
2021-04-28 20:59
日立ソリューションズ・クリエイト、自社開発の仮想オフィスを社内実証
IT関連
2021-04-15 06:56