PayPalと提携したPaxosが暗号資産インフラとサービス拡大で約326億円を調達

PayPalと提携したPaxosが暗号資産インフラとサービス拡大で約326億円を調達 サムネイル

今回は「PayPalと提携したPaxosが暗号資産インフラとサービス拡大で約326億円を調達」についてご紹介します。

関連ワード (Paxos、暗号資産、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Paxos(パクソス)はOak HC/FTがリードしたシリーズDラウンドで3億ドル(約326億円)を調達した。これによりPaxosの評価額は現在、24億ドル(約2612億円)だ。同社は顧客に暗号資産(仮想通貨)プロダクトを提供したい法人顧客のためのインフラ構築とホワイトラベルのサービスを手がけてきた。

中でも、Paxosは暗号資産機能でPayPal(ペイパル)と提携した。2020年10月以来、PayPalの顧客はBitcoin(ビットコイン)、Ethereum(イーサリアム)、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)、Litecoin(ライトコイン)の購入、保持、売却ができる。PayPalの子会社Venmo(ベンモ)はちょうど数日前に同じ暗号資産機能を加えた。

関連記事:PayPalが仮想通貨の売買サービスを米国で開始、Paxosと提携

PaxosのシリーズDラウンドにはDeclaration Partners、PayPal Ventures、Mithril Capital、Senator Investment Group、Liberty City Ventures、WestCapが参加した。

Paxosは暗号資産取引や決済、管理、トークン発行能力などさまざまなプロダクトを提供している。専門とする顧客はRevolut、Crédit Suisse、Société Générale、StoneXなど主に大企業だ。

Paxosは可能な限り規則を順守しようとしている。そしていくつかの国や分野の規制に引き続き従うつもりだ。

例えば同社はPaxos National Trust Bankを立ち上げて米国の証券取引委員会の清算機関登録に申し込む計画だ。シンガポールでは、主要決済機関ライセンスに申し込んでいる。この規制関係の取り組みは、安全な暗号資産の機会を求めているより多くの法人顧客との提携を育む。

同社はまた、Paxos Standard (PAX)という自前のステーブルコインも立ち上げた。ステーブルコインはBTCやETHのような暗号資産だ。しかしPAXの価値はUSD(米国ドル)で示される。いつでも1PAXは1USDだ。他の人気のステーブルコインとしてはTetherとUSDCがある。

Paxosはまた、独自ブランドのステーブルコインの発行も可能にしている。例えばBinanceは自社プラットフォームでBUSDを発行するのにPaxosと協業した。想像がつくだろうが、1BUSDの価値は1USDだ。

Paxosは金に支えられたデジタル資産であるPAX Goldでも知られている。Ethereumブロックチェーンで機能する限り効率的であるはずの金ETFの代替だ。

最後にPaxosはitBitという自前の暗号資産取引所を持っている。CoinMarketCapによると、itBitは一握りのものだけを扱う。消費者向けではなく、Paxosの他のプロダクトを動かしている。

画像クレジット:Andriy Onufriyenko / Getty Images


【原文】

Paxos has raised a $300 million Series D funding round led by Oak HC/FT. With today’s funding, the company is now valued at $2.4 billion. The company has been building infrastructure and white-label services for enterprise clients that want to offer cryptocurrency products to their own customers.

In particular, Paxos has partnered with PayPal for its cryptocurrency features. Since October 2020, PayPal customers have been able to buy, hold and sell a handful of crypto assets — Bitcoin, Ethereum, Bitcoin Cash and Litecoin. Venmo, a PayPal subsidiary, added the same cryptocurrency features just a few days ago.

Investors in today’s funding round include Declaration Partners, PayPal Ventures, Mithril Capital, Senator Investment Group, Liberty City Ventures and WestCap.

Paxos offers different products, such as crypto trading and settlement, custody and the ability to issue tokens. It focuses on big enterprise clients, such as Revolut, Crédit Suisse, Société Générale and StoneX.

The company tries to be as compliant as possible. And it plans to remain committed to regulation across several geographies and verticals.

For instance, Paxos plans to launch the Paxos National Trust Bank and to apply for a Clearing Agency registration with the SEC in the U.S. In Singapore, the company is applying for a Major Payment Institution license. Paxos thinks that this regulation edge will foster partnerships with more enterprise clients looking for safe cryptocurrency opportunities.

Paxos has also launched its own stablecoin called Paxos Standard (PAX). Stablecoins are crypto assets like BTC or ETH. But the value of PAX is indexed on USD. At any point in time, one PAX is worth one USD. Other popular stablecoins include Tether and USDC.

The company also lets you issue your own branded stablecoin. For instance, Binance has worked with Paxos to issue BUSD on its platform. As expected, one BUSD is also worth one USD.

Paxos is also well known for PAX Gold, a digital asset that is backed by physical gold. It’s an alternative to gold ETFs that should be more efficient as it lives on the Ethereum blockchain.

Finally, Paxos has its own cryptocurrency exchange called itBit. According to CoinMarketCap, itBit only features a handful of trading pairs. It isn’t meant to be a consumer-facing exchange, but it powers Paxos’ other products.

(文:Romain Dillet、翻訳:Nariko Mizoguchi)

暗号資産(仮想通貨)とは何ですか? : 日本銀行 Bank of Japan

にちぎん. 「暗号資産(仮想通貨)」とは、インターネット上でやりとりできる財産的価値であり、「資金決済に関する法律」において、次の性質をもつものと定義されています。. 代表的な暗号資産には、ビットコインやイーサリアムなどがあります。. 暗号資産は、銀行等の第三者を介することなく、財産的価値をやり取りすることが可能な仕組みとして、高い注目 ...

暗号資産(仮想通貨)ってなに?ビットコインとは?図解で ...

暗号資産(仮想通貨)とは? 暗号資産?仮想通貨?法定通貨?デジタル通貨?どう違うの? まず始めに、暗号資産と仮想通貨は同じ意味です。 当初、仮想通貨という言葉が一般的でしたが、最近では世界中で暗号資産と呼ばれるようになり...

暗号資産関係:金融庁 - Financial Services Agency

平成29年4月1日から、「暗号資産」に関する新しい制度が開始され、国内で暗号資産と法定通貨との交換サービスを行うには、暗号資産交換業の登録が必要となりました。

みんかぶ 暗号資産(みんなの仮想通貨) | 暗号資産の総合サイト

日本最大級の暗号資産(仮想通貨)総合サイトです。リアルタイムで主要通貨の価格情報を配信中!ビットコインやリップルなどの最新ニュースや相場分析コラムのほか、初心者にもわかりやすい情報が満載です。

暗号資産(仮想通貨)チャート一覧【リアルタイム更新 ...

ビットコインとイーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、ネムなどの主要アルトコインのチャート一覧。各通貨ごとに対円、対ビットコインのチャートが一覧できます。 ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)に関する最新ニュースをお届け!暗号資産に関する関連銘柄動向や企業情報などを配信しています。

暗号資産(仮想通貨)を始めるその前に!メリットだけでなく ...

暗号資産(仮想通貨)という言葉は知っているものの、実際にどのようなサービスなのか知らない方も少なくないでしょう。今回は、暗号資産(仮想通貨)とはどのような特徴を持つのか、暗号資産(仮想通貨)を使用する上でのデメリット・メリットについてご紹介します。

売らないのに課税される暗号資産?株投資・FXとは違う税金の …

 2020年12月に国税庁から出された「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」、もうご覧になりましたか? 前回に引き続き、今回も暗号資産(仮想通貨)の税金の基礎知識をお伝えします。 まずは、知らない人は「えっ、売ってないのに税…

暗号資産と仮想通貨の違いについて

IFRSの2018年のレポートによると、 暗号資産は上位概念で、その下に2つの概念があります。それは、 仮想通貨(Cryptocurrencies)とトークン(Tokens) です。そして、 トークンは、「仮想通貨以外の暗号資産」 と定義されています。

暗号資産のマイニング(採掘)とは?仕組みや方法をご紹介し ...

暗号資産に関する言葉として、頻繁に目にするものの1つに「マイニング(採掘)」があります。マイニング(採掘)がどういうものなのか、それによって何が出来るのかといった具体的な内容について、仕組みや方法などを交えて解説しています。

【暗号資産(仮想通貨)市場】世界大手が上場、法整備、規制 ...

こんにちは、関西スタートアップニュース編集チームです! "暗号資産"聞き慣れない言葉で「初めて聞いた」そう言われる方もいるかもしれません。投資家、メディアなどを中心に登場当初からそれは「仮想通貨」という名でずっと呼ばれてきたわけですから、無理もありません。 しかし昨年、金融商品取引法などの改正を機に「暗号資産」が正式名称となり、日本銀行などは「暗号資産(仮想通貨)」と表記するに至っています。 最初は眉をひそめていた方も多いと思いますが今では、れっきとした金融商取引として認知されつつあり、資産運用の選択肢のひとつとして一般化しつつあります。 そこで今回、この記事で、暗号資産(仮想通貨)市場についてお伝えしていきます。まずは概況から見ていきましょう。

COMMENTS


24958:
2021-05-01 19:26

【本日の竹あかり報】 "竹あかり" のまつりで地域の垣根を超えて日本中・世界中の人と人の心を繋ぎたい!「みんなの想火」プロジェクトがクラウドファンディングで1,000万円の資金調達に成功 シェア、…

24961:
2021-05-01 14:14

プレゼント企画以外にも資金調達も対応しております! “ 1週間 ”という期間で”100〜300万”という金額が無償で受け取れます。初期費用や返済も必要なく金融ブラックの方でも難しい手続きなどなく調達可能となっております!

24959:
2021-05-01 04:46

UGへの支払いが滞っていますので多少強引な資金調達もやむを得ません。

24960:
2021-05-01 03:24

MRRを担保にすることで、株式の希薄化を防ぎながら成長資金を獲得できる。しかも、48時間以内に。同社は創業から2年と経っていないですが、すでにユニコーンに。すごすぎる。 SaaS企業の成長を加速させる、資金調達プラットフォーム:Pipe|O…

24957:
2021-05-01 02:54

救済措置2つ目は”無償の資金調達”です。 長期間の実績もある資金調達ですが、過去に一度もトラブルなく参加者全員が着金されてます。借入とは違いブラックでも関係なく”100〜300万”が返済不要で着金できます! 2000人を超える参加者もおり、自信を…

24956:
2021-05-01 00:21

インターネット上での顧客の行動を分析するアカウントエンゲージメントプラットフォームを手掛ける6senseが約125億円の資金調達。PrketingAlifornia

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Trelloでの個人情報流出、国が注意喚起 「公開範囲の設定確認を」
セキュリティ
2021-04-07 15:19
Google、段ボールVR端末「Cardboard」のGoogleストアでの販売終了
製品動向
2021-03-05 02:13
2021年は、突貫工事の後始末へ–コンタクトセンター基盤のベンダー座談会(前編)
IT関連
2021-02-01 06:57
COCOA元請けのパーソルP&Tが1200万円自主返納 対応に疑問の声も
ネットトピック
2021-04-20 23:20
バレエ公演の無料ライブ配信を12万人が視聴 「手応え感じた」と新国立劇場
くらテク
2021-05-07 15:31
新生米連邦政府公式Webサイト、ダークモードと文字サイズ拡大ボタン追加
アプリ・Web
2021-01-22 18:24
NFTの本当の可能性は「8月12日の三河屋のコーラ」にあり (1/3 ページ)
くわしく
2021-04-17 13:30
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-04-17 13:30
個人開発者はRed Hat Enterprise Linuxを無料で最大16システムまで利用可能に 本番環境もOK
クラウドユーザー
2021-01-23 09:34
アジャイル開発を導入したい方必見! 育成にも役立つ入門講座がオンライン開催
IT関連
2021-04-02 10:44
テラスカイ社長が語る「安定的な高成長」の背景と懸念
IT関連
2021-04-23 00:01
ヌーラボ、2020年のコロナ禍での優れたプロジェクトを表彰する「Good Project Award 2021」開催決定
IT関連
2021-01-19 11:03
IBMとPalantirが提携、ローコードのAIデータ処理プラットフォームなど
IT関連
2021-02-09 15:04
20万円超のクリエイター向け5Gスマホ「Xperia PRO」発表 HDMI入力でカメラと連携
製品動向
2021-01-28 03:51
「災害用音声お届けサービス」、2022年3月31日で提供終了 災害用伝言板などを代替に
企業・業界動向
2021-03-30 23:54
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-03-30 23:54