Google I/Oが5月11日、12日に開催、来場者は限定的だが無料ライブストリーミングで視聴可能

今回は「Google I/Oが5月11日、12日に開催、来場者は限定的だが無料ライブストリーミングで視聴可能」についてご紹介します。

関連ワード (年次開発者会議、無料、過去等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


感じている?温かくなってきて外は明るくなり、開発者のための何かが漂ってきているようだ。米国時間3月16日朝、Googleの年次開発者会議が行われる前に新たなヒントがあった。同社は5月11日、12日にGoogle I/Oを開催すると認めた。

We'll be back live from Shoreline Amphitheatre for this year's #GoogleIO! Join us online May 11-12 https://t.co/KgNKbaLeym pic.twitter.com/NUodJb7UCi

— Sundar Pichai (@sundarpichai) March 16, 2022

これまではカリフォルニア州マウンテンビューにあるショアライン・アンフィシアターで開催されてきた。2020年、Googleは当時まだ蔓延していた新型コロナウイルス(COVID-19)を懸念し、開催を見送っていた。しかし2021年、2021年に同社は他のテック企業とともにすべてをデジタル化したイベントで開催した。同社は「限定されたライブ観客」とともにコンサート会場に戻ってくる。今回もまた、会場に足を運べない人のために、無料のバーチャルストリーミングを取り入れたライブになる予定だ。

Can you untangle this string? https://t.co/PyiD8ZsMBQ

Keep an eye on this thread for more clues. ↓ pic.twitter.com/uaMVzn4wgp

— Google Developers (@googledevs) March 16, 2022

AppleのWWDCと同じく、開発者向けのイベントである一方、キックオフ時には一般ユーザー向けのコンテンツも披露される。Android、Wear OS、各種Googleサービスのアップデートはほぼ確定している。ハードウェアは、伝統的にもう少し不確実なもので、NestやPixelの新モデルは追加された年もあれば、デバイスが発表されない年もあった。過去には、同社のAI予約サービスであるDuplexの発表(およびそれに続く最初のライブデモ)を含む、驚きもあった。


【原文】

Feel that? The weather’s warming up, it’s staying light outside later and there’s something [long, extended inhale] developery in the air. New clues from Google dropped this morning, in the lead up to Google’s annual developer conference. The company has since confirmed that the show will go on, May 11 and 12.

Traditionally held at the Shoreline Amphitheater in Mountain View, California, Google skipped the show altogether in 2020, out of concern over the then still-new COVID-19 pandemic. Last year, it joined the rest of the tech world in going all digital. The company is returning to the concert venue, with a “limited live audience.” Once again, the show will feature a free virtual streaming element for everyone who can’t make it.

Like Apple’s WWDC, the show is developer-focused, while also front-loaded with consumer content during kick-off. Updates to Android, Wear OS and various Google services are a near-lock. Hardware has traditionally been a bit more of a crapshoot. Some years have seen no devices, while others have brought addition to the Nest and Pixel lines. The show has also contained its share of surprises, including the announcement — and subsequent first live demo — of the company’s AI booking service, Duplex.

(文:Brian Heater、翻訳:Katsuyuki Yasui)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
‍仮想通貨プラットフォームのEcoがa16z主導のラウンドで28億円調達
ブロックチェーン
2021-03-08 04:59
巫女がSNSで寺社の魅力を発信 仁和寺や北野天満宮でも
IT関連
2021-06-02 21:36
富士通とAWS、モビリティーDXのグローバル展開で協業
IT関連
2021-05-13 12:59
MS、「One Outlook」を今春発表か–さまざまなデバイス向けの「Outlook」を統合
IT関連
2022-01-27 06:24
AWS、「App Runner」を発表–大規模コンテナーの利用を容易に
IT関連
2021-05-20 11:48
Splunkがクラウドサービス「Splunk Observability Cloud」正式リリース。インフラのからアプリの性能まですべてを統合監視
Splunk
2021-05-12 06:56
Flatt Security、ソフトウェアサプライチェーン向けセキュリティプラットフォームShisho Cloud事前登録を受付開始
IT関連
2022-03-10 08:09
人工知能システムの市場規模が2000億円を突破–IDC予測
IT関連
2021-06-03 11:24
19歳の学生社長が音声合成サービス開発、3日でユーザー5万人 AIの勉強はWeb授業とインターンで (1/2 ページ)
くわしく
2021-05-28 08:41
企業の福利厚生で使えるAI恋愛ナビのAillがJR西日本グループと連携、新しい出会いを創出する「食レポイベント」実証実験
IT関連
2022-03-09 03:12
「人財のための財務諸表」を目指し日本に本社機能を移転中、シンガポール発の人事分析ツール「パナリット」が3.3億円調達
HRテック
2021-07-30 20:17
「Gmail」の新デザイン、順次展開中–「Meet」など複数アプリを簡単に切り替え
IT関連
2022-02-19 10:39
GitHub、動画アップロード機能に正式対応 バグの再現手順や新機能の紹介などが容易に
ネットトピック
2021-05-19 06:21
災害地域で高速通信回線を確保するための移動基地局車「THOR」をベライゾンが発表
EnviroTech
2021-07-08 20:39