OpenStack、25回目のリリース「Yoga」公開

今回は「OpenStack、25回目のリリース「Yoga」公開」についてご紹介します。

関連ワード (クラウド等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 クラウドは今日、あらゆる物事に関わっている。しかし2010年の段階では、現実的とは言い難いものだった。それでも米航空宇宙局(NASA)のエイムズ研究センターとRackspace(現Rackspace Technology)の開発者は、クラウドを構築する最善の方法がオープンソースソフトウェアを基盤にすることだと判断した。彼らは協力し、2012年頃までに「OpenStack」という大規模オープンソースIaaSクラウドを作り上げた。それから約10年を数えた米国時間3月30日、OpenStackは25回目のリリースとなる「Yoga」の公開を発表した。

 OpenStackは現在、OpenInfra Foundation(旧OpenStack Foundation)が管理している。OpenStackもクラウド戦争に巻き込まれるようになったと考えている人もいるかもしれないが、実施には静かに成功の道のりを歩んでいる。OpenInfra Foundationによると、11月時点でOpenStackが管理するコアは前年比で66%増加しており、2500万を超える本番環境のCPUコアを管理している。特に通信業界でOpenStackは重要な存在となった。Bloomberg、Walmart、Workday、米Yahooなど大手がOpenStackを利用している。

 OpenStackはますます重要になっている。実際のところOpenInfra Foundationの最高執行責任者(COO)Mark Collier氏は、「われわれは1年で1000万のコアを追加した。これは前年比で見ると最大の増加だと私は考えている。素晴らしい。過去1年だけで100のクラウドが新たに構築された。現在では100万を超えるコアを稼働させている組織が7つある」と述べている。

 OpenStackの成功が続く理由の1つとして、IaaSクラウド上で必要となるほとんどすべてのものを実行できるという点が挙げられる。ベアメタル、仮想マシン(VM)、GPU、コンテナーなどだ。また、「Kubernetes」や「Prometheus」といった今や必要不可欠となっているクラウドネイティブなソフトウェアも統合されている。

 Yogaの強みとして、NVIDIAのスマートNIC(SmartNIC)やDPUといった先進的ハードウェアのサポートがある。NVIDIAは現在、OpenStackとともに、暗号化/復号機能や、ファイアウォール、パケット検査、ルーティング、ストレージネットワークといった機能を、OpenStackの配備上でより高速に動作させるための取り組みを進めている。

 具体的な成果を挙げると、OpenStackのサービスとしてのネットワーキングである「OpenStack Neutron」がリモート管理型の仮想NICタイプをサポートするようになり、SmartNIC DPUへのポートバインディングが可能になっている。また、コンピュートプログラムの「OpenStack Nova」が、コントロールプレーンをホストサーバーからオフロードするために、SmartNICを活用するネットワークバックエンドをサポートするようになった。ホストサーバーからコントロールプレーンを除去することでセキュリティが強化されるとともに、モダンなSmartNIC DPU上のCPUリソースとRAMリソースを活用することでオーバーヘッドの低減が可能になった。

 また、SmartNIC DPUを搭載したNeutronは、大規模なネットワークに対応した高性能なLocal IP(ローカルIP)をサポートするようになった。ローカルIPは、複数のポートやVMをまたがって共有できる仮想IPだ。さらに、これはプライベートなIPアドレスともなっている。

 このほか「Manila」ファイルシステムがソフトデリートをサポートするようになった。さらにYogaでは、PrometheusとKubernetes向けに互換性も向上している。

 そして、OpenStackは今後、リリースサイクルを変更する。最近まで、年に2回のペースでリリースされていた。しかし、1年に2回のアップデート作業を避けたいと考えている運営者らは、より余裕のあるアップグレードサイクルを求めていた。このため2023年からOpenStackは「tick-tock」方式を採用する。すなわち年に2回のリリースのうち、一方はメジャーリリースとなり、他方はマイナーリリースとなる。

 OpenStack Yogaは現在、ダウンロード可能になっている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
近隣小売り店舗への回帰など、意外な2021年の米不動産業界のトレンド
VC / エンジェル
2021-04-19 16:44
中国政府が決済事業の規制案を発表、AntとTencentによる寡占を抑制
フィンテック
2021-01-24 08:07
Microsoft、Windowsの緊急パッチ公開 「PrintNightmare」に対処
アプリ・Web
2021-07-08 23:53
ポケモンGO、7月1日は「ビッパデイ」 どこでも大量発生、レイドもビッパのみ
くらテク
2021-06-30 07:42
TOKAIグループ、6000台のPCにSaaS型エンドポイントセキュリティを導入–テレワーク環境の安全を強化
IT関連
2021-03-11 01:27
アルゴリズムに焦点を当てた第230条の改正に向け米議員が公聴会で討議
パブリック / ダイバーシティ
2021-05-02 09:05
イオンスポーツクラブ、顔認証と温度検知を用いた入館システムを導入
IT関連
2021-03-08 21:50
在宅勤務でうつ病「早期受診が大切」 コミュニケーション不足から不安増幅の恐れ
IT関連
2021-01-26 21:00
Facebookリールが全世界で公開、新たな広告主・クリエイター向けツールも
IT関連
2022-02-24 03:02
CircleCIが無料枠を大幅拡大。1カ月あたり6000分のビルド時間、ユーザー数無制限、最大30件までのジョブ同時実行など
CI/CD
2022-01-13 02:04
五輪チケットの購入者情報など10件流出 「組織委員会システムからの流出ではない」
IT関連
2021-07-24 19:27
「えきねっと」がUI刷新 JR東「この20年で最も大規模なリニューアルに挑戦」
企業・業界動向
2021-04-14 11:05
カインズ、Dynamics 365でECの受発注を統合管理
IT関連
2022-03-01 14:33
磁石、監視、不妊……SNSで出回る新型コロナワクチンデマ
IT関連
2021-08-18 05:16