JR東日本、夜間工事のデジタルツイン化に向けた実証実験を完了

今回は「JR東日本、夜間工事のデジタルツイン化に向けた実証実験を完了」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグデータ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 MODEは、1月からJR東日本およびJR東日本スタートアップと共同で行っていたJR浜松町駅における夜間工事のデジタルツイン化に向けた実証実験が完了したと発表した。

 この実証は、JR浜松町駅における夜間改良工事で従来に全体把握が困難な鉄道工事をデジタルツイン化し、鉄道工事現場におけるデータ活用について検証を行っている。JR東日本のデジタルトランスフォーメーション(DX)プラットフォームの構築と実運用を想定した検証を行い、これに伴うデジタルツインのプロトタイピングを実施した。

 具体的な実証方法は以下の通り。

 実証できた主な結果として4つが挙げられている。

 まず作業時間の4時間で1万4000歩/人以上の活動量を確認できた。特に安全確認の注意力が特に必要な撤収作業時間帯に歩数が多くなっており、体力的にも負荷がかかりやすい時間帯であることが分かった。

 また実証期間の約2カ月で、59項目の知見、12項目の課題を取得し、次のステップでの取り組みが明確になった。さらにアンケート結果から、80%の作業者が負担にならないと回答し、現場に負担のかからないセンシングを検証できた。加えて、工事関係者、軌陸車の位置をリアルタイムに把握することができた。

 鉄道建設工事は、終電から始発までのわずかな時間で作業を行う場合も多い。このため、現場によっては軌陸車10数台、作業員100人以上が短時間で集中的に作業を行うこともある。また、営業線に近接した現場での作業になるため、夜間、昼夜問わず列車の安定輸送、市民や作業員の安全管理は最重要課題となっている。

 しかし、現在は現場で人力に頼った安全管理を行っており、安全性を確保しつつ管理コストを下げたいという課題に対し、位置情報のリアルタイム把握が必要不可欠となっている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
中止の噂を否定するためグーグルがPixel 5a 5G販売を突然発表、2021年中に米国と日本で
ハードウェア
2021-04-11 15:20
死別の悲しみに暮れる家族のためのデジタルアシスタント「Empathy」が14億円調達
ネットサービス
2021-04-08 03:04
The Station:CES 2021のトレンドとUberの新しいスピンオフ
モビリティ
2021-01-20 10:21
ファーウェイ、「サイバーセキュリティフレームワーク」公開–セキュリティ新拠点開設も
IT関連
2021-06-15 15:19
新型コロナ後遺症の検出にFitbitデバイスやApple Watchなどウェアラブル機器が役立つとの研究結果が公表
ヘルステック
2021-07-10 01:20
森ビルのデジタル基盤にNECのネットワークサービスが採用–都市のデジタル化へ
IT関連
2021-04-06 17:04
10種類以上のセンサーを一元管理可能な現場管理支援SaaS「Canvas」を手がけるIoTBASEが8000万円調達
IoT
2021-06-18 22:04
自然言語処理ライブラリをオープンソースで提供するHugging Faceが43.6億円調達
ソフトウェア
2021-03-15 09:35
DJI JAPANと日本農薬が提携 ドローンとAIで空から雑草を特定
ロボット・AI
2021-04-02 01:33
電子文書の利用を推進する諸制度の動きとテクノロジー–後編
IT関連
2021-01-25 14:11
New Relic、「Service Level Management」提供–システムのサービスレベル管理を容易に
IT関連
2022-05-19 16:50
患者の負担を軽減する液体生検を用いた白血病遺伝子検査提供のLiquid Mineが資金調達
VC / エンジェル
2021-02-04 14:40
テレワーカーの方が出社している人より残業時間が長い パーソル調査
キャリア・しごと
2021-04-20 08:14
映画「シン・ウルトラマン」特報公開 「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」
くらテク
2021-01-30 22:30