「Windows 10」バージョン「20H2」「1909」、サービス終了

今回は「「Windows 10」バージョン「20H2」「1909」、サービス終了」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Microsoftは米国時間5月10日、月例セキュリティパッチ「Patch Tuesday」をリリースした。これは「Windows 10」のバージョン「20H2」と「1909」にとって、最後のセキュリティアップデートとなるため、同社はユーザーにアップグレードを促している。

 MicrosoftはMessage Centerで、次のように述べている。「2022年5月10日時点で、Windows 10バージョン20H2の『Home』エディションと『Pro』エディション、Windows 10バージョン1909のすべてのエディションはサービス終了に達した。5月10日に公開した2022年5月のセキュリティ更新プログラムが、これらのバージョン向けの最後の更新プログラムだ。この日以降、これらのエディションが動作しているデバイスには、最新のセキュリティ脅威に対する保護を提供する月例セキュリティ更新プログラムと品質更新プログラムは配信されない」

 5月の月例セキュリティパッチでは、74件の脆弱性が修正されており、その多くがWindowsに影響を及ぼすものだ。なかでも「CVE-2022-26925」はすでに悪用されており、主にWindowsサーバーなどに影響がある。

 Windows 20H2(October 2021 Update)は、2021年10月にリリースされた。同社は2022年1月より、対象となる20H2マシンをWindows 10 21H2に自動アップデートしている。それに伴い、Windows 11と同様に、機能更新プログラムの頻度をこれまでの年2回から年1回へと移行した。

 サポート期間は、2021年11月にリリースされたWindows 10 21H2の「Home」「Pro」エディションが18カ月間、「Enterprise」「Education」が30カ月間だ。Windows 11の場合、「Home」「Pro」が24カ月間、「Enterprise」「Education」が36カ月間サポートされる。Windows 10の21H2以降のアップデートは、2022年後半に行われるとみられる。

 バージョン20H2および1909のユーザーは、早急に移行することが重要だ。今後、毎月のセキュリティ更新プログラムが配信されず、ランサムウェアやマルウェアに感染するリスクが高まる可能性がある。

 同社は「Windows Update」で、Windows 10のサポート対象外バージョンなどを自動的にアップデートするという。

 今後、セキュリティ更新プログラムが配信されないWindows 10 20H2のエディションは、「Home」「Pro」「Pro Education」「Pro for Workstations」だ。Windows 10のバージョン1909は、「Home」「Pro」「Pro Education」「Pro for Workstations」がちょうど1年前にサービス終了を迎えている。

 10日以降、Windows 10 1909でサポート対象外となるエディションは、「Windows 10 Enterprise」「Education」「IoT Enterprise」だ。

 Microsoftは企業ユーザーに、Windows 10からWindows 11へとアップグレードするように促している。同社は最近、社内のデバイス19万台を5週間でWindows 11にアップグレードしたことを明らかにした。しかし、ハードウェア要件を満たしていない一部の古いデバイスは、移行できなかったという。

 ユーザーは、自分のデバイスがWindows 11のシステム要件を満たしているか、「PC Health Check」アプリを使って確認できる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ホットクックに「アイマス」モデル BGM付き音声にキャラ同士の掛け合いも
くらテク
2021-03-26 07:29
レブコムの音声解析AI電話MiiTelが受発信用電話番号として主要都市の市外局番を追加、03・06以外の地元の番号が利用可能に
IT関連
2022-03-01 08:18
Twitter、Clubhouseより一足先に「Spaces」をAndroidユーザーでも利用可能に
アプリ・Web
2021-03-04 02:16
「Windows Admin Center」新プレビュー発表–多数の新機能
IT関連
2021-01-19 06:31
OS、プログラミング言語、ソフトを選ばない、マイクロソフトのコードエディター「Visual Studio Code」
IT関連
2021-02-16 14:57
Oculus Quest 2にストレージ128GBの新モデル 価格は64GBモデルから据え置き
製品動向
2021-07-29 13:19
NTT東、店舗映像のAI解析サービス–商品購入などの予兆を検知
IT関連
2022-02-18 10:07
KDDIや東急ら、メタバースに関するガイドライン策定–運用・利用指針を整備
IT関連
2022-04-27 05:30
「ポケモンストア」2カ所閉店 ゴールデンウィーク後に
くらテク
2021-04-13 21:58
Appleの「探す」アプリ、紛失防止タグ、電動自転車含むサードパーティー製品に対応 次期リリースではUWB使い方向も分かるように
IT関連
2021-04-09 08:51
マカフィーとファイア・アイの統合会社、新社名を「Trellix」に
IT関連
2022-01-21 01:11
今週の記事ランキング(2021.7.4〜7.8)
IT関連
2021-07-10 09:46
Stack Overflowが投資会社に買収された理由は、グローバル展開を加速し、さらに成長するため
StackOverflow
2021-06-07 00:19
Google Cloud FunctionsがRubyのサポートを発表 ローカル環境での開発やテストを可能にするフレームワークも
クラウドユーザー
2021-01-21 03:04