「Linux」でフォルダー共有を設定するには–「Samba」を使った手順

今回は「「Linux」でフォルダー共有を設定するには–「Samba」を使った手順」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ネットワーク上に複数のコンピューターがあり、「Linux」OSからファイルやフォルダーを共有できるようにしたい場合、その手順は驚くほど簡単である。一部のLinuxディストリビューションはこの手順をクリック操作だけで実行できるようにしようと試みているが、期待通りに機能しないことも多い。

 その場合は、「Samba」とターミナルウィンドウを使用する必要があるが、心配は無用だ。本記事では、その手順を分かりやすく説明する。手順を完了すれば、共有されたフォルダーとファイルに、LAN上のすべてのユーザーがアクセスできるようになる。

 これを機能させるには、実行中のLinuxインスタンスとsudo権限を持つユーザーが必要だ。ここでは、ユーザーフレンドリーな「Ubuntu Desktop 22.04」を使用して説明を進めるが、手順はほとんどのディストリビューションで同じである(唯一の例外は、Sambaのインストール)。

 それでは、実際の手順の説明に移ろう。

 最初に、Sambaをインストールする必要がある。コマンドラインからインストールするので、Linuxデスクトップにログインして、ターミナルウィンドウアプリケーションを開く。ターミナルを開いた状態で、以下のコマンドを実行してSambaをインストールする。

 「Fedora」(または「RHEL」)ベースのデスクトップを使用している場合、コマンドは以下のようになる。

 Sambaがデフォルトですでにインストールされている場合もある。いずれにせよ、Sambaがインストールされたら、次の手順に進もう。

 以下のコマンドで、Sambaサービスを開始して有効にする。

 Linuxファイルマネージャーの中には、GUIアプリケーション内から直接フォルダーを共有できるものもある。しかし、ファイルマネージャーにそのオプションが含まれていないこともごくまれにあるので、本記事では、手動の手順を紹介する。

 共有したいフォルダーがホームディレクトリーの「Public」フォルダー、つまり、/home/USER/Public(USERはユーザー名)であるとしよう。ターミナルウィンドウに戻って、以下のコマンドでSambaの設定ファイルを開く。

 そのファイルの下部に以下を貼り付ける。

 USERはユーザー名だ。

 注:ほかのユーザーがファイルやフォルダーに変更を加えられないようにしたい場合は、「writeable」を「no」に設定する。

 ファイルを保存して閉じる。以下のコマンドでSambaを再起動する。

 この段階で、Samba共有がネットワークに表示されるが、誰もアクセスすることはできない。この問題を修正しよう。

 Linuxマシンのユーザーはあなただけだと仮定しよう。だが、あなたは自分のログイン認証情報をほかのユーザーに渡すことや、共有ディレクトリーへの匿名アクセスを許可することは避けたいと考えている(セキュリティ上の問題になる可能性があるため)。どうすればいいのだろうか。ほかのユーザーがファイルやフォルダーへのアクセスのために使用できる新しいアカウントをLinuxマシン上に作成しよう。

 ターミナルウィンドウで、以下のコマンドを実行して、guestshareという名前のユーザーを作成する。

 そのユーザーに一意の強力なパスワードを与えて、Samba Guestという名前(または、それと同じような名前)を付けた後、残りの質問に対してキーボードのEnterキーを押していく。

 次に、そのユーザーをSambaに対して有効にする必要があるので、以下の2つのコマンドを実行する。

 1つ目のコマンドはユーザーを追加し、2つ目のコマンドはそのユーザーを有効にする。

 1つ目のコマンドを入力すると、Sambaの新しいパスワードを追加するよう求められる。guestshareアカウントの作成時に追加したものと同じパスワードを使用できる。

 これで、ネットワーク上のすべてのユーザーが、guestshareの認証情報を使用して、そのフォルダーにアクセスできるはずだ。

 Linux上でユーザーのホームディレクトリー内から共有フォルダーを作成する方法の説明は、以上である。ユーザーは、その中のファイルやフォルダーを閲覧できるだけでなく、作成したり、変更したりすることも可能だ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
d払い、ポイント還元時期を即時通知へ 利便性改善でPayPayに追随
IT関連
2021-07-31 01:55
決済大手Stripe、暗号資産決済のサポートを再開
IT関連
2022-03-13 05:10
GM傘下の自動運転Cruise、Microsoftなどから20億ドル調達 Azure採用
企業・業界動向
2021-01-21 18:00
特殊詐欺もリモートに 新潟県内の被害者の告白
IT関連
2021-07-27 08:10
日本株「買い場」の判断継続:止まらない原油上昇、日本の景気・企業業績への影響は?
IT関連
2021-07-13 10:42
米国株より強いのは中国株?–人気IT株に分散投資できるETF
IT関連
2021-01-29 06:15
ポケモンGOの“レジトリオ”復刻、水曜のレイドアワーが狙い目か 8日には「メガヤドラン」も
くらテク
2021-06-03 09:57
Google、睡眠モニター機能つきスマートディスプレイ「Nest Hub(第2世代)」日本でも発売 1万1000円
製品動向
2021-04-23 10:46
Apple Store、Appleデザインの非接触型消毒液スタンドを導入開始
IT関連
2021-04-27 03:03
[速報]「AWS大阪リージョン」正式オープン。大阪ローカルリージョンを拡張し3つのアベイラビリティゾーンから構成、事前申し込みなど不要に
AWS
2021-03-03 23:54
AIとのペアプロへまた一歩前進、「GitHub Copilot」登場。AIがコメントからコード生成、書きかけのコードを補完、コードを見てテストコード自動生成など
AI
2021-07-01 07:42
UberのAutocab買収を英国の競争監視当局が調査
シェアリングエコノミー
2021-02-01 17:41
eコマースマーケティングのBluecoreはシリーズEで評価額が約1100億円、上場も視野に
ネットサービス
2021-08-08 05:34
GMやPalantirが出資するコネクテッドカーデータ分析のWejoがSPAC経由で上場へ
モビリティ
2021-05-30 14:45