日本オラクル、「OCI」のアップデートを解説–VMware環境、セキュリティ分野など

今回は「日本オラクル、「OCI」のアップデートを解説–VMware環境、セキュリティ分野など」についてご紹介します。

関連ワード (クラウド等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 日本オラクルは5月27日、この半年間における「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)の主なアップデートについて説明会を開催した。具体的には、OCIそのものに加え、「Oracle Exadata Cloud Infrastructure X9M」や「Oracle Cloud VMware Solution」、そしてセキュリティ機能についてのアップデートだ。

 まず、3月にはOCIの柔軟性を高める11の新サービスや機能を発表、年内の提供予定としていた。そのうちコンピュートの分野では、AMDの最新世代プロセッサーを利用したインスタンス「AMD E4.Dense Compute Instances」と、AMDベースの新しいコアオプションを提供する「Oracle Cloud VMware Solution on AMD」が既にリリースされたほか、ストレージ分野では、ZFSファイルサーバーをOCI Block Volumes RAWストレージに使用する「High Availability ZFS」がリリースされた。また、ネットワーク分野では、WAFポリシーを定義する「Flexible Web Application Firewall」、構成ベースの接続性チェックを実行してネットワークパスをパス内の仮想ネットワークエンティティー情報とともに可視化する「Network Visualizer」、OCI Networkで帯域外でのパケットキャプチャーやインスペクションができる「vTAP」が既に利用可能となっている。

 こうした新サービスのほかに、東京と大阪の2つのリージョンで、4月1日に運用開始した新しい学術情報ネットワーク「SINET6」に対応した。日本独自の仕組みだが、「必要に応じて日本独自の要件にも対応している」と、事業戦略統括 事業開発本部 部長の大橋雅人氏は述べている。

 Oracle Exadata Cloud Infrastructure X9Mでは、従来モデルと比べてCPUコアを2.5倍搭載し、ストレージ容量を28%増加するなど、「従来と同一価格でより多くのコンピュート、ストレージ、ネットワークを提供、さらなる高速化を実現している」(事業戦略統括 事業開発本部 本部長 佐藤裕之氏)という。

 既存のVMware資産のクラウド移行を支援するOracle Cloud VMware Solutionでは、新しいサーバータイプを増やし、ワークロードに合わせてサーバーを選べるようにした。また、ストレージはOCI File Storage Serviceに対応、ストレージの増減に柔軟に対応できるようになった。さらに、VMwareとのアライアンスで製品を検証し、「Site Recovery Manager」「vRealize Operations Cloud」「vRealize Automation Cloud」「vRealize Log Insight Cloud」「vRealize Network Insight Cloud」「Horizon VDI」といったVMware製品もOCI上で利用可能となった。

 Oracle Cloud VMware Solutionの新たな事例も発表した。2020年の株式譲渡でSBSホールディングスのグループ会社となったSBS東芝ロジスティクスが、同ソリューションを活用。アプリケーションや運用の変更が不要になったことから、「6カ月という短期間で基幹システムのクラウド移行を完了した」(事業戦略統括 事業開発本部 シニアマネージャー 近藤暁太氏)という。

 セキュリティ分野では、5月25日に5つの新セキュリティサービスを発表した。Palo Alto Networksの次世代ファイアウォールを採用したマネージドファイアウォールサービス「OCI Network Firewall」と、ユーザーが適用ポリシーを定義できる「Oracle Security Zones」、脅威インテリジェンスデータを集約・管理し、OCIサービスで脅威の検出や予防ができる「Oracle Threat Intelligence Service」、リスクにつながるユーザーの振る舞いを機械学習し、データサイエンスを適用して検知する「Oracle Cloud Guard Threat Detector」、業務アプリケーション「Oracle Fusion Cloud Applications」における特権ユーザーの変更などを監視する「Cloud Guard Fusion Applications Detector」だ。

 これらの新セキュリティサービスは、OCI Network Firewallを除いて全て無償で提供するという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
東芝デジタルソリューションズ、企業向けブロックチェーンを提供開始
IT関連
2022-05-12 09:54
ILI総研、ExcelでDB入出力機能を作成可能なツール発売
IT関連
2022-05-20 15:09
Clubhouseは日本でどのように広がった? Twitterとの意外な共通点も (1/2 ページ)
くわしく
2021-03-21 23:28
Raspberry Pi財団、「Python」入門講座を開始–無料で利用可能な6プロジェクト
IT関連
2022-02-17 09:58
BlackBerry、ソフト構成解析ツール「BlackBerry Jarvis」の新チャネルパートナーを発表
IT関連
2022-04-28 03:31
JX通信社が約20億円のシリーズC調達、SNS発のリスク情報を配信する「FASTALERT」軸に開発・営業体制強化
ネットサービス
2021-08-19 11:37
アトラシアン、「Confluence」を更新版公開–深刻な脆弱性を修正
IT関連
2022-06-08 11:36
Huawei、売上高前年比3.8%増 中国市場拡大も米禁輸措置で海外逆風
IT関連
2021-04-03 10:49
マイナンバーカード活用のデジタルIDソリューション「xID」がセブン銀行アクセラレータープログラムで採択
フィンテック
2021-04-13 16:32
光洋ショップ‐プラスと富士通、生体認証を使った一般向けレジなし店舗を実証実験
IT関連
2021-01-16 08:13
BaaSプラットフォームを手がけるKippが累計5億円調達、金融機関にサービス提供開始
フィンテック
2021-04-14 15:34
Web3.0の金融プライバシー競争で主要プレイヤーを味方につける「Secret Network」
ブロックチェーン
2021-05-16 16:31
マイクロソフトが小売から消費財製造にもDXを拡大へ
IT関連
2021-06-17 01:59
「たこ焼きはどこまで大きくできるのか」解明に数学で挑戦 京大大学院の橋本教授と理系YouTuberが論文公開
企業・業界動向
2021-08-17 18:04