マイクロソフト、従業員契約から競業避止条項を削除

今回は「マイクロソフト、従業員契約から競業避止条項を削除」についてご紹介します。

関連ワード (経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Microsoftは米国時間6月8日、米国の従業員契約から競業避止条項を削除し、既存の従業員契約についても、ごく一部の例外を除き、施行しないと発表した。

 競業避止条項が含まれない新しい従業員契約は同日より発効し、パートナーや幹部などの上級管理職を除き、米Microsoftの全従業員に適用される。

 「これは、実際に米国の従業員が当社の競合企業とみなされる他社に転職する際、競業避止条項の制約を受けないことを意味する。ただし、すべての従業員は、Microsoftの機密情報を守るために、当社のビジネス行動規範やその他の義務に対しては、これからも責任を負うことになる」と、MicrosoftのコーポレートバイスプレジデントのAmy Coleman氏と、副法務顧問のAmy Pannoni氏は、ブログ記事で説明した。

 また、Coleman氏とPannoni氏は、「当社の米国における和解契約や離職契約には、従業員が職場で起こった違法な差別、ハラスメント、報復、性的暴行、賃金および労働時間の違反とみなす行動を開示することを禁じる、機密保持に関する文言を含めないこととした」と述べた。

 従業員契約に対する同社の新しいアプローチは、ワシントン州の新しい法律に従ったものだ。この新法は、テクノロジー企業が秘密保持契約(NDA)を盾に、従業員に職場の苦情を言わせないようにするのを制限している。

 このワシントン州の「Silenced No More Act」と呼ばれる法律は、3月に可決されたもので、6月9日から施行される。カリフォルニア州でシリコンバレーの企業を対象に1月に施行された同名の法律を反映している。

 NDAは通常、従業員が業務内容について話すのを防ぐために、さまざまな業界で使用されている。これらの新法は、従業員が職場でのハラスメント、差別、報復、賃金搾取について話すのを阻止するために、NDAを使用するのを防ぐのが狙いだ。

 また、同社は2023年1月以降、米国内の社内外の求人で、給与範囲を公開する。これは、同一賃金のデータを含む同社の年次報告書「ダイバーシティ&インクルージョンレポート」に基づいた、取り組みとなる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
マイクロソフト「Teams」に"バーチャル通勤"など–ウェルビーイング重視の新機能
IT関連
2021-04-23 17:37
アニメ「ぐんまちゃん」10月放送開始 群馬の魅力も発信
くらテク
2021-07-03 21:54
IT投資や新規プロジェクトの妥当性について支持を得るには–5つのポイント
IT関連
2022-04-05 03:49
「nanaco」と「WAON」が年内にApple Pay対応 サービス詳細や開始日は未定
企業・業界動向
2021-08-11 04:08
HIKKY、5年以内に世界100都市をメタバース化する「パラリアルワールドプロジェクト」発足
IT関連
2022-02-19 05:04
採用につながりやすい高需要の開発者スキルは?
IT関連
2022-02-24 17:53
無観客キャンプで衛生放送、ネット中継が存在感 プロ野球ファンに新たな楽しみ提供
IT関連
2021-02-10 11:11
なぜ女性ファウンダーは資金獲得に苦労しているのか?
IT関連
2022-01-21 19:15
LiDAR業界の勢力争いとVelodyneの内部問題
モビリティ
2021-08-09 18:27
プライバシーの保護がIT企業にとってさらに重要な取り組みに
IT関連
2021-01-20 21:36
映画「閃光のハサウェイ」公開延期 5月21日から 舞台挨拶は中止に
くらテク
2021-04-27 13:27
日本HP、本社オフィスを縮小移転 出社する社員が全体の1割以下に
キャリア・しごと
2021-04-17 16:08
インド最高裁がFutureとRelianceの3740億円の取引を停止する判決、アマゾンを支持
その他
2021-08-09 12:23
ドル建て日経平均が最高値を更新–押し目買いに分があり
IT関連
2021-01-22 10:12