MongoDB 6.0がリリース。時系列データ対応、ポーリング不要でデータ変更によるトリガー処理、スケーラビリティ、暗号化など強化

今回は「MongoDB 6.0がリリース。時系列データ対応、ポーリング不要でデータ変更によるトリガー処理、スケーラビリティ、暗号化など強化」についてご紹介します。

関連ワード (格納時、複雑、追加機能等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


代表的なNoSQLデータベースの1つであるMongoDBの最新バージョン「MongoDB 6.0」がリリースされました。

MongoDB 6.0 is now available!

More support for time series data
Build better event-driven architectures
Deeper insights from enriched queries
More operators, less work
More resilient operations
Smoother search & seamless data synchttps://t.co/PvF17HXMI7 pic.twitter.com/GOWEv6UFc9

— MongoDB (@MongoDB) July 19, 2022

MongoDBは、ドキュメントデータベースと呼ばれる種類のデータベースです。データの形式として「Document」と呼ばれるJSONライクな形式を採用しドキュメントの集合を「コレクション」として管理。NoSQLの高いパフォーマンスとスケーラビリティを保持しつつ、柔軟なデータ構造と複雑な検索などを実現します。

無料で利用できる「Community版」ソフトウェア、有償で追加機能やサポートが提供される「Enterprise Advanced版、クラウドサービスの「MongoDB Atlas」などが提供されています。

MongoDB 6.0での主な強化点

時系列データ対応の強化
6.0では時系列コレクションに測定値の二次インデックスと複合インデックスが追加され、読み取り性能が向上。時系列データに地理情報を付加することで、距離や場所を含む分析を充実させ、拡大できます。例えば、夏の暑い日に冷蔵配送車の温度変動を追跡したり、特定の航路を走る貨物船の燃料消費量を監視したりできるとされています。

変更をトリガーにしたチェンジストリームの強化
MongoDBには、データが変更されることをトリガーにするAPI「チェンジストリーム」があります。これにより、アプリケーションからデータベースをポーリングするような高いオーバーヘッドの処理を行わずにデータの変更を検知し、処理を開始できます。
6.0でこのチェンジストリームが強化され、ドキュメントが変更される前と後の状態を取得できるようになり、ドキュメント全体の更新版を送ったり、削除されたドキュメントを参照したりできるようになりました。さらに、コレクションやインデックスの作成や削除、データ定義言語(DDL)の操作にも対応しました。

スケーラビリティの強化
6.0ではスケーラビリティを実現するシャーディングが大きく改善。デフォルトチャンクサイズが 128MBになったことでチャンクのマイグレーションを減らし、ネットワークや内部オーバーヘッドの観点からも効率が良くなっています。

暗号化によるセキュリティの強化
6.0では、鍵管理システムを活用して監査イベントをディスクに書き込む前に圧縮と暗号化ができます。ログを暗号化することで、イベントの機密性と完全性が保護。
さらに、暗号化したままデータベースにデータを格納し検索できるQueryable Encryptionがプレビューで利用可能になりました。

参考:MongoDB、暗号化したままのデータベースを検索「Queryable Encryption」発表。データ格納時、メモリ上、データ転送、ログ、バックアップのすべてが暗号化データのまま

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
NEC、新型コロナの情報管理システムにRPA活用–登録業務の効率化を実証
IT関連
2021-03-04 22:28
米株高は小休止でも、S&P500過去最高益へ–強いセクターは?
IT関連
2021-04-23 20:30
山形県がデータ起点の社会変革プロジェクトを開始–地域課題の解決を先取り
IT関連
2022-06-02 11:08
Slack、1月の障害の原因を説明 「AWS Transit Gateway」がトラフィックの急上昇に対応できず
クラウドユーザー
2021-02-15 14:33
マイクロソフト、外国によるサイバー脅威の分析を手がけるMiburoを買収へ
IT関連
2022-06-17 22:07
石川県加賀市が日本初のe-Residency(電子市民)プログラム「e-加賀市民制度」を提供へ
GovTech
2021-05-16 09:29
「差別化の前にまずは同質化」–ベイシアが説く、オムニチャネルへの挑戦
IT関連
2022-04-02 00:06
NASAが火星で初となるヘリコプターの飛行を4月8日に計画
宇宙
2021-03-25 18:15
Canooが仕事や遊びに使える新電動ピックアップトラックを発表
モビリティ
2021-03-13 06:24
「Microsoft Teams」にライブ文字起こし機能
IT関連
2021-03-25 12:25
日本IBMが示す、AIの本格活用に向けた課題と3つのアプローチ–AIの活用領域は拡大
IT関連
2022-07-15 22:02
SpaceXが有料月旅行最初の利用者、前澤友作氏に8席提供、前澤氏は現在クルー募集中
宇宙
2021-03-04 09:30
Puppet、ローコードで運用監視やDevOpsを自動化する「Relay」を正式リリース。AWSやAzure、Terraform、Slack、JIRA、DataDogなど多数のツールをイベントドリブンに連携
DevOps
2021-04-13 22:17
Ankiの秀作トイロボットCozmoとVectorが2021年にグローバル市場で再起予定
ロボティクス
2021-03-07 12:00